増原 裕子。 増原裕子氏、勝間和代氏との別れは「原因は私にあります」/芸能/デイリースポーツ online

増原裕子の新パートナーは誰?新名前と顔画像を調査!

増原 裕子

勝間和代と破局するも冷淡な回答 勝間さんとの破局について「デイリー新潮」は次のように報じています。 「2人の関係に変化が起きたのは、今年(2019年)7月の参院選です。 」 「増原さんは、 立憲民主党の候補として京都府選挙区から出馬しました。 勝間はその選挙で応援に走り回り街頭演説に立った。 京都の住まいの掃除や料理まで、 本当に献身的に尽くしたのです。 」 「さらに言うと、 勝間は選挙のために 約200万円も貸していたんです」 勝間氏は、 かいがいしく、年下のパートナーの世話を焼いていたわけだ。 「落選後、増原さんはなかなか東京に戻りませんでした。 「別の方と今後の人生を生きたいと思ったことによるものです。 私が、勝間氏と別の第三者と 交際を並行していた事実はありません。 」 「なお、 第三者の方は一般の方であり、 私と交際をしているという事実が明らかになれば、 当該第三者の方が性的少数者であることが露見し、 第三者の方のプライバシーを侵害することになりますので、 その点はくれぐれもご留意ください」 借金についても、 「すでに分割返済を始めており、 適切に対応していきます」 実に冷淡な答えである。 (2019年11月27日配信) 上記の通り、増原さんの態度からは「勝間和代= 過去の人」という印象を抱きます。 勝間さんは彼女から関係解消を切り出された時、 「関係の修復は不可能」と感じたと言います。 恐らく、彼女もまた増原さんの言動から、既に自分が 「過去の人」であることを感じ取っていたと思われます。 世間の反応 勝間さんはあまり好きではないけど、 これは可哀想すぎるでしょ 男女関係なくあんまりや やっぱり利用なのかな…嫌だな 初婚のタカラジェンヌさんと結婚式を挙げるエッセイ漫画を読んだことあります。 タカラジェンヌさんとの喧嘩も赤裸々に描いていて、 気性の激しい印象でした。 しかし次から次へと本当によくモテますね。 新しいパートナーさんも何年もつかな。 選挙の応援までさせて、 そのあとすぐさよならって利用したと言われても仕方ない。 そういう人が当選しなかったのは本当によかった。 立憲民主は候補者選びがひどいですね。 私は同性婚がしたい! となればマスコミを巻き込んで騒ぎ立て意地でも自分の権利を主張。 その割に、あっさり別れ、 次の勝間さんの知名度と経済力を利用して用がなくなれば次… そのうちこの人は寄生LGBTと呼ばれる。 新しいパートナー相手とは? 新しいパートナーは一般人であるため、 詳しい素性(名前・年齢・顔写真)は公表されていません。 「彼女は選挙運動のために京都にいましたが、 そこで 浮気相手と出会ったのでしょう。 増原さんが その女性のことをSNSによく上げるので、 勝間も気になっていたようです。 今思えば、 増原さんは二股をかけていたのだと思います」 (上念さん) (2019年11月14日配信) 上記の通り、新しいパートナーは増原さんのSNSに頻繁に登場していたのです。 彼女が新しい恋人と出会ったのは、2019年7月の参院選とされています。 つまり、 この時期から露出が増えている人物が新しいパートナーの可能性が高いということになります。 新しい恋人は誰?名前は? 増原さんのFacebookを調べたところ、 新しいパートナーだと思われる女性の存在が浮上しました。 そこで、この女性について調べたところ、 参院選で立候補者をサポートしていたことが判明したのです。 また、過去の投稿では、この女性と勝間さんが 一緒に映っている写真も確認されました。 ただ、問題の女性が新しいパートナーと断じるに足る 確証は一切ありません。 そのため、この場でその女性の素顔やアカウントを公開することは控えさせて頂きます・ ご容赦ください。

次の

勝間和代と増原裕子さん破局原因は?新恋人の存在が明らかに!

増原 裕子

こちらのシンポジウムに登壇させていただきます! 当事者として、アクティビストとして、つねに考えつづけてきたテーマ。 去年のフジテレビほもおだ案件あり、今年の杉田議員差別的寄稿問題あり。 でもそれだけじゃなくて、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネットなどでのやSOGI、表象について感じていること、考えていることをまとめてのぞみたいと思います。 個性ゆたかなパネリスト・司会の方々とご一緒させていただけることもとても楽しみです。 このテーマに関心のある方、ぜひご参加ください。 くわしくは下記をご覧ください。 masuhara-hiroko ブラジル発版「」という前宣伝に強い興味を持ち、ご縁あって先日こちらの映画の試写会にいってきました。 保守的な時代にあっても、自分らしくいること、自由を求めることを貫いてきたディーバたちの人生にものすごくエンパワーされました。 なにより一人一人がとってもチャーミング。 今の時代にどこか閉塞感を抱えている人にとくにおすすめします。 試写会には、映画にも出演しているヴァレリアさんが来日。 同じくゲストのさんとの47年ぶりの再会に話がはずんでいましたよ。 そして!日本で活躍するたくさんのの方たちも駆けつけて、大変ゴージャスな雰囲気でした。 いつも観たい映画がたくさんあって、時間のやりくりがなかなか難しいです! masuhara-hiroko 8月1週目は、パートナーと 「ワーケーション」で山陰・をドライブでまわっていました。 パートナーのブログエントリーはこちら。 私もいろいろで写真を投稿したりしていました。 でも、「ワーケーション」という言葉を初めて聞いたという人がほとんど。 ワーケーションとは、 「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語。 旅先で休暇を楽しみながら、テレワークも行う働き方のことをさします。 くわしくは下記の記事をご覧ください。 パートナーと私は2人ともで、自分の裁量でスケジュールを組みやすいことから、ワーケーションの日程も取りやすいです。 私は東京にいても、自宅以外でも出先のカフェなどで仕事をしている時間が多く、ワークという意味ではあまり変わらないですね。 でも、観光や自然の中のドライブ、温泉でゆっくりなど、日常ではなかなかできないアクティビティを楽しみつつ、時間を決めてしっかり仕事をするというメリハリがあれば、気分転換してリフレッシュしながら集中して仕事に打ちこめる、なかなかすてきな環境でしたよ。 そういう環境だと、アが浮かんだり、生産性高くアウトプットできたりするので、一石二鳥です。 masuhara-hiroko 先日、様で担当させていただいた研修のことが、日経で記事になりました。 初めてお会いした方と名刺交換をしてお話ししていると、 「メインの仕事はなんですか?」と聞かれることがけっこうあります。 上記のような法人向け(or も含めた企業関係者向け)の研修・講演がメインのお仕事です。 (職員研修という切り口では、企業関係者以外にも、最近では体での研修も増えています。 ) 関連の活動もけっこういそがしくしていて、仕事と活動という違いはあれど、テーマはつねに・が中心にあります。 また明日から元気にがんばります! にて レンタカーの旅。 私はペーパードライバーなので、ずっと運転を担当してくれたパートナーに大感謝! 海の幸がおいしかったです。 masuhara-hiroko 昨年末のプロジェクト発足以降、大きな社会課題として、あらためて認識されつつある「ブラック校則」問題。 チキさん・内田良さんコンビの書籍が明日発売になります! 私もプロジェクト発起人の一人として、 「第7章校則に内在する性規範 増原裕子(アクティビスト)」 を執筆担当させていただきました。 こちらは、書籍の特設ページ。 課題のポイントが一目でわかりやすいサイトになっています。 ブラック校則 想定問答 社会に出たら理不尽が待っている。 校則が理不尽でも耐えて慣れるべし 社会が理不尽なら、理不尽な状況を変えていく人材を育てていく方が 生産的です。 「理不尽に耐えろ、慣れろ」ということは、耐えられない人を 排除し、理不尽を再生産してしまう不毛なプロセスに 荷担することになってしまいます。 教育関係者のみなさま、この問題に関心があるみなさま、いろいろなマイノリティや生きづらさの課題の根っこにある構造に興味があるみなさま、ぜひお買い求めください。 おかしいことには、はっきりと「おかしい!」と言う。 必要なときには、「怒っている」ことを伝える。 おとなしくしているより、リアルタイムに感情含め伝えていくことが大事なんだ、それがたくさんの人を巻き込み、社会を変えていくドライブになるんだ、ということを、最近のいろいろな出来事をとおして痛感しています。 夏休みの読書におすすめします! 今日、こちらの文章が朝日WEBRONZAに掲載されました。 今回の悲しい出来事をふまえて、ぜひ差別禁止の法整備につなげてほしいという想いで書きました。 ぜひお読みください。 その内容は不明瞭な部分が多く、不十分だと感じています。 党の対応などのリンクを下記にまとめます。 の見解が昨日HPに載り、今日は安倍首相のぶら下がりでのコメントが出て、杉田氏も事務所を通じてコメントを出しました。 党の見解に対する法連合会の緊急声明も夕方に出ました。 それがニュースに掲載。 この一連の流れを追っているときに、こちらのニュースが入ってきて、とてもがっかり。。。 (泣) 「この程度の発言」ではないからこそ、こんなに大問題になっているんですよ。 ひき続き注視していきます。 masuhara-hiroko.

次の

元宝塚の東小雪さん&増原裕子さん 同性パートナー解消「非常に重い責任を感じております」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

増原 裕子

こちらのシンポジウムに登壇させていただきます! 当事者として、アクティビストとして、つねに考えつづけてきたテーマ。 去年のフジテレビほもおだ案件あり、今年の杉田議員差別的寄稿問題あり。 でもそれだけじゃなくて、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネットなどでのやSOGI、表象について感じていること、考えていることをまとめてのぞみたいと思います。 個性ゆたかなパネリスト・司会の方々とご一緒させていただけることもとても楽しみです。 このテーマに関心のある方、ぜひご参加ください。 くわしくは下記をご覧ください。 masuhara-hiroko ブラジル発版「」という前宣伝に強い興味を持ち、ご縁あって先日こちらの映画の試写会にいってきました。 保守的な時代にあっても、自分らしくいること、自由を求めることを貫いてきたディーバたちの人生にものすごくエンパワーされました。 なにより一人一人がとってもチャーミング。 今の時代にどこか閉塞感を抱えている人にとくにおすすめします。 試写会には、映画にも出演しているヴァレリアさんが来日。 同じくゲストのさんとの47年ぶりの再会に話がはずんでいましたよ。 そして!日本で活躍するたくさんのの方たちも駆けつけて、大変ゴージャスな雰囲気でした。 いつも観たい映画がたくさんあって、時間のやりくりがなかなか難しいです! masuhara-hiroko 8月1週目は、パートナーと 「ワーケーション」で山陰・をドライブでまわっていました。 パートナーのブログエントリーはこちら。 私もいろいろで写真を投稿したりしていました。 でも、「ワーケーション」という言葉を初めて聞いたという人がほとんど。 ワーケーションとは、 「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語。 旅先で休暇を楽しみながら、テレワークも行う働き方のことをさします。 くわしくは下記の記事をご覧ください。 パートナーと私は2人ともで、自分の裁量でスケジュールを組みやすいことから、ワーケーションの日程も取りやすいです。 私は東京にいても、自宅以外でも出先のカフェなどで仕事をしている時間が多く、ワークという意味ではあまり変わらないですね。 でも、観光や自然の中のドライブ、温泉でゆっくりなど、日常ではなかなかできないアクティビティを楽しみつつ、時間を決めてしっかり仕事をするというメリハリがあれば、気分転換してリフレッシュしながら集中して仕事に打ちこめる、なかなかすてきな環境でしたよ。 そういう環境だと、アが浮かんだり、生産性高くアウトプットできたりするので、一石二鳥です。 masuhara-hiroko 先日、様で担当させていただいた研修のことが、日経で記事になりました。 初めてお会いした方と名刺交換をしてお話ししていると、 「メインの仕事はなんですか?」と聞かれることがけっこうあります。 上記のような法人向け(or も含めた企業関係者向け)の研修・講演がメインのお仕事です。 (職員研修という切り口では、企業関係者以外にも、最近では体での研修も増えています。 ) 関連の活動もけっこういそがしくしていて、仕事と活動という違いはあれど、テーマはつねに・が中心にあります。 また明日から元気にがんばります! にて レンタカーの旅。 私はペーパードライバーなので、ずっと運転を担当してくれたパートナーに大感謝! 海の幸がおいしかったです。 masuhara-hiroko 昨年末のプロジェクト発足以降、大きな社会課題として、あらためて認識されつつある「ブラック校則」問題。 チキさん・内田良さんコンビの書籍が明日発売になります! 私もプロジェクト発起人の一人として、 「第7章校則に内在する性規範 増原裕子(アクティビスト)」 を執筆担当させていただきました。 こちらは、書籍の特設ページ。 課題のポイントが一目でわかりやすいサイトになっています。 ブラック校則 想定問答 社会に出たら理不尽が待っている。 校則が理不尽でも耐えて慣れるべし 社会が理不尽なら、理不尽な状況を変えていく人材を育てていく方が 生産的です。 「理不尽に耐えろ、慣れろ」ということは、耐えられない人を 排除し、理不尽を再生産してしまう不毛なプロセスに 荷担することになってしまいます。 教育関係者のみなさま、この問題に関心があるみなさま、いろいろなマイノリティや生きづらさの課題の根っこにある構造に興味があるみなさま、ぜひお買い求めください。 おかしいことには、はっきりと「おかしい!」と言う。 必要なときには、「怒っている」ことを伝える。 おとなしくしているより、リアルタイムに感情含め伝えていくことが大事なんだ、それがたくさんの人を巻き込み、社会を変えていくドライブになるんだ、ということを、最近のいろいろな出来事をとおして痛感しています。 夏休みの読書におすすめします! 今日、こちらの文章が朝日WEBRONZAに掲載されました。 今回の悲しい出来事をふまえて、ぜひ差別禁止の法整備につなげてほしいという想いで書きました。 ぜひお読みください。 その内容は不明瞭な部分が多く、不十分だと感じています。 党の対応などのリンクを下記にまとめます。 の見解が昨日HPに載り、今日は安倍首相のぶら下がりでのコメントが出て、杉田氏も事務所を通じてコメントを出しました。 党の見解に対する法連合会の緊急声明も夕方に出ました。 それがニュースに掲載。 この一連の流れを追っているときに、こちらのニュースが入ってきて、とてもがっかり。。。 (泣) 「この程度の発言」ではないからこそ、こんなに大問題になっているんですよ。 ひき続き注視していきます。 masuhara-hiroko.

次の