北海道 日本 ハム ファイターズ。 【球団の歴史】北海道日本ハムファイターズ

【球団の歴史】北海道日本ハムファイターズ

北海道 日本 ハム ファイターズ

対戦カード 放送日時 放送 形態 北海道日本ハム vs 巨人 6. 19 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:西山秀二 実況:結城哲郎• 6月19日 金 12:55 ~ 17:00• 6月19日 金 22:00 ~ 26:00 北海道日本ハム vs 巨人 6. 20 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:西山秀二 実況:結城哲郎• 6月20日 土 12:55 ~ 17:00• 6月20日 土 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 巨人 6. 21 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:西山秀二 実況:結城哲郎• 6月21日 日 12:55 ~ 17:00• 6月21日 日 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 楽天 6. 23 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:田中幸雄 実況:結城哲郎• 6月23日 火 12:55 ~ 17:00• 6月23日 火 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 楽天 6. 24 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:田中幸雄 実況:結城哲郎• 6月24日 水 12:55 ~ 17:00• 6月24日 水 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 楽天 6. 25 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:田中幸雄 実況:結城哲郎• 6月25日 木 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 埼玉西武 6. 30 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 6月30日 火 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 埼玉西武 7. 1 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月1日 水 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 埼玉西武 7. 2 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月2日 木 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 横浜DeNA 7. 3 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月3日 金 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 横浜DeNA 7. 4 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月4日 土 18:30 ~ 22:30 北海道日本ハム vs 横浜DeNA 7. 5 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月5日 日 18:30 ~ 22:30 北海道日本ハム vs 千葉ロッテ 7. 10 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月10日 金 12:55 ~ 17:00• 7月10日 金 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 千葉ロッテ 7. 11 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月11日 土 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 千葉ロッテ 7. 12 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 予めご了承ください。

次の

【球団の歴史】北海道日本ハムファイターズ

北海道 日本 ハム ファイターズ

対戦カード 放送日時 放送 形態 北海道日本ハム vs 巨人 6. 19 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:西山秀二 実況:結城哲郎• 6月19日 金 12:55 ~ 17:00• 6月19日 金 22:00 ~ 26:00 北海道日本ハム vs 巨人 6. 20 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:西山秀二 実況:結城哲郎• 6月20日 土 12:55 ~ 17:00• 6月20日 土 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 巨人 6. 21 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:西山秀二 実況:結城哲郎• 6月21日 日 12:55 ~ 17:00• 6月21日 日 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 楽天 6. 23 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:田中幸雄 実況:結城哲郎• 6月23日 火 12:55 ~ 17:00• 6月23日 火 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 楽天 6. 24 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:田中幸雄 実況:結城哲郎• 6月24日 水 12:55 ~ 17:00• 6月24日 水 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 楽天 6. 25 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00 解説:田中幸雄 実況:結城哲郎• 6月25日 木 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 埼玉西武 6. 30 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 6月30日 火 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 埼玉西武 7. 1 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月1日 水 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 埼玉西武 7. 2 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月2日 木 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 横浜DeNA 7. 3 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月3日 金 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 横浜DeNA 7. 4 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月4日 土 18:30 ~ 22:30 北海道日本ハム vs 横浜DeNA 7. 5 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月5日 日 18:30 ~ 22:30 北海道日本ハム vs 千葉ロッテ 7. 10 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月10日 金 12:55 ~ 17:00• 7月10日 金 18:00 ~ 22:00 北海道日本ハム vs 千葉ロッテ 7. 11 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 7月11日 土 12:55 ~ 17:00 北海道日本ハム vs 千葉ロッテ 7. 12 球場: 鎌スタ 試合開始: 13:00• 予めご了承ください。

次の

北海道日本ハムファイターズ

北海道 日本 ハム ファイターズ

北海道日本ハムファイターズ 基本 創設 本拠地 一般 F 回数 7回 3回 1回 1回 経歴• セース• 東急フライヤーズ 、-• 急映フライヤーズ• 東映フライヤーズ -• 日拓ホームフライヤーズ• 北海道日本ハムファイターズ - 球団組織 体 末沢寿一 球団 に再開されたに新規加盟したセース(セースの直系ではないが、関係者が設立に関わっている)をとする。 後に大となるも球団設立と共に入団した。 しかし財政難のためわずか一年でに身売りとなる。 より東急フライヤーズと球団名をめ、翌年は大映との共同経営となったため急映フライヤーズに称する。 ところが大映が他球団買収で撤退したため、わずか一年で元の東急フライヤーズに戻った。 2分立()ではに加盟。 には専用である駒沢を開場し、翌よりのが球団をする東映フライヤーズとなった。 は設立以降低迷を続けたが、に脩率いるに敗れてを辞任した原茂をに招聘する。 から7年間Aを維持し続け、には球団初のにもいた。 しかし原がを最後に退任し、よりがに就任するとは一気に低迷を始める。 にはで安敏明を失い、翌にの博が急逝する。 そして新たにとなった茂はに日拓に球団を売却、こうして東映フライヤーズは消滅した。 日拓ホームフライヤーズはわずか一年でに身売りし、よりとして新たな船出となった。 「駒沢の暴れん坊」や「やくざ」と呼ばれたのを払拭する必要性を痛感した球団の脩は、選手の一掃に乗り出す。 初年度終了後に、仁、剛史をし、残ったも二年終了後にとのトレードで退団した。 からに就任したの下で、は徐々に地を付けていく。 には解任のでがから移籍してきたことでに厚みが加わり、二年のの急成長やボビー・ミッチェルの獲得などもあって球団創立以来初のA(前期3位・後期4位、総合3位)となった。 時代までは内でも球団であったが(「対」が席が多いことの例えとしてにされるほどだった)、にへ移転し、 北海道日本ハムファイターズとなる。 それ以降は、、、、ら注度の高い選手の入団や、など性の高い選手の台頭、 2006・の連覇などで地域密着に成功。 知名度および観客動員数の両面で球界屈の球団にまで成長した。 近年は催試合の均観客動員数では、、、に次ぐ12球団中5位、につけている。 成績的にも移転13年でA10回、うち5回と勝てるへ変貌を遂げた。 球団の特徴としては上記のように個性的な選手が多く、には及ばないが、屈の「選手」輩出球団である。 またのの存在も球団としての評価を煽る要因ともなっている。 一方、選手の大半が入団から数年で台頭してきた選手であり、飛び抜けた実績を持つ選手は多くないため、一部の選手以外は今ひとつなもつきまとっている。 戦力面 ~前半はと呼ばれる強な打撃を売りにしており、ながら3回もに食い込んで争いをする一方、に不安を抱えBに転落することも多く強いのか弱いのか球団であった。 移転後は広いを本拠地とするためか従来の持ち味であった長打に頼るを捨て、と守備、機動で1点を守り戦い方に路線変更し連覇する強にまで成長。 前半とべ数は減したが、、、らを中心とするに、、、、、らの守備を擁し、数年での刷新に成功した。 この反面、、、、らスラッガーの相次ぐ退団で深刻な投高打低に悩まされ、や守備に負担が掛かっていた。 しかし、で制覇したがに就任したは、を逃すも懸案だった貧打が解消に向かい、は勝負強いアベレージヒッターの並ぶに成長。 から推し進めた機動を生かす堅実と上手く噛み合い、随一の攻撃を誇るまでに至った。 はこそ少ないものの貧打のは既になく、こそいが得点の高いとなっている。 は1億円をかけて開発したという独自の選手評価をし、選手のを重視した編成をしている。 にさえ編成に関する権限は一切なく、全に編成は導であり、 「以外はがトレード補」と言い切る底ぶりである。 そのため、どころの選手がな立場になると高でされる。 守護だったを筆頭に、、、、、、など、少し前まで一軍で活躍していた選手があっさりトレードに出されることが多い。 には中のであるをトレードでして各方面に衝撃を与えた。 また前述のや、のように高年俸の選手もが悪いと判断すればなく手放す傾向にある。 が商売上手と取るか、と取るか。 ただ、トレードで獲ってきた選手が活躍する例は多くないのでトレード上手とは言い難い。 トレードの相手は何故かが非常に多く、選手も含めての一時期にはに本の選手が9人もいた(、、英、、、、、、)。 前述の通り選手を動かすことに積極的であるため、他にも他球団でになっている本の選手は多い。 にを起こした(、、、など)ことがあったり、性や性に難(、、、など)があるという評判の選手もわりと積極的に獲得に行く傾向にある。 単純に実績重視で獲得しているとも言えるが、問題を起こし球団のに繋がりかねないとの評価も有り、の間でもといった所もある。 とはいえ入団後に大きなを起こした選手はあまりおらず、やんちゃだった選手も気が付けばりにしっかりしたになっており、矯正は高いと言われることも(単に矯正できなかった選手はさっさとされているとも言える)。 に関しては「その年の一番良い選手を取りに行く」という方針を取っている。 この方針は底しておりには「以外の名は全て」と宣言していた(名権を獲得できたが宣言通り入団拒否)、「以外には行かない」と宣言していた(他球団は一切名せずに単独名に成功、の説得もあり入団)等を強制名し、物議を醸しだした事がある。 この方針のためか、名が他球団と被る事も多い。 ちなみにまで、12球団で一 を一度も保有したことがなかった。 支配下登録選手数も上限の人に少し余裕を持たせた~人程度にしているが、これは 保有する選手数を絞ることで個別の出場機会を増やすためだったそうである。 からは初めてを保有する。 関係者• () ()• (81) (兼打撃)• () ()• () ()• ()厚澤和幸(ーチ兼)• () (野手総合)• () (守備)• () (外野守備走塁兼打撃補佐)• () (兼任)• () (兼)• ()豊(総合)• () ()• ()毅(育成)• () (打撃)• ()智之(打撃)• (78) (兼打撃補佐)• ()石之(守備)• (76) (外野守備・走塁)• (1)• (13)• (14)• (15)• (16)• (18)• (19)• (20)• (27)• ()生• (29)• (33)立野和明• ()裕• (36)ドリュー・ヘイゲン• ()木• ()俊• (46)斗• (47)矢• ()宮台康• (56)• ()侑• ()大希• ()次• ()汰• (10)• (42)• ()拓也• ()田宮裕• ()優• (2)• (6)• (9) (選手)• (24)希• (38)• ()・ビヤバ• ()侑• ()順之助• ()之介• ()高仁• (3)王融• (4)• (5)• (7) ()• (8)• (12)• (26)• (43)• ()野優也• (66)万波中正• ()奨人• (111)• ()一佳 球団スタッフ• (の・・ィサー兼所属)• (打撃)• (ウト)• ()(ブ)• (特別研修)• (打撃)• (ウト)• (アドザー)• (ーネー) ベースボールアカデミー• (講師)• () OB・関係者(東急・急映・東映・日拓時代を含む) あ行 か行• (現: )• (現:員)• (現:)• (現:)• (現: )• (現:)• (現:)• (故人)• (故人)• (故人)• (故人)• (現:)• (現:)• (現:)• (現:)• (故人)• (故人)• (現:)• (現: )• (現:)• (現: )• (故人)• (現: )• (現: )• (故人)• (現: ) さ行 た行• (現: )• (現:)• (現:)• (故人)• (現:)• (現: )• (現:)• (現: )• な行 は行• (現: )• (:賛歌の者)• (現: )• (現: )• (現:)• (現:)• (現: )• ま行 や行• (現:)• (現: )• (現: 一軍)• (現:)• (現: )• (現: 一軍)• ら行 わ行• (現:)• -- 北海道移転後の戦績 2004年(66勝65敗2分、3位) 監督:トレイ・ヒルマン 移転初年度。 この年からが加入、1番もしくは2番として活躍するとともに、それまでが圧倒的多数だったにを根付かせるための奮闘を始める。 本拠地が狭いから広いに変わったが、がを獲得したのをはじめ、が26するなど、今とは違って快のを残していた。 ではが最優秀、トレードで獲得した哉が よく燃えたがで最多を獲得。 この年から導入された出場を賭けてと熾な3位争いを繰り広げ、最終的にと0. 5差で3位に滑り込んだ。 そのためか、この頃からしていたは割とと仲が良い。 では第1でに敗れた。 そしてこの年の、で、でという、後のの看となる2人の選手が入団してくる。 まさに運命のである。 2005年(62勝71敗3分、5位) 監督:トレイ・ヒルマン 開幕前、がをスッパ抜かれ「ワルビッシュ」と揶揄される。 そんな幕開けとなった。 はこの年は5勝5敗。 またこの年からがに就任している。 この年はが数増加の代わりにを大きく落とし、で獲得したもパッとせず、は故障で不振にあえぐなど、が前年のような破壊を発揮出来ず、数が大幅に増加。 で11連敗を喫するとそのままずるずると沈み、5位に終わった。 この年の不振が、が時代からのだった「」を捨てる契機となった。 2006年(82勝54敗、優勝・ 日本一) 監督:トレイ・ヒルマン 、開幕直後にの宣言。 のはその衝撃から始まった。 前年の5位もあって、この年のを補に挙げる者はほとんど居なかった。 ー補だった新のーの不振もあって、開幕直後は何かと試行錯誤が続く。 しかし、の故障でに定着したと、から二塁を獲得したの1・2番がハマり、「が出て、賢介が送り、・・のナップで返す」という得点が。 同時に・・によっての外野が。 もの、途中でしたの2人が柱となり、や、建山らが支え、開幕直前にトレードで獲得したがとともにになり、守護のへ繋ぐ必勝を形勢した。 任せのから、堅守とをに堅実なで1点を確実に奪って勝つ、ス・へのを僅か1年で見事に果たす。 の終わりから破の11連勝で一気に波に乗ると、・と史上稀に見る熾な争い(のせいで実際は「争い」なところが間抜けだったが)を繰り広げ、最でを確定。 「を満員にする」というの掲げた約を、移転3年で実現した。 前にはが舌禍事件を起こす(「 」参照)ものの、第2でを破り進出を決める。 では「優勢」の見方が圧倒的な中、本拠地で3連勝して4勝1敗で時代以来年ぶりのにき、のにを添えた。 しの年の、がでへ、がへ移籍する。 2007年(79勝60敗5分、優勝) 監督:トレイ・ヒルマン 前年にいたものの、という球界屈の打者に加え、の精的支柱である、のも失ったの戦は著しいという評価が大勢を占める。 が大幅補強をしていたこともあって、ですら「今年は理」というのが大方の見方だった。 前年のの舌禍事件もあってか、開幕直後は「にを達成させる」ための選手起用がしばしば見られた。 またの抜けたは貧打にあえぎ、もや押本、らがパッとせず、苦戦が続く。 しかしが事を達成すると、その直後から最高記録となる14連勝を達成して初のを果たし、は波に乗る。 貧打は相変わらずだったが、が自己最高の成績を残すなど中軸打者として。 また勝負強いがに定着する。 もが全を果たし堂々たるとなり、前年した「確実に1点を獲って守りきる」を底し、との争いを制して、ほとんども予想していなかった二連覇を達成した。 でもとの死闘を制し、2年連続の進出。 は再びとの顔合わせとなったが、が不振に陥ったこともあって1勝4敗と前年のを果たされてしまった。 この年をもってが退任。 後任はまさかの、を率いた元である。 の度違うでどんなをするのかとの間では何とも言い難い不安が広がった。 またも退任してのに。 ついでとばかりに・らを連れていき、代わりに・らを押しつけていった。 他、が退団し長不足がますます深刻化する。 そしてにおいては、でを引き当てる。 さらに・ではを1巡で名。 色んな意味で一部を騒然とさせる。 2008年(73勝69敗2分、3位) 監督:梨田昌孝 田政権1年だが、の注は専らに集まり、上のはに集中。 当のは故障もあって一年を通して暮らし、も自トレ中の怪で出遅れる。 前年までに大きな怪人が出ることが少なかったか、この年は故障者が続出した。 、らが故障で不振に陥り、では前年手術したをで欠き、はの打球を受けて折するに見舞われる。 他にも前年9勝の・グがあ20敗かというでを積み上げ(最終的には7勝14敗)、トレードで獲得したは全く援護になかった(3. で3勝8敗)。 さらに中にはとという投打の柱を欠く。 しかし前半戦はがにローテを支え、や建山、で勝ち運を発揮したらも奮闘。 采配が懸念された田新も基本的にマン政権の堅実を継承した采配をしつつ、貧打の解消に向けての一塁コントなど模索を続ける。 結局、は波には乗れなかったものの大きく低迷することもなく、を(勝7敗)にした分との貯で、どうにかと0. 5差の3位に滑り込んだ。 では第一で経験の差を見せつけに勝したが、第二でに敗れた。 にはで揉めることの多かった高年俸の守護をにし、もあってにから蹴落とされたを獲得した。 2009年(82勝60敗2分、優勝) 監督:梨田昌孝 打者・という、何の冗談かという確変でのは幕を開けた。 開幕直後の苦戦がになっているだったが、この年は開幕からがの大当たり。 の間を獲得する大活躍で開幕からを牽引すると、そのままを通して安定した戦いを続けた。 最大の強みはと化していた貧打の解消。 「1番賢介、2番」のまでとは逆の1・2番が嵌り、中軸はの加入でが一塁に専念して4番に定着。 下位ではが大きく成長してのを獲得し、の確変が加わって勝負強いアベレージヒッターが並ぶ形になり、は少ないがどこからでも点が取れる破壊抜群のに成長した。 も、と以外のこそやや駒不足の感があったが、の建山に復活した江、との若手、トレードで二とともに獲得したらのがそれを補い、新守護となったは敗でにいた。 にはに見舞われ、には失速もあったがのお付き合いもあって事に切り。 では快進撃を続けていたを迎え撃ち、の逆転(いわゆる「 」)でを見事に撃墜。 2年振りの進出を果たした。 ではに2勝4敗で敗れた。 にはを。 相変わらず銭にシビアな一面を見せる。 またがでに移籍した。 2010年(74勝67敗3分、4位) 監督:梨田昌孝 、に敗れ借14。 のの幕開けは苦難に満ちていた。 退団したのを埋める野手の補強をせず、産で挑むことになった。 それでも内では総合的な戦においては一番安定感があると言われ、補にも挙げられていた。 ところが、の故障離脱で2番打者不在のまま開幕を迎えると、開幕戦をで落とし、第2戦は昨年敗の守護田久が打たれて落とす。 そしてが戦線離脱すると、く間にのは見る影もなく狂った。 を誇った守備が崩壊し、は絶不調で守護の座を剥奪される。 も中核を担うやの不調と繋ぎ役を担うやの故障で、昨年の強みであった勝負強さと堅守、安定していたという要素を全て失ってはどうしようった。 みるみる借は膨れあがり、前には首位と10差以上離されぎりの最下位に低迷する。 先の苦戦はとはいえ、これほどの苦難になるとはも予想し得なかっただろう。 しかし、そのまま終わらないのがを4年で3度制したの底だった。 が圧勝したから、徐々には立ち直っていく。 が援護にない中、とが順調に勝ちを積み重ね、野手ではとが復帰し、不調のに代わってが4番に定着すると、明けから破の快進撃でみるみる借を減らし、にはついに14あった借を済する。 だが、混戦のの中で、そこから一気に抜け出すことはわなかった。 一時は3位に薄したが、そこからは勝ったり負けたりを繰り返す展開で、3位のを追いかけながらのとの4位争いが続く。 が攻守に成長を見せ、にはがを量産するなど明るいも多くあったが、や二、などが相次いで戦列を離れるなど、圏内に手が届きそうで届かない戦いが続いた。 それでもを維持し続け、終盤戦はの失速でと三つの争いへもつれこむ。 残り10試合を切ってもの可性さえ残っていた大混戦のは、結局貯7の暫定3位で程を終える。 進出はその時点で残り2試合のの結果次第というところまでを追いつめたが、が残り試合を全勝したため、0. 5差の4位となって、導入以来初めて進出を逃した。 はの、もながら4位という結果が、序盤の低迷の深刻さとの噛み合わなさをったが、借14から前まで迫り、したとに勝ち越すなど前年王者の意地と底で上位を脅かしただった。 にはでを引き当て大きなを呼ぶ。 一方、でがへ、がへ移籍。 、が戦外となったが、はのちに再した。 トレードでは・英をしてを、一徳・高口行をして久を獲得。 また新としてを獲得し産は1年で終了した。 2011年(72勝65敗7分、2位) 監督:梨田昌孝 の一一投足にの大きな注が集まる中、季でがの折で戦線離脱。 さらにでがを受け折、不動の1番と4番が開幕という非常事態に陥る。 が、の影で開幕が延期となった結果、賢介、ともにどうにか開幕に間に合うことになった(その代わりにが自打球で顔面を陥没折し出遅れる)。 の導入と体で、「今年はついに0点台か」とも噂された・が、開幕戦でにまさかの7失点。 2試合でもがにされ、開幕2試合で20失点という幕開けとなった。 しかしその後すぐに5連勝し、は快調に滑り出す。 はの抜けた2番にが定着、4番のが不振に陥りに故障で離脱するが、が大きな成長を見せ、で4番に座ることに。 も、は開幕戦の7失点はだったと言わんばかりにその後は状態に突入、との助っ人も快調にを積み重ねる。 も建山の抜けたにが定着し、前年不調に苦しんだも全復活。 が 5試合連続負け(新記録)という的に見舞われたりもしたが、は順調に貯を増やしていく。 前にに首位を奪われるものの、でも貯8を積み上げてに追いすがり、には全にとの体勢に入った。 半ば、が足の折でほぼとなるというに見舞われるものの、すかさずを獲得してそのを埋め、前半戦はと同率首位でた。 との直接対決を多く残していた後半戦、はとのを戦に優先的にぶつける起用法で奪首を論むが、後半戦最初の直接対決3連戦で、・を立てたにもかかわらず3連敗。 以降、3差前後で首位に追いすがる展開になる。 崩壊はの終わりだった。 の田の退任に、のが狂い出す。 が機不全に陥り、も踏んりきれず、接戦を落とす試合が続く。 のが遠くなり始めると、は全にベーションを見失い、に田が正式に退任を表明すると、のような連敗に突入した。 下からはとが猛な追い上げを開始、10以上も引き離していた3位との差があっという間に詰まり、気が付けばのはか彼方、あ4位転落の可性が見えるところまで追い詰められる。 最終的にどうにか土俵際で踏んりは確保したものの、したには最終的に. 5差も離され、には最大26あった貯を7まですり減らすという苦しみの幕切れとなった。 でも、終盤の勢いのままに3位にが粉砕されあっさりと2連敗し万事休す。 にの退任決定でを逃した負のを繰り返す格好になってしまった。 、解説者のが新に就任。 がを行使しへ移籍。 スズが退団、とが戦外に。 との出戻り組を獲得した。 ではの単独名とされていたを強攻名して交渉権を獲得。 さらに5位では直前の対抗でを達成した、7位では選手のを名しを独占したが、結局には入団拒否された。 2012年(74勝59敗11分、優勝) 監督:栗山英樹 絶対的のが抜け、新は導者経験のということもあって、開幕前の前評判は低く、B予想が大半だった。 そんな中、はからあまり結果の出ていなかったを開幕に抜する。 優先の起用とのの中、はとの開幕戦を1失点投。 見事に起用に応え、は順調に滑り出した。 は4番のが開幕から大不振に陥ったが、開幕2番に起用されたが絶好調で打ちまくり々にを達成、を牽引。 は打撃好調でを押しのけて正の地位を確保した。 は、、らが長期離脱、が例によっての隔年での不調に戦線離脱もあったりしたが、がついにして級のングを見せ、や、と安定したローテーションを形成。 も・にのらが支え、はとの首位争いを繰り広げた。 以降はが失速し、代わりに浮上してきた・との争いへ突入。 がを落として落ち、にはが長期離脱、にはが戦線離脱するというもあったが、3年のがからローテ入りして好成績を挙げ、やコントされたもローテのを埋める。 ではが怒濤ので投げまくり、前年が打ち立てたのド記録を。 も後半戦は復活した。 野手では前半戦不振に喘ぎながらっと4番で起用され続けたが復調して4番らしい働きを見せ、またやらの若手が場以降台頭し、の不在をする働きを見せた。 混戦模様のの中では一、開幕直後以外一度も借生活を経験しないという安定した戦いを続け、一時に首位を奪われたが半ばには首位奪還。 そのまま切り、試合のかったにが敗れて3年ぶりのを決めた。 なお、を除いても首位である)。 はの2試合連発などにより3連勝でを破り突破。 とのは前回したと同じ顔合わせとなったが、第1戦と第5戦にしたがにされるなどして2勝4敗で敗れた。 、が挑戦を表明しし移籍。 他、が退団、らが戦外となった。 では挑戦を表明していたを強行名し、交渉の末入団にこぎ着けた。 2013年(64勝78敗2分、6位) 監督:栗山英樹 の移籍。 さらに年明けに挑戦を巡って更で揉めていたをと共にに。 、、の3人を獲得するという大トレードには、のみに留まらず各方面に衝撃を与えた。 ではと糸井の抜けたが大きくくことになる。 新人のが大いに注されたが、はに9連敗を喫して最下位に転落。 では13勝10敗1分けと勝ち越したが、は8勝13敗と負け越し。 には5位に浮上したが、そこから先へは浮上できず、下旬に再び最下位に転落。 そのまま閉幕まで最下位となり、以来12年ぶりの最下位となった。 の翌年に最下位は、ではの以来2回。 一方でがでの、が47でを獲得。 でのは、前身球団を含めて史上初の快挙となった。 中にと、にが退団、がしてへ移籍。 、などが戦外となった。 2014年(73勝68敗3分、3位) 監督:栗山英樹• 「名参謀」 一幸の復帰。 が史上初の「同一内での10勝と10」を記録。 とが相次いでを表明。 は、と示された後にを表明。 詳細は を参照 2015年(79勝62敗2分、2位) 監督:栗山英樹• の復帰。 が最多勝・最優秀・最高のを獲得。 がを獲得。 最後の、が。 詳細は を参照 2016年(87勝53敗3分、優勝・ 日本一) 監督:栗山英樹• が10勝4敗、. 史上初の「10勝、、20」を達成。 が現役を。 「のためにしろ」と書かれたがチに置かれ、10年ぶりのにまでいった。 が、が王、が最優秀を獲得。 詳細は を参照 2017年(60勝83敗0分、5位) 監督:栗山英樹• がにが持っていた球団記録の開幕戦から 4割以上の維持(46試合) をし、試合まで伸ばした。 しかしその後故障離脱。 の長期離脱や軸の不振などで場からはとの最下位争いに。 一時は移転後ではワーストとなる借33を記録したが、終盤で持ち直して5位となった。 にが移籍。 では7球団競合したを引き当てた。 詳細は を参照 2018年(74勝66敗3分、3位) 監督:栗山英樹• まではと首位争いを繰り広げたが、場から引き離され、に抜かれて3位に終わった。 にードが退団。 またを退団したを獲得。 詳細は を参照 2019年(65勝73敗5分、5位) 監督:栗山英樹• 不足対策に戦術を採用。 まで進行からに16勝6敗の快進撃で首位に0. 5差まで詰め寄るが、は一転して5勝20敗の記録的大失速。 最後はとの最下位争いの末5位に終わった。 が現役を。 詳細は を参照.

次の