目のむくみ 治し方。 【片頭痛のセルフチェック】原因や症状、治し方、予防薬、予防法

【かすみ目?それとも老眼?】かすみ目の原因6つ!治し方と予防法も伝授!

目のむくみ 治し方

目の奥が痛い原因と治し方!病気の可能性もあるの? かゆみや乾燥、炎症など、 目はトラブルが多いところと言われています。 それを裏付けるように、ドラッグストアなどでは目に現れる症状別に対応した目薬が売られており、細かい症状に合わせてセルフケアをすることができますよね。 しかし、 目の奥が痛い場合はどうしたらよいでしょうか。 目の奥は、直接眼球に目薬を使うことができないので、自力で改善することがなかなか困難です。 そのため、 目の奥が痛い場合は、多くの方はその痛みにじっと耐えているケースが見受けられます。 では、どうしてそもそも目の奥が痛くなるのでしょうか。 また、目の奥が痛くなった時、どのような対処方法があるのでしょうか。 そこで今回は、目の奥の痛みについて調べてみました。 一般的な目の奥が痛い原因は? 目の奥が痛い原因としては、一般的には 〝眼精疲労〟が多いものと考えられています。 眼精疲労とは、長時間本を読む、パソコンの作業をするなどして、目の筋肉や神経に疲労が溜まった状態、いわゆる 疲れ目が重症化したものです。 疲れ目は、目を使うことで周囲の筋肉が疲労して起こる症状で、誰にでも起こりうるものですが、目を閉じて休んだり睡眠をとることで比較的早期に回復します。 しかし、眼精疲労になると、目を休ませてもなかなか症状が改善せず、目の疲れを補うためにさらに筋肉や神経を酷使するといった悪循環に陥ってしまうため、症状が重く長引いてしまいます。 また、眼精疲労は目の筋肉や神経の疲労だけではなく、ストレスや生活習慣の乱れなどからも発症すると言われており、目の奥の痛みの他にも、目が乾く、ショボショボする、物がかすんで見える、かゆみや充血がある、など様々な症状が挙げられます。 吐き気を伴う目の奥が痛い原因は? 吐き気を伴う目の奥が痛い原因には、自律神経が関わっていると考えられます。 目の筋肉や神経の疲労によって目の奥に痛みが生じると、その痛みはやがて顔全体から首、肩などにも伝わっていき、そこを通る神経にも影響していきます。 中でも、体の機能のコントロールする役割を担っている自律神経が乱れると、体が疲れやすくなる、不眠になる、いつもイライラしてしまうなど、様々な弊害が現れるようになると言われていますが、吐き気もその一つで、自律神経の乱れによって胃腸の消化機能が低下してしまうことが原因と考えられています。 そのため、消化不良が起こりやすくなり、吐き気となって現れてしまうのです。 また、同時に首や肩のこり、頭痛などが起こるケースも多いため、それらが原因だと誤認してしまい、目の疲労を十分にケアできずに症状が長引くこともあります。 首や肩のこりがある時は、目が疲れているかも?と早めに対処するようにしましょう。 片目の目の奥が痛い原因は? 現代は、パソコンやスマートフォンの普及により、以前よりも格段に目を酷使している方が増えていると言われています。 それにより、目の奥に痛みを感じたことがある、という方は一定数いらっしゃると思いますが、その場合多くは両目の奥に痛みを感じていたのではないかと思われます。 両目の奥の痛みの場合、明らかな目の使い過ぎが認められれば、それは眼精疲労に伴う痛みと考えられます。 しかし、片目の奥だけが痛む場合は、眼精疲労以外に斜視が原因である可能性があります。 斜視の方は、左右どちらかの目の向きがずれているため、ピントを合わせるために筋肉をより使うため目に負担が掛かりやすいと言われています。 なお、はっきりと見た目で斜視とはわからない「隠れ斜視」は、日本人に多くいると言われています。 一見すると斜視には見えないものの、実際には左右の目のピントを合わせるのに時間が掛かるため、おのずと向きがずれている方の目に負担が大きくなってしまい、片目の奥だけが痛むようになってしまいます。 このような症状がある方は、一度斜視を疑って眼科で検査を受けてみるのがよいかも知れません。 チクチクと刺さるような目の奥が痛い原因は? 目の奥の痛みの多くは、ズキズキとした鈍痛と言われています。 しかし中には、針で刺されているようなチクチクとした鋭い痛みを感じる場合もあります。 これは、目の奥に異物が入りこんでしまい、それが当たって痛みを発しているケースと、その異物が元で炎症が起こっているケースが考えられます。 また、目に異物が入っても、大抵は涙で流れ出る仕組みとなっていますが、ドライアイで常に目が乾燥している方は異物を出すことができずに痛みを発生させることが多いようです。 ドライアイは、まばたきが少ないなど目の乾燥が主な原因と言われていますが、パソコンやスマートフォンから放出されているブルーライトや紫外線も、目の乾燥を引き起こすと考えられています。 目を動かすと目の奥が痛い原因は? 目を動かすと奥に痛みが生じる場合は、副鼻腔炎(蓄膿症)が原因となっている可能性があります。 副鼻腔は、目の下に空洞のようにある部分で、主に風邪などの感染症にかかることで、ここに膿が溜まることで副鼻腔炎を発症させます。 副鼻腔に膿が溜まると、目を動かすための筋肉を圧迫して、痛みを発生させます。 特に下を向いた時に痛みが強く出るなら、副鼻腔炎を強く疑った方がよいかも知れません。 副鼻腔炎になると、黄色や緑色の鼻水が大量に出たり、激しい鼻づまりを起こします。 そのため、目の奥だけではなく頭痛や歯痛なども併発することがあります。 また、ボーッとして集中力がなくなったり、イライラしやすくなるなども副鼻腔炎の特徴と言えますので、目の奥の痛みの他にこれらの症状がある場合は、耳鼻咽喉科へ行くことを検討した方がよいでしょう。 頭痛を伴う目の奥とこめかみが痛い原因は? 頭痛を伴う目の奥とこめかみの痛みがある場合は、「群発頭痛」が原因として疑われます。 群発頭痛は慢性頭痛の一種で、目の奥がえぐりとられるような激しい痛みが起こるのが特徴です。 群発という名前の通り、一定期間において繰り返し起こります。 ただし、発生時に差があるわけではなく、一日の決まった時間帯、もしくは一年を通じて毎回同じ季節に頭痛が始まると、それが長い時間に渡って続くものです。 女性よりも男性に多いと言われ、特に20~40代が多く発症します。 メカニズムについては詳しく解明されていませんが、アルコールの摂取が引き金となる方や、たばこ、気候の変化などによって引き起こされるケースが多いと言われています。 特に夜間の寝ている時に突然痛みが襲ってくることが多いことから、寝ることに恐怖を覚える方も少なくありません。 群発頭痛の場合、目の裏を通っている血管が拡張することで痛みを発生させると考えられていることから、目の奥に強い痛みが出ると言われています。 風邪やインフルエンザのときに眉間や目の奥が痛くなる場合はあるの? 風邪やインフルエンザに感染し高熱が出ると、その高熱が原因で血管が拡張して頭痛が起こる場合があります。 そうすると、頭痛を眉間や目の奥の痛みと認識する場合もあるようです。 また、風邪やインフルエンザで鼻水が大量に出ると、目の下にある副鼻腔と呼ばれるところに膿が溜まり、周囲の神経や筋肉を圧迫することで、目の奥に痛みが出ることもあります。 こうした風邪やインフルエンザによる目の奥の痛みは、片目ではなく両目の奥で起こるのが特徴で、症状が回復すると目の奥の痛みも消えてしまうのが一般的です。 そのため、風邪が完治したにも関わらず目の奥に痛みがある場合や、片目の奥だけが激しく痛む時は、それ以外の原因も考えられることから、一度病院へ掛かるようにするとよいでしょう。 目の奥が痛い場合に考えられる病気とその特徴は? 目の奥が痛い時、その多くは眼精疲労によるものと考えられますが、その他にも吐き気や頭痛などの症状を伴う場合には、副鼻腔炎や群発頭痛などの病気が隠れている可能性もある、とこれまでご説明させて頂きました。 しかし、目の奥が痛みの症状として現れる病気はこれだけではありません。 そこでここでは、目の奥の痛い時に考えられる病気と、その特徴についてご紹介したいと思います。 三叉神経痛 三叉神経は、顔に分布する神経で、顔面の知覚や咀嚼の際の筋肉運動を司るものです。 血管によって圧迫されることで、顔に刺すように鋭い痛みが走るのが特徴で、目の奥に痛みが出る時は三叉神経の中の眼窩神経に影響していると考えられます。 緑内障 視神経細胞が減っていくことで、視野が欠損していく病気です。 目の奥の痛みの他に、物が歪んで見えたり、片目で見ると一部が暗くなって見えなくなるなどの症状が現れます。 そのまま放置してしまうと、失明してしまう恐れもあります。 脳腫瘍 その名の通り、脳に腫瘍ができる病気です。 腫瘍によって神経が圧迫されることで、頭痛や目の奥の痛みといった症状が現れます。 症状が現れるということは、病状がかなり進行していると考えられますが、目の奥の痛みが日増しに強くなる、吐き気や痙攣などが起こるといった場合には、すみやかに病院へ行くようにしましょう。 ぶどう膜炎、後部強膜炎 目の表面の痛みや、結膜炎や角膜炎などが考えられますが、目の奥が痛む場合は炎症が奥で起こっている可能性が考えられます。 歯周病 歯周病とは、細菌による感染が原因で歯肉や骨が壊れていく病気です。 40才以上の日本人の8割が歯周病とも言われていますが、歯周病を放置しておくと様々な病気を引き起こすと言われています。 一見、目の奥の痛みとは関係がない気がしますが、歯周病の細菌に感染した膿が、目の下にある副鼻腔に溜まることで痛みを発生させることがあります。 うつ病 うつ病を始めとする精神疾患は、首や肩の筋肉を緊張させ、やがて頭痛や目の奥の痛みを発生させることがあります。 目の奥が痛い時の対処法や解消法 目の奥の痛みが、目の使い過ぎによる眼精疲労が原因であれば、目の周辺の血行を促進して筋肉に詰まった疲労物質を排出することで痛みを取り除くことができます。 この時、簡単な方法として「蒸しタオル」があります。 蒸しタオルは、水で濡らして固く絞ったタオルを、くるくると巻き(または適当に折りたたみ)レンジで1分チンするだけで作れます。 熱過ぎると火傷の原因となりますので、必ず安全を確かめた上、蒸しタオルを目の上にそっと載せて下さい。 ただし、目の奥の痛みが炎症や頭痛が原因の時は、温めることで逆に症状を悪化させてしまう場合もあるため、蒸しタオルは行わないようにしましょう。 目の奥が痛い時に効果のあるツボは? ・瘂門(あもん)・・首の後ろの筋の中央にあるツボ。 顎を上げるとくぼみができるので探しやすいです。 ツボ部分に両手の中指を重ね、優しく5秒ほど押してゆっくり戻していきます。 ・天柱(てんちゅう)・・首の後ろの筋の外側にあるツボ。 ・攅竹(さんちく)・・眉の内側にあるツボ。 ・瞳子膠(どうしりょう)・・目尻から親指一本分の幅外側にあるツボ。 左右の指で円を描くように押して下さい。 症状別!目の奥が痛いとき病院は何科に行けばいいの? これまで読んで頂いたように、目の奥が痛いという症状であっても、原因は様々に考えられます。 そのため、目の奥が痛いからと眼科を受診し、そこで問題がないと言われたからと放置してしまうと、病気が進行してしまう恐れがあります。 基本的には、目の奥の痛みの症状のみなら眼科を、鼻水が出るなどの症状があれば耳鼻咽頭科を、頭痛や痙攣などの症状があれば脳神経外科を受診するようにして下さい。 また、目の奥に痛みを感じて上記の科で診てもらっても、特に異常がないと言われた時は、うつ病や自律神経失調症などの精神疾患を疑って、心療内科などを訪ねてみるのもよいでしょう。 目の奥が痛い原因と治し方やツボ【頭痛・吐き気】にも効果的!のまとめ 目の奥の痛みは、誰でも一度くらいは経験のあるものだと思います。 そのため、つい「いつものこと」と軽く考えてしまいがちですが、放置することで症状が悪化したり、思わぬ病気が隠れていることもあるため、目の奥の痛みが続く場合は必ず病院へ行って、原因をしっかりと突き止めることが大切です。 また、日頃から目に疲れを溜めないように、パソコンで作業をする場合は1時間に1度は休憩を入れ、優しくマッサージやツボ押しをして、目の周りの血行を促進させることも必要です。

次の

むくみ(浮腫み)の治し方【見た目も体重も】むくみから改善

目のむくみ 治し方

足のむくみとは? 長時間の立ち仕事や同じ姿勢で作業をした後、ふくらはぎや足首がパンパンに張って痛みや怠さを感じたことはありませんか。 また、足を指で強く押すとくぼみがなかなか戻らなかったり、靴下の痕がとれにくいなどの症状はないでしょうか。 これらは、 いわゆる「足のむくみ」が出ている状態です。 ある調査によると、20~50代の女性の2人に1人が足のむくみに悩んでいるとされ、冷え症や貧血と並んで女性の三大悩みの一つに数えられています。 その一方で、足のむくみは日常的に起こりうることであり、また周囲にも同様の症状を訴える方が多いことから、あまり重要視されない傾向があります。 実際のところ、足のむくみ自体が病気というわけではありません。 足のむくみは、細胞と細胞の間の水分(細胞間質液)が増え、血管やリンパ管から漏れ出し皮下組織に溜まってしまうことで起こります。 多くの場合が一過性で、大抵一晩寝ると翌日には治ってしまうため、特に気にも留めず放置してしまう方が多いようですが、 足のむくみが慢性的に続く場合や他の症状も併せてある場合は要注意です。 足のむくみは、体の状態が良好な場合には起こりません。 足がむくんでいる時は、体からの何らかのサインとして受け止めることが大切です。 スポンサードリンク 足のむくみの原因 足のむくみの原因には、 主に次の7つが考えられます。 1 血行不良によるもの 長時間同じ姿勢でいると、血液の循環が滞り血行不良を起こします。 血行不良になると、血液やリンパ液が溜まってしまうため、そこから水分が漏れ出してむくみを引き起こします。 2 冷えによるもの むくみと並んで女性の悩みに数えられる冷えは、実はむくみと密接な関係があります。 冷えが起こると血管が収縮し血行不良になるため、むくみやすくなってしまいます。 3 塩分の摂りすぎによるもの 塩分の多い食事をすると、喉が渇いていつもより水分をたくさん飲んだ経験をしたことはないでしょうか。 これは、血液の塩分濃度が高くなったため、水分を補給して血液の塩分濃度を下げようとする働きによるものです。 そして、塩分を過剰に摂ると必要以上に水分を多く摂ってしまうので、むくみが起こってしまいます。 4 アルコールの摂りすぎによるもの アルコールには利尿作用があることはよく知られています。 一見するとむくみとは正反対のように思えますが、体内の水分が失われることで血液の濃度が上がってしまうため、血液の濃度を抑えようと体は水分を溜めこもうと働いてむくみが生じます。 5 筋肉量によるもの 女性が男性よりもむくみやすい原因には、筋肉量の違いがあります。 特に足は、体の中で最も心臓から遠く離れた場所にあります。 送られてきた血液を心臓に送り返す際、ふくらはぎの筋肉をポンプ代わりに使用するのですが、筋肉量が足りないと十分に血液を送り返すことができないため、血液や老廃物が溜まりやすくなってしまいます。 また、高齢者に足のむくみが多い理由は、加齢によって筋肉量が低下してしまうためだと考えられます。 6 女性ホルモンによるもの 女性の場合、ホルモンのバランスが崩れることによって、足がむくみやすくなってしまいます。 特に、月経前になると足のむくみを訴える女性が増えるのですが、これはプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になるため起こります。 プロゲステロンは、体を妊娠しやすい状態に保とうと水分を溜めこむためむくみやすくなるのです。 また、妊婦は、胎児が成長し骨盤内の静脈が圧迫されることで、足がむくみやすくなります。 7 病気によるもの 1~6までは一時的なむくみであることが多いのに対し、病気が原因の場合は慢性的にむくみが続いたり、むくみ以外の症状が同時に起こります。 このため、むくみが長く続く時や他に気になる症状がある時は、すぐに病院へ行って診察を受けるようにしましょう。 足のむくみから生じる可能性のある病気 足のむくみが症状として現れる病気には、以下のものがあります。 腎不全やネフローゼ症候群などの腎臓の疾患 血液中に含まれるたんぱく質の一種である「アルブミン」には、血液の濃度を調整するために、水分を取り入れたり排出したりする働きがあります。 しかし、このアルブミンの量が低下すると血管に水分を取り込む働きが弱まるため、むくみが起こりやすくなります。 アルブミンの量が低下する原因として考えられるのが、腎臓の機能障害です。 中でも、ネフローゼ症候群はアルブミンが大量に尿として排出されるため、足だけではなく顔(まぶた)にひどいむくみが出ます。 肝炎や肝硬変、肝がんなどの肝臓の疾患 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、病気になっても症状が現れるのはかなり進行した状態になってからとよく言われます。 そのような中で、 むくみは肝臓からのSOSサインと言えるでしょう。 血液中に含まれるアルブミンは、実は肝臓で生成されます。 つまり、アルブミンの量が減少してむくみが生じている場合、肝臓が正常な働きをしていないことが原因の可能性もあるのです。 心不全などの心臓の疾患 心臓は全身に血液を送るポンプの役割をしています。 そのため、心臓に何らかの異常があると上手く血液が送られず、心臓から一番遠い場所にある足にむくみが起きやすくなります。 なお、心臓の疾患が足のむくみの原因の場合、むくみ以外にも動悸や息切れなどの症状が現れることがあります。 甲状腺機能低下症や橋本病などの甲状腺の疾患 血液中の甲状腺ホルモンの量が減ることで、体のむくみや貧血、疲労、動悸、息切れ、めまいなどが起こります。 下肢静脈瘤 静脈には、老廃物や二酸化炭素を含んだ血液が流れており、足から心臓に送り返されます。 そして、静脈には逆流を防ぐための弁がついているのですが、 この弁が壊れてしまうことで血液が逆流して溜まってしまい、足のむくみや静脈血管が浮き出るなどの症状を引き起こします。 これを下肢静脈瘤と呼びますが、長期間放置すると皮膚が黒ずみ、かゆみや潰瘍が現れます。 スポンサードリンク 足のむくみの治し方・解消法 足のむくみの解消法をご紹介します。 足のむくみ解消に正座がおすすめ やり方は簡単で、30秒ほど正座をした後、正座を崩して足を楽にするだけです。 正座をすることで一時的に血行不良が起こりますが、その後一気に血液が流れることでむくみを解消します。 ただし長時間行うと逆効果ですので注意して下さい。 床に寝転がった状態で壁に足を立て掛けてみましょう。 これは重力を利用した方法で、足を高く上げることで溜まった水分を流します。 お風呂にゆっくり浸かる 手軽に済ませるためにシャワーに入る方も多いと思いますが、お風呂にゆっくりと浸かることでむくみ解消の効果があります。 お湯に浸かることで体が温まり血行がよくなるだけではなく、リラックスすることによって筋肉の緊張がほぐれて血行促進の効果が期待できます。 マッサージ 自宅で自分でできる効果的なマッサージもあります。 動画を見ながらマッサージしてみてはどうでしょうか。 専門店で施術してもらうだけではなく、自宅でのセルフケアを覚えて毎日の習慣にすると足がむくみにくくなります。 針治療を行う 鍼灸院による針治療では、足のむくみに効くツボを刺激することで、むくみを解消します。 足のむくみの予防法 足のむくみは予防することができます。 デスクワークでは1時間に1回の休憩を取る デスクワークや長時間同じ姿勢での作業を行う場合は、1時間に1回程度休憩をしましょう。 座りっぱなしの方は立って歩くだけでも効果があります。 また、仕事中立って歩くことができない場合は、座った状態で足首を回したり、つま先とかかとを交互に床につける運動なら、人の目を気にせず行うことができるのではないでしょうか。 適度に運動をする 足に適度の筋肉があると血液の流れがスムーズになりますので、日頃から運動を行うのは足のむくみの予防に繋がります。 ウォーキングや水泳など、運動をする習慣を身につけましょう。 着圧ストッキングを使用する 着圧ストッキングは部分によって圧力を変えているため、血流を促進する効果があります。 塩分やアルコールの摂りすぎに気を付ける インスタントフードや外食は、どうしても塩分を多く摂取してしまいがちですので食べ過ぎに気を付けましょう。 同様に、お酒を飲む機会の多い方も過度の飲酒は控えるようにしましょう。 足のむくみを解消するグッズ 足のむくみを解消するオススメのグッズをご紹介します。 スリムウォーク おうち用・おそと用・おやすみ用の3種類に分けて選べる着圧ストッキング・ソックスです。 足に適度な圧力を与えるだけではなく、暖かさをプラスして血行促進効果を高めたものや、足指を広げることによってリフレッシュ効果があるものなどがあります。 スリムウォークの口コミ• 長時間使用してもムレないため、夏にも使えます。 適度の締め付けなので苦しくなく、脱いだ後の開放感がたまりません。 着圧感が気に入って毎日はいています。 足のむくみがとれ、すっきりした足になりました。

次の

目が腫れる原因と病気や治し方!朝や同時にかゆい時や痛い時も!

目のむくみ 治し方

1.朝に行う、顔のむくみ対策 顔がむくんでいるときは、血行を良くすることが大切です。 そこでおすすめなのが「 冷温パック」と「 首マッサージ」です。 洗顔後、の前に行いましょう。 冬は水道水そのままでもよいですが、夏は水がぬるいため、洗面器または丈夫な袋に氷水を入れて濡らします。 (3セットくらい) 【ステップ2】首マッサージ 次に首をほぐすことで、顔をスッキリさせることが期待できます。 首を回します。 (5周くらい) 首を右に傾けて、左のラインを伸ばします(5秒くらい)。 滑りさえよくなればどんなクリームでも良いですが、あとで紹介するようなを使用すると顔のマッサージも同時にできるのでおすすめです。 顔のむくみ対策に便利なアイテム【肌らぶ編集部おすすめ】 すぐに実践できる対処方法をご紹介しましたが、こちらでは、時間をかけてでもしっかりマッサージをしたいという方にぜひ常備していただきたい、自宅でのお役立ちアイテムをご紹介します。 肌への摩擦による負担を防ぐために、指のすべりをよくしてくれるマッサージクリームを取り入れましょう。 成分が配合されているマッサージクリームをご紹介します。 そこで、これ以上むくみに悩まないためにも、そもそもむくみとは一体何かを知ることから始めましょう。 むくみは「浮腫」と書きます。 つまりは単純に身体の中の水分量が多くなったり、血行が悪く、水分が特定の場所に集中してしまった結果、膨らんで見えてしまうことを指すのです。 また、顔のむくみは、基本的に朝に起こりやすく、夜は足に目立つことが多いようです。 それは重力が関係しているためと考えられています。 日中は、立っていることや座っていることが多いので、重力で上から下へ水分が下に向かうため、夕方から夜になると足に水分がたまりやすくなります。 そして、寝ている間は、身体が横になっているので、日中にたまった水分が足から顔に再度流れ、顔がむくみやすくなるのです。 3.むくみの主な5つの原因 むくみの原理が分かったところで、むくみにつながる主な原因として考えられていることを、5つご紹介します。 普段の自分の行動に当てはめて考えてみましょう。 3-1.塩分の摂り過ぎ 塩分を摂り過ぎると、高くなった塩分濃度を薄めようとして、身体から喉が渇いたというサインが出ます。 そしてそのサインにより水を飲み過ぎてしまい、余分な水分がたまることで、むくんで見えてしまうことがあります。 塩分だけで水は飲んでいないという場合でもむくみが出ることがあります。 これは、体内にある水分を逃さないようにするため、身体が水分をためこもうとする現象が起きるためだと考えられています。 3-2.アルコールの飲み過ぎ アルコールを飲むとトイレが近くなりますよね。 また、塩分と同じように、アルコールだけで水を飲まなかった場合でも、身体が水分を溜め込もうとするためむくみに繋がることがあります。 さらに、お酒のつまみで塩分を摂り過ぎるというのも原因の一つです。 3-3.血行が悪くなっている 水分を摂り過ぎていても、きちんと流れているのであれば排出されるので、すぐむくみに繋がるということは考えにくいでしょう。 むくんでいるということは、血行が悪くなっているというサインでもあります。 不足や長時間のデスクワークなど、身体が全然動いていないと血行は悪くなりますし、冷え性の方も血行が悪くなりやすいのでむくみやすくなると言われています。 3-4.ホルモンバランスの影響 女性の場合、月経前や月経中に顔や身体がむくみやすくなることがあります。 月経前に多く排出されるといわれるホルモンは、体内に水分をため込む働きがあるといわれています。 また、月経が始まると全身の血行が悪くなり、結果、顔など「部分的」にむくみが現れると考えられています。 3-5.病気のサイン むくみがずっと続くようであれば、身体のどこかに異常があるサインかもしれません。 軽視しないで一度病院で診てもらうことも視野に入れましょう。 4.むくみの対策法 むくみの原因は分かったけど、具体的にどうしたらいいかお悩みの方のために、今日から始めてほしい4つの対策方法をご紹介します。 4-1.塩分を抑える工夫をする 一般的に、1日の食塩摂取量は、成人男性が8g未満、成人女性が7g未満と言われているので、超えないように注意しましょう。 といっても、塩分量を常に計算することは難しいと思いますので、以下のポイントを最低限抑えるようにしましょう。 全部飲みほすのではなく、できるだけ残すようにしましょう。 残すことに心苦しさがある方は、初めから違うものを選択肢に加えることも大切です。 何事もやりすぎはよくないことを意識しましょう。 4-2.カリウムを積極的に摂る 健康的な食生活を心がけたうえで、状況に応じてカリウムを上手に取り入れるのもよいでしょう。 4-3.締め付けるパンプス・ガードルは控える 身体を締め付けてしまうような靴や服・下着、ストッキングなどは、できるだけ控えましょう。 特に女性の場合、靴のサイズが合っていないことも多いので、見直してみてください。 4-4.休憩タイムのストレッチ デスクワークで座りっぱなしの方ほどむくみやすいので、途中で特に足を意識して動かすようにしてください。 仕事をしながら座ったままできるストレッチと、コピーを待ちながらなど立っている時間を有効活用できるストレッチを紹介します。 帰りの電車の中でやるのもおすすめです。 30回くらいやりましょう。 ふくらはぎがぴーんと伸びていることを意識しながら、30回くらいやりましょう。 5.最後に 顔のむくみを中心に、顔のむくみ対策方法や、むくみの原因・予防法などをご紹介しました。

次の