本田翼 ほんだのばいく。 本田翼が持つ“YouTuberとしての魅力”とは? 「ほんだのばいく」200万人登録突破を機に分析|Real Sound|リアルサウンド テック

本田翼「ほんだのばいく」の動画編集は「自分で。こだわりは…」

本田翼 ほんだのばいく

本田翼のYoutubeチャンネルは「ほんだのばいく」 本田翼さんのYoutubeチャンネルは、2018年9月3日に登録され、配信はいつされるのかと待ち望んだファンは多いのではないでしょうか? それがついに9月22日に第一回目の配信が投稿されました! 本田翼さんのYoutubeチャンネル名は「ほんだのばいく」! チャンネルのアイコンは手書きの 「ホンダのバイク」です。 笑 本田さんの手描きらしいです。 まだ、本田さんは1本目の動画を配信したばかりですが、すでにチャンネル登録者数は 345,472人!! さすが人気女優です!! ゲーム実況者を目指している人からしたら羨ましすぎますよね。 しかも、21時に配信され、瞬く間に動画再生回数はうなぎのぼりに! 現在で既に 18万回再生を突破しています。 (9月23日2時現在) たった1動画しかアップしていないのにこの状況なのがカオスですよね。 以下は記念すべき1動画の画像です。 まあ 0で編集版なんで、ダイジェストですが。 笑 本田翼の配信に称賛の声相次ぐ! 今回、本田さんが配信した『Dead by Daylight』の動画を観た人たちからは称賛の声が相次いでいます。 視聴者から 「うまい!」というコメントが殺到している状況です。 『Dead by Daylight』は、カナダに本拠を置くゲームメーカー「Behaviour Digital」が作成したゲームになります。 内容を簡単に説明すると、プレイヤーが残忍なキラー(1人)と、キラーに捕まって殺されないように逃げ回るサバイバー(4人)に分かれて対戦する、4対1のマルチプレイヤーホラーゲームです。 出典: サバイバーは他のプレイヤーと協力し助け合ったり戦略的に行動することもできますが、自分だけ助かろうとすることも可能です。 笑 チームとして力を合わせるか、一人で行動するかによって、生き残れる可能性は全然変わってきます。 キラー、サバイバーと立場によってプレイ感が全く異なり、1つのゲームで色々な角度から楽しめるため、人気に火が付いたと言えます。 追う立場と逃げる立場のドキドキ感って全く違いますからね。 キラーは、少しでも多くのサバイバーを殺すのが目的です。 操作は至ってシンプルですが、かなり奥深いのでやり込み甲斐がありますよ。 サバイバーよりも足が速いので捕まえやすい設定ではありますが、サバイバーが倒したりした障害物を乗り越えるのは時間がかかるといったつくりになっているため、簡単には捕まえて殺せないんです。 なので、色んな戦略を持ってプレイしなければならい楽しさがあります。 一方、サバイバーは逃げに徹する形になります。 サバイバーはキラーより足が遅いので、隠れたり、逃げたりします。 隠れる場合は、ロッカーに隠れたり物陰に隠れることができます。 逃げる場合は、障害物をうまく使って逃げることでキラーを翻弄できます。 出典: 捕まって2回攻撃されると瀕死状態になり、出血が激しくなってしまいす。 そうなるとサバイバーはフックに吊り下げられ身動きが取れなくなってしまうので、他のサバイバーに救出してもらう必要があります。 (厳密には自力でも脱出できるにはできますが) ちなみに、血が出たりすると、血の跡をたどってキラーが近づいてきたり、走ったときは地面に足跡が残り,追跡されやすくなるなど設定が細かいんです! 更に、物音を出すだけでもキラーは音に気づいて襲ってくるなど、作り込みが素晴らしい魅力なゲームなんです。 兎にも角にも、興味が湧いた人は是非プレイしてみてください! ハマってしまうかもしれませんが。 笑 ということで、本田翼さんのYoutubeチャンネル「ほんだのばいく」と『Dead by Daylight』についてでした!.

次の

本田翼が持つ“YouTuberとしての魅力”とは? 「ほんだのばいく」200万人登録突破を機に分析|Real Sound|リアルサウンド テック

本田翼 ほんだのばいく

女優の本田翼が6月3日、自身のインスタグラムを更新し、公式YouTubeチャンネル「ほんだのばいく」が登録者数200万人を達成したことに言及した。 インスタグラムで「YouTubeのチャンネル登録者が200万人突破致しました。 紛れもなく皆さまのおかげです。 本当にありがとうございます」と感謝の気持ちをつづった本田。 「ほんだのばいく」に投稿されている動画は現在11本と、決して多くはない。 しかし、動画1本あたりの再生回数は417. 9万回(6月5日時点)とアベレージが非常に高い。 動画が投稿されるたびに登録者数を増やしていき、チャンネル開設から約1年8か月でこのほど、200万人の大台に到達するに至った。 低い更新頻度ながら、同チャンネルがYouTubeユーザーに支持される理由は、何なのだろうか? まず、多くのファンを獲得した要因として、初動で広く認知されたことが大きかった。 「ほんだのばいく」がスタートしたのは、2018年9月22日。 当時からYouTubeに参入している芸能人はいるにはいたものの、目立った成功例はなかった。 そのため、一線級の芸能人である本田がYouTubeに降臨したインパクトは大きかった。 そもそも、ネットとゲームの親和性は高い。 それに本田は極度のインドア派及びゲーム好きを公言しており、ネット民からの支持が高かった。 こうした条件が揃い、本田初の生配信は、世界屈指のゲームストリーマー「Ninja」のゲーム配信における同時視聴者数8万人を超える14万人を記録するほどの大盛況となり、このことはテレビやネットで大々的に報じられた。 スタートダッシュを決めたものの、その後、目に見えて再生回数を落としてしまう芸能人YouTuberは珍しくないが、本田は現状そうなっていない。 投稿頻度がさほど多くないにもかかわらず、視聴者が離れていかない理由は、不定期投稿のプレミア感もさることながら、本田自身がYouTubeを楽しんでいることが動画から伝わってくるのが大きいように思われる。

次の

ほんだのばいく(本田翼)次回の実況はいつ?つまらないという評判も

本田翼 ほんだのばいく

動画のジャンルはまちまちですが、現時点で5本しか動画がアップロードされていませんので、代表作をいくつか紹介させていただくことにしましょう。 ほんだのばいくさんのYouTubeオススメ動画 そんなほんだのばいくさんですが、具体的にどんな動画をアップロードしているのか見ていきましょう。 24万8千2百円を払う日の朝 飲食代として24万円を支払いしに行く日の朝のモーニングルーティン動画となっています。 動画はたった2分の短尺動画に収まっているのですが、再生回数は驚異の400万回を超えています。 コメント欄では、「このよくわからんかわいい効果音が、スタッフさんじゃなくて自分で頑張って編集したんだな〜って、、かわいいな〜って、、、、」 と、たまらないリアクションが飛び交っていますね。 10月22日と近況。 イベント告知として投稿されたこちらの動画ですが、2020年2月現在で730万回も再生されています。 本人は告知として「お久しぶりです。 楽しい時間を共有できたら、と思っております!」と、 さいたまスーパーアリーナでの大きなイベントを告知しています。 ほんだのばいくとしてのイベントを開催するということで、YouTubeが湧いた瞬間ですね。 もともと第1本目の動画もゲーム実況としてアップロードしていますね。 今回は「THE WHITE DOOR」という、ミステリーチックなシナリオゲームを実況する動画となっています。 この動画も公開されて間もないですが、100万回以上の再生回数は間違いなく行くでしょうね。 「良すぎて一気見できない。 数回に分けて視聴します。 」と、尊いコンテンツとして一気に見ることが勿体無いという意見まで生まれてしまっています。 ほんだのばいくさんの動画投稿に対するTwitter上での反応 ほんだのばいくさんが成功している理由は「かわいいから、手作り感があるから、日常感があるから」といういたってシンプルな理由ですが、ツイッターでは大きな反響を呼んでいます。 投稿された動画に対して、続編がきになるといった声やまだまだ楽しみにだという声が多いですね。 こんな感じです。

次の