楽天カード 解約。 楽天カードを解約した10個の理由!不正利用や強制退会のデメリット|フクポン

なぜ楽天カードが利用停止や強制解約に?理由と解除方法を徹底解説!

楽天カード 解約

日本で最も有名で人気のクレジットカード・楽天カードですが、その一方で、楽天カードを解約するなど、楽天にとって不利益な手続きをしようとすると、具体的な手続きの方法がわかりづらい、見つけにくいことでも有名です。 またあるいは、楽天カードに関する様々な手続きはWebページで簡単にできるのに、楽天カードの解約に限っては、電話でしか受け付けてくれない、しかもフリーコールではなく、有料の電話番号しか対応しないなど、ブラックな評判があることも事実です。 そこで今回は、楽天カードの解約方法をわかりやすく解説していきますね。 その前に、楽天カードの基本スペックをご紹介しておきます。 年会費:永年無料• 家族カード:永年無料• ETCカード年会費税別500円(ただし、楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員の場合、ETCカード年会費が無料)• 国際ブランドはVISA・JCB・MASTER・AMEXの4つから選択• 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)• ポイント還元率:1. 0%(カード利用100円につき1楽天ポイントが貯まる、ただし、楽天スーパーポイントアッププログラムにより最大43倍までアップ)• 電子マネーの対応:楽天Edy、楽天Pay、Apple Pay、Google Pay この記事に書いてあること• 注意点 まず、楽天カードを解約するにあたって、大前提として、「本当に解約する必要があるのか?」ということです。 上記の楽天カードのスペックにあるとおり、本カード、家族カードともに年会費は永年無料のクレジットカードで、基本ポイント還元率は1. 0%と高還元率で、楽天市場など楽天のサービスを利用し楽天カードで決済する場合は、さらにポイントが上積みされる、かなりお得なクレジットカードです。 ETCカードは別として、基本的に年会費が一切かからないクレジットカードですから、本当に解約する必要があるのかどうか?実際に解約する前に、よく考える必要があるということが、最大の注意点となります。 次に、楽天カードを解約するにあたって、必ず知っておかないとカード会員が不利益を被ってしまう点がありますので、ご紹介していきますね。 1,カードを作ったばかりの解約 まず1つ目は、 楽天カードを作ってまだ時間があまり経過していない人の場合、かなり注意が必要です。 楽天カードに限らず、クレジットカードを申込、入会審査に通過してクレジットカード発行となった場合、少なくとも半年はクレジットカードを保有し続ける必要があります。 というのも、クレジットカードを6ヶ月以内に解約してしまうと、各種信用情報機関に短期で解約した記録が残ってしまい、次回、他のクレジットカードや各種ローンを組む時に、この短期解約の記録が理由で、各種ローン審査に通過できなくなってしまう可能性があるためです。 もちろん、中には、クレジットカードを即解約しても他のローン審査に通過する人もいますが、信用情報や信用スコアに傷が付く可能性があることはしないに限ります。 2,Edyの残高 2つ目は、楽天カードは、クレジットカード、楽天ポイントカード、楽天Edyカードの3つのカードが1枚のクレジットカードにまとめられたカードとなっています。 クレジットカードは解約しても問題ないですし(リボ払い・分割払いなどの支払い残高がある場合は詳しく後述します)、楽天ポイントカード機能部分も楽天PointClubというスマホアプリを使うか、もしくは、他の楽天ポイントカードに貯めたポイントを移行すれば、楽天カード解約後も問題なく使えます。 問題は、楽天Edyカード機能部分です。 もし、楽天Edyに残高が残っている状態で楽天カードを解約してしまうと楽天Edy残高分が消失してしまいますので、十分ご注意ください。 また、楽天Edyの残高の払い戻しも不可となっています。 対策としては単純で、楽天カード解約前に、楽天Edyの残高をすべて使い切ってしまうことです。 幸い、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどでは、楽天Edyで支払おうとして不足額が発生した場合、不足分の金額を現金でたして支払うことが可能ですので、残高を使い切ることは意外と簡単ですよ。 3,カード払いになってるものを止める 3つ目は、楽天カードに限らず、一般的にクレジットカードの解約時でよく言われている注意事項ですが、水道光熱費、スマホ代、保険代など、楽天カードで毎月支払っているものに関して、各支払い先で事前に支払いの変更手続きをしておかないといけません。 それをやらないと、支払い不可で滞納となってしまい、これが続くと最悪、電気や水道などが止められてしまうなどといったことが有りえますので、十分に気をつけてくださいね。 楽天カードの解約方法 解約の流れ それでは、楽天カードの解約について、具体的な解約の流れをご紹介していきますね。 楽天カードは、カード会員の個人Webページである、楽天e-naviで様々な手続きが完結でき、楽天e-navi自体も大変見やすくスマホアプリもあり、スマホアプリの出来も良いため、この点はさすがIT企業だなと思う点です。 その一方で、楽天カードの解約に関しては、楽天e-naviでは手続きが不可となっており、コンタクトセンターと呼ばれる専用コールセンターの専用番号に電話してオペレーターに楽天カードの解約したい旨を伝えて手続きをしてもらうという方法となります。 しかも、20秒ごとに10円の電話代がかかる0570から始まるナビダイヤルとなっていて、さらに嫌な感じですが、併記してある092から始まる一般電話番号へ電話すれば大丈夫です。 特に、 スマホやケータイのかけ放題プランに加入している人は、092から始まる一般加入電話の方へ電話することをおすすめします。 あと、コンタクトセンターの人にしつこく解約をキャンセルしませんか?と粘られそうで嫌だと思う人が多いかもしれませんが、実際にコンタクトセンターに電話をしてみると、あっさりしたもので、事務的に解約の手続きが流れていきますので、この点は大丈夫かと思われます。 ただし、このコンタクトセンターというのが、非常に込み合っていて、なかなかつながらないため、解約の電話をかける際には、時間の余裕を持って電話をする必要があります。 また、平日の10時から11時、14時から15時までの間であれば、比較的空いているようなので、この時間帯を狙うのも一つの手です。 ちなみに、楽天銀行のキャッシュカードと楽天カードが一体化したクレジットカード・楽天銀行カードという楽天カードがありますが、楽天銀行カードの管理は、楽天銀行で行っていることから、解約時などの電話も楽天銀行へ電話する必要がありますので、ご注意ください。 ETC、家族カードの解約 また、ETCカードや家族カードといった付属のカードのみを解約したいという場合も、残念ながら、コンタクトセンターへの電話のみでの対応となっています。 ただし、ETCカードのみ、家族カードのみの解約の場合は、自動音声に従って操作・手続きをする形となっていますので、電話が混雑していて長時間待たされる、オペレーターの人と直接話をしなければいけないといった面倒な事は一切ないため、この点は安心できますね。 他楽天カードへの切り替えも解約が必要? 実は、楽天カードには、様々なバリエーションのクレジットカードがあります。 具体的には、• 楽天カード• 楽天PINKカード(女性向け、ただし男性でも作成可)• 楽天ANAマイレージクラブカード• 楽天カードアカデミー(学生向け)• 楽天銀行カード(楽天銀行のキャッシュカードと一体型)• アルペングループ楽天カード(スポーツ用品のアルペンとのコラボカード)• 楽天ゴールドカード(格安ゴールドカード)• 楽天プレミアムカード(一般ゴールドカード)• 楽天ブラックカード(一般的なプラチナカードの位置づけ) の9種類が2020年4月現在での楽天カードのラインナップです(法人向けの楽天コーポレートカードは楽天プレミアムカードのサブカードとしての扱い)。 楽天カードから上位カードを含む他の楽天カードへ変更したい場合は、PCの楽天e-naviやスマホの楽天カードアプリからの手続きのみで、簡単に変更が可能となっています。 ただし、上位カードへの切り替え・申込の場合は、新たに審査が発生しますので、審査落ちの場合は、上位カードの切り替えは不可となりますし、楽天銀行カードへの変更も楽天銀行の普通預金口座を持っていない人の場合、預金口座の開設とセットとなりますので、多少の時間が必要となります。 逆に、楽天銀行カードから楽天カードへの切り替えは、楽天銀行カードを一旦解約し、楽天カードを新規で申込むという形となるため、面倒な手続きが必要となります(審査落ちした場合は、いずれの楽天カードも失ってしまうというリスクもあります)。 また、アルペングループ楽天カードは、最も新しい楽天カードですが、このクレジットカードは、同じ外部の会社とのコラボカードでも、楽天ANAマイレージクラブカードと大きく異なる点があります。 楽天ANAマイレージクラブカードも含む楽天カードは、基本的に、一人一枚しか所有できないルールとなっていますが、アルペングループ楽天カードに限り、他の楽天カードとの2枚持ちが可能となっています。 アルペングループ楽天カードについては、アルペンポイント(最大5. 0%還元)と楽天ポイント(クレジットカード利用で1. 0%、さらに楽天ポイントカード提示で別途0. 5%還元)の2重取り(合計最大6. 5%還元)が可能ですので、楽天ポイントを貯めていて、かつアルペングループの店舗でよく買い物をするという人には、とてもおすすめですよ。 ちなみに、アルペングループ楽天カードは、他の一般カードの楽天カードと同じく、家族カードも含めて年会費は永年無料、楽天ポイントカード、楽天Edyカードの機能も入っており楽天カードと全く同じカードスペックですが、異なる点としては、国際ブランドがMASTERのみとなっており、一般カードの楽天カードで選択可能なVISA・JCB・AMEXの国際ブランドは選択できません。 利用料金が残ってる場合でも解約できる? あと、楽天カードを解約する際に気になる点として、分割払いやリボ払いの残高が残っている状態で解約すると、残金を一括請求されてしまうのでは?と心配になる人が多いのではないでしょうか。 分割払いやリボ払いの支払い残高がある場合でも、楽天カード解約後も、完済までこれまで通りの請求となりますので、大丈夫ですよ。 まとめ 今回は、楽天カードの解約方法について、詳しくご紹介しました。 楽天カードの解約手続きが、コンタクトセンターへの電話での手続きのみで、オペレーターの人との直接会話による手続きのみという点が、最も面倒くさい点です。 しかも、ほとんどの時間帯で、コンタクトセンターの電話は込み合っており、長い時間待たされる点も楽天カードのデメリットの一つとなっています。 しかしながら、前述のとおり、楽天カードを保有し続けても上位カード以外の一般カードにおいては、年会費はかかりませんし、これといった不利益を被ることもなく、楽天市場をはじめ各種楽天のサービスでお得となるクレジットカードですから、特段の事情がない限り、解約せず持ち続けることをおすすめします。 ただし、楽天カードは、他のクレジットカードと異なり、半年に一回程度の高頻度で、途上与信の審査をかけていますので、ある日突然楽天カードが使えなくなった、急に強制解約されてしまったということが起こりえますので、ご注意ください。 とはいえ、クレジットカードを利用し、きちんと期日にクレジットカード利用料を支払えば、強制解約されることはありませんので、普通に楽天カードを使う分には、全く心配はありませんよ。

次の

楽天カードと楽天銀行カードの解約方法と注意点を解説!

楽天カード 解約

電話が繋がりにくいのでサクッとネットで解約出来れば良いのですが、残念ながら電話での手続きが必要です。 解約受付番号はカード裏面に記載されています。 9:30~17:30が受付時間となっています。 解約が必要無い場合もある! 解約をしたい理由は人によって様々あると思います。 ただ単に「使わないから解約をしたい!」という以外なら、もしかしたら理由によっては解約の必要が無い場合もあります。 考えられる解約理由と解約が必要かどうかを解説しましたので確認しておきましょう。 カード解約が必要な場合 以下の理由だと解約が必要です。 ゴールド・プレミアムなどへの切り替え• 国際ブランド・デザインの切り替え カードランクの切り替え 現在楽天カードを保有していて、例えば楽天ゴールドカードに切り替えたいという場合は、解約をしなくても切り替えの対応をしてもらえます。 ただし国際ブランドの変更は切り替え対応は不可で一度解約をする必要があります。 解約後、2~3営業日後に新規で申し込みましょう。 国際ブランド・デザインの切り替え 国際ブランドとはVISA、Mastercard、JCB、アメックスなどのカード右下にロゴが入っているブランドの事です。 例えばVISAからJCBへ変更したい場合は、切り替えとはならず、新しいカードの発行となりますので古いカードは解約が必要です。 解約後に希望の国際ブランドを選択して再申し込みをする形になります。 またデザインの変更も新しいカードの発行になりますので一旦解約をして再申込をする必要があります。 再審査が必ず通るとは限らない 再申し込みになるので新たに審査通過する必要があります。 これまでカードを使っていたのだから普通に通ると思って良いですが、直近1年以内の利用状況に問題が有ったりした場合、最悪審査落ちも全然あり得ますので要注意です。 もし心配なら解約は見送った方が良いかもしれませんね。 国際ブランドが変わると審査の厳しさなどは変わる? 発行会社は楽天カードなので楽天カードが審査をします。 よって国際ブランドが変わって審査難易度が変わる事はありません。 カード解約が必要無い場合 以下の理由は本カードの解約は必要ありません。 家族カードのみの解約• ETCカードのみの解約 家族カード、ETCカードなどの追加カードを解約するなら本カードの解約までする必要はありません。 家族カード、ETCカードのみを解約したい旨を伝えればOKです。 ちなみに家族カードは年会費無料なので使わずに置いておいても害はありません。 しかし楽天ETCカードは楽天ポイント会員ランクによっては年会費が発生してきますので、年会費が発生していて使わないなら解約した方が良いですね! 楽天カード解約時の注意点 解約をするとポイントカードが使えなくなったり、電子マネー残高などが失効しますので注意が必要です。 またクレジットカードを解約するとクレヒスに記録が残ります。 これはキズが付くわけではないので別に問題がありませんが、解約の仕方によっては今後の審査に影響が出る事もあるので注意が必要です。 解約時の注意点を解説しましたのでチェックしておきましょう。 短期間での解約は今後の審査に影響する もし楽天カードを作ったばかりなのに解約をしようとしているならあまりおすすめしません。 短期間でクレジットカードの解約をしていると今後別のクレジットカード審査の時に不利になる可能性があるからです。 なぜならクレジットカードの申込や解約はクレヒスに記録されますので、クレヒスを見れば短期間で解約をしている事が把握できるからです。 短期間の解約は「入会特典目的」や「信用できない人」という印象を持たれてしまうので審査に良い影響を与える事はないのです。 せっかく発行したのにすぐに解約するなんて、クレジットカード会社としては信用したいとは思いませんよね。 入会特典だけを獲得されるのもクレジットカード会社としてはマイナスです。 とにかく短期間で解約をされるとクレジットカード会社はマイナスしかないので、過去に短期間解約をしている人は避けようとするんですね。 楽天Edyの残高は払い戻しが出来ない 楽天Edy一体型のカードの場合、もし楽天Edy残高が残っている状態で解約をしてしまうと残高は消滅してしまいます。 後から気づいても返金はされませんので注意が必要です。 解約前に使い切ってしまいましょう。 楽天ポイントカードが使えなくなる 比較的最近に発行された楽天カードは、楽天ポイントカード機能が一体化したカードとなっています。 その場合解約をした時点でポイントカード機能が使えなくなりますので新しいポイントカードを作っておく必要があります。 楽天ポイントやマイルはどうなるの? 楽天カードを解約しても、楽天ポイント会員のIDは残るのでポイントはそのまま残ります。 楽天会員を退会または有効期限が切れない限りポイントは残るので大丈夫ですよ。 楽天ANAマイレージクラブカードでANAマイルを貯めていた場合、解約をすると使っていたANAマイレージクラブのお客様番号は無効となり使えなくなります。 ただし貯めてたマイルが失効するわけでは無いので、別のマイレージ番号と統合する事で利用が可能です。 もらえる予定だったカード利用分のポイントはどうなる? 解約前に利用している分なので付与されます。 ポイントカード機能はスマホのアプリでも使えますので、解約でポイントカードが無くなるならアプリを取っておけば全然問題無いですね。 年会費発生のタイミングに注意 普通カードの場合は年会費が無料ですが、ゴールド、プレミアムは年会費が発生しますので更新になる1ヵ月前までに解約通知が必要です。 普通カードの場合はETCカードは年会費がありますので、ETCカード入会月の1ヵ月前までに通知しましょう。 もし解約と同時に楽天e-NAVIまで解除してしまうと、火鴉壺の明細を見たいと思った時に再登録をしなければならなくなります。 再登録は解約した楽天カードが手元に無ければ出来なかったりしますのでちょっとメンドクサイです。 解約後も楽天e-NAVIは無料で使えますのでそのまま置いておきましょう。 利用残高が残っていると解約は出来ない! 解約が出来るのは未払い残高が無い状態となります。 まだ支払日が来ていない時や、リボ利用で残高が残っている場合は完済後の解約となります。 解約前に支払い方法の変更をしておこう 公共料金や携帯電話料金などを楽天カード払いに設定をしている場合、支払方法を忘れずに変更しておかなければそのまま忘れてしまって延滞扱いになってしまう事が考えられます。 携帯電話料金の場合、未納のまま一定期間が過ぎると電話が止まってしまうのでかなり恥ずかしいです。 料金の未払いは延滞損害金を取られる事もありえるのでしっかりと変更しておきましょう。 楽天カード解約の手順 解約の手順を解説します。 手順と言ってもわざわざ書くほどの事も無くて、電話一本でとても簡単に出来ます。 電話をして自動音声に従って操作すると、オペレーターに繋がりますので迷うことなく進めていけますよ。 ひと昔前は自動音声のみで解約が出来たようですが、現在はオペレーターと直接のやり取りが必要です。 よってコールセンターの混雑具合によってはかなり時間がかかってしまう事が予想されます。 ちなみにフリーダイヤルがありませんので通話料が発生します。 あまりにも待たされると通話料が高く付いてしまいます。 電話の混雑を避けるには 楽天ではコールセンターの混雑状況がわかる混雑予想カレンダーがありますので、空いている時間を見て電話をすればスムーズにいくと思います。 楽天クレジットカード公式サイトの「お電話でのお問い合わせ」のページから見る事が出来ます。 画像出典:楽天カード公式サイト 上手く電話がつながれば10分程度で完了します。 朝一や昼休みは避けて、15~16時以降が繋がりやすいようです。 楽天カード解約受付番号(どちらも通話料有料です)• 0570-66-6910(9:30~17:30)• 092-474-6287(9:30~17:30) オペレーターに必ず聞かれる事 オペレーターに解約の旨を伝えると、おそらく「解約の理由」を聞かれる事と思います。 「利用しなくなったから」以外の理由で、もし解約の必要が無い場合だったとしたら、的確なアドバイスが受けられるかもしれないので正直に理由を伝えるようにしましょう。 解約証明書の発行も可能 解約証明書が欲しい場合はオペレーターにその旨を伝えましょう。 ハガキタイプで普通郵便にて2週間程度で送って貰えます。 本当に解約は必要なのか! 楽天カードは年会費が一切かからないクレジットカードなので、持っていても特に害はありません。 そのまま保有しておいても問題がないですよ! 楽天グループは様々なサービスを展開していて、楽天グループでの利用でかなり高還元率なカードですし、最近は楽天ポイント提携店になっているお店もかなり増えてきたので便利になってきています。 どこで使っても還元率1%以上なのは中々素晴らしですよ!普通のクレジットカードの還元率が0. 解約後におすすめのクレジットカード 楽天カード解約後のクレジットカードはもう決まっていますか? 楽天カードは通常時でも還元率1%の高還元率カードです。 クレジットカードの還元率は0. それと、楽天カードは以前はnanacoチャージでポイントを稼げるクレジットカードでしたが、現在はポイント付与が無くなってしまいました。 それで解約を検討している方も少なからずいらっしゃると思います。 年会費無料、還元率1%以上で、なおかつnanacoチャージポイントが稼げるクレジットカードを紹介します。 リクルートカード リクルートカードは年会費無料でポイント還元率が年会費無料カードの中では最強の1. しかもnanaco、楽天Edyチャージでも1. リクルートカードの詳細や入会キャンペーン最新情報はこちらの記事をご覧ください。 まとめ 楽天カードの解約方法や注意点について解説しました。 楽天カードはゴールドやプレミアムじゃなければ年会費は無料なので解約しずに置いておいても害はありませんので、出来れば持っておくことがおすすめです。 解約は理由によっては解約の必要が無い場合もあります。 家族カード、ETCカードの解約がしたい場合は本カードまで解約をする必要はありません。 デザイン変更、国際ブランド変更、カードランクの変更などはいったん解約をして再申し込みをする必要があります。 これらは再発行とは異なり、まったく新しいカードを作るのと同じなので再審査となります。 解約の際は以下の点に注意しましょう。 短期間での解約はクレヒスに影響する• 楽天Edyの残高が消失する• 楽天ポイントカード機能が使えなくなる• 楽天e-NAVIを解除すると利用履歴が見れなくなる• 年会費発生のタイミングに注意する 特に注意したいのは短期間での解約です。 これは今後別のクレジットカードを作る際に影響しかねませんので出来れば避けましょう。 ちなみに利用残高が残っていると解約は出来ません。 完済してからの解約となります。 解約前に支払い設定をしている料金の支払い方法を変更しておこう! 支払い設定している料金があるなら、変更をしておかないと最悪延滞してしまう事になりかねませんので、出来れば解約前に行っておくと良いですよ! 楽天カードの解約はネットだけでは出来なくて、電話をしてオペレーターに手続きをしてもらわなければなりません。 電話が込み合うので、混雑予想カレンダーを活用すると空いている時間を知る事が出来てスムーズに進められます。 電話は通話料が有料なので出来るだけ早く終わらせるためにも空いている時間を狙っていくと良いですよ! カテゴリー• 304•

次の

楽天カードの解約手続きと4つの注意点

楽天カード 解約

楽天カードを解約する場合、事前に確認すべき注意点がいくつかあります。 特に公共料金の支払いで楽天カードを使っているなどの未納リスクもあるので要注意です。 今回、楽天カードの解約方法と注意点と分かりやすく解説します。 楽天カードコンタクトセンターに電話で完了 楽天カードはオンラインでの解約ができないので、解約するときはコンタクトセンターに電話をする必要があります。 わざわざ電話をしないといけないので「面倒だな」と思う人もいるかもしれませんが、コンタクトセンターに電話をすると、解約時の注意点について再確認してくれますので逆に安心かもしれません。 コンタクトセンターの電話番号は以下のとおりです。 楽天カードでは問い合わせ内容別で、電話番号が違いますので注意しましょう。 また、楽天カードの解約に関する連絡先は、以下の方法で検索できます。 楽天カードを解約をする前の注意点• 公共料金などの支払い変更手続きは済ませたか?• カードにEdyポイントは貯まっていないか?• 家族カードやETCカードは利用していないか? 公共料金などの変更は完了しているか 解約予定の楽天カードで、光熱費や通信費などを支払っている場合は特に注意しましょう。 カードを解約してしまうと引き落としができなくなり料金未納状態になります。 解約前に新しいクレジットカードで変更手続きが必要です。 オンラインで出来るなら簡単ですが、支払い先によっては郵送など手続きに1ヶ月程度かかる場合があります。 たとえば、東京電力でクレジットカード変更手続きをした場合、郵送なら専用用紙の発送に1週間程度必要です。 さらに、新しいクレジットカードが支払いに使用できなかったり、なんらかの原因で「登録変更ができない」ケースも考えられます。 いずれにしても、楽天カードを解約する場合は、解約前に支払い情報を変更しておくことをおすすめします。 楽天Edyオートチャージ設定解除方法• 楽天Edyボタンをタッチ• Edyオートチャージ解除ボタンをタッチ• 説明を確認しOKをタッチ• Famiポートのバーコードリーダー部分に楽天カードをかざす• 楽天カードの解約でポイントはどうなる? 楽天カードを解約すると楽天Edyの残高は消滅してしまいますが、楽天ポイントは楽天会員である限り消えません。 楽天ポイントは楽天カードに紐づくものではなく、楽天会員の特典として付与されるものです。 楽天カードを解約してもポイントは使えますので、引き続き楽天市場や楽天グループのサービスで利用可能です。 リボ残高はどうなる? 楽天カードの利用実績があり未払い残高がある、または リボ残高がある場合は「完済してからの解約完了」となります。 ただ、リボ払いをしている場合は解約を申し出ても 一括返済を要求されることはなく、リボ残高は引き続きリボルビング払いをしていけば大丈夫です。 楽天ANAマイレージクラブカードを解約するとマイルは? 楽天ANAマイレージクラブカードを使っている人のなかには「楽天カードの解約でマイルが消えてしまうのは避けたい」と思う人も多いと思います。 結論から言うと、楽天ANAマイレージクラブカードで貯めたマイルは事前に手続きをしておけば消滅はしません。 楽天ANAマイレージクラブカードの券面に記載されている「ANAマイレージクラブお客様番号」は、解約と同時に無効になります。 ただ、事前に別のANAマイレージクラブお客様番号にマイルを統合しておけば、貯めたマイルは引き続き利用可能です。 カード券面に記載のANAマイレージクラブお客様番号は、楽天ANAマイレージクラブカードの解約に伴い自動的に無効となりますが、貯まっているマイルは別のANAマイレージクラブお客様番号でご利用いただけます。 引用: 以上、楽天カードの解約方法と注意点のまとめでした。 このサイトはリンクフリーです。 リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。 ありがとうございます。 (参照:) このコラムにおすすめのカード 楽天カード.

次の