うつ 病 診断 方法。 うつ度チェック 簡易抑うつ症状尺度(QIDS

うつ病と双極性障害(躁うつ病)の違い 診断方法や治療内容とは|ドクターズ・ファイル

うつ 病 診断 方法

概要 ベックの躁うつ病調査表 (BDI テスト) をもとに、現在の抑うつ度をチェックすることが出来ます。 この BDI テストは、初めて認知行動療法理論を始めた、アメリカのペンシルバニア大学の精神科医アーロン T ベック博士によって考案されたもので、抑うつの程度を客観的に測る自己評価表です。 定期的に BDI テストを行うことによって、自分自身の気分の傾向を数値として測定します。 自分自身を客観的に見つめることができ、躁うつ病判定のひとつとして利用できます。 判定方法 各項目をよく読んで、最近 2、3 日のあなたの気分に一番近い答えのボタンを押します。 21 の全ての項目に答えます。 最後に「チェック」ボタンを押すと、あなたの現在の抑うつ度が数字として表示されます。 「リセット」 を押すと全て初期化することができます。 判断に迷う設問の場合、感覚的に一番近いものを選びましょう。 BDI テスト 1 憂うつではない 憂うつである いつも憂うつから逃れることができない 耐えがたいほど、憂うつで不幸である 2 将来について悲観してはいない 将来について悲観している 将来に希望がない 将来に何の希望もなく、良くなる可能性もない 3 それほど失敗するようには感じない 普通より、よく失敗するように思う 過去のことをふりかえれば、失敗のことばかり思い出す 人間として全く失敗だと思う 4 以前と同じように満足している 以前のようにものごとが楽しめなくなった もう本当の意味で満足することなどできない 何もかもうんざりする 5 罪の意識など感じない ときどき罪の意識を感じる ほとんどいつも罪の意識を感じる いつも罪の意識を感じる 6 罰を受けるとは思わない 罰を受けるかもしれない 罰を受けると思う 今、罰を受けていると思う 7 自分自身に失望してはいない 自分自身に失望している 自分自身にうんざりする 自分自身を憎む 8 他の人より自分が劣っているとは思わない 自分の欠点やあやまちに対し批判的である 自分の失敗に対していつも自らを責める 何か悪いことが起こると、自分のせいだと自らを責める 9 自殺しようと全く思わない 死にたいと思うことはあるが、自殺を実行しようとは思わない 自殺したいと思う チャンスがあれば自殺するつもりである 10 いつも以上に泣くことはない 以前よりも泣く いつも泣いてばかりいる 以前は泣くことができたが、今はそうしたくても泣くこともできない 11 イライラしていない いつもより少しイライラしている しょっちゅうイライラしている 現在はたえずイライラしている 12 他の人に対する関心を失っていない 以前より他の人に対する関心がなくなった 他の人に対する関心をほとんど失った 他の人に対する関心を全く失った 13 いつもと同じように決断することができる 以前より決断をのばす 以前より決断がはるかに難しい もはや全く決断することができない 14 以前より醜いとは思わない 老けて見えるのでないか、魅力がないのではないかと心配である もう自分には魅力がなくなったように感じる 自分は醜いにちがいないと思う 15 いつもどおりに働ける 何かやり始めるのにいつもより努力が必要である 何をやるのにも大変な努力がいる 何をすることもできない 16 いつもどおりよく眠れる いつもよりも眠れない いつもより 1 〜 2 時間早く目が覚め、再び寝つくことが難しい いつもより数時間も早く目が覚め、再び寝つくことができない 17 いつもより疲れた感じはしない 以前より疲れやすい ほとんど何をやるのにも疲れる 疲れて何もできない 18 いつもどおり食欲はある いつもより食欲がない ほとんど食欲がない 全く食欲がない 19 最近それほどやせたということはない 最近 2 kg 以上やせた 最近 4 kg 以上やせた 最近 6 kg 以上やせた 20 自分の健康のことをいつも以上に心配することはない どこかが痛いとか、胃が悪いとか、便秘など自分の身体の調子を気遣う 自分の身体の具合のことばかり心配し、他のことがあまり考えられない 自分の身体の具合のことばかり心配し、他のことを全く考えられない 21 性欲はいつもとかわりない 以前と比べて性欲がない 性欲がほとんどない 性欲が全くない 判定結果 点数は 点です。 点数 うつ状態のレベル 0 〜 10 落ち込みは正常範囲です。 憂うつな状態です。 気分転換をしたり、信頼できる友人と時間を共にすると良いでしょう。 11 〜 16 軽い うつ状態です。 危険信号です。 悩みごとがある場合、信頼できる友人に相談するか、専門家に相談しても良いでしょう。 17 〜 20 臨床的な意味での うつ状態との境界です。 専門家の治療が必要です。 21 〜 30 中程度の うつ状態です。 専門家の治療が必要です。 31 〜 40 重い うつ状態です。 専門家の治療が必要です。 40 以上 極度の うつ状態です。 専門家の治療が必要です。

次の

うつ病 診断チェック

うつ 病 診断 方法

1.うつ病の診断方法とは? 診断基準による診断と、うつ病の原因から考えていく診断があります。 うつ病の診断はどのようにしていくのでしょうか?うつ病は目に見えないので、本人からの問診を中心に判断していかざるを得ません。 ですから、質問の仕方や評価の仕方は診断する医師次第なので、医師によって診断がかわってしまうこともあります。 これらの不確定さを少しでも減らすために、欧米を中心に診断基準による診断がすすめられています。 厳密には、診察の方法も統一して(構造化面接)、診断基準をチェックしていくように診断することがすすめられています。 このような診断の仕方は、マニュアルに従って診断をつけていくので、操作的診断といいます。 このような診断基準は、診断のブレをなくすためにも必要不可欠です。 ですが、うつ状態に陥るのには様々な原因があります。 これを探っていくのは、難しくもあり同時に非常に重要な部分となります。 それによって治療の方向性も変わってくるからです。 ですから医師が診断を考えていくとき、患者さんが不調になる背景は何かを探っていきます。 「外因性・内因性・心因性」といった不調の原因に分けた診断も行っていきます。 その原因を意識しながら治療をすすめていきます。 2.うつ病の診断基準 うつ病を診断していくには、患者さんが感じている主観的な情報が最も重要になります。 このため、一定の診断基準を設け、それに当てはまるか当てはまらないか、といった観点から診断を行っていくのが欧米での流れです。 診断基準には、アメリカの精神医学会が作成した「DSM」とWHOが作成した「ICD」のふたつが存在します。 アメリカの診断基準であるDSMを紹介します。 DSMは、順番にみていくと誰でも同じように診断ができるように意識した診断基準になります。 ですが、うつ病に関しては大きく診断はかわっていません。 自分の言葉か、まわりから観察されるほとんど毎日の抑うつ気分• ほとんど毎日の喜びの著しい減退• 著しい体重の減少、あるいは体重増加、ほとんど毎日の食欲の減退または増加• ほとんど毎日の不眠または過眠• ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止(他者によって観察可能)• ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退• ほとんど毎日の無価値観、または過剰であるか不適切な罪責感• 思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日• 死についての反復思考、反復的な自殺念慮、または自殺企図 2-2.うつ病の診断基準(ICD-10) 「抑うつ気分・興味と喜びの喪失・易疲労感のうち2つ以上+その他の症状2つ以上」が2週間以上でうつ病と診断されます。 この診断基準は、症状のチェックができるようになっていますが、典型的なケースを意識して症状が記述してあります。 ですから、病気のイメージも大切にしている診断基準といえます。 抑うつ気分・興味と喜びの喪失・易疲労感の増大のうち2つ以上の症状があり、かつ以下の症状の2つ以上が2週間以上続く場合、うつ病と診断されます。 集中力と注意力の減退• 自己評価と自信の低下• 罪責感と無価値感• 将来に対する希望のない悲観的な見方• 自傷あるいは自殺の観念や行為• 睡眠障害• 食欲不振 3.日本の伝統的な診断方法とは? 「外因性うつ病・内因性うつ病・心因性うつ病」といった不調の原因に分けた診断があります。 「神経症性うつ病」「抑うつ神経症」は、現在では気分変調症や全般性不安障害と診断されます。 うつ状態となるには様々な原因があります。 これを探っていくことは、治療を考えていく上では非常に重要です。 日本では伝統的に、原因を意識した診断がおこなわれてきました。 客観的に診断をくだせるように診断基準も大事なのですが、治療を行っていくには伝統的診断も重要です。 不調の原因に応じて分けた診断として、「外因性うつ病・内因性うつ病・心因性うつ病」があります。 外因性うつ病とは、脳の構造や外見から明らかな異常があるうつ病を意味します。 例えば、事故などで頭部外傷や認知症、薬剤性のうつ病となる場合などです。 内因性うつ病とは、構造的な異常がはっきりはしませんが、遺伝や素質が原因となって脳の機能的な異常があると考えられるうつ病を意味します。 ストレスの蓄積でうつ病になっていく従来のうつ病は、内因性うつ病と考えられています。 その他に、統合失調症などの脳の機能的な異常による病気によるものなどがあります。 心因性うつ病とは、心理的なきっかけがあってうつ病を意味します。 環境の変化や悩みごとや不安などが引き金になって発症するうつ病です。 「外因性」ですと、外因を取り除かないといけませんね。 「内因性」ですと、適切なお薬をちゃんと使わなければいけません。 「心因性」ですと、精神療法的なアプローチが必要になることが多いです。 他にも、「神経症性うつ病」や「抑うつ神経症」といった診断がされてきました。 これらは、現在では気分変調症や全般性不安障害などと診断されることが多いです。 不安が強く、落ち込みが慢性的に続くことが多いです。 4.うつ病のチェック・診断テスト 自分で症状をチェックしながら、うつ病の診断と重症度の目安にできる検査として、CES-Dがあります。 こうした診断の参考になるものはありますが、うつ病の診断ができるわけではないので注意してください。 少しでも気になる方は病院で医師にご相談ください。 5.うつ病とうつ状態・抑うつ状態の違い 「うつ状態・抑うつ状態」とは、さまざまな原因で落ち込みがひどい状態であることを指しています。 「うつ病」とは、ストレスの蓄積が原因で落ち込みがひどくなっている病気です。 抑うつ状態やうつ状態という診断をされている方もいらっしゃるかともいます。 医師が「うつ病」と診断せずに「うつ状態・抑うつ状態」と診断するには、いろいろな場合があります。 うつ状態や抑うつ状態とは、落ち込みがひどい状態を指します。 その原因が何かは問いません。 一方でうつ病と診断する時は、ストレスが蓄積していく中で落ち込みがひどくなってしまった病気(典型的なうつ病)を意味します。 医師が「うつ状態・抑うつ状態」と診断を付ける時は、以下の3つです。 本質的な原因が他にある場合• うつ病と明言すると不都合がある場合• 純粋なうつ病とは異なる場合 まず、ストレスの蓄積の本質的な原因が他にある場合、うつ状態・抑うつ状態と診断することがあります。 診断基準を満たしているならば、「うつ病を合併している」と考えるべきです。 しかしながら治療にあたっては、うつ状態の改善だけでなく、本質的な原因を治療していく必要があります。 このため、あくまで二次的なものであるとはっきりさせるために、うつ病とは診断しない場合があります。 次に、うつ病と明言すると不都合がある場合です。 患者さんが不調にいたった背景は、1回の診察だけで判断できるものではありません。 その場合、暫定的に診断をつけて少しずつ背景を探っていく場合があります。 患者さんにとっても、うつ病という診断は重たくなってしまうこともあります。 例えば会社に診断書を提出するにあたって、うつ病という診断は偏見を生む可能性もあります。 最後に、純粋なうつ病とは異なる場合があります。 近年では、うつ病の診断基準は満たしているけれども従来のうつ病とは異なるケースが多くなってきています。 そのような場合に、うつ病という診断はつけない場合があります。 まとめ うつ病の診断方法としては、診断基準による診断と、うつ病の原因から考えていく診断があります。 診断基準には、アメリカの精神医学会が作成した「DSM」とWHOが作成した「ICD」のふたつが存在します。 ICD-10では、「抑うつ気分・興味と喜びの喪失・易疲労感のうち2つ以上+その他の症状2つ以上」が2週間以上でうつ病と診断されます。 「外因性うつ病・内因性うつ病・心因性うつ病」といった不調の原因に分けた診断があります。 「神経症性うつ病」「抑うつ神経症」は、現在では気分変調症や全般性不安障害と診断されます。 「うつ状態・抑うつ状態」とは、さまざまな原因で落ち込みがひどい状態であることをさしています。 「うつ病」とは、ストレスの蓄積が原因で落ち込みがひどくなっている病気です。 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の

うつ病(鬱病)の診断はどのようにされるのか?臨床でのうつ病診断の方法

うつ 病 診断 方法

パーキンソン病の特徴は、 安静時振戦・筋強剛・無動・姿勢反射障害の4つです。 この4大症状を パーキンソニズムといいます。 パーキンソン病の診断は、パーキンソニズムのある人の中から他の病気を除外していくことで、最終的に診断します。 そしてパーキンソン病の診断基準と併せてヤールの重症度分類で一定以上の障害を認められると、医療費助成が受けられます。 パーキンソン病は、 採血や画像検査ではっきりと診断することができません。 ですから、パーキンソニズムを起こす患者さんの中から、 神経内科医が症状と他の病気の可能性を除外して最終的に診断します。 パーキンソニズムを起こす薬を使っていないか?(抗精神病薬・抗潰瘍薬・制吐薬・降圧薬etc. 脳CT・MRIで異常はないか?• パーキンソン病薬を使ったら改善したか? この過程を踏んで、初めてパーキンソン病と診断します。 厚生労働省によるパーキンソン病の認定基準は下のように定められています。 パーキンソニズムがある。 脳CT・MRIに特異的異常がない。 パーキンソニズムを起こす薬物・毒物への暴露がない。 抗パーキンソン病薬にてパーキンソニズムに改善がみられる。 以上4項目を満たした場合にパーキンソン病と診断する。 パーキンソニズムの定義は次のいずれかに該当する場合とする。 典型的な左右差のある安静時振戦(4~6Hz)がある。 歯車様筋固縮・動作緩慢・姿勢歩行障害のうち2つ以上が存在する。 薬物に対する反応は、できるだけドーパミン受容体刺激薬薬又はL-dopa製剤により判定することが望ましい。 生活機能障害度とは、症状を生活レベルに合わせて評価する指標です。 Stageが低くまだ日常生活に支障のない場合は様子をみますが、支障の出る場合には抗パーキンソン病薬での治療を開始します。 典型的な症状から始まらずにうつ状態から発症する場合等は、老人性うつと間違われて投薬されている場合もあります。 また、治療を開始しても適切な量でのコントロールをしないと、副作用が強く出てしまいます。 必ずパーキンソン病の診断・治療ができる、神経内科医の診察を受けましょう。 アルツハイマーについて• アルツハイマーの症状について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの原因について• アルツハイマーの対応について• 若年性アルツハイマーについて• くも膜下出血について• くも膜下出血の予防について• くも膜下出血の原因について• くも膜下出血の症状について• くも膜下出血の治療について• くも膜下出血のその後について• くも膜下出血と脳の病気について• 急性くも膜下出血について• 外傷性くも膜下出血について• 脳梗塞について• 脳梗塞の症状について• 脳梗塞の原因について• 脳梗塞の予防について• 脳梗塞の治療について• 若年性脳梗塞について• パーキンソン病について• パーキンソン病のリハビリテーションについて• パーキンソン病の原因について• パーキンソン病の初期症状について• パーキンソン病体操について• 若年性パーキンソン病について• 偏頭痛について• 偏頭痛の症状について• 偏頭痛の原因について• 偏頭痛の対処について• 偏頭痛と食べ物について• 慢性偏頭痛について• 群発頭痛について• 緊張性頭痛について• てんかんについて• てんかんの症状• てんかんの原因• てんかんの対処• てんかんの治療• てんかんと年齢• てんかんの分類• 動物のてんかん•

次の