サタン わくわく。 わくわくぷよぷよダンジョン

【モンスト】サタン(獣神化)の評価と適正のわくわくの実!|ゲームエイト

サタン わくわく

主人公・・を操作し、ダンジョンをすべてクリアし、【すっごい魔法のアイテム】を手に入れるのが目的。 作品内容としてはローグライクゲームで、敵み方含めキャラクターは及びシリーズに登場してきたキャラクターである。 因みに、今作で敵として登場するは、公式による新ぷよデザインの公募で採用されたキャラクターである。 セガサターン版『 わくわくぷよぷよダンジョン』は1998年4月2日発売。 プレイステーション版は『 わくぷよダンジョン決定盤』にタイトルが変わり、1999年3月18日発売している。 なお、プレイステーション版はプレミアがついて価格が高騰しており、入手はそれなりに困難である。 なお、タグは で利用されている場合が多い。 で先生によるコミカライズが行われた。 単行本は全3巻。 シリーズのゲストキャラとしてがアルルと行動を共にする。 またサタンの部下としてオリジナルキャラクター「ラスプ」が登場する。 主人公の能力 アルル・シェゾ・ルルーの3人で操作ができるが、能力には大きな違いがある。 また、この作品には体重計・エッチな本などの性別によって罠になるならないが変わるものがある。 の場合 良い点 魔力が多く、燃費がいい為敵の弱点をついて攻撃がしやすい。 豊富な属性遠距離攻撃や範囲攻撃を持つ他、「スピードダウン アップ 」や最早代名詞でもある魅了魔法「ばよえ~ん」は彼女の専売特許。 また、カーバンクルが生存している状態でサタンに挑むと… 悪い点 HPが低く打たれ弱い上、打撃攻撃の攻撃力もいささか心許無い。 また、カーバンクルがいるため、カレーの所持が必要。 壁破壊攻撃「ジュゲム」の取得が他のキャラクターに比べて非常に困難な上、終盤にしか手に入らない が、その代わり非常に強力な上燃費が意外と良い。 唯一無敵技を習得しない 魔法無敵の「リバイア」は習得する…がこれも敵に使われると非常に厄介なのも彼女の難点の一つ サポートキャラクター。 ただし自分から攻撃はしない。 アルルの一切の魔法に対して無敵。 使い方さえ知ってれば大変心強い味方に。 でもついつい何処かに行っちゃうのはご愛嬌。 はらぺこ時にそこら辺のアイテムを食べちゃうのもご愛嬌 の場合 良い点 バランスが良く、序盤ではミノのおかげでかなりサクサク進める。 更に、何かと便利な「眠りの舞」をイベントで習得出来るのは大変心強い。 魔法無効化「リバイア」の悪影響を全く受けない。 壁破壊能力技にして彼女の代名詞「破岩掌」の使い勝手が良い 悪い点 魔法攻撃にとても弱い。 また、遠距離や複数攻撃が苦手。 MPも決して高い訳じゃないので奥義を安々と連打出来ない。 唯一復活特技を持たない。 サポートキャラクター。 敵を追いかけ攻撃する行動型。 草が好き。 中盤になると本当に役に立たn… 補足 SS版での「雷神拳」はPS版では「雷神脚」に名称が変更されて見た目通りの技名に。 PS版にて唯一新技「外気功」が追加された。 の場合 良い点 力も魔力も高いアルルとは真逆のタイプ。 使える技も広範囲&高威力。 また、セリリと戦わずに進むことが可能。 アイテム無しで闇攻撃が出来る唯一のキャラクター 斬攻撃はルルーも覚える。 後ミノ。 唯一壁破壊技「アレイアード」を最初から習得している上、実はこれ物理攻撃扱い。 更に上位の「アレイアードスペシャル」は何とフロア全体攻撃。 本作の中心人物と言う点もファンには魅力 悪い点 燃費がとにかく悪くすぐに魔力切れを起こす。 そしてお供がいない。 ぼっちでしかも運が低い。 唯一光攻撃がアイテム依存 まぁ設定を考えると当然っちゃ当然。 オープニングムービーが追加。 新ダンジョン『バトルキャッスル』追加、ボスキャラクターやイベントも追加された。 ダンジョンの構造が変化 一番最初のぷよぷよダンジョンも5階層構成に変更。 5階毎にフロア構造・背景・BGMが変化するようになり、新背景・新BGMも追加。 ホラーハウス・ワンダージャングルが全10階層に。 新アイテム・イベント・モンスター・ボス・ワナ等が追加 捜し求めたあの本も… 、既存のものにも変更あり。 ブラックキキーモラが中ボスに昇格、戦闘ボイスと必殺技も追加。 友好モンスターハウスや宝物庫などの特殊部屋、特定モンスターのみ出現の特殊フロア コレに関しては、SS版にも部分的に実装されていた 等が出るようになった。 通常フロアにアイテム入りの宝箱が出るようになった。 ただし定番の擬態モンスター(ミミック)もまぎれている。 アイテムや魔法陣を識別したとき、同じものならその冒険中は全て識別されるよう(トルネコ系と同様)になった。 識別能力などの習得条件が変わった上、難易度も超激化。 消費MPも大幅増加。 サポート技にも技レベルが追加された。 ゲームバランスに支障を来たすバグを解消。 等々…結構色々変わっているので、セガサターン版をやり込んだ人でも楽しめると思われる。 しかし、BGM系は好評だったものが差し替えられる等、少々不評が目立つようである。 (BGMそのものの評価はPS版も好評で、あくまで変更された部分が不評の模様) もう一つ問題点としては、ランキングシステムにテコ入れがされておらず、簡単に高得点を叩きだせる部分だろうか。

次の

【モンスト】サタン(獣神化)の最新評価!適正神殿とわくわくの実

サタン わくわく

わくぷよのいろんなこと リフレッシュの魔法陣 リフレッシュの魔法陣の効果:自分とパートナー(いれば)のHPとMPが全回復&状態変化が 全部消える。 全部ってのは、悪い状態変化だけじゃなくて、魔導水晶やリザレクティアで復活できるようになっているなどいい状態変化も消えてしまうということなので、気をつけてくださいね。 サタンさま再び あるところで1度だけ出現し戦うことになるサタンさま、実はそのサタンさまが出現するところで「モンスターの巻物」を読むと、サタンさまが3〜4人出てくるので、何度でも戦うことができる。 しかもサタンさま1人につき20000expと10000G前後もらえるので、ぜひお試しあれ。 これはSS版のみです。 識別 わくぷよをはじめたころの悩み。 その識別能力はショップで合計500G以上の買い物をすると身につけることができるようである。 でも最初は識別に失敗してMPが減りまくるので、仙人酒をたくさん持って識別の訓練(識別しまくって識別レベルを上げる)をするのがよろしいかと。 ワナ ワナの能力は、わなにハマったらそのワナを外す、ということを繰り返しているうちに上がっていく。 すると、強力なアイテムができる。 すぐに話しかけてみるとそれでも腹が減ったというので今度は大盛カレーライスを投げてやったが、ミノは満足しない。 何よもうこれしかないじゃないのとただの草を投げてやると、満足げにウモーッとミノ。 ミノってカレー嫌いなの? ・・・あ、分かったわ。 これはビーフカレーなのね(ウソ)。 うぉー何の役にもたたないぢゃないか〜と思っていたら、10000Gで売れた。 なんだかなぁ。 「ただの指輪(EX)」というのも10000Gで売れるんだけど・・・こういう高価で役に立たないアイテムは金化のステッキで金化するのがいいです。 PS版では「高価な〜」という名前になって、12500Gで売れます。 レベルEXになっても合成できたりします。 敵が落とすアイテム 敵を倒すとときどきアイテムを落とすことがあるけど、一部の敵は特定のアイテムをよく落とす。 現在わかっているところでは、 サムライモール・・・もぐら草 ブラックキキーモラ・・・ワナをたくさん作る巻物 メデューサ、ラミアなど・・・りんご スキュラ・・・いろんな草 ゾンビ・・・くされカレーライス。 あ、ちょっとカーくん、どこ行くの。 見ると、腹減ったカーくんはそのへんに落ちてる草を勝手に食べているのでありました。 続・腹減ったカーくん カーくんに食べ物をあげるとき、投げるとはずれる場合があるから、空腹状態のときは食べ物を床に置くようにする。 カーくんはその食べ物を勝手に食べに行くので、これなら確実に食べ物をあげることができる。 投げるとはずれる、というのは投げても「ミス!」と表示されるということで、このときカーくんは腹痛でものが食べられない状態になっている。 続・敵が落とすアイテム 実は、敵が落とすアイテムというのはそれぞれ決まっているらしい。 今調べてます。 ふふふの合成 ふふふにアイテムを合成してもらうのにかかる料金は、合成してできるアイテムの価格の10倍。 おもいっきりボッタクリ。 変化の指輪(EX)を合成に使うとできる指輪がランダムに決まるが、このとき合成価格はスロットのようにころころ変化する。 止めたところで表示されている金額と請求される金額がまた違うので注意。

次の

【獣神化ユグドラシル艦隊】「加撃全盛り」で直殴りとSSを超絶強化してパラドクスをボコボコにしてきた【サタンの部屋】【モンスト】【轟絶】【わくわくの実】

サタン わくわく

主人公・・を操作し、ダンジョンをすべてクリアし、【すっごい魔法のアイテム】を手に入れるのが目的。 作品内容としてはローグライクゲームで、敵み方含めキャラクターは及びシリーズに登場してきたキャラクターである。 因みに、今作で敵として登場するは、公式による新ぷよデザインの公募で採用されたキャラクターである。 セガサターン版『 わくわくぷよぷよダンジョン』は1998年4月2日発売。 プレイステーション版は『 わくぷよダンジョン決定盤』にタイトルが変わり、1999年3月18日発売している。 なお、プレイステーション版はプレミアがついて価格が高騰しており、入手はそれなりに困難である。 なお、タグは で利用されている場合が多い。 で先生によるコミカライズが行われた。 単行本は全3巻。 シリーズのゲストキャラとしてがアルルと行動を共にする。 またサタンの部下としてオリジナルキャラクター「ラスプ」が登場する。 主人公の能力 アルル・シェゾ・ルルーの3人で操作ができるが、能力には大きな違いがある。 また、この作品には体重計・エッチな本などの性別によって罠になるならないが変わるものがある。 の場合 良い点 魔力が多く、燃費がいい為敵の弱点をついて攻撃がしやすい。 豊富な属性遠距離攻撃や範囲攻撃を持つ他、「スピードダウン アップ 」や最早代名詞でもある魅了魔法「ばよえ~ん」は彼女の専売特許。 また、カーバンクルが生存している状態でサタンに挑むと… 悪い点 HPが低く打たれ弱い上、打撃攻撃の攻撃力もいささか心許無い。 また、カーバンクルがいるため、カレーの所持が必要。 壁破壊攻撃「ジュゲム」の取得が他のキャラクターに比べて非常に困難な上、終盤にしか手に入らない が、その代わり非常に強力な上燃費が意外と良い。 唯一無敵技を習得しない 魔法無敵の「リバイア」は習得する…がこれも敵に使われると非常に厄介なのも彼女の難点の一つ サポートキャラクター。 ただし自分から攻撃はしない。 アルルの一切の魔法に対して無敵。 使い方さえ知ってれば大変心強い味方に。 でもついつい何処かに行っちゃうのはご愛嬌。 はらぺこ時にそこら辺のアイテムを食べちゃうのもご愛嬌 の場合 良い点 バランスが良く、序盤ではミノのおかげでかなりサクサク進める。 更に、何かと便利な「眠りの舞」をイベントで習得出来るのは大変心強い。 魔法無効化「リバイア」の悪影響を全く受けない。 壁破壊能力技にして彼女の代名詞「破岩掌」の使い勝手が良い 悪い点 魔法攻撃にとても弱い。 また、遠距離や複数攻撃が苦手。 MPも決して高い訳じゃないので奥義を安々と連打出来ない。 唯一復活特技を持たない。 サポートキャラクター。 敵を追いかけ攻撃する行動型。 草が好き。 中盤になると本当に役に立たn… 補足 SS版での「雷神拳」はPS版では「雷神脚」に名称が変更されて見た目通りの技名に。 PS版にて唯一新技「外気功」が追加された。 の場合 良い点 力も魔力も高いアルルとは真逆のタイプ。 使える技も広範囲&高威力。 また、セリリと戦わずに進むことが可能。 アイテム無しで闇攻撃が出来る唯一のキャラクター 斬攻撃はルルーも覚える。 後ミノ。 唯一壁破壊技「アレイアード」を最初から習得している上、実はこれ物理攻撃扱い。 更に上位の「アレイアードスペシャル」は何とフロア全体攻撃。 本作の中心人物と言う点もファンには魅力 悪い点 燃費がとにかく悪くすぐに魔力切れを起こす。 そしてお供がいない。 ぼっちでしかも運が低い。 唯一光攻撃がアイテム依存 まぁ設定を考えると当然っちゃ当然。 オープニングムービーが追加。 新ダンジョン『バトルキャッスル』追加、ボスキャラクターやイベントも追加された。 ダンジョンの構造が変化 一番最初のぷよぷよダンジョンも5階層構成に変更。 5階毎にフロア構造・背景・BGMが変化するようになり、新背景・新BGMも追加。 ホラーハウス・ワンダージャングルが全10階層に。 新アイテム・イベント・モンスター・ボス・ワナ等が追加 捜し求めたあの本も… 、既存のものにも変更あり。 ブラックキキーモラが中ボスに昇格、戦闘ボイスと必殺技も追加。 友好モンスターハウスや宝物庫などの特殊部屋、特定モンスターのみ出現の特殊フロア コレに関しては、SS版にも部分的に実装されていた 等が出るようになった。 通常フロアにアイテム入りの宝箱が出るようになった。 ただし定番の擬態モンスター(ミミック)もまぎれている。 アイテムや魔法陣を識別したとき、同じものならその冒険中は全て識別されるよう(トルネコ系と同様)になった。 識別能力などの習得条件が変わった上、難易度も超激化。 消費MPも大幅増加。 サポート技にも技レベルが追加された。 ゲームバランスに支障を来たすバグを解消。 等々…結構色々変わっているので、セガサターン版をやり込んだ人でも楽しめると思われる。 しかし、BGM系は好評だったものが差し替えられる等、少々不評が目立つようである。 (BGMそのものの評価はPS版も好評で、あくまで変更された部分が不評の模様) もう一つ問題点としては、ランキングシステムにテコ入れがされておらず、簡単に高得点を叩きだせる部分だろうか。

次の