香川県 観光スポット。 香川観光!うどんだけじゃない、おすすめ観光スポットランキング16選

【2020年最新版】面積は日本最小でも魅力たっぷり!香川県の人気観光スポット21選

香川県 観光スポット

特に重要な文化財庭園として国の特別名勝に指定されているほどの庭園です。 海外からの評価もあり、ミシュラングリーンガイドではわざわざ旅行する価値があるといわれている庭園。 100年以上の年月をかけて作られた庭園は大変美しく見事な物です。 季節ごとに様々なイベントが開催されており、春は桜、秋は紅葉のライトアップも行われています。 ゲストハウスに宿泊する事も出来ますし、キャンプをする事も出来ます。 また、近隣の施設にシーカヤックを体験できる場所があるのでそちらもおススメ。 シーカヤックで無人島へいって思う存分遊ぶことが出来ます。 宿泊施設と隣接するお店の釜焼ピザがとっても美味しく、ランチに訪れる地元のお客さんも沢山います。 バーベキューを楽しみたい方は、バーベキュー一式の貸し出しも行っているようなので手ぶらで楽しむことが出来ます。 観光客向けの施設ですが、道の駅が隣接されておりますので地元の方も訪れます。 自分で粉から作るうどんは格段とおいしいです。 サイドメニューを追加して一緒に食べることもできるので自分のうどんを天ぷらうどんや会席料理へとバージョンアップさせることも出来ます。 また、最近では話題のミドリムシをうどんに混ぜて作れる、ミドリムシうどんを作ることも出来ます。 こちらの中野うどん学校は高松校と琴平校があります。 高松校は少し駅から遠いのでレンタサイクルをされる方か車の方におススメです。 琴平校は駅からすぐですが、金比羅山へお参りする方であればアクセスし易いですが、そうでない方は終点まで行かなければならないので高松校のほうがいいでしょう。

次の

香川観光!うどんだけじゃない、おすすめ観光スポットランキング16選

香川県 観光スポット

3位:栗林公園• 16世紀後半、地元の豪族佐藤氏によって作られた庭園が始まり。 その時はまだまだ小さい庭でしたが、1631年頃、この地を治めた生駒家の家臣により現在に近い大きな庭園の基礎がつくられました。 のちに生駒氏から松平氏へと藩主が変わり、基礎が築かれてから100年以上経った1745年に庭園が完成。 明治8年(1875)に県立公園として一般公開され、昭和28年(1953)には国の「特別名勝」に指定されました。 そして2009年には『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で最高評価の三つ星を獲得しています。 栗林公園の面積は東京ドーム3. 5個分で、さらに背景の紫雲山を含めれば約75ヘクタールと、なんと東京ドーム16個分にも及ぶ広大な庭園です。 園内随一のビュースポット「飛来峰」からは南湖を一望する素晴らしい絶景が楽しめます。 6位:小豆島オリーブ園(小豆島)• 瀬戸内海を見下ろす小高い丘に、約2,000本のオリーブの木を栽培。 展望台からは内海(ないかい)湾を見渡すことができます。 園内には、オリーブオイルをはじめとするオリーブを使った食品、化粧品などを販売するショップがあり、お土産さがしに最適。 また、彫刻家兼画家・インテリアデザイナーである、イサム・ノグチの照明家具などが展示されているミュージアム「アルテトラ」があるほか、園内にはイサム・ノグチが設計した遊具があり、家族連れや、写真撮影スポットとしても人気です。 10位:銭形砂絵• 有明浜の白砂に描かれた「寛永通宝」の大きさは、東西122m、南北90m。 実際には楕円形ですが、琴弾山山頂の展望台からは綺麗な円形に見えます。 寛永10年(1633年)に藩主を歓迎するために一夜にして造られたと言われ、これを見たものは一生お金に困らないという言い伝えがあるパワースポットです。 日没から22時までライトアップされ、幻想的な光景を見ることができます。 通常はグリーンですが、期間限定でゴールドやブルーにライトアップされる事もあるそうですよ。 じつは展望台から眺めるだけでなく、砂絵のすぐ近くまで行くことができます。 近くでは何がなんだかわかりませんが、そのスケールの大きさは実感できるでしょう。

次の

知られざるスポット満載!四国のオススメ観光名所30選

香川県 観光スポット

3位:栗林公園• 16世紀後半、地元の豪族佐藤氏によって作られた庭園が始まり。 その時はまだまだ小さい庭でしたが、1631年頃、この地を治めた生駒家の家臣により現在に近い大きな庭園の基礎がつくられました。 のちに生駒氏から松平氏へと藩主が変わり、基礎が築かれてから100年以上経った1745年に庭園が完成。 明治8年(1875)に県立公園として一般公開され、昭和28年(1953)には国の「特別名勝」に指定されました。 そして2009年には『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で最高評価の三つ星を獲得しています。 栗林公園の面積は東京ドーム3. 5個分で、さらに背景の紫雲山を含めれば約75ヘクタールと、なんと東京ドーム16個分にも及ぶ広大な庭園です。 園内随一のビュースポット「飛来峰」からは南湖を一望する素晴らしい絶景が楽しめます。 6位:小豆島オリーブ園(小豆島)• 瀬戸内海を見下ろす小高い丘に、約2,000本のオリーブの木を栽培。 展望台からは内海(ないかい)湾を見渡すことができます。 園内には、オリーブオイルをはじめとするオリーブを使った食品、化粧品などを販売するショップがあり、お土産さがしに最適。 また、彫刻家兼画家・インテリアデザイナーである、イサム・ノグチの照明家具などが展示されているミュージアム「アルテトラ」があるほか、園内にはイサム・ノグチが設計した遊具があり、家族連れや、写真撮影スポットとしても人気です。 10位:銭形砂絵• 有明浜の白砂に描かれた「寛永通宝」の大きさは、東西122m、南北90m。 実際には楕円形ですが、琴弾山山頂の展望台からは綺麗な円形に見えます。 寛永10年(1633年)に藩主を歓迎するために一夜にして造られたと言われ、これを見たものは一生お金に困らないという言い伝えがあるパワースポットです。 日没から22時までライトアップされ、幻想的な光景を見ることができます。 通常はグリーンですが、期間限定でゴールドやブルーにライトアップされる事もあるそうですよ。 じつは展望台から眺めるだけでなく、砂絵のすぐ近くまで行くことができます。 近くでは何がなんだかわかりませんが、そのスケールの大きさは実感できるでしょう。

次の