婚活サイト 完全無料 女性。 婚活サイト・婚活アプリおすすめ比較2019!年代別でおすすめの婚活サイトをピックアップ!

婚活サイト・婚活アプリおすすめ比較2019!年代別でおすすめの婚活サイトをピックアップ!

婚活サイト 完全無料 女性

結婚したい!さあ、今年は婚活だ!!と思ったあなた、では、どのような方法で婚活をしようと思っていますか?合コン?街コン?友達の紹介?婚活パーティー?結婚相談所?ざっと思いつくだけで、巷にはありとあらゆる種類の婚活がありますよね。 現在 アメリカでは、結婚した人の30%は婚活サイトで出会っています。 そして彼らの結婚生活に対する満足度は、半数が離婚をするアメリカにおいても、非常に高い水準を保っていると言われています。 日本では、4. 5人に1人が婚活サイトを利用した経験を持ち、その中の約20%の人が結婚まで至ったといわれています。 アメリカに比べると、なんだ、まだ少数派なのね、と感じられるかもしれませんが、インターネットでの出会いは、経済レベルの近い日本も、この後、アメリカと同等程度までの伸び率になることが予想されています。 (世界中の出来事は、ほぼほぼアメリカで最初に起こり、その後、徐々に他国へ展開されていきます。 ) 隙間時間を利用しながら、自分の好みの人にのみアプローチができるというネット婚活は、忙しい現代人のライフスタイルに非常にマッチしています。 しかも、女性が無料で使用できるという婚活サイトも、実は世の中に存在していることをご存知ですか? 時間もお金も大切にしながら、効率よくインターネットでネット婚活ができる、しかも無料!こんなチャンスが目の前にあるのだから、利用しない手はないですよね。 では、ここからは私が実際に使ってみて、皆さんにおすすめできる婚活サイトをご紹介します。 まず1つ目は、何かとお金のかかる女性にとって、 婚活にかかる費用が抑えられるのは大きなメリットであるということ。 そして、2つ目は、 無料サイトだからこそ、女性がたくさん集まる、女性の多いサイトには、自然と男性も多く集まってくるということです。 結婚相談所や婚活パーティーでの経費を考えると、婚活サイトが無料で使えるなんてすごい時代になったものです。 ぜひ参考にしてください! Pairs(ペアーズ) 婚活: 恋活: 20代から40代まで婚活をするすべての方におすすめの婚活サイトです。 累計会員数700万人ともいわれ、マッチング数2,700万組という、大規模サイト。 電話番号が必須となり、監視体制をより強化したので安全面もバッチリです。 会員は20代後半がボリュームゾーンではありますが、 ダントツで登録者数が多いため、様々な年齢層の人と知り合えます。 今までは、Facebook経由での登録が必要でしたが、 2018年1月にはFacebookなしでも登録が可能となったため、このあとどんどん人が増えてくる可能性が高く、登録にはまさに今がチャンス!また、Facebookのご自身の友達に近いところの人には公開されないシステムになっているため、知人にバッタリ遭遇してしまうこともありません。 9割近くの人が顔写真を公開しているというのは、他の婚活サイトと比べてもかなりの高確率です。 またコミュニティー機能(趣味や、婚活、恋活などご自身の真剣度を表せるもの)も充実しており、 共通項からマッチングするカップルが多いのも特徴です。 コミュニティーも、ほしいものがなければ自身が作ることもできます。 使用した個人的な感想ですが、どの婚活サイトよりも、ペアーズはイケメン率が高かったです(笑) また、足跡を付けているだけでも、割と男性からのアプローチが多く、受け身な女性にも使いやすい傾向にあるかもしれません。 無料サイトでここまでの充実度、ぜひ登録しておきたいサイトだと思います。 また、私の周囲でのカップルは、ペアース利用者がダントツに1番多いです。 Omiai(オミアイ) 婚活: 恋活: 業界2番目の規模の200万人が利用しているといわれています。 Facebook連動型をいち早く取り入れた草分け的な婚活サイトです。 今までは30代の方は有料でしたが、また 2018年に入り、年齢に関係なく、女性が完全無料となりました。 有料だった時代は、利用料が高めの設だったのですが、この女性の無料化を実質的に支えている男性ユーザーは、これらを負担できるだけあり、経済的にもある程度余裕のある男性が登録しているということも言えるでしょう。 かなり個人的な感想ですが、 ルックスの良い人がこの婚活サイトには多かった印象があります(笑) また安全性の高さもお墨付きです。 Omiaiにはイエローカード制度というものがあり、サイトの運営側に連絡が入った場合、その人のプロフィールに大きく載ってしまうのです。 また、数が多くなると強制退会をさせられてしまうということからも、 真剣な人、常識のある人しか残らないというシステムになります。 これは女性としても安心ですね。 登録者は20代後半がボリュームゾーンになりますが、大規模サイトなので、幅広い年齢層の方がユーザーになっています。 このあたりはペアーズと似ています。 また、個々のユーザーは婚活サイトをアクティブに利用し、レスも早い人が多かったという印象がありますので、 マメな方をご希望の方におすすめです。 Marrish(マリッシュ) 婚活: 恋活: 30代女性のみなさま、お待たせしました。 こちらの婚活サイトは、 バツイチ、シンママ、シンパパなどの再婚希望者も多く、ユーザー層も30代から50代が多いのが特徴です。 こちらも新しいサイトにはなるため、ユーザーの少なさは否めません。 しかし、ユーザー数の少なさは、逆を言えば大勢の中に埋もれてしまわない、というある意味でチャンスが大いにあるのです。 こちらは、ご自身の境遇や年齢で婚活サイトへの登録をためらっていた30代のみなさんには特に、利用価値が高い婚活サイトといえます。 (もちろん初婚の人もたくさん登録しています。 )また年齢層も他の無料サイトと比べても高めであるがゆえに、 結婚への真剣度の高い婚活サイトといえるでしょう。 有料の婚活サイトもちろんありますが、初めてこのような婚活サイトを初めて利用する人、 無料というハードルの低さながらも、まじめな婚活を希望している、特に30代以上にぜひ利用していただきたいです。 ゼクシィ恋結び 婚活: 恋活: 婚活サイトといっても、利用者は結婚を前提としたお付き合いをしたいケースと、 彼氏、彼女として出会い、時間をかけ、ゆくゆくは結婚を決めたい恋愛重視ケースがあり、今回、ゼクシィが見事にその2つのすみ分けを行いました。 ゼクシィ恋結びは、後者のパターンに当たります。 (ゼクシィ縁結びという姉妹版サイトが前者に当たります。 )よって、こちらのユーザーも20代が中心になりますが、男女比の均衡がとれているサイトです。 恋活サイトという要素であえて作られているため、 すぐに結婚したいわけではないけれど、相手は見つけたいな、ぐらいのスタンスの場合に利用するのが良いと思います。 ゼクシィ恋結びの最大のポイントは、 距離検索機能があること。 お互いの職場や居住地が近い方が会える頻度は高くなりますし、誘いやすく、誘われやすいですよね。 無料でここまで利用できるのは、正直、衝撃です。 ぜひ、この機能をうまく使って、婚活、恋活に結び付けたいものです。 タップル誕生 婚活: 恋活: サイバーエージェントが運営している婚活サイト(アプリ)となります。 タップル(タップ)という名前がサイト名になっているだけあり、同じ趣味の方の中から「いいかも」「イマイチ」をスワイプしながら判別していき(これがゲーム感覚でサクサク進んでいきます)、マッチングを行っていきます。 趣味が同じということが大前提になるので、マッチングをした後、メッセージのやり取りを始めやすいのもいいですね。 少し婚活の趣旨とは離れてしまいますが、趣味友として出会って仲良くしているという声もちらほら聞いています。 共通項を見つけやすいということもありますので、 マッチング率の高さは、ご紹介したサイトの中でもトップクラスです。 こちらもどちらかといえば、 恋活サイトに近いため、大学生や20代前半の人がメインユーザーとなります。 Matchbook(マッチブック) 婚活: 恋活: リクルートグループが運営しており、こちらも比較的新しい婚活サイトです。 年齢層は大学生から20代の若い世代をターゲットにしたサービスということもあり(20代で全体の6割、30代前半を入れると全体の8割を越えます)、 婚活サイト利用者の平均年齢としては若めといえます。 年齢層が低いと、恋活目的の人の比率も高めになる傾向がありますが、こちらは結婚を見据えながら、まじめにお付き合いしたい人が登録している印象がありました。 また、こちらは先ほど出てきたペアーズやウィズのように、趣味等を探せるコミュニティーはありませんので、 必要最低限の機能でいい、という人に向いている、シンプルな婚活サイトといえるでしょう。 そうなってくると、最初に相手に与えられる情報が少ない分、写真やプロフィールの充実度が成功のカギになってきますので、その点を念頭に置いておきましょう。 しっかり文章のやり取りをやりたい人、他のサイトで、人数の多さに埋もれてしまいながら、いいね!の数に悩んでいた人に特におすすめしたいサイトです。 With(ウィズ) 婚活: 恋活: 2016年に作られた、比較的新しい婚活サイトです。 使用してみての第一印象は、何よりも見やすく、使いやすい!!サイト自体もポップで色使いも鮮やかです。 メンタリストDaigoさんが監修しているということもあり、恋愛メンタリズムを元に、心理学を利用したコンテンツ、占い、相性チェックも充実していて、女性受けする婚活サイトだと思います。 もちろん、男性側も心理テストを受けた人の結果が載っていますので、そのあたりも参考にしたいですね。 私自身は普段、カジュアルな格好をすることが多いのですが、そのような格好の女性が好き、というような項目もあり、あえてその中にいる人と優先的にコンタクトを取っていました。 自分と共通点のある異性と出会える機能が充実しているところは、ペアーズに似ています。 登録者数を公開していませんが、比較的新しいサイトながらも、使いやすさから、今後、ペアーズに匹敵する大きなサイトになることは間違いないでしょう。 幅広い年齢層の人が集まってきており、特に、 30歳中盤以降の男性には、結婚願望が強いまじめなプロフィールを出している人が多いのも印象的でした。 写真の掲載率が高いのも、婚活サイトとして優良な証拠ですね。 ペアーズと並行して、ぜひ利用してみましょう。 ざっとおススメの婚活無料アプリをご紹介させていただきました。 ほとんどのものがFacebookと連動型で、マッチングした人とのみ、やり取りをはじめられるというのが特徴になります。 メールの振り分けをしなくていいというのは、とても便利な機能です。 どれか一つに決められない場合は、複数のものに登録してみましょう。 今回ご紹介していないもの以外にも、世の中には多くの婚活サイトがありますが、何を基準に、どのサイトを選ぶかは、ご自身の目的(婚活なのか、恋活なのか)に応じて、まずは選んでみてはいかがでしょうか。 明らかにユーザーの目的が分かれているサイトもありますが、大規模なサイトでは、どちらのタイプも混ざっている可能性が高いので、 できれば時間の許す限り、2つから3つを並行して使用してみるのがおススメです。 せっかく女性が無料のサイトです。 とにかく男性にお会いしてみるチャンスを増やしてみましょう。 利用しながら、自分にあったものを、最終的に1つに絞っていけばいいのです。 実際の婚活サイトのご紹介の前に、婚活サイトの仕組みや、準備事項などを少しお話します。 会員登録 ここでは皆さんの身分証明書(運転免許証など)の写メなどの提出が要求されます。 これは、サイト運営側が、健全なサイト運営のために、みなさんの年齢を確認するためです。 サイトには年齢が乗るのですが、出ている年齢と、実際の年齢に大幅な差があると嫌ですもんね。 (苦笑) プロフィールの作成 その1 サイトによって、あらかじめ記入の項目がいくつか用意されています。 身長、血液型、出身地、趣味、特技などの一般的なものから、芸能人では誰に似ていると言われるか?最後に恋人がいたのはいつか?など様々です。 公開できるものに関しては、なるべく公開してしまいましょう。 話のきっかけになるチャンスは、できる限り広げておきましょう。 プロフィールの作成 その2 フリースペースでの自己紹介文の作成です。 1番大切な部分といっても過言ではありません。 ご自身の仕事内容、性格、どんな風に周りからは言われているか、どんな人との出会いを求めているかを具体的に書きましょう。 ポイントは、 読んでいて楽しくなること。 話してみたいな、会ってみたいな、と思わせられるようなポジティブな言葉を使うことが絶対です。 お相手の方は、皆さんの情報をここからしか得ることができません。 とりあえずササっと適当に書いたり、面倒だからと数日後にアップデートしよう、というようなことは絶対にやめましょう。 なぜなら、 登録して数日間の間が、1番ユーザーの男性の目に触れることが多いからです。 ここはぜひ、今一度時間をかけて、しっかりと仕上げてください。 (むしろ、この文章を仕上げてから登録をスタートするのもありだと思います。 ) 写真の登録 プロフィール作成その2と並んで、ツートップで大切な要素です。 恥ずかしい気持ちはとても分かりますが、写真がない人で、婚活サイトで結婚した人を私は聞いたことがありません。 (断言します。 ) 顔写真、全身写真、趣味等の写真、できれば、それぞれ最低1枚ずつはほしいところです。 また、あからさまな自撮りや、写真加工アプリで撮られたものは避ける方が無難です。 写真と実物があまりにも違いすぎると、会った際にテンションが下がってしますよね。 よって できるだけ最新の笑顔の写真を載せましょう。 ここまでが、婚活サイトを始めるまでに必要なステップになります。 就職活動でいう、履歴書のような部分になりますので、しっかりと作りこんでください。 履歴書が通らないのと面接に進めないのと同じで、このステップをクリアしなければ、メールのやり取りへつなげることができません。 初対面〜デート インターネットで出会った人との初対面は、男性側もドキドキするものです。 最初はお茶かお食事程度で2時間ぐらいがちょうどよいと思います。 お互い、また会いたいとなれば、その場で連絡先を好感し、あとは2人でデートを重ねていけばよいのです。 ここからはもう、普通の恋愛と同じです。 複数人の婚活サイトでデートをした私の個人的な印象ですが、婚活サイト内でのやり取りと、その人のお人柄はほぼ100%比例しています。 男性は、メールでは分からないので、なるべく早く会いたいという人が割といらっしゃいますが、やり取りに違和感がある場合や、ペースが合わないと思う場合は、無理に会う必要はないと思います。 その点はしっかり相手にも伝えましょう。 そこを合わせられない、人の気持ちが分からない方とは、この先の共同生活も難しいでしょう。 お付き合いスタート 婚活という名目で活動をしていますので、理想としては、週に1回は会い、3回から5回のデートでお使いをするか否かを決めたいところです。 どうしても決断できない、という場合は、X日までに、というおしりを決めてしまってもいいと思います。 また、お付き合いするまではプラトニックな関係をキープしてください。 絶対に自分は安売りしないこと!!また、お付き合いを始めることになったら、ぜひ一緒にお互いの目の前で婚活サイトを退会しましょう。 皆さんが選ぶ人なので、変なことはないと思いますが、お付き合いが始まっても婚活サイトをうろうろしていた、という話を聞いたことがあります。 真剣に婚活をしている皆さんの時間を無駄にしないためにも、これはぜひ、儀式にしてください。 真剣に婚活をしている男性であれば、なんの問題もなく、笑って一緒に婚活サイトを退会してくれます。 婚活サイトの活動においては、 プロフィールでうまく自分をアピールでき、メッセージで会話のキャッチボールができるかどうかが、成功のカギになってきます。 メッセージについては、数打ちゃ当たる、とコピペで送り続けるなどということはもってのほかです。 もしあなたが、万人に当てはまるような内容のメールやラインを友人から送られてきたら、嫌な気持ちになりませんか?面倒だと感じても、その人とその場で会話をしているような気持ちになって、メールは必ず丁寧に返信しましょう。 メッセージのペースや文章の長さも、相手にあわせるのがおすすめです。 また、婚活に当たり、 相手に求める条件と、どうしても譲れないことを書き出しておきましょう。 婚活サイトでは、みなさんが思っている以上の数の男性が登録しています。 皆さんも誰でもいい、ということはないでしょうし、アプローチをしてきてくださった全員のやり取りをするというのは現実的に不可能です。 その際、何を基準にして婚活を進めていくのか、自分の中での軸を決めておきましょう。 ちなみに、私の場合は、子供が絶対にほしいと思っている、家族と仲が良い家庭で育った、謙虚で物事に感謝できる、仕事が好き、というものでした。 少なくとも子供がほしいかどうかは婚活サイトに大概の場合は載っていたため、やり取りはその人とのみ行っていました。 これは、時間の削減にもなりましたし、子供がいらないと思っている人との結婚生活は考えられなかったため、価値観のズレを未然に防ぐことができました。 また、嘘はつかない、見栄は張らない、あくまで、自然体のいつもの自分を受け入れてくれる人を探した方がいいと思います。 婚活サイトの1つの特徴でもありますが、普段出会えないような人と出会える可能性は大いにあります。 そうなると、ついつい男性の年収に目が行きがちでありますが、そのような人は、総じて同じようなレベルの女性としか対等に会話はできないのです。 結婚とは生活そのもの。 その点も頭の片隅に入れながら、婚活を進めていくのもポイントになるでしょう。 ネット婚活をする前は、やっぱり、ネットでの出会いということに抵抗は相当ありました。 でも、やっぱり結婚は絶対したいと思っていたし、現実問題、出会いがなかったんです。 お酒も飲めないし、合コンも苦手。 婚活パーティーも何度か足は運んでみたけど、マッチングしなかったというのもありますが、どんな人がいるのか分からないところへ行くのもちょっと違うんじゃないか、と思い始め、自然と足が遠のきました。 結婚相談所は費用が掛かりすぎるから、と思うと、やってないのはネット婚活しかない。 もうこれはエイヤー!でここに行くしかないと思い、思い切って活動を始めました。 実は仲のいい同僚が婚活サイトで結婚したことを知ったのも大きかったですね。 幸せそうな彼女の姿を見て、 出会い方なんてなんでもいいじゃないかな、とある日突然、どこかで吹っ切れた。 (笑) あとは、やってみたら、 ビックリするぐらいちゃんとしている人が多かったです。 男性も女性も、私と同じようなタイプの、大人数苦手系の人がネット婚活ユーザーには多いんだと思います。 人にアピールすることが苦手な女性は絶対に使った方がいいですね。 合コンなどでも自分からガンガンいける積極的な人は、婚活サイトは必要ないと思うんです。 婚活サイトは最初から1対1でメールをするので、周りの目を気にせず進められるのは魅力だと思います。 あとは、 バリバリのキャリアウーマンにもぜひ使ってもらいたい。 プライドが邪魔をして人前で弱いところを見せられなくなっているんだけど、本当は守られたいと、彼女たちは潜在的に思っていると思うんです。 誰も見ていないところで、最初から個人でやり取りができれば、そんな自分もさらけ出せる。 意外とそんなギャップにコロッと行ってしまう男性、いらっしゃるんですよ!私の周りも、キャリアウーマンのネット婚活成功率は高めですね。 婚活サイトの大まかな流れ、おすすめの婚活サイト、経験者の声、婚活を進めるためのコツまでを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? インターネットでの出会いは、最も利用しやすいサービスの一つとなってきており、日本もアメリカのように、3割近い人が婚活サイトを使って結婚をする日はすぐそこまで来ています。 今は女性の使用が無料のサイトがたくさんありますが、 今後、利用者の増加とともに有料になる可能性も大いにあります。 そう考えると、今、女性の皆さんは 無料のうちにサイトを利用しない手はないと思うのです。 今回ご紹介させていただきました通り、無料婚活サイトにも、それぞれのサイトで特徴があります。 出会いたい相手を見極めながら、使用するサイトを選ぶことがまずスタートラインです。 ぜひ、ご自身の現在のスタンスを確認したうえで、婚活サイトへ登録してみてくださいね。 今回ご紹介させていただいた記事が、みなさんの婚活に少しでもお役に立てれば幸いです。 みなさんの幸せを心からお祈りしています!.

次の

女のプロが・男性無料の婚活サイトをスタート! 共働き思考の出会い、「キャリ婚」の魅力とは!?

婚活サイト 完全無料 女性

こんにちは。 ブログ管理人の元・婚活アラサー女子「あっきー」です。 出会い系アプリと一口に言っても、「遊び系」「恋活系」「婚活系」と3つのタイプに出会い系アプリは分類されます。 女性無料で使える「出会い系」の出会いアプリランキングBEST3 女性が無料で使える「出会い系(遊び系)」の出会い系アプリBEST3をランキングで紹介します。 ただし、私は遊び目的でないのであれば、基本的にこの後紹介する恋活系、もしくは婚活系の出会いアプリを女性にはおすすめしています。 PCMAX とにかく会員数の多さと知名度の高さで言えば圧倒的な出会い系アプリがこちらの「PCMAX」です。 10代や20代の人気の女性誌にもよく広告が載っているのでみたことがある女性も多いと思います。 女性はもちろん無料で使える出会い系アプリになります。 100の質問・のぞき見プロフィールなどのPCMAXの独自の機能などがあるので変な男性は比較的事前に見抜きやすい感じもあります。 遊び系の出会い目的なら超大手で安心して使える出会い系アプリなのでランキングは1位ですね。 会員数 特徴 評価 1000万人 遊び系の出会い系アプリの超大手 ワクワクメール 会員数は650万人以上、人気の出会い系アプリが「ワクワクメール」です。 女性会員の募集にも熱心なので雑誌などのメディアで見たことがある女性も多いのではないでしょうか。 特徴としてはゲームやログインボーナスなど非常に機能が充実しているので若い男性会員が多く在籍するという点です。 ですので逆に言えば真剣に出会いを探している男性は少ないです。 ポイント制の出会い系アプリの中ではピュア系といわれる会員が多いとの口コミもありますが、個人的には他の出会いアプリと大差なく感じました。 女性はもちろん完全無料で使える出会い系アプリなので安心してください。 会員数 特徴 評価 650万人 ゲームなど機能が充実の出会い系アプリ ハッピーメール 累計の会員数が1200万人もいる超有名出会い系アプリの「ハッピーメール」です。 特徴は都度課金制になっている出会い系アプリですので月額制と違って使わなければお金は一切かかりません。 男性会員は20代から40代以上まで幅広くいますし、遊び系やヤリモク男性から普通の男性まで色々な会員がいます。 検索の際に職業で会員を絞り込みが出来る点やカスタマーなど意外としっかりしている点は好感が持てます。 女性はもちろん無料で使えますし、上記のPCMAXやワクワクメールと比較してもさほど大差ないので一度使ってみて使いやすい出会い系アプリをやればいいと思います。 いずれにしても女性無料なので安心ですよね。 会員数 特徴 評価 累計1200万人 職業別で検索できるのが嬉しい 紹介している出会いアプリはどれも女性無料で利用できますし、自信を持っておすすめ出来る優良な出会い系アプリです! その他にもたくさんの出会い系アプリが存在しますが、大手で知名度がある出会い系アプリならではのスペックの高い男性会員や真面目な男性会員が多いのも特徴です。 出会い系アプリは人によって向き不向きというか、マッチングしやすい相性があるので、複数の出会い系アプリに最初は登録してみることがおすすめです。 私が実際に使った良かった女性無料の「恋活系」出会い系アプリランキングBEST3 では、次に私が実際に使った良かった女性無料の「恋活系」出会い系アプリランキングBEST3を紹介します。 ペアーズ 女性無料で使える恋活系の出会いアプリで最も使って良かったのは「ペアーズ」です。 サイトも使いやすいですし、何より恋活中の出会いを探している男女がみんな使っているのでその点でも安心できます。 会員数でこそペアーズよりは少ないですが、登録している男女の会員の出会いへの真剣度の高さはOmiaiの方が上だと思います。 ちょっと婚活も視野に入れてる女性ならむしろペアーズよりOmiaiがおすすめです。 正確に言うと、完全女性無料ではなく年齢確認の際に120円?料金がかかりますが、ほぼ女性は無料のようなものです(男性は有料です)。 とりあえず女性は無料ですのでペアーズ同様に無料会員に登録しておいて損はないです。 会員数 特徴 評価 100万人 ライト感覚の若い男女多い 私が実際に使った良かった「婚活系」出会い系アプリランキングBEST3 では最後に、私が実際に使った良かった女性無料の「婚活系」の出会い系アプリランキングBEST3を紹介します。 ゼクシィ縁結び 恋活系の出会いアプリで紹介したゼクシィ恋結びの婚活版がこちらの「ゼクシィ縁結び」です。。 地方にお住まいの方は会員数がさほど多くないのがデメリットですが、 首都圏にお住まいの方なら文句なしで婚活系の出会い系プリではゼクシィ縁結びがおすすめです。 おすすめする理由としては会員の質が非常に高いという点が挙げられます。 実際に私がゼクシィ縁結びで出会った男性も年収が1番低い方でも600万円以上、しかもいわゆるヤリモク男性や業者系の会員と出会ったことがありません。 それだけ信頼性も高いですし真面目に婚活している会員が多い証拠でしょう。 そのせいもあってか?男性も女性も登録してメッセージ開始までは無料で使えますが、その後は男女有料の出会い系アプリとなります。 外国の男性とも会いやすいと評判の出会い系アプリですよね。 ただ、個人的にはマッチドットコムを通じて外国の男性とも会ったこともありませんし、メインに使っていた出会い系アプリではないので実際に出会った男性も1名のみ。 会員数 特徴 評価 200万人 外国人とも出会える評判のアプリ Yahooパートナー 女性無料で使える婚活系の出会いアプリでおすすめしたいのは「Yahooパートナー」です。 Yahooパートナーの特徴しては他の婚活系の出会いアプリに比べて出会いやすい点です。 ヤフーという知名度の高さで会員数も多いですし、以前の婚活サイトからリニューアルしてかなり使いやすい仕様になっています。 以前は写真も掲載していない会員が多かったのですが、今は写真掲載率も高く20代や30代の会員が増えました。 そういった意味では婚活系の出会いアプリの中では恋活寄りの出会いアプリかもしれないですね。 男性は有料ですが、女性は無料で使える数少ない婚活系の出会いアプリです。 会員数 特徴 評価 300万人 婚活系のアプリで最も出会いやすい 最もおすすめなのはこの女性完全無料の出会い系アプリ 恋活向きの出会い系アプリランキングでも1位にしましたが、私が実際に使って圧倒的に出会いがあったアプリはペアーズです。 そして実際にそのうちの1名の男性会員とは何度か食事に行ったり付き合う寸前まで行ったんですよね。 出会いがなかったアラサー女子の私でも年収600万以上の年下男性にコクられたり、9歳年上の会社経営の彼氏と付き合うことも出来たわけですから、女性無料でここまで使える出会い系アプリは他にはないと思います。 具体的にはネットワークビジネスの勧誘やアドレス回収の業者などで、どちらかといえば男性側を勧誘する目的の場合が多いですが、女性の勧誘を狙っている業者も存在します。 セキュリティを強くするためにスタッフを雇ったりすれば当然費用がかかるわけですから、なかなか普通の出会い系アプリの運営会社ではやりたがらないだけに、信頼性をはかる1つの目安になります。 写真は徹底的にこだわる! 出会い系アプリで最も重要視されるポイントは2つあります。 そしてもう1つが写真です。 女性側から考えてみてもそうですが、まず年齢と写真を見て、OKであればプロフィールや自己紹介文などに目を通すことが多くありませんか? これが 男性の場合はもっと極端で年齢と写真しかみていないというデータが実際に婚活サイトや結婚相談所であるそうです。 それだけ写真は超重要なのです。 まず、写真で気を付けることのポイントとしては自撮りはさけて、外で誰か第三者に撮ってもらった写真がベストです。 また、抵抗がある方もいるかとは思いますが、しっかりと顔が分かる写真と全身が写った写真の最低2枚は載せましょう。 その際に自分の趣味に絡めた写真であるとなお効果的です。 さらに面倒くさいかとは思いますが、一定期間経ったら写真を変更してみることも重要なポイントです。 写真が変われば以前はスルーされた男性会員もいいねしてくれるケースが多々あります。 条件を絞るような発言を避ける 出会い系アプリのプロフィールや自己紹介文などで自分が希望する男性の条件を書いている女性会員をよくみかけますが、これは男性からみると不人気の理由の1つになります。 具体的にどういったことを指すかというと、例えば「年下男性を募集してます!」とか「5歳以上年上の男性はお断りします」、「連絡をマメにしてくれる男性が好きです」というようなことを自己紹介文に書く事です。 同じ女性として気持ちはすごくわかりますが、逆の立場で考えたときにどうでしょうか? 「年上の女性は無理です」「家事が上手で尽くしてくれる女性が好みです」なんて書かれていたら、どんなに年収が高くてもルックスが良くても引いちゃいませんか? 私だったら絶対に無理ですね。 こんな男性と付き合っても続かないのが目に見えてます。 それと同じように男性もこういった発言をしている女性に対して同じように引いているのです。 ただ、誤解がないように言っておくと決して妥協しろとか、希望条件を持つなと言っているわけではありません。 心の中にしまって、出会い系アプリ上では何もないかのように振る舞って、自分の中で選別していけばいいだけの話です。 わざわざ言う必要がないことを最初から言って自分を不利にすることは避けておく方が、より色々な男性から声がかかりやすくなります。 上から目線に気を付ける 出会い系アプリではどうしても女性が選ぶ側で男性が選ばれる側という関係が成立してしまいがちです。 実際にペアーズやOmiaiなどの出会い系アプリを使ってもらうとわかりやすいと思いますが、女性は新規登録すると1日で100いいねとか200いいねとか普通に押されますが、男性はほとんどの方が1ヶ月経っても1桁のいいね数しかない男性会員が9割以上います。 トップクラスのいいねを貰っている男性会員ですら300とか400いいね程度ですから、いかに女性会員からアプローチするよりも男性からの方が多いかがわかりますよね。 ですので、ついつい出会い系アプリをやっていると知らないうちに上から目線になっている女性会員は少なくありません。 例えば、先ほど書いた「5歳以上年上の男性にはお返事しません」なんて文章を書いていることもそうですし、他にもプロフィールの項目で「男性が全額払う」にしている女性会員も男性から嫌われます。 その他には自分から質問しない、短文でしか返さないなどなど、ついつい「別にいいねくれる男性は他にもいるから」といった態度になりがちです。 ですが、その中には実は素敵な男性もたくさんいる可能性もありますし、 何よりまともな男性ほどこういった高圧的な態度の女性会員からは自ら離れてフェードアウトしていくものです。 自分からも積極的にメッセージを膨らませる返信を心掛ける 確かに出会い系アプリでは女性はマッチングした複数の男性とメッセージのやりとりを同時に行っていくことが多いかと思います。 ついつい面倒になって短文で返したりする気持ちはすごくよくわかりますが、出来る限り女性側からも質問を振ったり、次の話題に膨らみやすい返し方をすると男性からの評価も上がります。 実際に会うと素敵な男性でもメールがあまり得意でない場合は少なくありません。 女性が質問に短文で答えるだけですと、男性側も段々と質問ばかりしているとなかなか話も盛り上がらず、そのうち話題を考えるのが面倒くさくなってしまうそうです。 「この女性とメールしていると楽しいな」「他の女性よりメールが楽だな」と思ってもらえれば、それが出来ない女性が多いので自身の評価も高まります。 最近ではスマホで出会い系アプリを使って出会いを求めることは以前と比べると一般的になってきていますので会員数も年々増えている状況です。 特におすすめなのは恋活系の女性無料の出会い系アプリですね。 遊び系の出会い系アプリは論外ですが、婚活系の出会い系アプリよりも恋活系の出会い系アプリは普通の男性が多いのが特徴的です。 手軽にお金もかけずに、普段出会えないような年齢や職業の男性とも出会えるのが女性無料の出会い系アプリの最大のメリットですから、そのメリットを活かしてどんどん出会いを増やしていきましょう。

次の

50代やアラフィフの男性女性が出会いやすいマッチングアプリ/婚活アプリおすすめ8選【2020最新】

婚活サイト 完全無料 女性

無職で婚活する女性ってどう?男性の本音 無職で婚活する女性について、男性はどう思っているのでしょうか? 結論は、無職女性を マイナスに思っている男性は少ないし、 逆にプラスと考える男性もいる、ということです。 どういうことか、以下で詳しくお伝えします。 無職が気にならない男性も多い 無職が気になる男性もいれば、 全く気にならない男性もいます。 人それぞれ価値観は違いますし、好みも違います。 だからこそ、あなたは 無職を気にしない男性を相手すればいいだけです。 婚活で、無職が気になる男性と気にならない男性は、女性に求めるものが違います。 気になる男性は共働きを求めていたり、共に高め合うことを求めていたりします。 一方で気にならない男性は、 家事能力を求めていたり、 そばにいてくれることを求めていたりします。 無職が気にならない男性は、女性に経済力を求めていません。 そのため、意外とハイスペックだったりします。 無職だから婚活しても難しいと思う必要はありません。 人それぞれ好みも考えも違うので、ありのままのあなたを受け入れてくれる男性を探すようにしましょう。 無職の理由が全うなら問題なし なぜ無職なのか?は誰もが気になるところです。 将来結婚するかもしれない相手ですから、婚活ではなおさら気になります。 相手が納得できる無職の理由を用意するようにしましょう。 例えば、• 「会社が倒産したから」• 「一度退職して、転職活動をするため」 などです。 本音は「働きたくない」という理由でも、嘘は方便。 まっとうな理由を用意するのがベターです。 就職(転職)活動中なら、全く問題なし! 無職でも、 就職活動・転職活動中の人なら、男性にとっては全く問題なしです。 たまたま職に就いていない時期だったということもありますし、新しい職に就くために 前向きに仕事を探していることをアピールすれば、相手にとってプラスのイメージがつきます。 今は無職でも、「将来働く意思がありますよ」と伝えれば、共働きを求める男性も気にならない場合がほとんどです。 アルバイトなら気にならない男性がほとんど! 正社員じゃなくてアルバイトだから、婚活では不利?と思われる女性も多いようです。 これも気になる男性もいれば、気にならない男性もいます。 たとえば「30代にもなってアルバイトなんて、だらしがない」と思う男性もいるでしょう。 しかし、将来の結婚相手には「専業主婦になってほしい」と思っていたり、「共働きではなくて、せめてパート」と思っている男性も多くいます。 「正社員・共働き」を求める男性は相手にしなければいいだけの話です。 アルバイトならOKという男性が多くいますので、気にする必要はありません。 専業主婦になってほしい男性も多い 上でも触れていますが、将来のお嫁さんには、 専業主婦になってほしいと思っている男性も多くいます。 専業主婦になって欲しいと思っている男性にとって、仕事をバリバリやっていて、結婚しても働きたいと思っている女性は都合が悪いです。 仕事に対する価値観の違いで、結婚生活が上手くいかない可能性があるからです。 一方で、将来の結婚相手は、「専業主婦になってほしい」と思っている男性にとって、 無職の女性は都合がいいです。 結婚してもそのまま職に就かず、家の仕事をやってくれる可能性が高いからです。 専業主婦になることを希望する男性を相手にすればいいだけの話ですし、無職であることが全く気にならない男性がいることを知っておきましょう。 転勤が多い男性にとっては好都合 もしあなたが住む地域にこだわりがなければ、 転勤が多い男性にとっては好都合です。 なぜなら、職に就いていないということで、 転勤の度に付いてきてくれる可能性が高いからです。 結婚したからには、ずっと一緒に居てほしいと思うのが自然です。 一方で、正社員や今の職場にこだわりを持っている女性の場合、転勤が多い男性にとって、結婚相手として考えるのは難しいです。 今の仕事を続けたいと思っている女性にとって、旦那の転勤を理由に、今の職場を退職することは難しい決断になることは想像できます。 転勤が多い男性にとっては、無職の女性は、転勤の度に付いてきてくれる可能性が高いと思われるため、不利になることなく婚活することができます。 逆に、結婚相手とはずっと一緒にいたい、という願望をアピールすると好印象ではないでしょうか。 引っ越し可なら遠方の男性にとって好都合 上記と似ていますが、もしあなたが住む地域にこだわりがなければ、女性との出会いがほとんどない 遠方(地方)に住む男性にとっては好都合です。 都会に比べ、遠方(地方)に住む男性は、 男性との出会いがなく困っている場合が多いです。 婚活をしていても、人口が少ないため出会える女性の数に限りもあります。 あなたが住む地域にこだわりがなく、地方に引っ越ししてもいいと思うなら、下記のような内容をアピールするといいでしょう。 「専業主婦の願望は特別ありませんが、現在無職なので、住む地域にこだわりはありません」。 プロフィールなどでこのように書いておけば、無職だからこそできるアピール方法ですし、喜ぶ男性も多くいます。 若い女性の方が有利 事実、20代の若い女性であれば、 無職でも男性から申し込みが来るケースは多くあります。 男性が結婚したいと思う理由のひとつに、「子供がほしいから」というのがあります。 子供を産むにあたり、若い女性のほうが健康な子供を産んでくれそうというイメージがあるのは事実です。 そのため、女性に経済力を求めていない男性にとっては、 無職であっても若ければ問題なし、と判断するケースは多いです。 あなたが結婚したいと思うのであれば、できるだけ若いうちに婚活を始めましょう。 無職だから婚活できないというのは関係ありません。 ここまで触れてきたとおり、無職でも受け入れてくれる男性は多くいますし、若いうちの方が婚活には有利なので、少しでも若い年齢で始めることが大切です。 デート調整がしやすいメリットも有る 無職の女性は 時間に融通が効きやすいのはメリットです。 特に忙しい男性にとって、女性と時間が合わないという理由で、恋愛に進めない・交際が上手くいかないケースは多くあります。 一方で無職の女性であれば、男性の都合に合わせることができるので、 忙しい男性にとってはありがたいことです。 たとえば、「求職中ですが、今は特定の職についていないので、あなたの都合のいい日時に合わせることができます」などとアピールすれば、喜んでくれる男性もいるでしょう。 無職だからこそできるアピールをしましょう。 無職女性の婚活のコツ4つ 無職のあなたが婚活サービス(婚活サイトや婚活パーティー、結婚相談所など)を使う時のコツは次の4つです。 働くつもりがあれば、「現在就活中」などと伝える• たくさんの男性と出会う機会を作る• 職業は「家事手伝い」「アルバイト」にする• 無職だからこそのアピールをする 以下で詳しくお伝えします。 働くつもりがあれば、「現在就活中」などと伝える あなたが将来働くつもりがあれば、 「現在就職活動中」「転職活動に準備中」などと、プロフィール欄でアピールするようにしましょう。 「無職」というワードでは、マイナスイメージに繋がりかねません。 「今はたまたま無職だけど、将来働くつもりがある」ということをアピールすれば、共働きを求める男性も安心できますし、悪い印象を与えません。 たくさんの男性と出会う機会を作る 上でも触れたとおり、無職が気になる男性もいれば、気にならない男性もいます。 あなたは無職が気にならない男性を相手にするようにしましょう。 そのため、 たくさんの男性と出会う必要があります。 婚活ではできるだけ多くの男性と出会うようにしましょう。 おすすめは 婚活サイトか結婚相談所を使うことです。 婚活サイトならプロフィールを登録するだけで、多くの男性があなたのプロフィールを見てくれます。 結婚相談所ならカウンセラーさんが、あなたの代わりにあなたを紹介してくれます。 婚活パーティーではあなたが参加し、出会える人数も限られているので、あなたを受け入れてくれる男性見つけるのには、時間がかかるかもしれません。 無職女性が婚活を成功させるためには、たくさんの男性と出会うことが大切です。 職業は「家事手伝い」「アルバイト」が無難 婚活をするときのプロフィール職業欄には、 「家事手伝い」や「アルバイト」で登録するのがいいでしょう。 「無職」で登録するよりも、悪い印象を与えにくいからです。 婚活サイトの中には、無職ではなく、家事手伝いやアルバイトで登録できる婚活サイトもあります。 ) また求職中であれば、 今就職(転職)活動を頑張っているということも一緒にアピールすると、悪い印象を与えません。 無職だからこそのアピールをしよう 無職だからこそアピールできるポイントもあります。 例えば、 「無職だからこそ、身軽に行動できる」「時間を合わせられる」「居住地域にこだわりはない」などです。 無職であれば定職に就く女性に比べ、時間に余裕があるはずです。 普段忙しく休みが少ない男性や、平日休みの男性とっては時間の調整がつきやすい女性はありがたいです。 また、居住地域にこだわりはないことをアピールすれば、転勤が頻繁な男性や遠方に住む男性にとっては貴重な存在です。 無職だからこそできるアピールポイントをしっかり男性に伝えましょう。 Pairs(ペアーズ) 会員数 約1,000万人 女性の入会条件 18歳以上の独身女性 メイン年齢層 20~30代 女性料金 無料 Pairs(ペアーズ)は、国内最大級・約1,000万人が利用する婚活サイト(アプリ)です。 女性の入会条件は、 18歳以上の独身であることが条件です。 職に就いている必要はありません。 プロフィールの職業欄では、「その他」という項目があるので、「その他」で登録しておくことをおすすめします。 もしくは、職業欄を空欄にするといいでしょう。 空欄にしている人もたくさんいます。 詳しい無職の理由については、自己紹介の部分で触れるのもいいと思います。 メイン年齢層は、20~30代です。 女性は 完全無料で利用できます。 利用者数が多い分、無職女性に理解ある男性も多いです。 登録は、Facebookアカウントか携帯電話番号のどちらかです。 まだPairsに登録したことがないあなたは、一度試しに登録してみましょう。 女性は、 18歳以上の独身であれば誰でも利用できます。 無職でも登録できます! ゼクシィ縁結びの特徴は、 とにかく真剣に婚活している人が多いということ! 皆真面目に婚活していて、2~3年以内には結婚したいと思っている人がほとんどです。 あなたも結婚願望が強ければ、ゼクシィ縁結びはおすすめです。 ゼクシィ縁結びのプロフィールでは、職業欄が「アルバイト」「家事手伝い」「その他」といった項目があるので、無職のあなたは、これらのいずれかに登録しておくといいでしょう。 メインの年齢層は20代後半~30代です。 女性は、無料会員から始められますが、男性とメッセージ交換をするには、 月額2,592円~の有料会員登録が必要です。 有料登録ですが、その分、真面目な人は多いと考えましょう。 メールアドレスまたはFacebook登録で利用することができます。 無職女性におすすめの婚活パーティー 無職女性におすすめの婚活パーティーは、上場企業が運営する「 OTOCON(おとコン)」です! OTOCON(おとコン) 年間利用者数 30万人以上 女性の利用条件 20代以上の独身女性 メイン年齢層 20~40代 女性料金 0~3,000円 OTOCON(おとコン)は、上場企業のパートナーエージェントが運営している婚活パーティーサービスです。 これまで約100万人を動員し、8万7000件以上の婚活パーティーを開催してきた、人気の婚活パーティーサービスです。 婚活パーティーはほぼ毎日開かれています。 全国で開催しています。 パーティーのテーマによって、参加できる年齢に制限がありますが、OTOCONで開催されているパーティーは、 20代以上の独身女性であれば参加できます。 参加者の9割は1人で参加しているので、参加しやすいのも特徴です。 職に就いていなくても参加できます。 特に平日の婚活パーティーは出会いに困っている男性が多いので、無職のあなたは平日の婚活パーティ-を狙って参加してみるのがおすすめです。 料金は無料で参加できるのもあれば、3,000円ほどかかるのもあります。 パーティーによって参加条件や料金は異なるので、あなたが参加しやすそうなパーティーがないかチェックしてみましょう。 無職女性におすすめの結婚相談所 無職女性におすすめの結婚相談所を3社ご紹介します! 楽天オーネット 会員数 50,041人 女性の入会条件 20歳以上の独身女性 メイン年齢層 20~30代 女性料金• 入会金&初期費用:106,000円• 月会費:13,900円• 成婚料:なし 1つ目のおすすめは、CMでもおなじみの楽天オーネットです!楽天オーネットは、楽天グループが運営している結婚相談所です。 会員数は業界最大の49,790人。 会員が多いことで知られる結婚相談所です。 会員が多いので、無職女性OKの男性と出会いやすいのも特徴です。 楽天オーネットのカウンセラーがあなたの婚活をサポートしてくれるので、無職でも気にならない男性を紹介してくれたり、あなたの希望に合う男性を紹介してもらえたりします。 女性は、 20歳以上の独身であれば、 無職でも入会できます。 メインの年齢層は、30代です。 次に20代が多いです。 料金は結婚相談所なので、婚活サイトや婚活パーティーよりも高いです。 入会金&初期費用は106,000円、月会費は13,900円です。 1~2年以内の結婚といった、 短期間での結婚をしたいあなたにおすすめです。 ツヴァイ 会員数 27,758人 女性の入会条件 20歳以上の独身女性 メイン年齢層 30~40代 女性料金• 初期費用:95,000円~• 月会費:10,500円~• 成婚料:なし 2社目はイオングループが運営する結婚相談所「ツヴァイ」です。 ツヴァイは楽天オーネットに次ぐ会員数を誇ります。 大手企業や官公庁などと法人会員制度も結んでいるので、エリートといえる企業の会社員、公務員も多数在籍しています。 女性は 無職でも入会できて、条件は20歳以上であること。 会員の年齢層は30~40代が中心です。 他の結婚相談所よりも20代が少ない傾向です。 料金は、初期費用:95,000円~、月会費:10,500円~、成婚料:0円と、他の結婚相談所よりも安めの料金です。 できるだけ 低価格で結婚相談所で活動したいあなたにおすすめです。 パートナーエージェント 会員数 24,439人 女性の入会条件 20歳~44歳前後の独身女性 メイン年齢層 30代 女性料金• 初期費用:80,000円~• 月会費:14,000円~• 成婚料:50,000円 パートナーエージェントは、専任のコンシェルジュによるサポートが手厚いと評判の結婚相談所です。 1人で活動するのではなく、プロのコンシェルジュのサポートの元、活動したいと希望しているあなたにおすすめです。 会員数は23,715人。 女性は 無職でも入会できますが、 年齢20歳~44歳前後という条件があります。 在籍している会員の年齢層は、30代が中心です。 パートナーエージェントはコンシェルジュのサポートが手厚い分、全体的な料金が他より少し高めです。 初期費用:80,000円~、月会費:14,000円~、成婚料:50,000円です。 上2つは結婚相手が決まった際にかかる「成婚料」がないですが、パートナーエージェントはあります。 1人での活動が不安なあなたは、パートナーエージェントをチェックしておきましょう! 無職女性に、最もおすすめな婚活サービスは・・ 無職のあなたに最もおすすめな婚活サービスは、婚活サイト(アプリ)の「 Pairs(ペアーズ)」です! Pairsの特徴は、、.

次の