イオンモール 株価 下落。 イオンモールが最高益更新も、なぜか株価低迷…その理由はどこにあるのか?=栫井駿介

【2020年版】イオンモール(8905)株価 過去10年間の月別上昇・下落推移

イオンモール 株価 下落

モール業界でNo1のイオンモール。 売上が伸びていますが利益は停滞し、株価が下落を続けています。 こんな状態で 何も考えず予想屋の情報を鵜呑みにすると、割安だからと買い推奨され、含み損が膨れ上がる事でしょう。 株価予想を頼るような人が天井の高値園で株を買って、その後の株価下落を唖然と眺める事になるのです。 さっさと株価予想からは卒業なさって、ご自身で投資判断が下せるようになりましょう。 利益が出る投資チャンスとは、カモの投資家が保有株を投げ売る時なのですから。 買い場の探し方についても、解説します。 イオンモールで儲けるポイント• 国内店舗は、ほぼ稼働状態で多額の利益を生み出すが、海外事業は赤字。 先行投資する海外事業の影響なのか、営業利益率の低下が止まらない。 ビジネスモデルが、店舗を貸し出す不動産業なので利益は安定している。 ボックス相場になる傾向が強く、支持帯付近まで株価が下落したら買いたい 慌てて飛び乗る行為は、損する事に繋がる。 チャンスを待て。 (2016年10月19日公開) 予想が的中しても儲けが僅か。 短期売買を推奨する予想屋を信じても資産は増えない では中原良太氏の株価予想を見てみます。 株価下落が続くが業績好調で最高益の見込みの為、株価が上がると想定して「買」推奨です。 予想が当たり、24万円の投資 200株を購入 に対し、利益が800円です。 正直、たった800円の利益では、労力の割に儲けが少なくないですかね。 しかも売買手数料の負担を考慮すると、ほとんど利益なんて残らないのではないでしょうか? 予想が当たるのか?外れるのか?その事ばかりを気にしている人が多いのですけど、売買に必要な手数料の存在を忘れてはいけませんよ。 短期取引の利益は少額ですから、勝っても手数料分を加味すると損する事もありますからね。 しかも「割安で買いどき、リバウンドが期待できる」と言っていますけど、チャートを見ると予想後も株価は停滞しています。 仮に少し長めに株を保有しても、ほとんど報われないでしょうね。 これまで多数の株価予想を精査してきましたが、本当に短期取引を推奨する予想屋が多いです。 売買のミスが許されない短期取引、かなり難しいですからね。 予想屋を味方につけて、儲けようなんて、自ら大切なお金を相場に貢ぐようなものです。 それでも短期的に大儲けしたいなら、努力をなさってください。 一般的な手法を使っても、儲からないと思いますけどね。 株式投資の本には最後の買い手が天井園で株を買って、バブルが崩壊すると書いてあると思います。 まさに予想屋に投資判断を委ねている人が、この買い手に該当しますから。 では、どうやったら儲かるのか? 答えは簡単で 天井で買ったカモの投資家が、保有株を投げ売ることで形成される底値園で買うのです。 年1回は投資チャンスがやってきますから、その際にリスクを背負って買い向かえば良いのです。 具体的な購入タイミングについては、、を参考になさって下さいね。 支持線まで株価が下落する局面。 損切価格を決めた上で、買いたい。 イオンモールは、国内ナンバーワンのショッピングモール開発・運営の専業企業です。 グループの中核を担っており、国内事業、中国事業、アセアン事業の3部門が収益源となります。 国内モールの実質空床率は1%を切っており、常に店舗出店がある状況で、稼働率が素晴らしいです。 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) イオンモール (8905) 上場市場 東証1部 業種 不動産業 株価 1,588円 単元株数と最低購入単価 100株:15万8,800円 時価総額 3,619億円 資本金 422億円 発行済株式数 2億2,793万株 浮動株数 1,048万株 利益剰余金 2,390億円 有利子負債 3,677億円 保有者比率 外国 26. しかり 売上の伸びに対して、利益が停滞しており事業拡大が思うように展開できていない感がします。 そこで本業の儲けを示す営業利益率を見てみましょうか。 実は過去4年の推移を見ると、年々利益率が減少しています。 20%を超える利益率は素晴らしいですが、収益体質の悪化が続いています。 売上が伸びても、利益が停滞しているために起こる現象です。 具体的に売上・利益の内訳を調べてみると、積極的に展開する海外事業 中国やアセアン で、赤字が続いています。 国内が好調で海外進出を進めている訳ですけど、 赤字状態の中国・アセアン事業が利益を出して成長路線に乗らないと、利益の伸びが期待できないでしょう。 営業利益率が改善するのか、海外事業がキーポイントですね。 為にもチェックしてみましょう。 本業が好調で毎年安定的に現金収入 営業CF が入ってきています。 これは評価できるのですけど、収入を上回る投資活動 投資CFがマイナス を継続しているので、現金不足に陥ります。 その為に毎年、多額の借入を行っており、下記に示すように有利子負債 借金 が膨れ上がっています。 まぁ 店舗を貸す不動産業ですから、借金が増える事自体は仕方がないです。 現金を稼ぎ続けて、利益が出ている限りは問題ないでしょう。 では投資判断の材料になる為、イオンモールの過去チャートを調べてみます。 2009年まで遡り、値動きの特徴を把握してみましょう。 事業としては、不動産の店舗を貸す賃貸業ですから、利益が安定します。 その影響もあり 株価自体が、ボックス相場の傾向を示しやすいです。 特に 底値帯である1,200~1,300円 の価格で株価が下げ止まり、上昇を再開する事がとても多いです。 利益が安定的に推移する限りは、支持帯として機能する事が多い1,200~1,300円付近まで、株価が下落した際に買うスタンスが良いでしょう。 利益を安定させる為に、できるだけを活用しましょう。 では具体的に直近チャートを見て、投資判断を考えてみます。 2012年後半から2014年末頃まで、アベノミクス効果で日本市場に資金が流れ込み、イオンモールの株価が乱高下を繰り返しています。 このように 株価が急激に上昇、下落する時期は、基本的に静観した方が無難です。 特に高値園である赤色エリアで焦って飛び乗ると、痛い目に合ったりします。 更にを調べてみると上昇トレンドが完全に崩れて、下落トレンドに転換しています。 ただ長期で株価を眺めてみると、ボックス相場に戻った感がありますね。 以前から 1,200~1,300円が支持となる価格帯として機能していたのですが、今回も株価が下げ止まり、反発しています。 このままボックス相場が続くと想定して、買っても良いと思います。 買い場の探し方は、を参考になさってください。 仮にボックス相場の支持帯付近で、2012年6月 1,500円 に200株を購入し、半年後の2013年12月 2,000円 に売却すると、 30万円の投資に対して利益が10万円となり、利益率が33%になりました。 なお現在は株価が下落した事で、10万円台で取引が可能です。 しかし投資経験の少ない人は、できるだけ少額の取引をおススメします。 投資額が大きいと、冷静な投資判断ができないからです。 SMBC日興証券のを利用すると良いでしょう。 最後にイオンモールと、日経平均株価指数を比較した下記チャートをご覧ください。 注目すべきは、市場全体が上昇していた時期に、当銘柄の株価が下落したという点です。 これが、まさに 保有する株が上がらないと呼ばれる個別株投資のリスクの一つです。 相場好調期に儲け損なうリスクを回避する為にも、投資先候補の一つとして を検討なさると良いでしょう。 紺色線:イオンモール ピンク色線:日経平均株価指数 もう1点。 上記チャートが示すように株価上昇が続く銘柄を事前に探し出して、資金を投じる事は初心者にとって難しいものです。 日経平均株価指数ですら、株価が下落に転じていますからね。 利益を得る為には投資経験を積み、技術を高める必要がありますが、時間がかかります。 そんなに待ってられないという人は、 初心者の最高の武器であり、に資金を託しては如何でしょうか。 2016年10月時点で管理人がチェックした不動産業銘柄.

次の

イオンモール (8905)

イオンモール 株価 下落

イオンモールのみんかぶ目標株価は「1,571円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 1,568円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 1,528円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 1,686円 と判断されています。 イオンモールは、【ショッピングセンター、不動産関連、中国関連】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

イオンモール(8905)の株価が下落して買い時?株主優待はギフトカードかカタログギフト!優待到着はいつ? │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

イオンモール 株価 下落

イオンモールは2月のおすすめ株主優待銘柄のひとつです 株主優待は企業ごとに優待がもらえる権利月があります。 そのため1年の中でも優待獲得に向けて優待株の株価の変動は月毎に違います。 1月は優待銘柄が少ないため正直物足りませんね…。 2月はイオン系列の株主優待の確定月なんです。 イオン好きの管理人は種々の銘柄を優待目的で保有しております! イオンモールはまだ保有していませんがクロス取引で何度か取得しております。 個人的にはイオンギフトカードが最もおすすめになります。 イオンギフトカードは日本全国で展開するイオンモールで使えます。 さらにモールに限らずイオングループの各店舗でも利用可能です! 一部店舗では使用できませんので事前に下記サイトで確認しましょう。 近くにイオン系列の店舗が無くて、ギフトカードが使えない場合はカタログギフトがありますよ。 カタログギフト優待は選ぶのが楽しいですし家族に好評です。 最後はカーボンオフセットサービスになります。 特に優待を希望しない場合、こちらで環境保護に貢献可能です。 様々な株主の要望に応えられる優待の品揃え、イオンモールはいいですね! カーボンオフセットサービスとは? カーボンオフセットとは、日常生活などで避けることができない温室効果ガス(二酸化炭素など)の排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動から生じる排出権を活用する等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。 「カーボンオフセットサービスの購入」を選択いただきますと、株主優待品相当額分の二酸化炭素(CO2)排出権が、一般社団法人「日本カーボンオフセット」を通じて、国の償却口座に無償で移転されます。 なおイオンモールの株主優待は毎年6月頃に案内が届きます。 忘れずに希望の株主優待を選択して届出を出しましょう。 長期保有株主限定の優待でさらにお得になります イオンモールの株主優待は長期保有制度を実施しています。 上記の通常優待に加えて長期保有している株主を優遇してくれます。 株主としては嬉しい制度ですね! イオンモール長期保有株主の優待制度 権利月:2月 長期保有認定の条件:保有継続期間が3年以上 保有株式数と優待内容: 1,000株~1,999株:2,000円 2,000株~2,999株:4,000円 3,000株~4,999株:6,000円 5,000株以上:10,000円 こちらの優待を貰うのは保有期間が3年を超える必要があります。 認定される条件には何が必要なのでしょうか? まず同一株主番号で2月末日及び8月末日の当社株主名簿に連続7回以上の記載が必要です。 優待実施は2月のみですが、長期保有認定には8月も株主名簿に記載が必要になります。 ところで、こちらの認定は端株(1株など)でも大丈夫なのでしょうか? この点に関してはHPに記載の内容からはどちらとも判断がつきません…。 本制度は2019年2月が初の実施となる長期保有株主優待制度になります。 端株でも認定されるかはこれから情報が出てきますね。 私はとりあえず試しに今年の2月に端株を購入してみようかと思います。 長期保有の株主からすると待ち遠しいですね! イオンモールの株価は下落して買い時か?配当利回りは中々優秀です。 イオンモールの株価がは下落トレンド中…底値は1800円台か? さてイオン好きには嬉しい株主優待制度を実施するイオンモールですが株価はどうでしょうか? 株価が高すぎれば利回りは落ちるし、長期投資のリスクも高まりますね…。 まずは直近3年間のイオンモールの株価の変遷を確認しましょう。 参照:SBI証券 イオンモールの株価チャートより イオンモールの株価は2018年の半ばまでは順調に上場していました。 しかし年末にかけて株価は下落トレンドに入ったようです。 多くの日本株と似たような値動きをしていますね。 優待銘柄は株価が安定する傾向がありますが、イオンモールは通常銘柄に近い値動きです。 最近の株価はを見ていると1800円台のラインで反発しているようです。 利回り次第ではこの辺りが底値と考えてもよさそうですね。 イオンモールの株価指標はお買い得?不動産セクターの低PERなの要注意 続いて株価指標を確認しましょう。 現在の株価で予想PERは13. 0倍、PBRは1. 11倍程になります。 これは中々魅力的な指数ですね! 日本株の平均PERを下回っており、高値買いとなる可能性がそれ程ありません。 注意しなければならないのはイオンモールは不動産・建築関連銘柄であることです。 このセクターの銘柄はPER・PBRともに低めであることが多いです。 続いて利回りを確認しましょう。 予想1株配当は38円で、年間配当利回りは2. 株主優待の利回りは最も利回りの高い100株保有で1. 配当と優待を合わせた総合利回りは3. 低PERでこの高い利回り…中々魅力的です! 大きなキャピタルゲインは期待できませんが暴落の危険も少ないのではないのではないでしょうか? 数々のイオン関係の銘柄を保有をする管理人クロノもイオンモールに注目中です。 今期待しているのはクラウドポートが運営するFunds ファンズ です。 上場企業に対する貸付するファンドへの投資なので安定感がありそうです! ソーシャルレンディングとは違う仕組みですが、株式よりSLに近い印象です。 Fundsに興味がある方は是非ご覧くださいね。 無料口座開設 公式サイト >>> 管理人クロノはソーシャルレンディングで資産運用中です。 株式投資と違い日々の値動きを気にせずに資産運用が可能なのがソーシャルレンディングです。 しかしながら最近になり事業者リスクが高まり、運用するSL業者の選別が重要になっています。 私が現在投資中のSLの中でも今オススメできるのはOwners Bookになります! 利回りはそれほど高くありませんが、不動産プロの目利きによる案件のレベルの高さがいいですね。 また、早期償還になった際に想定利回りが上昇することもあるので資産の運用効率も良くなりますね! 案件数はそれほど多くない上に人気化することも多いです。 まずは口座開設を済ませて、納得できる案件が出た際に少額から投資を開始するのをオススメします。 無料口座開設 公式サイト >>> 管理人のOwnersBookでの実績はこちら >>> *投資はご自身の判断と責任において行って下さい。

次の