いただけ ます と 幸い です。 「幸いです」の意味とは?目上への敬語表現と類語を例文で紹介

「いただけます」「いただきます」の違いは?正しい敬語の使い方

いただけ ます と 幸い です

簡単に言えば「いただく」と「幸い」を足して丁寧な敬語表現へと変換した言葉が「頂けると幸いです」になります。 「いただく」にはくれる、もらうという意味があります。 ここでの「いただく」は謙譲語になりますので、もらうを謙譲語にしたものが「いただく」という形になります。 「幸いです」はお願いの意味で使用しています。 相手がそれをしてくれたら嬉しい、ということですね。 相手に贈り物をした際にも使用しますので、相手の役に立つことを期待する気持ちを表現することもあります今回の場合ですと、「お願い」という意味合いが当てはまります。 これらの2つの意味を足すことによって「いただけると幸いです」になりますので、ざっくりといえば「してくれると嬉しいです」といった意味を敬語表現にしたもの、ということになります。 使うときは相手に丁寧にお願いをするとき 「幸いです」は上記で説明した通りの嬉しいという意味になりますので、「幸甚(こうじん)」についての説明をしていきたいと思います。 しかし、この幸甚という言葉はなかなか見ませんよね。 日常的にはまず使うことがありませんので、ビジネスシーンなどのお堅い場面で使うことが多い言葉になります。 意味は「幸い」をより丁寧にしたものになり、訓読みをすると「甚だ幸せ」という意味になります。 砕いていうならば「非常にありがたい」や「この上もない幸せ」という感じですね。 ここまでくると丁寧にしすぎている感もありますので、基本的にはかなり目上の方に対してでない限りは「幸甚」ではなく、「幸いです」で問題ありません。 「幸いです」はあいまいな表現になることも 「いただけると幸いです」という言葉はとても丁寧ですし、良い印象を与える言葉でもあります。 しかし、場合によっては「幸いです」がとてもあいまいな表現に見えてしまうことがあります。 例えば、必ず連絡がほしい場合に「ご連絡いただければ幸いです。 」と言ってしまうとすこし言葉が弱いですよね。 ビジネスメールは意味を正しく伝える必要がありますので、丁寧な言葉遣いをしようとしすぎてこのような言い方をしてしまっていては本末転倒です。 こういった、必ず連絡がほしい場合には「ご連絡お願い申し上げます。 」といった表現にするほうが良いです。 こういった、必ず何かをしてほしい場合等は「幸いです」という表現をするべきではありませんので注意しましょう。 何が幸いかわからない場合も 「していただけると幸いです」はあいまいな表現になってしまうので、使うタイミングが限られることがわかりました。 ここではそれを踏まえたうえでの実例文をいくつか紹介していきます。 ・ご連絡いただけると幸いです。 ・お目通しいただければ幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご都合の程をお知らせいただけると幸いです。 といったような、ソフトにお願いする場合の表現として「いただけると幸いです」を使用するのが良いでしょう。 また、必ず相手からの返事が欲しい場合や、日時を指定してお願いをする場合は以下のような表現をします。 ・ご連絡していただきたく存じます。 ・お目通しいただくようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れイイりますが、ご都合の程をお知らせお願い申し上げます。 「いただけると幸いです」はとても丁寧な表現ですが、あくまでもソフトにお願いする表現ですので、きっちりと使い分けるようにしましょう。 上記でも説明しましたが、目上の人に対しての「いただけると幸いです」に当たる言葉は「いただけると幸甚です」といった表現になります。 意味は説明した通り、幸せをより丁寧に表現したものとなります。 少し上の上司にあたる人や取引先の方なら「幸甚」なんて表現をせず、「幸いです」で問題ありません。 使う際にはよほどのことがあった場合や、かなり目上の方に使うのが望ましいですね。 しかし、この「幸甚」という言葉は「この植えない幸せ」や「非常にありがたい」という意味があることを説明しました。 よって、1つのビジネスメールに頻繁に使っても良い言葉ではありません。 この上ない幸せが1回にいくつもあるのはおかしな話ですし、使う際には1か所程度にとどめて使用する必要があります。 あまりにも使いすぎるとお堅い表現でもありますので、相手によそよそしい印象を与えてしまいますし、大げさであったり「くどい」印象を与えてしまいます。 せっかく丁寧な表現を心がけて使用しているのにもかかわらず、このような事態になってしまっては意味がありませんよね。 より丁寧な表現をしたいのなら「幸いに存じます」 今回は「いただけると幸いです」という表現についてまとめました。 ここでわかったのは「いただけると幸いです」はあくまでもソフトにお願いする際に使用する表現であり、急ぎの連絡や依頼に対して使用するととんでもないことになる可能性があるということです。 「幸いです」はあくまでもビジネス枕詞であり、柔らかい印象を与えるための言葉です。 急ぎの用事がある場合は丁寧な表現をすることも大事ですが、意味の伝わるように「していただくようお願い申し上げます」や「していただきたく存じます」のような言葉を使い、しっかりと意味の伝わる文章を作成するように心がけましょう。 きちんと相手に伝わるビジネスメールをすることは社会人の基本中の基本になりますので、最初は言い回しなどが難しいものが多く混乱しますが少しずつ覚えていって丁寧かつ、意味の伝わるメールを作れるようになっていきましょう。

次の

「いただけます」「いただきます」の違いは?正しい敬語の使い方

いただけ ます と 幸い です

<目次>• (納期をお知らせ下さい。 (どのように対応すべきか、できるだけ早くお知らせ下さい。 (ご変更へのご希望がございましたら、お知らせ下さい。 (ご私事賜りますよう御願い致します。 (ご訪問、楽しみにいたしております。 (お考えをお教え下さい。 (上記手配にてOKかどうか、お知らせいただければと思います。 (今回の要請を何卒、ご考慮くださいますよう、お願い申し上げます。 (事情説明をいただければ、幸いです。 (何なりと、コメント、ご提案賜れれば幸いです。 ) 英語ビジネスメールの末文表現……一般的な末文表現 日本人が書き手の場合、「宜しく御願い致します。 」の様に、何か最後に書かないとどうしても落ち着かないということが、よくあります。 その際、儀礼的だけれども、おかしくない、いくつかの末文表現を知っておくと、とても便利です。 (宜しく御願い致します。 (ご考慮くださいますよう、宜しく御願い致します。 (ご高配賜りますよう、宜しく御願い致します。 (お取引いただき、ありがとうございます。 (ご注文、お待ち申し上げております。 (また、御社とお取引させていただけます機会を心待ちにいたしております。 abc. (ご質問がございましたら、お気軽に***まで、お問い合わせ下さい。 (お困りの際は、ご遠慮なく当方にお電話下さい。 (重ねて、ご配慮御礼を申し上げます。 (ご助力ありがとうございます。 (この件についてのご考慮を感謝申し上げます。 (近いうちに、また、お役に立てますことを心待ちにいたしております。 ) 【関連記事】•

次の

「幸いです」の意味とは?目上への敬語表現と類語を例文で紹介

いただけ ます と 幸い です

メールで「教えていただけますでしょうか」と聞く場合は、相手の顔が見えない分、文章に気を使わなければなりません。 あくまでこちらが相手に教えを請うのですから、「教えて欲しい」という気持ちが十分に伝わらなければなりません。 そのためには、まず「何を教えて欲しいのか」を相手に伝えなければなりません。 ただ「教えてください」では相手も困ってしまいますので、メールで送る場合は、文章の組み立てが重要になってきます。 この「お忙しいところ申し訳ありません」という言葉を入れることで、相手の心証が良くなります。 ビジネス ビジネスにおいて「教えていただきますでしょうか」という言葉は、非常に重要な意味を持ちます。 ビジネスマンにとって仕事などを覚える上で、「教えてもらう」ということは大事なことですので、「教えていただけますでしょうか」という言葉は上手に使わなければなりません。 初めて仕事に就く時は誰もが知識はありません。 自分で勉強しながら仕事を覚えていきます。 社内で教えてもらう時は、ほとんどが対面ですので、言葉だけではなく態度なども重要になってきます。 言葉だけの上っ面にならないように、教えてもらう態度なども相手に示さなければなりません。 就活 「教えていただけますでしょうか」自体が敬語表記となっていますが、言葉を変えるだけで丁寧な言葉になります。 敬語としても十分通用する言葉ですが、丁寧な言葉に直すだけで、相手にとって感じの良い言葉になります。 「教えていただけますでしょうか」の表現を、「教えていただいてよろしいでしょうか」という表現に変更するだけで、敬語表現が丁寧な言葉に変わってきます。 「よろしいでしょうか」という言葉は、相手に対して伺いを立てる言葉ですので、相手も返事がしやすくなります。 「教えていただけますでしょうか」と相手に問いかける場合には、教えるためには相手の時間をとることの可否を聞くことになりますので、なるべく丁寧な言葉で問いかけることが大事です。 「教えていただけますでしょうか」と似た言葉に、「教えていただけますか」があります。 同じような表現だと思われますが、「教えていただけますか」という表現は、相手に対して失礼な言葉になる場合があります。 「教えていただけますか」と表現できるのは会社では先輩までです。 上司などに「教えていただけますか」と聞くと、相手は聞き方のトーンなどで不快になる場合があります。 「教えていただけますか」は丁寧な言葉だとおもわれますが、話すトーンによって感じが変わります。 「教えていただけますか」と聞く時には、トーンを下げて疑問符的な言葉で聞くと、相手に対して良い印象を与えます。 しかし、トーンを上げると相手に対して不快な感じを与えますので注意が必要です。 「教えてもらえますか」 「教えていただけますでしょうか」と似た言葉に、「教えてもらえますか」という言葉があります。 同じ表現だと思われますが、「教えてもらえますか」という表現は、相手が不快な気分になる言葉になる場合があります。 「教えてもらえますか」と表現ができるのは会社では同僚までです。 先輩や上司などでは、聞き方によっては、相手に不快な感じを与える場合があります。 「教えてもらえますか」は言い方などを考えながら使わないといけない言葉です。 「教えてもらえますか」と聞く時には、話すトーンに気を付けて、穏やかなトーンで話すようにしなければなりませんし、トーンを間違えると相手に対して不快な気分になりますので、注意をしなければなりません。 「教えてくれますか」 「教えていただけますでしょうか」と似た言葉に、「教えてくれますか」という言葉があります。 同じ表現だと思われますが、「教えてくれますか」という表現は話す相手を選ばなければなりません。 「教えてくれますか」と表現できるのは会社では同僚までです。 先輩や上司に対してこの言葉を使うと、馴れ馴れしいと感じられる場合もありますし、同僚に対してもあまり馴れ馴れしい感じで聞くと、気分を害される場合もあります。 「教えてくれますか」と聞く時には、穏やかなトーンで相手の表情を見ながら、言葉を出さなければなりません。 また、あまり感情を込めずに相手が良い感じを受けるように話すことが大事です。 そして、きちんと教えてもらえるような姿勢で話すことも大切です。 「教えていただけますでしょうか」に付ける言葉の一つに、「幸いです」という言葉があります。 この言葉は、文章の後に付けることで、相手に対しての感謝を表す言葉になります。 例文として次のような文があります。 教えていただけますでしょうか。 教えていただけるなら幸いです。 教えていただけますでしょうか。 わかりやすく教えて下されば幸いです。 教えていただけますでしょうか。 詳しく教えてくだされば幸いです。 このように「幸いです」は、「教える」ということに対して、「教えてくれるならうれしいです。 ありがとう」を丁寧に表現した言葉になります。 そのため、この言葉を使うと相手に対して感謝の言葉がとても感じの良い言葉になります。 「助かります」 「教えていただけますでしょうか」に付ける言葉の一つに、「助かります」という言葉があります。 この言葉は、文章の後に付けることで、相手に対しての感謝の言葉になります。 例文として次のような文があります。 教えていただけますでしょうか。 教えていただけるなら助かります。 教えていただけますでしょうか。 わからなかったので助かります。 教えていただけますでしょうか。 困っていたので助かります。 このように「助かります」は、「教える」ということに対して、「教えてくれるなら自分が助かります。 ありがとう」を素直な表現になります。 またこの言葉は、感謝の言葉としては少し丁寧ではありませんが、感謝の気持ちが相手には十分伝わります。 「感謝いたします」 「教えていただけますでしょうか」に付ける言葉の一つに、「感謝いたします」という言葉があります。 この言葉は、文章の後に付けることで、相手に対してのストレートな感謝の言葉になります。 例文として次のような文があります。 教えていただけますでしょうか。 お忙しいのに感謝いたします。 教えていただけますでしょうか。 時間をとって下さって感謝いたします。 教えていただけますでしょうか。 教えていただくことに感謝いたします。 このように「感謝いたします」は、「教える」ということに対して、「教えてくれてありがとう」を丁寧に表現した言葉です。 そのため、どのような相手にも気持ちが伝わりますので、気持ちを伝えるには最適な言葉です。 正しい「教えていただけますでしょうか」の使い方 「教えていただけますでしょうか」は、相手にわからないことを聞くために使う言葉です。 使い方によっては相手から教えてもらえなくなる言葉と言えますので、使う時には十分気をつけなければなりません。 この言葉を使う時には感謝の言葉を付け加えると、とても良い言葉になります。 教えてもらうということは、相手の時間をとったりしますので、そこへ対して感謝の言葉を入れるようにしましょう。 「教えていただけますでしょうか」と口頭で聞いた場合には、相手が返答しやすいように聞かなければなりませんので、話すトーンや姿勢が大事です。 また、それ以上に「わからないことを聞きたいです」という気持ちを前面に出していかなえれば、せっかくの言葉が台なしになるので注意しましょう。

次の