ラ カンパネラ 意味。 ラ・カンパネラを弾く人へ

ピアニストでも大変!リスト「ラ・カンパネラ」難易度と弾き方のコツ!

ラ カンパネラ 意味

カンパネラ 激動のStory in "La Campanella" 激動の人生をカンパネラに求めて La Campanella リスト作曲 ラ・カンパネラ。 イタリア語で「鐘」という意味。 ピアノ曲の中で一番好きな曲です。 カンパネラという曲名は知らなくても聴けば、ああ聴いたことある、と言うと思います。 教会の鐘をイメージした曲らしいですが、結婚式の鐘の音のような穏やかな幸せな気分がする鐘の音はこの曲からは感じられません。 もの悲しい旋律の中に火事のときの鐘や、いくさが始まる合図の鐘の音のように鬼気迫る迫力を感じます。 先生の勝手なイメージですが、この曲を聴くと、ひとりの男の激動の人生が走馬灯のように頭の中を駆け巡ります。 平凡な家庭に生まれ、平凡に青年へと成長し、愛する女性と結婚し、愛しい子供に恵まれるなか、生活には山あり谷あり苦労をしながらも小さな幸せな人生を送っている。 しかし、戦争に巻き込まれ祖国のため、家族のために命を懸けて戦うことになる。 なんかそんなストーリーが思い浮かぶのです。 そういう自分勝手なストーリーに合う弾き方をしてくれるピアニストは数少なく、コンクールで優勝してうまいんだろうが冷徹で冷たいロボットのようなカンパネラはたくさん聴いた。 そんなピアニストが多い中、気に入っているカンパネラ弾きは2人。 一人目はフジコ ヘミング Fujiko Hemming)。 フジコさんは今や80過ぎのお歳になりました。 ですがそれゆえに人生経験の豊富さ、そしてまた彼女自身の激動の人生が彼女のカンパネラから聞えてくる気がします。 彼女は両耳の聴力をほぼ失い音楽家としては絶望の崖っぷちにたたされながらも努力と不屈の精神で音楽家に復帰します。 今は片方の耳は少し聞こえるそうです。 彼女の弾くカンパネラは譜面に忠実でないなどと専門家からは受けがよくなかったりしますが、そんなことはどーーーでもいい。 少しゆっくりめで穏やかに始まりますが温かく、情緒にあふれた情熱のカンパネラはフジコさんの人生そのものという感じでジーンと涙がこみ上げます。 しかし、自分にとってひとつだけ残念なのが、最後のクライマックスでの迫力が足りない感じがします。 2人目は、バレンティ-ナ・レシッツア Valentina Lisitsa 最近ニュースでよく見聞きするウクライナ出身のピアニストです。 彼女のピアノはまるで手品を見ているかのよう。 柔らかくなでるようなタッチでありながら、正確でしなやかなムチのようなタッチ、ときには鍵盤が割れんばかりに激しくたたきつける。 だがロボット的な冷徹さを少し感じる。 フジコヘミングさんのカンパネラに不満をもっていたラストのクライマックスではそれは激しく、ピアノがぶっ壊れるほど激動の人生を表現してくれます。 譜面を見て弾いているうちは自分の情熱を表現できませんから。 完全に頭の中に入っていて、自分の血となり肉となるまで弾きこんでいるのです。 ここまでなるにはおそらく何万回も弾いて練習したはずです。 ある歴史の先生は言っていました。 はじめは年号を暗記しないで理解しようとしたが、どうしても理解できなかった。 しかし、年号をすべて暗記したらうそのように理解することができた、と。 韓国ドラマ「チャングム」の中で医師の先生が、自分の力量に慢心して失敗したチャングムに言います。 お前は何度もわかったというが、本当にはわかっていない。 血となり肉となるまでたたきこむのだ。 君たちが漢字を覚えるとき、英単語を覚えるとき、何回書きますか? 20回書きなさいと言ったら、え-!と言うでしょう。 体育の授業でバスケットの練習するのと漢字を50回書くのとどちらがしんどいでしょう? たった50回で「え--!」と思う人は、絶対覚えなければという意思がない証拠です。 ピアニストは難しい長い曲を何万回も練習します。 人に言われてではなくて、自分から、自分が納得いくまで。 それに比べたら、単語を100回書くことや英語の教科書を100回読むことぐらいは楽な作業だと思いませんか。 覚えたと言ってすぐに確認テストしたら何個も間違える、そんないい加減な覚え方ではほんとのテストのときにはいっぱい忘れてます。 血となり肉となるまで繰り返し、繰り返すことを覚えてください。 20回書いて覚えられなかったら30回書けばいい。 30回で覚えられなかったら50回書けばいい。 覚えられないからといって自分は頭が悪い、なんて思う必要なない。 50回でだめなら100回書けばいい。 1万回に比べたらたった100回。 そんなに身構えることはない。 楽な作業です。 気楽に。 必要なのは、本当にやらなければならない、と思うこと。 そして実行力。 実行力のある人間は必ず結果を出せる。

次の

ラ・カンパネラ フランツ・リスト 解説と試聴

ラ カンパネラ 意味

こちらは、筆者の好きなピアニスト辻井伸行さん演奏の「ラ・カンパネラ」です。 リスト作曲のピアノ曲「ラ・カンパネラ」は、数々のピアニストがコンサートで弾く有名な曲です。 ここでの「カンパネラ」も教会の鐘を意味しています。 実はこの曲はパガニーニというバイオリンの名手の作曲家が作ったバイオリン曲でした。 パガニーニの演奏を聴いて感動したリストは「僕はピアノのパガニーニになる。 」と言って、作り上げた曲です。 そのためか、ありとあらゆる難所があり、演奏者を悩ませています。 お恥ずかしながら、筆者も悪戦苦闘中です。 筆者のように手が小さい人には特に難しいのは、跳躍が多いこと。 リストはピアノの名手でしたから、自身の技術を余すことなく使って、この曲を完成させたのでしょう。 冒頭の部分は、鐘の音が鳴り響くような美しいメロディー、その他にも「鐘」の音と思われるような高音があちらこちらに宝石のように散りばめられている美しい曲です。 スポンサーリンク 「銀河鉄道の夜」における「カンパネラ」の意味 宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」には主人公のジョバンニの親友としてカンパネルラという人物が出てきます。 このジョバンニやカンパネルラという名前はイタリアによくある名前だそうです。 なぜ、このような名前にしたのかということは諸説ありますが、筆者は賢治の最愛の妹としが熱心なキリスト教信者であったことに関係しているのではないかと思います。 彼女の死後にこの物語が書かれていますから、賢治は死後の世界を考えたのかもしれません。 そう考えるとやはり、カンパネラは教会の鐘というところではないでしょうか。 「カンパネラ」という花がある ちょっと違う発音ですが、「カンパニュラ」という花があります。 南ヨーロッパ原産のキキョウ科の花で、ラテン語で「小さな鐘」を意味し、風鈴のようにふっくらとしたカワイイ花です。 花言葉は「感謝」「誠実」「節操」となっています。 「水曜日のカンパネラ」の意味も知って誤解を解こう 「水曜日のカンパネラ」は音楽ユニットで、このグループ名の意味は水曜日に活動が多かったためだそうですが、なぜ「カンパネラ(鐘)」なのでしょうか。 この点については確かなことはわからないのですが、筆者が思うにはコムアイさん独特のふわっとした声を、教会の鐘のように感じたのかもしれません。 いずれにしましても、「カンパネラ」は鐘という意味ですので、誤解されていた皆さまは誤解を解いて下さいね。

次の

ピアニストでも大変!リスト「ラ・カンパネラ」難易度と弾き方のコツ!

ラ カンパネラ 意味

「ラ・カンパネラ」はピアニストも演奏を避けるほどの超難曲です。 超難曲とはいえ、ピアニストなら弾けないということはありません。 私達からすれば充分過ぎるほど弾けているように見えても、自身の演奏に納得がいっていなかったり、そもそもこの曲が好きではなかったりするため、レパートリーに入れないということです。 ピアニストにもいろいろなタイプがあり、メロディックな曲が得意なピアニストもいれば、テクニック的な曲が得意なピアニストもいます。 他にも、得意な作曲家の作品ばかりを弾く偏った選曲をするピアニストもいれば、逆にどの作曲家の作品も弾くオールマイティーなピアニストもいます。 「ラ・カンパネラ」をレパートリーにしているピアニスト達はテクニック的な曲がとても得意な方達が多いです。 この曲はピアノのある機能が向上したことにより、それまでは出来なかった演奏が可能になったため、作曲することが出来ました。 前回、は書かせて頂きましたので、今回はピアノの発展について触れながら難易度と弾き方のコツをお教えします。 ピアノの発展は、ただ音域が広がっただけじゃないんです!! 1700年頃に作られた「グラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」(通称、ピアノフォルテ)は、音の強弱が演奏者のタッチによってコントロールできるという、当時としては画期的な楽器でした。 ピアノフォルテは、イタリア(フィレンツェ)のメディチ家お抱え楽器製作家だったクリストフォリが製作しました。 この楽器が現在のピアノの原型と言われています。 初めから現在のように広い音域があった訳ではないということは、皆さんご存知でしょうか。 当初は狭かった音域は、次第に広がっていき、現在の88鍵になりました。 時代による音域の変遷を作曲家と照らし合わせてご紹介します。 クリストフォリの発明を基にそのアクション(発音構造)も時代とともに発展し、現在のピアノの構造に至りました。 ピアノのアクションには、元々ウィーン式とイギリス式の2種類がありました。 モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマンなどの作曲家がウィーン式アクションを使用したピアノを愛用しました。 イギリス式のピアノの発展は、ショパンやリストの作品に大きな影響を与えました。 リストのような超絶技巧を得意とするピアニスト達が現れると、聴き応えのある演奏にするため、より大きな音量が出せるピアノが求められるようになりました。 そのような要望を受け楽器製作者たちは、ハンマーを大きくしたり、張力の増した弦を支えるために鋳物を導入したりとピアニストの望む楽器を次々と作り出していきました。 ウィーン式は構造上の限界があり、そのような発展にはついていけず、20C初め頃に事実上消滅してしまいます。 そのため、特別な機会がない限り、現在私たちが手にするピアノはイギリス式アクションによるものだけになってしまいました。 残念ですよね!しなやかに歌わせることができる、ウィーン式アクションのピアノの音色を感じてみたかったですね!! リストの演奏は激しかったようで、リサイタル時にハンマーが折れたり、弦が切れたりしていたため、あらかじめ何台ものピアノを用意していたそうなんです。 ウィーン式アクションにも関わらず唯一、ベーゼンドルファーのピアノだけが無事だったそうです。 そのことがきっかけとなり、ベーゼンドルファーは壊れにくいピアノを作るメーカーとして一躍有名になったそうです。 (ベーゼンドルファーは元々ウィーン式アクションでピアノを製作していましたが、のちにイギリス式に転向したため、現在も残っています。 ) ハンマーが折れるって…リストは、どれだけ叩いて弾いていたんでしょう?? リストの家はピアノだらけ!?毎年新しいピアノを貰っていた!! リストの家にはピアノ製作者から贈られたピアノがたくさん置いてあり、まるでピアノ売り場のようだったそうです。 1度だけ贈られるのではなく、毎年新品のピアノに取り換えに来たそうです。 引き取ったピアノは「リスト使用」ということで、とても高く売れたんだそうですよ。 いろんなピアノを弾き放題!!いいですね~。 しかも、毎年新しいピアノですよ!!羨ましい… たくさんのピアノを所有していたリストですが、中でもエラールのピアノとの関係はとても密接でした。 エラールによる「ダブル・エスケープメント」というアクションの発明は、それ以前のアクションよりも素早く連打することを可能にしました。 このアクションの発明がなければ、現在演奏されている「ラ・カンパネラ」は作曲されていませんでした。 素早い連打が演奏可能になったからこそ、この名曲が生まれたのです。 エラールのピアノと共にリストは、ピアノという楽器の技巧の可能性を追求しました。 リストの頃までは、作曲家兼ピアニストというのが普通でした。 しかしそれ以降は、多くの作曲家がリストと同じようにピアノの技巧の追求を行ったので、ピアニスト達はそれまで以上にテクニックの向上が要求され、作曲家とピアニストを兼任することが難しくなりました。 そのため、次第に分業が進んでいきました。 実は、現在演奏されている「ラ・カンパネラ」より難しい版が存在する! リストの「ラ・カンパネラ」はパガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章<鐘>の主題を研究し、それを基にして作曲されたものです。 「ラ・カンパネラ」とは、日本語で「鐘」という意味です。 リストは「ラ・カンパネラ」というタイトルがついたものを4曲作っています。 演奏されることはない。 現在私達が「ラ・カンパネラ」と呼んでいる曲は、1851年に作曲されたもので、 「パガニーニ大練習曲第3番」のことを指しています。 改訂される前の「ラ・カンパネラ」は、現在よく演奏されているものよりも圧倒的に難しいです。 聴くと驚きますよ! 現在よく演奏されているものは、まだマシだったなんてビックリですよね!! 「ラ・カンパネラ」の難易度はどれくらい? 難易度はもう言うまでもないと思いますが… 超を何個つけても足りないくらいの超上級レベルです!! ピアノを習いに来られたお子さんや大人の方がいつか弾きたい曲にこの曲を挙げられることが、たまにあります。 今までの人生のほとんどをピアノと過ごして来た私ですら、まともに弾けないのに…何を言ってるんだ!!と思いますが、それだけ迫力があって、魅力的な曲だということは、よく分かります。 音をかなり抜いて本当に簡単に編曲したものなら弾けると思いますが、完全版を弾くのは、はっきり言って無理です。 残念ですが、諦めて下さい! ピアニストだって避けるような曲ですからね…。 リストの身長は、180cm以上で指も腕も長かったそうです。 彼の手も、もちろん大きく、広げると10度(ド~1オクターブ上のドの3度上のミまで)が余裕で弾けたそうです。 それ程の手の大きさと指の長さがあれば、跳躍の多いこの曲も楽々弾きこなしたんでしょうね。 このような理由から、「ラ・カンパネラ」を弾くには手が大きく、指や腕が長い人が有利です。 もちろん、ただ指や腕が長いから弾けるというのではなく、そのような素質のある人が相当な覚悟でピアノ道を極めた結果、弾けるようになるということです。 こちらの全音版には解説がついており、改訂される前の楽譜も入っているので違いを比較することができます。 どこが難しい??超難曲の弾き方のコツ! どこが難しいのかは、もうたくさんあり過ぎなのですが…弾き方のコツを5つにしぼって説明していきますね。 手の大きさや手首のしなやかさは人によって違うので、必ずしもこの弾き方や練習の仕方がベストではないかもしれませんが、参考になさって下さい。 メロディーは1の指側(右手の上向きの8分音符)にあります。 (5の指側にメロディーが来る箇所もあります。 でも外さないようによく練習しましょう。 ただ指だけで弾くのではなく、手首を少しひねるようにして 手首で弾くような弾き方をマスターしましょう。 この部分を手首で弾くには、指をどこに置くかがポイントになります。 1の指と5の指を鍵盤に置いたときに、位置が真横になると手首をあまりひねることが出来ません。 手首の動きをスムーズにするには、5の指を少しピアノの蓋側で弾くようにし、1の指と5の指の弾く位置を少し変えるんです。 そうすると手首をひねりやすくなり、動きが良くなると思いますので、試してみて下さい。 スキーのジャンプのように、飛ぶ前の音でしっかり踏み込んで勢いよく飛ぶようにしてみましょう。 その時に上に飛ぶと時間ロスになります。 次の音の方へ斜めに飛んで行くようにしましょう。 距離がかなりある跳躍の箇所は、何度も何度も練習をして感覚を掴むしかありません。 手を見なくても飛べるように感覚で弾けるようになれば外しにくくなります。 この部分は、それだけでなくメロディーも弾かなくてはいけません。 まずは、トリルの練習をしましょう。 トリルを1つずつ指を上げて弾いていては、すぐに疲れてしまいます。 こんな練習をしてみてはいかがでしょうか。 次の音は勢い余って指が当たってしまった程度で弾きます。 同じように1つ目の音はしっかり弾きます。 残りの3つは1つ目でしっかり弾いた分の余力で弾きます。 指をほとんど動かさないようにしましょう。 最初はゆっくり練習しましょう。 出来るようになったら速く弾いてみて下さい。 たくさんトリルを弾くと楽に弾けるコツが分かってくると思います。 この曲の強弱記号をよく見て下さい。 フォルテの指示が出るのは、最後の2ページです。 それまでは軽くて良いのです。 最後の2ページまでに力を使ってしまわないように、我慢しましょう。 難しいと思うと力が入ってしまいますが、難しいからこそ、力を抜くんです! 力むと指と手首の動きが悪くなります。 動きが悪くなると、ミスが増えてしまいます。 それまで弾けていたのに急に弾きにくくなった時は、たいてい力みが原因です。 この曲の場合、もしかしたら納得がいくように弾けないかもしれません。 しかし、その努力は絶対ムダにはなりません。 この曲を一生懸命練習すれば、皆さんが今までに弾いて来られた曲が前よりも断然弾きやすくなっていると思います。 テクニック的に難しい曲は、作曲家からピアノを弾く者への挑戦状です。

次の