機械 エルフ。 【シャドバ】【議論】自然エルフって何すんの?絶対自然エルフより機械エルフが強いじゃんwww

機械エルフ(ナーフ後)

機械 エルフ

デッキの特徴 機械ギミックを利用した盤面制圧 によるコストダウンから一斉展開、よる疾走&AOEで勝つデッキです。 低コストのカードが多いので事故が起きにくく、かつ盤面を作る力の強いデッキです。 ナーフの影響 ナーフによりとが弱体化しましたが、十分戦えるデッキとなっています。 は依然と比べてかなり使いづらくなったカードなので、といった別のリソースカードに変えるのもアリです。 爆発力を重視してを採用するタイプもあります。 サンプルデッキ カード コスト 枚数 1 3 1 3 1 1 2 3 2 3 2 3 2 3 2 3 2 3 3 3 3 3 4 3 6 3 7 3 キーカードと詳細 カード 詳細 条件を満たすことで疾走しながらリーダーを含め全体にダメージを与えることができます。 自然と機械を融合させ、サーチカードのコストダウンを狙いながらリソースを補充します。 コストダウンした機械フォロワーを並べてで勝つ、というプランの要です。 このカードをいかに活用するかが重要となります。 で使い回してコストダウン&プレイ回数減少、やに添える、と合わせてとりあえず2コス1ドローしてみる…と用途は様々です。 4ターン目の動きとして強力なのでキープします。 と確定サーチなので、の両タイプ融合の条件を満たすことができます。 後続を意識しながら、マナカーブを外さないようにマリガンします。 状況に応じてキープ カード 詳細 フィニッシャーとして手札が整っているor後手の場合キープします。 被った場合でも融合することで活かせます。 効果が起動しない、相手の盤面にフォロワーが出なかった場合は温存しての融合で両タイプ条件を満たすために使えます。 2面~3面取りが狙えるので、後攻ではキープしたいです。 を意識したマリガンを行います。 序盤の立ち回り テンポ維持しながら後続を準備 はラストワードによって最低コストの機械をサーチするので、序盤に出しておきたいカードです。 orのどちらかをサーチですが、どちらも場面に合わせて使えばアドバンテージを取ることができる優秀なカードです。 ワンダーコックを出しておく とを確定サーチすることができるので、こちらも早めに出しておきたいです。 中盤の立ち回り 鉄扇のエルフに進化 はファンファーレで1枚、進化で1枚機械カードをサーチしながらそのコストを1下げます。 複数面の処理に追われていなければ進化を切ってサーチ&コストダウンを狙いましょう。 がサーチに引っかかれば6ターン目にプレイすることができるので、相手より先にをプレイすることができます。 メイを駆使した除去 やを駆使してプレイ回数を稼ぐことで、による除去も行えます。 着地までの盤面もしっかり維持していきましょう。 終盤の立ち回り 自然機械を融合させる 両タイプを融合させたをプレイし、リソース補充&カードのコストダウンを狙っていきます。 融合はすればするだけお得なので、プレイの前に使う予定の無いカードを全て融合してしまいましょう。 ファンファーレの除去能力も融合の枚数によって決まるので、意識しておきましょう。 ダミアンでとどめ によってのコストが下がれば、5面並べた疾走も手軽に行えます。 その他の構築 生成コスト デッキコード シャドウバース主要記事.

次の

【シャドバ】機械エルフで28連勝のデッキレシピ!機械エルフが実は非常に強かったことが判明?!デッキコードあり!

機械 エルフ

48 自然エルフなんかつかうなら自然ネクロつかうはw• カテゴリー• 1,409• 793• 170• 116• 1,596• 357• 132• 262• 4,709• 124• 2,453• 299• 269• 352• 375• 276• 478• 296• 150• 298• 243• 149• 194• 117• おすすめサイト.

次の

【シャドバ】環境トップ!機械エルフ【WUPローテーション/デッキコード付き】

機械 エルフ

疾走とAOEを兼ね備える機械エルフ待望のフィニッシャー。 ナーフによって単体使用が厳しくなったが、神からのOTKルートは健在。 ごっそりドローした機械のコストを下げ、ついでに盤面の大型も除去できるキーカード。 5T6Tに投げられなくなったものの依然強力。 2本の剣で3回斬る除去の要。 ネレイアやクオンを返したり、神の着地隙をカバーする、ダミアンを阻む守護をどかすなど役割は多い。 ナーフされた元やべーやつ。 手札に機械を補充し、進化すれば攻撃力7を押し付けることが出来る。 リノ回収のイメージが強いが、このデッキでは主にデュアルエンジェルやミノムシ、場合によってはダミアンを回収し、さらにドローもする。 貴重な守護なので使い所は重要。 序盤から盤面に2点を飛ばす鬼畜天使。 神の融合素材としての役割も重要なので進化時効果も駆使し、手札の自然カードは絶やさないようにしたい。 ラスワでミノムシかカブトをサーチしてきてくれる縁の下の力持ち。 序盤に積極的にプレイしていきたい。 盤面の機械が多いほど強くなる除去持ちで、後4での二面処理に役立つ。 やや重く、神で引いても0コスにならないのがネック。 ダミアン、マシンクロー、番人との相性が良く、常に握っておきたい1枚。 運用はコンボ前提となり、ブーメランでサーチも効くので3積み必須ではない。 序盤の盤面戦で非常に強い1コスト。 攻撃力1を無限に倒せ、即座に2点除去としても扱える。 増殖効果を活かすには一工夫必要。 ウィッチ相手に非常に重要となる他、神後は0コスで顔を詰められる。 リペアモードを融合素材として利用できる。 盤面状況に依存しない2コスが案外少ないので使いやすい。 何としても神からダミアンを引きたいので、10枚程度採用した方が良い。 融合素材にはならないので積極的にプレイしていく。 神とデュアルエンジェルを確定サーチできる。 3Tに出すよりかは5Tにサーチしたデュアエンと合わせてプレイし、隙を潰したい。 盤面の機械をコピーできる。 4Tのカブト絵描きカブトの制圧力はなかなかのもの。 コメント欄から。 残った小型をバフして一気にリーサルまで持っていける。 特にアグロプランで活躍する。 シヴァと選択。 進化時効果で協力な除去が行える。 クリフトに任せっきりだった複数除去が行え、中型のポン置きにも対処できる。 ドローもあり手札枚数も維持しやすい。 機械エルフかつてのエースカード。 顔を詰めつつ守護をどかしてダミアンを走らせるムーブは悪くはないがどうにも重い。 このデッキでは機械の破壊数がそれほど稼げる訳では無いのであまりダメージは出ない。 本体はマシンランスと相性がよく、こいつを含めたマシンランスの使い回しがかつての機械エルフの勝ち筋だった。 いつもの。 神のための手札枚数を維持できる。 ダミアンを出来るだけデッキに残したいので、使いづらいときがある。 定番カードだが、このデッキでは機械の破壊数は問題にならず、神との相性も今一つなので優先度は低い。 鉄板と同じ効果だが、自身は機械ではない。 やや重い。 ミノムシが弾として使いやすい。 除去が足りないと感じたら。 ドローもユニバも取り回しが良く、柔軟に対応できる。 スタッツの低さが難点。

次の