あの世行きのバスに乗ってさらば 歌詞。 ツユ

”あの世行きのバスに乗ってさらば。” by ツユ

あの世行きのバスに乗ってさらば 歌詞

あの 世 よ 行 いきのバスに 乗 のってさらば。 幼 おさない 頃 ころ 殺 あやめた 命 いのちは 数 かぞえきれず 小 ちいさな 命 いのちを 葬 ほうむっては 平然 へいぜんと 笑 わらって 帰路 きろについた 今 いまになって 考 かんがえたら 真 まっ 先 さきに 死 しぬのは 私 わたしでよかった うらうらとした 周 まわりの 空気 くうきが 濃 こくて 存在 そんざい 価値 かちを 奪 うばうでしょ 生命 せいめい 線 せんとか 無駄 むだに 長 ながいだけで 何 なにの 役 やくにも 立 たたないただのしわだよ 心 こころの 奥 おくがしょうもない 人生観 じんせいかんを 嘆 なげいているの 耳 みみに 刺 ささる 理想 りそう 吐 はき 捨 すてて 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんにどんな 値 ねが 付 ついて 自己 じこ 中心的 ちゅうしんてきだって? 思 おもいの 欠片 かけらも 知 しらないで どうせ 向 むこう 数十 すうじゅう 年 ねん 経 たった 先 さきでは 煙 けむたがれて なら 私 わたしを 刺 さして 殺 ころして 奪 うばって 去 さって あの 世 よ 行 いきのバスに 乗 のってさらば。 幼 おさない 頃 ころ 馬鹿 ばかにされたことも 忘 わすれきれず 身 みに 覚 おぼえのない 理不尽 りふじんさが 頭 あたまから 離 はなれてくれないんだ 今 いまになって 考 かんがえたら 何故 なぜ 飲 のみ 込 こんだのか 歯向 はむかえばよかった もやもやとした 人混 ひとごみの 中 なかを 這 はって 存在 そんざい 価値 かちを 示 しめすのよ 幸福 こうふく 論 ろんとか 無駄 むだに 深 ふかいだけで 何 なにの 役 やくにも 立 たたないただの 文字 もじだよ 浅 あさい 心 こころがパッとしない 焦燥感 しょうそうかんに 駆 かられているの 時 ときだけが 経 たって 戻 もどれないな 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんにどんな 芽 めが 生 はえて 面倒 めんどうくさい 奴 やつだって? お 前 まえの 声 こえとか 要 いらないわ どうせ 向 むこう 数十 すうじゅう 年 ねん 経 たった 先 さきまで 持 もち 越 こすだけ なら 私 わたしを 刺 さして 殺 ころして 奪 うばって 去 さって 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんに 意味 いみはあるんですか。 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんに 夢 ゆめはあるんですか。 無 ないじゃん。 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんにどんな 値 ねが 付 ついて 辛 つらいよね 分 わかるよだって? 分 わかったようなこと 言 いわないで どうせ 向 むこう 数十 すうじゅう 年 ねん 経 たった 先 さきでも 嘆 なげいていて なら 私 わたしを 刺 さして 殺 ころして 奪 うばって 去 さって それが 私 わたしに 出来 できる 最初 さいしょで 最後 さいごの 悪 わるあがきだ あの 世 よ 行 いきのバスに 乗 のってさらば。 でも 私 わたしは 悔 くいて 叫 さけんで 雨 あめが 降 ふって あの ano 世 yo 行 i きの kino バス basu に ni 乗 no ってさらば ttesaraba。 幼 osana い i 頃 koro 殺 aya めた meta 命 inochi は ha 数 kazo えきれず ekirezu 小 chii さな sana 命 inochi を wo 葬 houmu っては tteha 平然 heizen と to 笑 wara って tte 帰路 kiro についた nitsuita 今 ima になって ninatte 考 kanga えたら etara 真 ma っ xtu 先 saki に ni 死 shi ぬのは nunoha 私 watashi でよかった deyokatta うらうらとした urauratoshita 周 mawa りの rino 空気 kuuki が ga 濃 ko くて kute 存在 sonzai 価値 kachi を wo 奪 uba うでしょ udesyo 生命 seimei 線 sen とか toka 無駄 muda に ni 長 naga いだけで idakede 何 nani の no 役 yaku にも nimo 立 ta たないただのしわだよ tanaitadanoshiwadayo 心 kokoro の no 奥 oku がしょうもない gasyoumonai 人生観 jinseikan を wo 嘆 nage いているの iteiruno 耳 mimi に ni 刺 sa さる saru 理想 risou 吐 ha き ki 捨 su てて tete 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんにどんな nantemonnidonna 値 ne が ga 付 tsu いて ite 自己 jiko 中心的 chuushinteki だって datte? 思 omo いの ino 欠片 kakera も mo 知 shi らないで ranaide どうせ douse 向 mu こう kou 数十 suujuu 年 nen 経 ta った tta 先 saki では deha 煙 kemu たがれて tagarete なら nara 私 watashi を wo 刺 sa して shite 殺 koro して shite 奪 uba って tte 去 sa って tte あの ano 世 yo 行 i きの kino バス basu に ni 乗 no ってさらば ttesaraba。 幼 osana い i 頃 koro 馬鹿 baka にされたことも nisaretakotomo 忘 wasu れきれず rekirezu 身 mi に ni 覚 obo えのない enonai 理不尽 rifujin さが saga 頭 atama から kara 離 hana れてくれないんだ retekurenainda 今 ima になって ninatte 考 kanga えたら etara 何故 naze 飲 no み mi 込 ko んだのか ndanoka 歯向 hamu かえばよかった kaebayokatta もやもやとした moyamoyatoshita 人混 hitogo みの mino 中 naka を wo 這 ha って tte 存在 sonzai 価値 kachi を wo 示 shime すのよ sunoyo 幸福 koufuku 論 ron とか toka 無駄 muda に ni 深 fuka いだけで idakede 何 nani の no 役 yaku にも nimo 立 ta たないただの tanaitadano 文字 moji だよ dayo 浅 asa い i 心 kokoro が ga パッ paxtu としない toshinai 焦燥感 syousoukan に ni 駆 ka られているの rareteiruno 時 toki だけが dakega 経 ta って tte 戻 modo れないな renaina 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんにどんな nantemonnidonna 芽 me が ga 生 ha えて ete 面倒 mendou くさい kusai 奴 yatsu だって datte? お o 前 mae の no 声 koe とか toka 要 i らないわ ranaiwa どうせ douse 向 mu こう kou 数十 suujuu 年 nen 経 ta った tta 先 saki まで made 持 mo ち chi 越 ko すだけ sudake なら nara 私 watashi を wo 刺 sa して shite 殺 koro して shite 奪 uba って tte 去 sa って tte 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんに nantemonni 意味 imi はあるんですか haarundesuka。 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんに nantemonni 夢 yume はあるんですか haarundesuka。 無 na いじゃん ijan。 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんにどんな nantemonnidonna 値 ne が ga 付 tsu いて ite 辛 tsura いよね iyone 分 wa かるよだって karuyodatte? 分 wa かったようなこと kattayounakoto 言 i わないで wanaide どうせ douse 向 mu こう kou 数十 suujuu 年 nen 経 ta った tta 先 saki でも demo 嘆 nage いていて iteite なら nara 私 watashi を wo 刺 sa して shite 殺 koro して shite 奪 uba って tte 去 sa って tte それが sorega 私 watashi に ni 出来 deki る ru 最初 saisyo で de 最後 saigo の no 悪 waru あがきだ agakida あの ano 世 yo 行 i きの kino バス basu に ni 乗 no ってさらば ttesaraba。 でも demo 私 watashi は ha 悔 ku いて ite 叫 sake んで nde 雨 ame が ga 降 fu って tte.

次の

”あの世行きのバスに乗ってさらば。” by ツユ

あの世行きのバスに乗ってさらば 歌詞

あの 世 よ 行 いきのバスに 乗 のってさらば。 幼 おさない 頃 ころ 殺 あやめた 命 いのちは 数 かぞえきれず 小 ちいさな 命 いのちを 葬 ほうむっては 平然 へいぜんと 笑 わらって 帰路 きろについた 今 いまになって 考 かんがえたら 真 まっ 先 さきに 死 しぬのは 私 わたしでよかった うらうらとした 周 まわりの 空気 くうきが 濃 こくて 存在 そんざい 価値 かちを 奪 うばうでしょ 生命 せいめい 線 せんとか 無駄 むだに 長 ながいだけで 何 なにの 役 やくにも 立 たたないただのしわだよ 心 こころの 奥 おくがしょうもない 人生観 じんせいかんを 嘆 なげいているの 耳 みみに 刺 ささる 理想 りそう 吐 はき 捨 すてて 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんにどんな 値 ねが 付 ついて 自己 じこ 中心的 ちゅうしんてきだって? 思 おもいの 欠片 かけらも 知 しらないで どうせ 向 むこう 数十 すうじゅう 年 ねん 経 たった 先 さきでは 煙 けむたがれて なら 私 わたしを 刺 さして 殺 ころして 奪 うばって 去 さって あの 世 よ 行 いきのバスに 乗 のってさらば。 幼 おさない 頃 ころ 馬鹿 ばかにされたことも 忘 わすれきれず 身 みに 覚 おぼえのない 理不尽 りふじんさが 頭 あたまから 離 はなれてくれないんだ 今 いまになって 考 かんがえたら 何故 なぜ 飲 のみ 込 こんだのか 歯向 はむかえばよかった もやもやとした 人混 ひとごみの 中 なかを 這 はって 存在 そんざい 価値 かちを 示 しめすのよ 幸福 こうふく 論 ろんとか 無駄 むだに 深 ふかいだけで 何 なにの 役 やくにも 立 たたないただの 文字 もじだよ 浅 あさい 心 こころがパッとしない 焦燥感 しょうそうかんに 駆 かられているの 時 ときだけが 経 たって 戻 もどれないな 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんにどんな 芽 めが 生 はえて 面倒 めんどうくさい 奴 やつだって? お 前 まえの 声 こえとか 要 いらないわ どうせ 向 むこう 数十 すうじゅう 年 ねん 経 たった 先 さきまで 持 もち 越 こすだけ なら 私 わたしを 刺 さして 殺 ころして 奪 うばって 去 さって 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんに 意味 いみはあるんですか。 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんに 夢 ゆめはあるんですか。 無 ないじゃん。 消 きえてしまいたい 生涯 しょうがいなんてもんにどんな 値 ねが 付 ついて 辛 つらいよね 分 わかるよだって? 分 わかったようなこと 言 いわないで どうせ 向 むこう 数十 すうじゅう 年 ねん 経 たった 先 さきでも 嘆 なげいていて なら 私 わたしを 刺 さして 殺 ころして 奪 うばって 去 さって それが 私 わたしに 出来 できる 最初 さいしょで 最後 さいごの 悪 わるあがきだ あの 世 よ 行 いきのバスに 乗 のってさらば。 でも 私 わたしは 悔 くいて 叫 さけんで 雨 あめが 降 ふって あの ano 世 yo 行 i きの kino バス basu に ni 乗 no ってさらば ttesaraba。 幼 osana い i 頃 koro 殺 aya めた meta 命 inochi は ha 数 kazo えきれず ekirezu 小 chii さな sana 命 inochi を wo 葬 houmu っては tteha 平然 heizen と to 笑 wara って tte 帰路 kiro についた nitsuita 今 ima になって ninatte 考 kanga えたら etara 真 ma っ xtu 先 saki に ni 死 shi ぬのは nunoha 私 watashi でよかった deyokatta うらうらとした urauratoshita 周 mawa りの rino 空気 kuuki が ga 濃 ko くて kute 存在 sonzai 価値 kachi を wo 奪 uba うでしょ udesyo 生命 seimei 線 sen とか toka 無駄 muda に ni 長 naga いだけで idakede 何 nani の no 役 yaku にも nimo 立 ta たないただのしわだよ tanaitadanoshiwadayo 心 kokoro の no 奥 oku がしょうもない gasyoumonai 人生観 jinseikan を wo 嘆 nage いているの iteiruno 耳 mimi に ni 刺 sa さる saru 理想 risou 吐 ha き ki 捨 su てて tete 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんにどんな nantemonnidonna 値 ne が ga 付 tsu いて ite 自己 jiko 中心的 chuushinteki だって datte? 思 omo いの ino 欠片 kakera も mo 知 shi らないで ranaide どうせ douse 向 mu こう kou 数十 suujuu 年 nen 経 ta った tta 先 saki では deha 煙 kemu たがれて tagarete なら nara 私 watashi を wo 刺 sa して shite 殺 koro して shite 奪 uba って tte 去 sa って tte あの ano 世 yo 行 i きの kino バス basu に ni 乗 no ってさらば ttesaraba。 幼 osana い i 頃 koro 馬鹿 baka にされたことも nisaretakotomo 忘 wasu れきれず rekirezu 身 mi に ni 覚 obo えのない enonai 理不尽 rifujin さが saga 頭 atama から kara 離 hana れてくれないんだ retekurenainda 今 ima になって ninatte 考 kanga えたら etara 何故 naze 飲 no み mi 込 ko んだのか ndanoka 歯向 hamu かえばよかった kaebayokatta もやもやとした moyamoyatoshita 人混 hitogo みの mino 中 naka を wo 這 ha って tte 存在 sonzai 価値 kachi を wo 示 shime すのよ sunoyo 幸福 koufuku 論 ron とか toka 無駄 muda に ni 深 fuka いだけで idakede 何 nani の no 役 yaku にも nimo 立 ta たないただの tanaitadano 文字 moji だよ dayo 浅 asa い i 心 kokoro が ga パッ paxtu としない toshinai 焦燥感 syousoukan に ni 駆 ka られているの rareteiruno 時 toki だけが dakega 経 ta って tte 戻 modo れないな renaina 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんにどんな nantemonnidonna 芽 me が ga 生 ha えて ete 面倒 mendou くさい kusai 奴 yatsu だって datte? お o 前 mae の no 声 koe とか toka 要 i らないわ ranaiwa どうせ douse 向 mu こう kou 数十 suujuu 年 nen 経 ta った tta 先 saki まで made 持 mo ち chi 越 ko すだけ sudake なら nara 私 watashi を wo 刺 sa して shite 殺 koro して shite 奪 uba って tte 去 sa って tte 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんに nantemonni 意味 imi はあるんですか haarundesuka。 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんに nantemonni 夢 yume はあるんですか haarundesuka。 無 na いじゃん ijan。 消 ki えてしまいたい eteshimaitai 生涯 syougai なんてもんにどんな nantemonnidonna 値 ne が ga 付 tsu いて ite 辛 tsura いよね iyone 分 wa かるよだって karuyodatte? 分 wa かったようなこと kattayounakoto 言 i わないで wanaide どうせ douse 向 mu こう kou 数十 suujuu 年 nen 経 ta った tta 先 saki でも demo 嘆 nage いていて iteite なら nara 私 watashi を wo 刺 sa して shite 殺 koro して shite 奪 uba って tte 去 sa って tte それが sorega 私 watashi に ni 出来 deki る ru 最初 saisyo で de 最後 saigo の no 悪 waru あがきだ agakida あの ano 世 yo 行 i きの kino バス basu に ni 乗 no ってさらば ttesaraba。 でも demo 私 watashi は ha 悔 ku いて ite 叫 sake んで nde 雨 ame が ga 降 fu って tte.

次の

ツユ

あの世行きのバスに乗ってさらば 歌詞

突然の発表になりますが、本日をもって『しゃけぷすたん』としての活動を休止します。 — しゃけぷすたん公式 shakepustun 実はこの活動休止の表明がされる前、ツイキャスなどで3人が言い争ってしまうところを放送してしまったり しゃけぷすたんのメンバー同士のすれ違いが生じている様子がファンの方々に届いてしまっていました。 なのでやはりファンの間では活動休止は名目上のもので 実質解散なのでは、と囁かれています。 そしてこのしゃけぷすたん活動休止する3ヶ月前、 実はぷすさんは歌い手引退表明をしていました。 歌・作詞作曲・エレキギター・MIX:ぷす そしてこの時を以って 【歌い手】としての【ぷす】は引退します。 今までありがとう。 よろしくお願いします。 この動画を以って【歌い手】としての活動を引退します。 聴いてくれたら嬉しいです。 もしかしたらこの時「ツユ」の作詞作曲担当して成り上がっていこうと 意思を固めていたのかもしれません。 きっとファンの方々も色んな想いを抱いたと思います。 しかし悲しむことはありません! ぷすさんは「歌い手を辞めた」だけで 「 歌うことを辞めた訳ではない」のです! 読んで下さい。 マイナスにもプラスにも捉えることもできますが、 真相はもしかしたら行ってみないと分からないかもしれませんね…。 現在はチケット先行販売は終了しており、まだ一般販売についての情報は公開されていませんでした。 これから公開されるかもしれないので、Twitter要チェックです!! 「ツユ」ボーカル担当、礼衣さんってどんな人なの?? さて、ぷすさんのご紹介は一旦終了し 次は透明感たっぷりで女性らしい歌声が魅力の ボーカル担当の礼衣さんについてご紹介していきたいと思います! と言っても礼衣さんのプロフィールはおろか、 SNSも発見できませんでした…。 しかし有力な情報をキャッチしたので 皆さんにお伝えしていきたいと思います! 礼衣さん正体は歌い手の相沢さん!? そうなんです、ツユのファンの方々の間で 「ツユのボーカル礼衣さんは歌い手の相沢さんなのでは??」 という噂が囁かれているのです! ここで少し相沢さんについてご紹介したいと思います! (画像引用元:) 初投稿の動画は現在消えており、いつから活動を始めたのか確認が取れなかったのですが 現在様々なボカロPさんとコラボしたり、あのコバソロさんとコラボしてカバー動画を出したりと 様々なところで活躍している歌い手さんです! 生歌も公開していらっしゃるのですが、 ピッチ補正など必要ないのでは!?と言いたくなるくらいの歌唱力を持っています。 ちなみに 相沢さんはぷすさんとの繋がりもあり、 リプのやり取りがあったり、歌ってみたにぷすさんが関わってたりします。 『グランドエスケープ/RADWIMPS』 歌:相沢 Guitar:ぷす — 相沢 izwzw やはり歌声がそっくりですよね…。 ほぼ相沢さん=ツユの礼衣さんだと思うのですが、 公式でこのことを表明されたことがないため断言はできません。 ということは相沢さんと礼衣さんは切り離して考えた方が良いかもしれませんね。 どちらにせよ、相沢さんも礼衣さんも素敵なボーカリストなので 今後の活動を応援していきたい所存です! ツユのライブやCDについて知りたい! オリジナル曲は既に7曲公開しているツユさん。 1 やっぱり雨は降るんだね.

次の