コロナ ジム通い。 ジムに行ってもいいのか?再開のタイミングは?【新型コロナ対策】

ウィズコロナ時代のスポーツジムはこうなる|Beyond Health|ビヨンドヘルス

コロナ ジム通い

オンラインフィットネスとは!? 「オンラインフィットネスって何?」という方のためにざっくりと説明します。 オンラインフィットネスとは、 インターネットを使ってどこでもフィットネスを行うことができるサービスのことです。 レッスンの受け方には大きく分けると 2パターンあります。 それはライブレッスンとビデオレッスンです。 特徴はこんな感じです。 ライブレッスン ビデオレッスン どこでもできる どこでもできる コミュニケーションが取れる コミュニケーションが取れない 予約する必要がある 予約する必要がない 開始、終了時間が決まっている 好きな時間に好きなだけできる アドバイスを受けられる アドバイスを受けられない それぞれ一言で言うと、 ライブレッスンは テレビ電話みたいなイメージで、 ビデオレッスンは 動画配信サイトみたいなイメージですね。 自分にはライブかビデオのどちらがあっているかで、どのサービスを利用するかも変わってくると思いますので、自分にはどちらがあっているか考えてみましょう。 オンラインフィットネスのメリットとデメリット オンラインフィットネスが通常のジムなどと比べてどういうメリットまたはデメリットがあるのかをあげていきます。 こんな方にはおすすめできない• マシンなどを使ったトレーニングがしたい方• 周りとコミュニケーションをとりたい方• 対面じゃないとモチベーションをあげることができない方 様々なマシンやプールなどの施設を利用したい方は、やはりオンラインフィットネスよりもジムに通う方がいいと思います。 コミュニケーションの取りながら運動したい方は、ビデオフィットネスではできませんが、 ライブフィットネスの場合はコミュニケーションを取ることができるので、 画面上でも大丈夫という方は問題ないと思います。 オンラインフィットネスおすすめ3選 ここからは、おすすめのオンラインフィットネスサービスを「 料金」「レッスン形式」「プログラムの充実さ」などの要素に注目しながら紹介していきます。 LEAN BODY(リーンボディ) 特徴• ビデオレッスンのオンラインフィットネス• 350種類以上ものレッスン数!• 2週間の無料体験あり! LEAN BODY(リーンボディ)は、 ビデオレッスンを行うことができるオンラインフィットネスサービスです。 350以上というとてつもない種類のレッスンがあり、ヨガやピラティス、ストレッチはもちろん、そのほか 幅広いジャンルのレッスンを受けることができます。 さらに2週間 もの間、無料体験を受けることができます。 なので、 気になる方はとりあえず始めてみるという考えでも全く問題ないと思います。 長く続ける予定の方は 「12ヶ月プラン」がおすすめで、「 無料期間だけじゃ少し足りないかも」と思う方は 「6ヶ月か3ヶ月プラン」がおすすめです。 通常のジム LEAN BODY 月額 8,000円から 980円から 場所 近隣のジム どこでも 時間 9:00-22:00 24時間365日 レッスン時間 30-90分 5-40分 入会金 10,000円から 0円 LEAN BODY(リーンボディ)について詳しく知りたい方はこちらから! 特徴• ライブレッスンがメインのオンラインフィットネス• 無料体験あり!• インストラクターの指導を受けることができる! SOELU(ソエル)は、ヨガやピラティス、ストレッチといった自宅でも手軽にできる運動を行うことができるオンラインフィットネスサービスです。 オンラインフィットネスの最大手でコンテンツがしっかりしているのはもちろん、 インストラクターが100人以上ととても充実しています。 ライブレッスンがメインのオンラインフィットネスで、プロのインストラクターから指導を受けることができます。 ビデオレッスンもできるので、 ライブで指導してもらってビデオで再確認というような流れが理想的です。 インストラクターの 口コミやスケジュールなども公式サイトから確認することができるので、ぜひ自分にピッタリのインストラクターを探してみてください! 「SOELU(ソエル)」より引用 無料体験のライブレッスンが2回もできるので、まずはどんな感じか見てから始めるのもおすすめです。 無料カウンセリングあり!• オンラインでのマンツーマン指導!• 食事指導までしてくれる! Plez(プレズ)は、 マンツーマントレーニング指導を行ってくれるオンラインフィットネスです。 マシンは使わないですが、イメージとしては パーソナルトレーニングジムのオンラインバージョンですね。 マンツーマンでの指導なので、 「1人でトレーニングしても挫折してしまう・・・」 という方に特におすすめです。 食事指導もあるので、 学んだ内容をすぐに実践できるのも嬉しいですね。 気が向いたときにすぐ受けることができるので、気になった方はまず無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。 公式サイトに1日の流れもあるので、実際に確認してみてください! 料金 プレミアムプラン 入会金 9,800円(税別) 指導料 2か月プラン 79,800円(税別) 3か月プラン 99,600円(税別) 4か月プラン 119,400円(税別) サービス内容 プログラムの作成 食事指導 トレーニング指導 マンツーマン対応 月2回の計測と調整 質問・相談し放題 月1回(60分)の電話・対面 スタンダードプラン 入会金 9,800円(税別) 指導料 2か月プラン 39,800円(税別) 3か月プラン 54,600円(税別) 4か月プラン 69,400円(税別) サービス内容 プログラムの作成 食事指導 トレーニング指導 マンツーマン対応 月2回の計測と調整 質問・相談し放題 ライトサポートプラン 入会金 9,800円(税別) 指導料 2か月プラン 29,800円(税別) 3か月プラン 44,600円(税別) 4か月プラン 59,400円(税別) サービス内容 プログラムの作成 マンツーマン対応 月1回の計測と調整 月1回の質問・相談 オンラインフィットネスで必要なもの オンラインフィットネスでは、基本的に 「スマートフォン」または 「タブレット」または 「PC」のどれか1つでもあれば問題ないことが多いです。

次の

【新型コロナ】各スポーツジムの対策一覧|休会措置などについても

コロナ ジム通い

大前提:ジム側の対応 いくら利用者が中してもジム側が何しないノーテンキなジムではだめです。 基本的な対策• 受付でのアクリル板設置による飛沫感染防止• 入り口でのアルコール消毒• できれば入り口での検温• 列ができる場所でのソーシャルディスタンスを取る配慮(足元の目印など) ジム特有の対策• マシンの汗拭き布などの共用廃止• マシンの手が触れる部分の消毒薬(エタノールまたは次亜塩素酸ナトリウム)と清潔な個人で使える布の用意• トレッドミル(ランニングマシン)などの間の飛沫飛散防止フィルムやアクリルの設置• ロッカールームの「密」防止策(ロッカーは一つおきにしか使えないようにするとか….. ) ・ロッカールームの床。 土足を脱いだら、ソックスでロッカールームに入るのではなく脱いだソックスは靴の中に入れる。 ソックス直では床を歩かない。 ・トレーニングマシンで手を触れるところ(グリップ、ウェイト調節ノブ、座面、背もたれ、タッチパネル表面など)。 ・トレーニングルームでタオルや飲み物を置く棚。 ・スパ入り口のタオルなどを入れておく棚。 ・洗面スペース(パウダースペース)の椅子・水道蛇口・共有物の表面。 ・ドアハンドルやドアノブ(これらは手で触れないことが大切)。 ・ヨガマットやストレッチマット。 ちゃんとしたジムであれば、これらの部分を利用者が消毒できるように消毒薬(エタノールまたは次亜塩素酸ナトリウムなど)を用意しているはずなので、個人で利用できる布(雑巾)にそれらを染み込ませて利用前と利用後に拭き取ることが必要です。 特にヨガマットやストレッチマットは備え付けの消毒スプレーなどで使用前・使用後にはキレイキレイにしましょう。 基本[5] 出る前にも手指消毒を忘れずに。 要するに出入り時には消毒です。 スタジオレッスンは危険 ジムの中でも筋トレマシンは、手が触れるところに中さえすればさほど問題はないと考えますが、問題なのはスタジオレッスンです。 ジムよって、人数制限したり以前なら閉めていた扉を開放したりしているでしょう。 冒頭に紹介した「FIA フィットネス関連施設における新型コロナウイルス感染拡大対応ガイドライン」にも記載があります。 >しばらくは、ヨガやストレッチ、或いはインパクトの低い健康体操的なクラスを除き、 強度が高く呼吸が激しくなるプログラムは休止することが望ましい。 > 大人数でのレッスンは行わない。 >レッスン時の厳格な 人数制限の実施:隣人との間隔は最低 2m 四方。 私はスタジオレッスンには全く興味がないのでやろうとも思いませんが、おそらくジムの中のトレーニング関係では スタジオレッスンが一番危険だと考えています。 スタジオレッスンの実施にあたり業界のガイドラインを守っていないジムであれば即刻退会すべきです。 スタジオレッスンも参加しないでも我慢できるなら参加しないこと。 靴底の危険性 飛沫が落ちているのは間違いなくジムの床です。 特にスタジオの床は相当危なそう。 そこで問題なのがジムシューズの靴底です。 気が利いたジムだと、靴底消毒用のマットとかおいているかもしれませんが、業界団体のガイドラインにもないので、そこまでは期待できません。 ウイルスが靴底についたジムシューズをジムのロッカーに入れっぱなしにするのは、コロナ対策以外に黴や臭い対策としても失格です。 黴や臭い対策としてはちゃんと持ち帰り干す必要があります。 そして靴底のコロナ対策として簡単そうなのは衣類用除菌スプレーです。 北里研究所・北里大学の2020年4月17日のプレスリリースに「 」というのがあります。 これによれば接触時間1分(原液)で、「 (原液)」があります。 主成分である界面活性剤がコロナウイルスのエンベロープを破壊し不活化するものだと思われます。 上の写真は筆者宅にあったもので、旧パッケージのため現在店頭にならんでいるものとはパッケージデザインが違います。 関連する記事• 2018. 02 ビジネスパーソンなら大抵の方は持っているのが手帳ですよね。 予定などの管理は完全電子化している私ですら持っています。 一方、専業主婦の妻はといえば、子供[…]• 2017. 20 カレンダーが新しい年になると、真っ先にチェックするのが赤い日、つまり祝祭日と日曜日。 2017年も三連休が多いかな、と期待しつつ見ると… […]• 2017. 09 昨年まで、このブログは niftyのココログを使っていましたが、それ以前には自前サイトでフリーのCGIのShiromukuを使った、「あいちゃんの日記[…]• 2017. 10 久しぶりに枕ネタです。 今回ご紹介するのは、「Technogel Sleeping Pillow」です。 三種類ある形状の中で真ん中が凹んでいないDel[…]• 2019. 08 当ブログでは、主として海外旅行用に安全度の高いバッグとしてpacsafeシリーズを紹介しております(pacsafeに関して特別なプロモーション料などは[…] このWebサイトは、「旅路の部屋」に代表される個人旅行記などのコンテンツと、毎日更新しているブログ、旅行記掲載の「旅路の部屋」、エッセイの「あいちゃんの部屋」からできております。 ブログ(エッセイ)はかれこれ十数年ほど書き続けています。 飼い猫「マロン」(種類はラグドール)の話題も時折ブログに書き綴っていますので、是非ご覧になってください。 筆者はデジタルガジェットヲタクでもあり、iPhone 8, Apple Watch Series 3, iPad Pro 11, SHARP AQUOS R Compact, Mac mini, MacBook Pro, Windows PCなどを愛用しており、それらについてのブログ記事も多数掲載しております。 過去記事 過去記事.

次の

厚労省が感染場所の特徴を発表、在宅勤務による運動不足解消のジム通いどうする?:平凡でもフルーツでもなく、、、:オルタナティブ・ブログ

コロナ ジム通い

コロナウイルス感染拡大でジムに通う人は減っている? これだけコロナウイルスのことが騒がれていますので、スポーツジムに通う人は減りそうなものですが、私の印象では通常と変化なしです。 普段でもジム内に会員がたくさんいる日、いない日はありますので、たまには「今日は少ないなぁ」と思うこともありますが、それが毎日続くわけではありません。 ジムで運動しようと思っているぐらいですから、基本的には咳をゴホゴホする人もいませんし、いつもと変わらぬ光景という印象です。 ただ、今回のコロナウイルスは症状の出ない潜伏期間も1日~14日とされているようで、今は健康でも実は保菌者という人が混じっている可能性もゼロではないでしょう。 そう考えると、冒頭でご紹介したニュースのようにジム内での感染はどこのジムでもあり得ることだといえるかもしれません。 ジムでのウイルス感染を防ぐために スポーツジム経由でコロナウイルスに感染しないようにするには、やはり スポーツジムに行くのを控えるということが一番でしょう。 マスクをしながら運動するのもしんどいですので、やはり「ジムに行かない」という決断をすることが大事なのかもしれません。 ですが、スポーツジムでの運動を日課にしていたり、警戒しすぎては何もできないと思われる方も多いと思います。 ですから、これだけコロナウイルスへの警鐘を鳴らされていたとしても、スポーツジムには毎日たくさんの人が出入りしています。 では、スポーツジムには行くけども感染はしないようにするにはどうすればいいのでしょうか? 咳込んでいる人の近くに寄らない 高齢の方でよく咳込んでいる人はたまに見かけますが、他にも明らかに不自然な咳をしている人がいたら、今は近くに寄らないようにしましょう。 ジムでのトレーニングは長時間同じ場所ですることが多いので、咳込んでいる人がコロナウイルスの保菌者なら、自分に感染してしまうリスクが高まってしまいます。 マスクをしながらジムで運動している人は皆無ですので、咳による飛沫は周囲に飛び散り放題です。 怪しい咳をしている人がいたら、近くに寄らないようにしましょう。 狭いスタジオなどであれば、勇気を出して退室するのも大切です。 トレーニング後は手洗いとうがいをする ジムでのトレーニングを終えたら、速やかに手洗いとうがいをするようにしましょう。 手や喉にウイルスが付着したまま放置すると、感染のリスクが高まります。 シャワールームや洗面所で手洗いとうがいをし、体に付着した菌を洗い流すことが予防の第一歩です。 面倒だから「自宅に帰ってからやろう」ではなく、ジムから出る前にしておきましょう。 最後に コロナウイルスの感染拡大が毎日のように報道されていますので、できるだけ不特定多数の人が出入りするところには近寄らないというのが、感染予防としては大事だと思います。 ですが、やはり社会生活をする上ですべての行動を自粛することはできないということもあると思います。 健康管理のためにスポーツジムで運動している場合、それをピタッと止めてしまうのは精神的にも肉体的にも負担になる人もでてくるでしょう。 ですから、スポーツジムに通いながらも、できるだけ感染のリスクを減らせるように予防に努めることが大切だと思います。

次の