北洋 銀行 振込 時間。 北洋銀行ATM(ご利用時間・ご利用手数料)|ATMサービス|北洋銀行

サービスのご案内(ご利用時間)|北洋ビジネスダイレクト|北洋銀行

北洋 銀行 振込 時間

商売やネットオークションなどの個人間取引をしていると、相手方から「振込したよ」と連絡があったのに銀行で通帳記帳したり、ネットバンキングで見ても振込が確認できないというトラブルはよくあります。 私も何度か経験したことがありますね。 これは振込先の銀行と振込元の銀行の タイムラグによるものです。 また、給料の振込も銀行によって給時間が違ったりもするのです。 そんなトラブルを回避するためにも 銀行振込が相手の銀行口座に反映される時間をおさえておきたいものです。 最近はリアルタイム送金ができる銀行も増えてきました。 今回はそんな銀行振り込みについて考えてみたいと思います。 これによって 新システム モアタイムシステム 対応の銀行は即時振込が可能となりました。 銀行振込が相手の銀行に反映されるのはタイミングはいつ? 銀行振込が相手の銀行に反映されるタイミングについて見ていきましょう。 まず、 新システム対応の銀行は24時間365日の即時振込サービスが可能となっています。 しかし、新システムはすべての銀行が対象ではありません。 新システム(モアタイムシステム)の対応銀行か否か 新システム(モアタイムシステム)の対象となっているのかは下記のサイトを御覧ください。 多くの銀行がすでに対応が済んでいます。 ほかは少しずつ対応銀行が増えている感じですね。 基本的に銀行の営業時間は平日(月〜金で祝日除く)で9時〜15時です。 この 営業時間内に振込を終えたものについては 基本的にその日の着金となります。 着金までの時間は混雑具合や相手先の銀行によります。 あまり混雑していない時期の同行間(同じ銀行の間)ならばほぼリアルタイムで相手側の銀行にも反映されます。 ただし、月末などの混雑時や15時ギリギリに振込処理をした場合には翌営業日扱いとなるケースもよくありますのでご注意ください。 まずは銀行振込をした際に相手の銀行口座に着金するまでの時間を見ていきましょう。 前日の15時〜8時59分までに振込処理をした場合 この時間帯に銀行振込を終えて入れば 基本的に 当日の9時に入金確認ができる場合がほとんどです。 ただし、多くの企業が振込をする給料日や月末などの場合には反映が少し遅くなるケースも有るようです。 それでも基本的には営業時間が始まってスグに反映されるようになっています。 9時〜15時までに振込処理をした場合 同行間ならほぼリアルタイムで反映されます。 他行間でもそれほどの時間差がなく着金されます。 ただし、これも混雑具合によります。 月末や10日、20日、25日など振込が多くなる日は着金が遅れるケースがあります。 また、窓口などで15時ギリギリに手続きした場合には翌日振込扱いとなることもよくあります。 (この場合には銀行の窓口でその旨を言われると思いますが) 私も仕事で月末の午前中に振り込んだ支払いが当日に反映されなかったことがよくありました。 月末など混雑時はとくに時間に余裕を持つことが必要ですね。 15時〜以降の振込処理 15時以降の振込は翌営業日扱いの振り込みとなります。 翌営業日ですから翌日も営業日なら次の日の9時です。 もし、金曜の15時以降ならば次の営業日は月曜日ですから月曜日の9時に確認できるということになりますね。 給料振込 給料振込は基本的に事前にデータが送信されていますので、前日の15時〜8時59分までに振込処理をした場合と同様に 当日の9時には遅くとも反映されています。 これって実は「 給料日の午前10時ころまでに払い出しを可能にする」という労働基準監督署から指導がでているためよほどのことがない限り守られていると思います。 また、ネット銀行によっては給料の振込口座にしていて会社が給料振込み処理を事前に行っているならば 当日の0時に着金します。 すぐ使いたいならばネット銀行がおすすめですね。 ただし、中小企業など資金繰りがあまり芳しくない企業だとそうでもないケースがあります。 例えば当日に入ったお金を給料に回しているようなケースだと、給料振込みとして行った処理ではなく、入金確認後に普通の銀行振込で処理をしますので少し着金のタイミングがずれます。 ですからそのようなケースだと朝ATMで現金をおろそうと思ってもまだ入っていなかったということも・・・ あまりにおかしいようならば経理担当者などに確認してみましょう。 ちなみに給料でも振込方法によっては扱いが異なってきます。。 詳しくはこちらの記事を御覧ください。 >> 給料日が休み 給料日が土日祝日などである場合には、会社の方針により振込日が決まります。 一般的には休み前の営業日に振り込まれるケースがほとんどだと思います。 総合振込 一度に大量に支払いをするようなケースは総合振込を利用します。 こちらも給料振込と考え方は同じですね。 前日の15時〜当日の8時59分までに処理をした場合は 当日の9時には遅くとも反映されます。 こちらも同一銀行間だったりすれば多くの銀行で0時の時点で反映されます。 同一銀行間のリアルタイム振込(大手銀行) 基本的に同一銀行間ではリアルタイム振込が可能な銀行が多いです。 基本的に新システム対応の銀行は24時間365日リアルタイム振込が可能となっています。 みずほ銀行など未対応な銀行はそれぞれの銀行によります。 例えばみずほ銀行は営業時間内9:00〜15:00の営業時間内は即時振込となります。 みずほ銀行は会社が合併したときにシステムの統合がうまくいかず苦労されたましたのでその関係かもしれませんね。 もうちょっと頑張って欲しいところですが。 同一銀行間のリアルタイム振込(ネット銀行) 店舗を持たず、インターネット上で営業しているネット銀行と呼ばれる銀行はリアルタイム振込が充実していますね。 とくに充実しているのが下記のネット銀行です。 振込時間 着金までの時間 楽天銀行 24時間365日 リアルタイム 住信SBIネット銀行 24時間365日 リアルタイム ジャパンネット銀行 24時間365日 リアルタイム じぶん銀行 24時間365日 リアルタイム イオン銀行 24時間365日 リアルタイム セブン銀行 24時間365日 リアルタイム 上記のネット銀行はシステムメンテなど特別な期間以外は基本的に 24時間365日リアルタイム振込が可能です。 ただし、他の銀行との間ではリアルタイムとならず、相手銀行のルールの時間にしか着金されませんので注意が必要ですね。 ネット銀行はリアルタイム送金だけでなく振込手数料が安かったり、預金の利息も良かったりもしますので一つは持っておきたいところです。 とくにおすすめは下記の5行かな。 楽天銀行 まずおすすめとして楽天銀行があげられます。 楽天銀行の最大の特徴は最大で月7回までATM手数料が無料であることです。 また、コンビニで入出金が可能ですから引き出す場所に困ることもありません。 振込手数料も利用状況に合わせて月に最大3回まで無料となります。 あと面白いのが 振込で楽天スーパーポイントが貯まるのです。 また、ネット銀行の利点ですが預金の利率が大手銀行と比較しかなり高くなっています。 また、楽天カードの引き落としを楽天銀行で行えば楽天市場の買い物のポイントが+1倍になります。 (楽天SPU さらに楽天証券口座開設を行い連携()を行えば株式投資を行わなくても 預金の利息が年0.1%となります。 これは大手銀行と比較すると100倍近いです。 楽天銀行を使うならぜひ楽天証券の口座も合わせて開設しておきたいですね。 東京スター銀行 次は東京スター銀行です。 東京スター銀行も新しい銀行ですがかなりユニークなサービスを提供しています。 こちらもセブン銀行のATMなど使えますのでお金を引き出す際に不便となりことはほとんどありません。 また、 ATM手数料も月に8回まで実質無料 さらにネットでの他行宛振込手数料が月に3回まで無料と利便性が抜群です。 また、給料振込みを設定すると普通預金の金利が年利0. この辺りは楽天銀行、GMOあおぞら銀行も同レベルですが、証券会社との連携が必要ないので投資をしない人にも優しいですね。 詳しくはこちらをご覧ください。 住信SBIネット銀行 最後は住信SBIネット銀行です。 こちらもセブンイレブン、ローソン、イオン、ゆうちょのATMが使えますのでお金を引き出す際に不便となりことはほとんどありません。 また、利用状況に応じてATMからのお引出し・他行宛てのお振込みは、最大月15回まで無料となります。 もう一つの特徴が預金の利率が楽天銀行と同様にと連携を行えば 年0.01%となります。 これは大手と比較すると10倍近いです。 さらにローンの利率もかなり安いため住宅ローンを考えている方にも適した銀行だと言えます。 まとめ 今回は「銀行振込が反映される時間、給料振込時間、リアルタイム送金ができる銀行をおさえておこう。 」と題して銀行振込について見てきました。 特にネットオークションなどの個人間売買をやられている方はトラブルを回避するためにもぜひ振込が反映される時間を把握しておきましょうね。 また、便利なネット銀行を積極的に活用したいところですね。 なお、新型コロナウィルスの影響もあることから銀行の利用も分散が必要な時期になってきたかもしれません。 詳しくはこちらの記事を御覧ください。

次の

銀行振込が反映される時間、営業時間、給料振込時間、リアルタイム送金ができる銀行をおさえておこう。│お金に生きる

北洋 銀行 振込 時間

基本の振込時間は営業時間ベースからリアルタイムへ 2018年10月8日まで、日本の銀行の振込に関するシステムは1973年4月稼働の「全国銀行データ通信システム」を利用していました。 こちらは各金融機関からシステムに接続できるのは銀行の営業時間である「9時~15時」だったのです。 その為、時間外の振り込みは翌営業日の8時30分ごろとなっていました。 ・ これに対して、リアルタイムでの入出金を可能になる「 モアタイムシステム」が既存のシステムが稼働していない時間帯の振り込みをカバーするシステムです。 2018年10月9日にこれが稼働したことによって24時間365日の即時振込サービスが可能になったわけです。 都市銀行• 地方銀行• 第二地方銀行• 信託銀行• その他の銀行(ネット銀行等)• 信用金庫• 信用組合 と、幅広い金融機関が24時間のリアルタイム振込に対応しています。 対象はモアタイムシステムに参加する銀行のみ このリアルタイム振込に対応するには当然ですが、モアタイムシステムに接続する必要があります。 2018年10月15日時点ではすべての銀行が対応しているわけではありません。 たとえば都市銀行だと、三菱UFJ銀行やりそな銀行、未遂住友銀行は対応していますが、みずほ銀行はシステム改修中のため不参加です。 かなりの銀行が参加しているので、銀行負込も実質的にリアルタイム入出金が可能になったと考えてよいです。 <モアタイムシステムに 不参加の主だった銀行> みずほ銀行、みずほ信託銀行、静岡銀行、十八銀行、親和銀行、新生銀行、あおぞら銀行、SMBC信託銀行、セブン銀行、野村信託銀行、GMOあおぞらネット銀行、ローソン銀行 みずほ銀行系はシステム統合のため、十八銀銀行・親和銀行も同じでしょうね。 開業から日が浅いやも不参加です。 システムに対応していない銀行の振込時間 なお、振込元、振込先のどちらか一方でもモアシステム未対応の場合は、従来通りの入金時間となります。 その場合、銀行振込処理がされるのは「平日(月~金)」である必要があります。 土日ならびに祝日は振込処理はされません。 なお、窓口で振込を行う場合は混雑状況や処理によって手続きの時間が遅れてしまうことがあります。 たとえば、窓口で15時ギリギリに振込依頼をした場合、処理によっては当日着金とならずに、翌営業日扱いとなる場合もありますのでご注意ください。 0時~8時59分までの振込 振込先では9時00分ごろ(処理によっては多少遅れることもありますが、遅くとも9時10分まで)には入金が確認できるはずです。 9時~14時59分までの振込 ほぼリアルタイムに振込先の口座で入金が確認できるはずです。 ただし、窓口の場合は処理の都合で遅れてしまい翌日扱いとなる場合もあります。 窓口なら14時50分までには完了させておきたいところです。 ATMやオンラインバンキングの場合はほぼリアルタイムとなりますので、15時ギリギリでも当日扱いとなるはずです。 15時~23時59分までの振込 翌営業日扱いとなります。 翌営業日ですので、翌日が土日の場合は次の営業日(平日)の9時00分に入金の確認ができるはずです。 ですから、金曜日の15時(午後3時)をすぎての振込だと、入金が確認できるのは通常は、月曜日(平日の場合)の朝9時ということになってしまいますね。 振込は手数料のかからない銀行を活用しよう 銀行振込をよく利用するのであれば、振込のリアルタイム入出金はもちろん気になるところですが、それと同じように「手数料(振込手数料)」も重視しましょう。 最近のネット銀行であれば、同行間なら手数料無料、他行宛であっても一定の条件を満たせば振込手数料が無料となる銀行も多数あります。

次の

振込手数料|手数料一覧|北洋銀行

北洋 銀行 振込 時間

基本の振込時間は営業時間ベースからリアルタイムへ 2018年10月8日まで、日本の銀行の振込に関するシステムは1973年4月稼働の「全国銀行データ通信システム」を利用していました。 こちらは各金融機関からシステムに接続できるのは銀行の営業時間である「9時~15時」だったのです。 その為、時間外の振り込みは翌営業日の8時30分ごろとなっていました。 ・ これに対して、リアルタイムでの入出金を可能になる「 モアタイムシステム」が既存のシステムが稼働していない時間帯の振り込みをカバーするシステムです。 2018年10月9日にこれが稼働したことによって24時間365日の即時振込サービスが可能になったわけです。 都市銀行• 地方銀行• 第二地方銀行• 信託銀行• その他の銀行(ネット銀行等)• 信用金庫• 信用組合 と、幅広い金融機関が24時間のリアルタイム振込に対応しています。 対象はモアタイムシステムに参加する銀行のみ このリアルタイム振込に対応するには当然ですが、モアタイムシステムに接続する必要があります。 2018年10月15日時点ではすべての銀行が対応しているわけではありません。 たとえば都市銀行だと、三菱UFJ銀行やりそな銀行、未遂住友銀行は対応していますが、みずほ銀行はシステム改修中のため不参加です。 かなりの銀行が参加しているので、銀行負込も実質的にリアルタイム入出金が可能になったと考えてよいです。 <モアタイムシステムに 不参加の主だった銀行> みずほ銀行、みずほ信託銀行、静岡銀行、十八銀行、親和銀行、新生銀行、あおぞら銀行、SMBC信託銀行、セブン銀行、野村信託銀行、GMOあおぞらネット銀行、ローソン銀行 みずほ銀行系はシステム統合のため、十八銀銀行・親和銀行も同じでしょうね。 開業から日が浅いやも不参加です。 システムに対応していない銀行の振込時間 なお、振込元、振込先のどちらか一方でもモアシステム未対応の場合は、従来通りの入金時間となります。 その場合、銀行振込処理がされるのは「平日(月~金)」である必要があります。 土日ならびに祝日は振込処理はされません。 なお、窓口で振込を行う場合は混雑状況や処理によって手続きの時間が遅れてしまうことがあります。 たとえば、窓口で15時ギリギリに振込依頼をした場合、処理によっては当日着金とならずに、翌営業日扱いとなる場合もありますのでご注意ください。 0時~8時59分までの振込 振込先では9時00分ごろ(処理によっては多少遅れることもありますが、遅くとも9時10分まで)には入金が確認できるはずです。 9時~14時59分までの振込 ほぼリアルタイムに振込先の口座で入金が確認できるはずです。 ただし、窓口の場合は処理の都合で遅れてしまい翌日扱いとなる場合もあります。 窓口なら14時50分までには完了させておきたいところです。 ATMやオンラインバンキングの場合はほぼリアルタイムとなりますので、15時ギリギリでも当日扱いとなるはずです。 15時~23時59分までの振込 翌営業日扱いとなります。 翌営業日ですので、翌日が土日の場合は次の営業日(平日)の9時00分に入金の確認ができるはずです。 ですから、金曜日の15時(午後3時)をすぎての振込だと、入金が確認できるのは通常は、月曜日(平日の場合)の朝9時ということになってしまいますね。 振込は手数料のかからない銀行を活用しよう 銀行振込をよく利用するのであれば、振込のリアルタイム入出金はもちろん気になるところですが、それと同じように「手数料(振込手数料)」も重視しましょう。 最近のネット銀行であれば、同行間なら手数料無料、他行宛であっても一定の条件を満たせば振込手数料が無料となる銀行も多数あります。

次の