エクセル 移動 ショートカット。 【エクセル】セル移動を驚くほど速くするショートカットキー活用術

確実かつ素速く!移動&範囲選択のエクセルショートカット

エクセル 移動 ショートカット

すごく地味なショートカットですが、 超重要です。 なにせ、 使う頻度がパネェです。 「 そんなんマウスでビャーっと引っ張ればできるやん」と思った方は 損をしています。 このショートカットなら短く確実に範囲を選択できるので、とても便利なんです。 そんな時にこのショートカット。 一瞬でデータの端っこまで飛べます。 こちらも地味なショートカットですが、 超重要です。 とにかく 使う頻度がパネェです。 マウスで移動する場合、 ピッタリ端まで移動できずに、行き過ぎたり移動しきれなかったりすることが頻繁に起きます。 その度ちょこちょこ微調整するのは本当にめんどくさい。 区切りのいいところまでピッタリ移動しようとしたときに、ものすごく役に立つショートカットなんです。 注意! データが途中で途切れていると、そこまでしか飛べません。 ・・・が、Ctrlを押しながら飛びたい方向の矢印キーを連打していれば、そんなに時間がかからずにデータの端っこまで飛べます。 結果、やっぱりマウスを使うよりは速いので、絶対ショートカットのほうがオススメです。 つまり、 データの端まで飛びながら範囲選択ができるんです。 このショートカットも本当に便利なので、ながーーーーい範囲を、 マウスを使ってドラッグして選択してた人は、今日からこっちを使ってくださいね。 たかが移動、たかが範囲の選択と思わず、今日の業務からぜひとも取り入れてください。 マスターすれば必ずあなたの作業効率が爆上がりします。 ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 エクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の

【エクセル(基本操作編)】カーソル移動ショートカットキー

エクセル 移動 ショートカット

この記事の内容• デスクトップにショートカットアイコンを作成する方法 今回紹介するのはこちらの3通りの方法です。 任意の場所なら別ですが、デスクトップにショートカットアイコンを作るのであれば、「送る」メニューから作成するのが最も簡単ではないでしょうか。 紹介する内容• ドラッグアンドドロップでショートカットアイコンを作成する• 「送る」メニューから作成する• ショートカットを作成しデスクトップに移動 ドラッグアンドドロップでショートカットアイコンを作成する ウィンドウズメニューからデスクトップにショートカットアイコンを作成したいアプリケーションを見つけ、ドラッグアンドドロップでデスクトップにショートカットアイコンを作成する方法です。 初めに、画面右下にある「 ウィンドウズメニュー」を表示させます。 表示されたリストからデスクトップにショートカットアイコンを作成したいアプリケーションを見つけましょう。 (今回は例としてエクセルのショートカットアイコンを作りたいとします。 ) 見つけたアプリケーションをクリックし、そのままの状態でデスクトップが表示されている領域までドラッグします。 そうするとリンク作成の表示が出てくるので、クリックを離しましょう。 これでショートカットアイコンの作成ができました。 MEMOエクスプローラーからデスクトップにドラッグアンドドロップすると、ショートカットアイコンの作成ではなく、ファイルの移動になるので注意してください。 「送る」メニューから作成する ファイルメニューの「送る」からデスクトップにショートカットアイコンを作成する方法です。 アプリケーションだけでなく、ファイル等のショートカットアイコンも作成できます。 (こちらは例としてOutlookのショートカットアイコンを作成します。 ) ウィンドウズメニューからデスクトップにショートカットアイコンを作成したいアプリケーションを見つけ、右クリックメニューから、「 その他」>「 ファイルの場所を開く」を選択します。 ファイルの場合は ショートカットアイコンを作成したいのが、アプリケーションではなくファイルの場合は、ファイルが保存されているフォルダーを表示してください。 アプリケーションが保存されているフォルダーが表示されます。 ショートカットを作成したいアイコンの上で右クリックし、「 送る」メニューから「 デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択します。 これでデスクトップにショートカットを作成することができました。 ショートカットを作成しデスクトップに移動 「送る」メニューから作成する方法より1ステップ多い方法です。 ただし、デスクトップ以外にショートカットを作成する場合にはこちらの方法が便利ですので紹介しておきます。 「送る」メニューと同じく、アプリケーションやファイルが保存されているフォルダーを表示させましょう。 ショートカットを作成したいアイコンの上で右クリックし、「 ショートカットの作成」をクリックします。 同一フォルダーにショートカットのアイコンが作成されるので、デスクトップや任意の場所に移動させましょう。 アプリケーションフォルダーの場合 「 ここにショートカットを作成することはできません。 デスクトップ上に作成しますか?」と表示された場合は、「 はい」を選択しデスクトップにショートカットを作成しましょう。 まとめ 普段使うアプリケーションやファイルのショートカットを作成することで、瞬時にアクセスすることができるようになります。 あまり不要なものまでショートカットを作成すると、データがごちゃごちゃになって余計に分かりにくくなるので気を付けてくださいね。 タスクバーにアプリケーションやフォルダーを登録する方法はこちらです。 デスクトップのアプリケーションにショートカットキーを割り当てる方法はこちらです。

次の

Excel(エクセル)でのセル、行列の移動とコピー|行や列の入れ替え方法

エクセル 移動 ショートカット

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。 エクセルの作業速度をアップするためには、目的のセルに素早く移動することがポイントになります。 表の端に移動するにはCtrl+方向キー、表の左上はCtrl+Homeキー、表の右下はCtrl+Endキーを押します。 名前を使うと、目的のセルに簡単に移動でき、ほかのシートにジャンプすることも可能。 ほかの場所からアクティブセルに戻るには、Ctrl+Backspaceキーですばやく戻れます。 エクセルのショートカットキー活用術4選 1. 表の左上、右下に素早く移動する 表の左上、右下に移動するには、Ctrl+Homeキー、Ctrl+Endキーを押します。 Homeキー、Endキーは、パソコンによってFnキーと組み合わせて使います。 名前で素早く移動する 目的のセルに素早く移動するには、そのセルに名前を付けて移動します。 ほかのシートに簡単に移動することも可能です。 「名前」とは、セルやセル範囲に付けるもの。 アクティブセルの移動や数式内の参照に使用できます。 ジャンプするときは、名前を指定します。 アクティブセルに素早く移動する アクティブセルに素早く移動するには、Ctrl+Backspaceキーを押します。 大きい表で離れた場所を参照するときに便利です。

次の