関 暁夫 考察。 ニンナヨ 生き残りをかけたサバイバルを徹底解説・考察!【Mr.都市伝説 関暁夫】ニンナヨとは?

ニンナヨ 生き残りをかけたサバイバルを徹底解説・考察!【Mr.都市伝説 関暁夫】ニンナヨとは?

関 暁夫 考察

元パイロットが語る皇室にまつわる都市伝説とは? 出典: 三の音に引き続き、JALの元熟練パイロットの話が続く。 かなりぶっとんだ内容で、こんな内容を世に出してよいのかと不安になるレベルである。 要約すると、 1971年(昭和46年)に昭和天皇皇后両陛下が初めてヨーロッパをご訪問される際に、 通常であれば最新鋭の 政府専用機を利用して訪問するのだが、 出発の直前になって宮内庁から連絡が入り、 最新鋭の飛行機ではなくて、この番号の機番にしてほしいと 機番の指定があったとのこと。 しかもその機番はかなり古い飛行機で、もう16、7年使ってきた飛行機だったようだ。 JALとしては最新鋭の飛行機を準備していただけに、 なぜこんな直前に?と戸惑ったそうだが、宮内庁の要請を断るという選択肢はないため、 指定された古い飛行機を政府専用機として仕立てたとのこと。 政府専用機を仕立てるには、• 座席には菊のご紋章を設置• 陛下専用トイレの設置• 浴室の設置 をしなければならないとのこと。 菊の紋章については以下の記事でも述べている。 突撃!隣のセキルバーグカフェへ 出典: そして途中でセキルバーグカフェの映像に戻る。 三の音の考察でも出てきた場面の続きである。 ロスチェイルド家のワインが置かれている。 関さんがおっしゃるには、 「ここの配信は監視対象のところだから」 「自由に考察するのはよいが、単語は間違えるな」 とのこと。 私も都市伝説を考察する人間として、 単語は間違えないようにしたい。 関さんがおっしゃられていないような内容の単語は差し控えようと思う。 怖いという感情は無知がゆえに起きること。 ちゃんと知識が入れば怖さから克服できる。 そして待望の ハンドサインの話に入っていく。 関さんのハンドサインの考察 ハンドサインについての話をしながら、 何個かハンドサインを出しているように見える。 出典: 例えばこれはイルミナティメンバーが使用するハンドサインで、「 コルナ」と呼ばれるものだ。 イルミナティの悪魔手信号とも呼ばれている。 ただ、インターネットに書かれている情報のハンドサインを羅列しても意味がない。 本当にわかっている人に向けて出すメッセージは全く違うと。 そして関さんはヒントとおっしゃり、ハンドサインを見せてくださる。 出典: これが1匹目の魚です。 2匹目の魚です。 3匹目の魚です。 最初見たときはさっぱりわからなかった。 次に野球のサインのような体を使ったサインをされる。 出典: これが一の音ね。 二の音ね。 三の音ね。 最初見たときは2進数を表現しているのかと思ったが、見当はずれだったようだ。 【暗号の答え】 これは数字のキーワードの出し方とのこと。 要は、 繰り返し動作の何回目からしゃべりだしているか これによって数字を表現しているのである。 そして関さんから暗号が出される。 上記にそって考えると、「521」だ。 この暗号を出す前に関さんは日付を表現するとおっしゃられていたので、 これは5/21を表していると思われる。 2020年の5月21日に何があるのだろうか。 それとも2020年ではない、未来の日付のことだろうか。 現代でも皇室に存在する陰陽学 そしてまた熟練パイロットの話に戻ってくる。 なぜ宮内庁が最新鋭の飛行機ではなく、古い飛行機を指定してきたのか。 その答えが明かされる。 その答えとは、 氣学を行った結果古い飛行機が吉とでた というのだ。 これは衝撃的な発言である。 しかもその発言を聞いてからJALが飛行機を点検したところ、 宮内庁が要請してきた古い飛行機が 最も故障率が低かったのである。 宮内庁ではこの現代においても 氣学を使っており、 それが見事に当たっているのである。 陰陽学は本当に存在するのである。 その後、1~3の音の冒頭で出てきた指トントンが繋がった状態の映像が流れ、 これを検索するなよ?とおっしゃられる。 これは3の音の考察にて書いたため、そちらを見てほしい。 3体の騎士の暗号とは? 出典: そしてこれまで1~3の音でも出てきた3体の騎士が現れる。 今回は全員仮面が上に上がっていて、順番に目が光っている。 これも最初2進数かと思ったが、 動画のコメント欄を観させていただいたところ、 モールス信号 最後の人形の目の光は ・・-・・ ト ・・・ ラ ・・-・・ ト ・・・ ラ これは モールス信号で「トラトラ」を意味しているとのこと。 トラトラついて調べてみるとWikiページが存在していた。 トラトラトラは、太平洋戦争の始まりである日本軍の真珠湾攻撃が奇襲により開始されることを伝えた電信の暗号略号である。 意味は「ワレ奇襲ニ成功セリ」 つまり太平洋戦争にて、奇襲作戦でいくぞという暗号指令だったのだ。 ここから関さんが伝えたいことは、しっかりと情報をキャッチして、 先手を打っていこうということだろうか。 また元パイロットの方の話はなかなか衝撃的であった。 今回の要点は以下だ。 宮内庁では今も陰陽学を使っている• 数字のキーワードの出し方はこれだ• 情報をキャッチして先手を打っていこう かなり動画を出されるペースが上がっているので、 今後も楽しみである。

次の

Mr.都市伝説 関暁夫の緊急クエスチョン【α】考察動画まとめ!イルミナティカードをスキャンすると・・・?

関 暁夫 考察

動画は関氏が我々に語り掛けながら画像や暗号メッセージが意味深に示されているが、明確な答えは動画内で明かされていない。 以下がその動画だ。 この動画については様々な考察がなされているが、今回はこの動画について独自に考察をしていく。 この映像のバックに使われている関氏の話のフルバージョンは、2019年12月28日に別の動画で公開されているので、そちらも参考に話をしていこう。  以降は区別のために、ひとつめの動画を「クエスチョン動画」、ふたつめの動画を「語り動画」と表現し、考察を進めていく。 イルミナティカードの予言 出典: まずはクエスチョン動画の1:10あたり。 「このイルミナティカードをスキャンしてください」のメッセージと共に、一枚のカードが映し出される。 「イルミナティカード」とは、1982年に発売されたカードゲームだが、9. 11事件や日本の原発事故など、世界の重大な出来事を予想しているとして話題になった。 そしてこの動画で映し出されたイルミナティカードは 「Lab Explosion」というもの。 直訳の「研究施設の爆発」の通り、フラスコや試験管の置かれた施設が爆発している。 1-1. AR(拡張現実)とは 関氏は、語り動画の2:12あたりからAR(拡張現実)の世界を紹介している。 出典: 現在はテレビなどのモニターを所有する時代ではないとし、関氏はおもむろにスマホを自身の書籍のポスターにかざした。 するとスマホの画面ではポスター部分から書籍のプロモーション動画が流れ始めた。 これがまさに、実際の映像にバーチャル的な視聴覚映像をリンクさせるAR(拡張現実)なのである。 1-2. 実際にカードを読み取ってみると・・・ 関氏が使っているのは「COCOAR2」というスマートフォンアプリだ。 実際にそれを使って「Lab Explosion」のイルミナティカードをスキャンしてみると、カードから映像が流れ始める。 30秒ほどの短い動画だが、そこには「人類を10億人まで減らす」とのメッセージが流れ、「人類再生化計画は始まっているのだ。 イエローモンキーの諸君」と締めくくられた。 そしてこのカードに描かれているのは爆発を受けている研究員と猿。 しかし研究員に外傷はなく、猿のみが黒焦げとなって描かれている。 単なる研究動物とも考えられるが、先ほどの 「イエローモンキーの諸君」というメッセージからもこれは 日本人を意味すると考えられる。 日本人がなんらかの実験対象となり、「人間選別」の対象となることを予言しているのだろうか。 1-3. AIによる人間選別 スキャンした動画では、中心に人間とは思えない機械的な塔のようなものが鎮座し、話している。 これは関氏が「やりすぎ都市伝説」でもかねてから警鐘を鳴らしてきた「AIによる人間選別」を意味していると考えられる。 Siriに代表されるAI(人工知能)は現在凄まじい勢いで発展し、様々な分野で活躍している。 しかし関氏は、AIが発展し続け学習を続けると、ある時人間の知能を超える シンギュラリティ(技術的特異点)が生まれるという。 このとき、AIは私たち人間を必要とするだろうか。 プーチンとその目に映る戦闘機の謎 出典: クエスチョン動画の最後には、ロシアのプーチン大統領の画像が映し出されるが、その目は黒く塗りつぶされている。 そしてその目をよく見ると、戦闘機のシルエットが 赤く映っているのだ。 2020年1月8日、ウクライナの旅客機がイラク軍に撃墜されるという事故が起こった。 ウクライナには数年前からロシアが軍事介入しており、緊張が続いている。 イランはアメリカとも対立しており、イランを支援している中国企業に対してトランプ大統領が経済制裁を加えるなど、状況は複雑かつ悪化の一途をたどっている。 以上のことからも、第三次世界大戦が現実味を帯びてきた。 そしてその中心となるのはロシアで、プーチン大統領の目に映る戦闘機は世界が様々な国を巻き込んで戦争に入ることを予言していると考えられる。 2-1. イギリス紙「エコノミスト」も戦争を予言 出典: イギリスの経済紙「エコノミスト」は、毎年その1年がどのようなものになるかを表紙のデザインで予言している。 2019年末に発刊されたものには大小の文字列がデザインされ、2020年に起こるであろうことを暗示している。 表紙には文字が羅列され、下に行くにつれて文字は小さくなっている。 上から「TRUMP」「BREXIT(イギリスのEU離脱)」「AI」「TOKYO」と続き、あまり意外性は無いように感じる。 しかしこの表紙の右下2段目には、小さく「WAR(戦争)」そしてその真下には「RUSSIA」の文字がある。 緊張した世界情勢を前に、エコノミストも第3次世界大戦を予言しているのである。 謎のメッセージ「本物のみ集まれ」 出典: クエスチョン動画の最後は「本物のみ集まれ 第7感の能力者たちよ」と謎のメッセージで締めくくられている。 このメッセージの真意とは何なのだろうか。 3-1. 「8383」の数字に隠された意味 出典: メッセージの前には、漫画「ワンピース」の悪魔の実とともに「8383」の文字が表示されている。 スピリチュアルナンバー(天使が人間にメッセージを数字で伝えること)でいうこの数字は「スピリチュアルな面に意識をしなさい」という意味。 スピリチュアル界では有名な話なのだが、この動画が投稿された1月11日の翌日、1月12日は「水瓶座の時代活性化瞑想」の日とされる。 さらにこの瞑想が行われるのは、日本時間で15時11分である。 3-2. 1月12日15時11分、関暁夫はどこにいたのか 関氏は、1月12日の15時11分、まさにその時間に「集まれ」といっているのではないだろうか。 関氏はこの日のこの時間、長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボスでトークショーを開催している。 【さよならスリラーシティ😭今日はMr. 「悪魔の実」「83」からも「ダークネス」が連想できる。 ここまで来て、「暗号を使った営業か」と思うかもしれないが、関氏は単にそれだけでここまで凝った暗号を残したのだろうか。 関暁夫はトークライブで何を語ったか ここまで手の込んだことをして行ったトークライブ、果たして関氏は何を語ったのだろうか。 話した内容はその場にいた人しかわからないだろう。 しかし、関氏は2019年末に投稿した語り動画で「テレビの垣根を越えてひとつになろうぜ」などと呼び掛けている。 語り動画の8:00あたりから、関氏は何の変哲もない千円札を前述したスマホアプリでスキャンし、そこに自身がチャンネルを持っていることを示した。 千円札というのはあくまで一例で、「同じこの(誰でも共有できる)チャンネルで集まろうぜ」と続けた。 4-1. 夢を持った者が集まれる場所づくりを 出典: こういうと突拍子もないことのように聞こえるが、関氏は語り動画の後半では「本気で、日本武道館で一緒にライブをしようぜ」 「自分たち自身の希望に満ちた世界を、自分たちの手で本気で作ろうよ」 などと熱く語った。 そして動画9:50あたりからは「まずは『愛』でひとつになろう」と語った。 関氏は「宇宙意識」と呼ばれるものの中で生きていくことになると続け、「夢」や「希望」といった前向きなインスピレーションの大切さを説いた。 確かに2019年末の「やりすぎ都市伝説」でも、マウスの脳細胞のみで動く機械が紹介されていた。 私たち人間が体を持たず、共有の意識の中で暮らしていく未来も遠くないかもしれない。 そしてその「ひとつになる」ための場所を関氏はつくっているのではないか。 「愛で集合する人のみ」とも語っており、「愛」を持たずに誹謗中傷をして仲間を集めるような者は淘汰される。 それこそが、人間選別であると。 生き残るために、グローバルに大きくなるためにはインスピレーションを共有して世界中の人と意識を重ねるフェーズに、人類は到達しているのだ。 まとめ 出典: 関氏のクエスチョン動画に関する考察を以下にまとめる。 ・イルミナティカード…AIによる人間選別による警鐘 ・プーチンの目に戦闘機…第三次世界大戦の始まり ・「8383」はエンジェルナンバーで「スピリチュアルな面の重視」。 つまり瞑想を行え ・メッセージを読み取って集まった「本物」に対して、インスピレーションを共有することのできる場所づくりを行っている ・「愛」を持って意識を共有できる者が人間選別を生き残ることができる といったところだろうか。 今回紹介した考察はあくまでも都市伝説であり、その他の意見も多数存在する。 しかし、2020年は東京五輪や5Gの導入などもあって日本が大きく動く年になるのは間違いない。 明らかに早足で時代が変わる今、関氏は我々が新世界へ進むための道を切り開いてくれているのだ。

次の

〈関暁夫・考察〉 舞【四の音】秘密の共有🤘✨‬ を猫又的考察

関 暁夫 考察

・エンジェルナンバーの意味 前回出てきた数字に、今回は33が追加されてます。 この数字のエンジェルナンバーの意味は次の通りです。 8383=スピリチュアルな面に意識を傾けることで、あなたの物質面での悩みは解消される。 1111=あなたの望みはすぐそこにあり、今は願望を叶える時。 22=信じる心を強く持ち続ければ、あなたの確信は奇跡のような出来事を運んでくる。 33=アセンデッドマスターのサポートにより、あなたの祈りが叶うときが来た。 アセンデッドマスターとは、過去に人間界に暮らしていた聖人や偉人のことみたいです。 「この願い・祈りは何なのか?」というと、 Dの意思であると考えられます。 Dの意思については、別に記事を書くのでそちらを読んでください。 ・13年周期で世界に異変が起こる マヤの予言は2012年で終わってますが、それは2013年より新しい時代(第6の時代)が始まることを意味してました。 その13年後の2026年には、次のものが起こるよう。 人類火星移住計画の実現• クラウド上に新世界秩序(NWO)が構築される• サグラダファミリアの完成 サグラダファミリアの完成により、聖母マリアの秘密とガウディコードの謎が明かされるといわれてます。 更に、2026年から13年後は2039年。 その年には、ケネディ大統領暗殺を調査した ウォーレン報告書が完全公開されるとの事。 もう一つ、ヒトラーの予言があります。 「世界は少数の支配者と多数の被支配者に分かれ、三極化が進むと同時に1989年以後は天変地異などで人類は大自然の力に痛めつけられる。 そして、2039年の1月に人類は究極の変化に遭遇する。 その時、今の意味での人類はもういない。 なぜなら人類は2039年、人類以外のものに進化するのだ。 」 ・ビルダーバーグ会議とDの意思 Hotel De Bilderbergは、ビルダーバーグ会議の開催場所です。 程なくして、Dの文字が赤く染まります。 「 Dの意思によって、会議の内容は決められている」ということを示しているのでしょう。 Dの意思を継ぐ者、つまりはフリーメイソンです。 会議の常連であり、米国元国務長官のキッシンジャーは、田原総一郎氏の「広島、長崎の原爆投下について、どう捉えているのか?」という質問に対して、こう答えました。 「もしも、わが国が原爆を投下しなかったら、日本は本土決戦に突入したのではないか。 そして本土決戦となれば、米軍の死傷者もすさまじい数に上ることになったはずだが、日本人も数百万人が生命を失うことになったのではないか。 原爆投下は、結果として米日両国のおびただしい犠牲者を出さないで済んだ。 そういうことにならないか」 引用: 会議の常連の中には、核賛成派が混ざっていることは事実です。 ・ムーンショット目標とトヨタ 内閣府のホームページに、こんな記載があります。 ナラチとは、前回の考察で書きましたが トヨタのことです。 トヨタは、静岡県にコネクティッドシティの構想を予定してます。 もしかしたら、これはムーンショット目標の実験場所として作られるのかもしれません。 たかなみの中東派遣について触れた画像が今回もあったので、この護衛艦も何かしらの関連性がありそうです。 アポロ計画は18号で終わったとされますが、実は19号・20号が極秘に月に行っていたとされてます。 元になったのはアイゼンハワー大統領のマーキュリー計画で、彼は第7感を持っていたそうです。 そして、宇宙人とテレパシーで通信していた。 月の裏側には東洋のモナリザと呼ばれるミイラがあり、ミイラの正体はヒューメイリアンと呼ばれる地球人と宇宙人のハーフ。 月野うさぎの前世は、月の王女。 ヒューメイリアンの存在を示唆してるのかもしれません。

次の