家庭 教師 ヒットマン リボーン 夢 小説。 家庭教師ヒットマンREBORN!

家庭教師ヒットマンREBORN!#137「イタリア主戦力」感想

家庭 教師 ヒットマン リボーン 夢 小説

外見はガスマスクを付けた巨漢。 XANXUSを守護する主要ファミリーの証として雲のハーフボンゴレリングを持つ守護者。 旧イタリア軍が極秘裏に開発していた戦闘用のロボットであり、死ぬ気の炎を動力源とし、ゴーラ・モスカの動力源として9代目が取り込まれていた。 プロトタイプの方には背中に緊急停止のスイッチがある。 雲戦では雲雀に致命的なダメージを受けたことで暴走したが、ツナによって破壊される。 身長230cm、体重957kg。 両手五指の先端から鉄砲のように弾が撃て、腹部から圧縮粒子砲を放つことができる。 その他にも追尾(ホーミング)ミサイルを666個、捕縛用レーザーネットを1つ、バーニアを6つ装備。 ミサイルの個数は悪魔の化身が右手の甲もしくは額に付いている数字が666で、死を与えるミサイルのことを悪魔の化身という風に例えたからである。 10年後では2代後継となる「ストゥラオ・モスカ」とその強化バージョンである「キング・モスカ」が、小説版ではプロトタイプである「ヴェッキオ・モスカ」が登場する。 なお、ボンゴレ本部でオレガノ一行を襲ったのも「ヴェッキオ・モスカ」である。 仕事熱心かつ残酷な性格の電撃使い。 名前の由来は旧約聖書に登場する海の怪物(怪獣)レヴィアタンで、語源は一説に「ねじれた」「渦を巻いた」という意味のヘブライ語からである。 年齢は23歳。 11月14日生まれの蠍座。 身長193cm、体重90kg。 好きな言葉は「よくやったレヴィ」(ボス:XANXUSからのみ)。 好物は雷おこし。 嫌いなものは己の地位を脅かす者。 趣味は任務。 好みのタイプは妖艶な女性であり、霧戦にて現れたクローム髑髏を見て頬を染める。 枕元には116個の目覚まし時計が常備されており、「起きれなかったら死にます」と宣言している。 マーモンによると「仕事は早いが動きは鈍重」。 XANXUSから誉められることが彼にとっての全てであり、自身の立場を脅かす者を見るとスイッチが入り、嫉妬の炎に燃える。 アニメではXANXUSに負わされた傷は勲章と思っている。 リボーンによると冗談の通じない性格で、一度ターゲットを決めれば女子供とて容赦しない。 頭は良く、一流大学を首席で卒業し教授の道を約束されていたほどのエリート。 しかし、その性格から来る煩悩で能力を発揮できていない。 年齢は14歳。 10月26日生まれの蠍座。 AB型。 身長182cm。 体重66kg。 嫌いな食べ物はカニ(食べるのが面倒だから)。 嫌いな言葉は「根性」、「一所懸命」。 好きな音楽ジャンルはテクノ系。 趣味はヨーヨー。 犬やM・Mからは「柿ピー」と呼称される。 無口で無愛想な性格。 口癖は「めんどい」。 猫背・眼鏡・ニット帽・左頬のバーコードが特徴(バーコード読み取ると五円らしい)。 見かけによらずタフで、獄寺のダイナマイトを至近距離で喰らっても簡単には倒れなかった。 犬に対し皮肉まじりに気遣ったりするなど、仲はいい様子。 遠隔操作武器「ヘッジホッグ」という側面から毒針を放つ刃物状ヨーヨーを操る。 その毒は強力で、人を簡単に殺められる。 ヨーヨー自体で切り裂くこともでき、中遠距離戦闘では凄まじい殺傷能力を誇る。 1度は獄寺と相打ちになったが黒曜本部で再戦。 互角に戦闘するが、自由の身となった雲雀に倒される。 ツナと骸の戦闘では、憑依弾の力によって骸に操られる。 決着後は骸共々復讐者に連れ去られる。 骸によって金で雇われ、ツナの命を狙う。 極度の守銭奴で「金がすべて」、「男は金」がモットーであり、「付き合うなら骸ちゃんがいいわ」とも公言している。 武器はクラリネット。 年齢は15歳。 7月3日生まれの蟹座。 身長161cm、体重47kg。 出身国はフランス。 必殺技はクラリネットから特殊な音波を飛ばし、物質の分子を振動させて沸騰させる「バーニングビブラート」。 また接近戦においてはクラリネットをヌンチャク(アニメでは三節棍)のような形状にして殴る。 黒曜本部でビアンキと対戦し、彼女の究極奥義「千紫毒万紅」と愛の力の前に敗北する。 「MM」とデザインされたカバンを所有しているが、逆さまに置くと「WW」に見えることを嫌っている。 年齢は14歳。 7月28日生まれの獅子座。 身長172cm。 体重60kg。 好物はガム。 好きな動物は鳥(うまそうだから)。 趣味は駄菓子屋巡り、ケンカ、ゲーム。 好きな言葉は「けんらじょうろう(喧嘩上等)」。 風呂が嫌いでめったに入らない。 千種とは正反対のひょうきんかつ軽薄で楽天的な性格だが、その反面気性が荒く喧嘩っ早い。 舌足らずな口調と、語尾に「〜びょん」と付けるのが特徴的。 六道骸の部下。 クローム髑髏に対し「認めてない」と言って酷い言葉を投げるも多少は気にしている様子。 武器は特に持たないが、カートリッジ型の歯を取り替えることによって、様々な動物の能力を得ることができる。 了平を倒すが黒曜本部で山本と対戦し敗北。 その後、復活し獄寺を背後から急襲するが、雲雀に一撃で倒される。 ツナと骸の戦闘では、憑依弾の力によって骸に操られる。 決着後は骸共々復讐者に連れ去られる。 年齢不詳。 8月8日生まれ(コミック33巻のハルハルインタビューでは7月10日)の獅子座。 身長38センチメートル、体重4キログラム。 相棒に鎧を纏った巨大なタコ(名前は「タコ」)を連れている。 フルフェイスのヘルメット(浄化装置付)に黒いライダースーツは当時の名残。 なお、本人によるとヘルメットの下の素顔はハンサムであるらしい。 しかし、リボーンには常に使いっ走りに使われているようである。 アルコバレーノになった後はカルカッサファミリーの軍師を務めており、容姿の似た複数の部下を従えている。 算数が苦手らしい。 シャイだからという理由でいつもヘルメットを着用している(42巻、読者のアジト参照)。 幼児の姿をしている。 フードを被っており、素顔は見えない。 性別は不明。 両頬に逆三角の模様がある。 名前の由来は七つの大罪に比肩する一つで「強欲」を司る悪魔である。 マーモンは「富・財」を意味する。 年齢不詳。 7月2日生まれの蟹座。 身長40cm、体重3. 6kg。 好きなものは金。 好きな言葉は「貪欲」。 好物は5円チョコレート。 好きな飲み物はレモネード。 趣味は預金通帳の確認。 風(フォン)同様、辛口の麻婆豆腐が食べられない。 かなり金にがめつい守銭奴で、他のヴァリアーメンバーを苛立たせるほど。 アニメ版ではボスであるXANXUSにすら、ツケを条件でスクアーロを始末しようかと持ち掛けていた。 冷静で饒舌。 「ムム」が口癖。 超能力が使え、幻術と超能力の両方を組み合した戦闘スタイルの強者で、「粘写(ねんしゃ)」という、鼻をかむことにより鼻水で標的までの地図を作る能力を持つ。 これは超能力の応用になる。 普段はおしゃぶりに鎖を付けて機能を封印しているが、アルコバレーノの1人・バイパーである。 ペットとして巻きガエルのファンタズマを連れている。 おしゃぶりの封印を解放すると、ファンタズマが黒いカエルの姿から白い巻きカエルへと変化し、またの頬の三角模様がすこし長くなる。 アルコバレーノの呪いを解こうと努力しているらしく、その努力を怠っているリボーンやコロネロを見下す発言も。 本人によると六道輪廻を信じておらず、生まれ変わりは存在せず、人は同じ人生を繰り返す存在という考えを持っている。 ごく普通の家庭的な主婦。 年齢は34歳。 3月31日生まれの牡羊座。 身長155cm、体重45kg。 性格は明るく天然ボケで夢見がち。 チラシを見てリボーンをツナの家庭教師として雇った。 次々と居候が増えていく沢田家の財政面を管理している。 どんな変な人物でも優しく迎え入れる朗らかな性格のため、居候の皆から「ママン」と呼ばれ、慕われている。 夫の家光との馴れ初めは勤め先の喫茶店のウェイトレスと客という間柄から。 家光やツナがマフィアに関わっていることはまるで知らないが、9代目とは面識がある。 原作ではツナを「ツっ君」と呼ぶが、アニメでは「ツーくん」と呼ぶ。 読み切り版では、口うるさくツナの成績に注意したり、嘘泣きをしたりするなど、本編とは性格がかなり異なる。 ボンゴレ10代目候補として、大空のハーフボンゴレリングと、X(10)の称号を名前に2つ持つ。 顔と全身に9代目につけられた無数の傷跡を持ち、激昂すると顔の傷跡の範囲が広がり大きく浮かび上がる。 普段は寡黙だが、自分以外の人間を「カス」と見下す傲岸不遜さ、凄んだだけで相手を沈黙させる威圧感を持つ。 年齢は24歳。 10月10日生まれの天秤座。 身長188cm、体重80kg。 嫌いなものは自分以外の全て。 趣味は銃の手入れ、スクアーロいじり。 好きな飲み物はテキーラ、ウィスキー。 マーモン曰く好きな食べ物は肉(ただしA5ランクの物のみ)。 ツナの後から新たに10代目ボス候補に選ばれたと思われていたが、実はXANXUS自身の虚言。 昔は自分が9代目の実子であると信じていたが、それは、下町の生まれにして炎を宿していた自分を見て「XANXUSは自分と9代目との子だ」という妄想に取りつかれた母親の妄言だということ、実の子同然にXANXUSを受け入れようとしていた(XANXUS自身はそれを決して認めようとしなかった)9代目の嘘だということ、自分にボスの座の継承権はないということを、16歳の頃に知ってしまう。 その後ボンゴレ史上最大のクーデター「揺りかご」を起こし9代目の命を狙うも、「死ぬ気の零地点突破」を受け氷柱の中に封印され、その際顔と全身に無数の傷を負っており、怒りが頂点に達するとその時の傷が浮かび上がる。 その後何者かによって封印を解かれ(これに関しては、誰が何のためにしたのかは最後まで明かされなかった。 )、ツナ達とのリング争奪戦に至る。 一人称は「ランボ(さん)」、「オレっち」。 5月28日生まれの双子座のA型。 身長42cm、体重4kg。 好物はぶどう、飴玉、ソーメン、ソフトクリーム。 嫌いな食べ物は辛いもの、苦いもの。 将来の夢は世界征服、ボヴィーノファミリーのボスになって全人類をひざまずかせること。 口癖は「が・ま・ん」、語尾は「だもんね」。 フゥ太の「うざいマフィア」、「殺して座布団にしたいマフィア」のランキングでは断トツ。 また、黒川花には大人ランボの時に限り好意を持たれている。 入江正一の発言からすると日本人らしい。 雷のリングの守護者。 ボヴィーノファミリー出身の殺し屋。 5歳児。 10年バズーカで10年後の姿になることができる。 武器は手榴弾(子供ランボ)、雷の角(大人ランボ)。 相棒にサルのリーチを連れている。 カンフー服を着用し、長髪をお下げの三つ編みにしている男性。 アルコバレーノになる前の経歴は不明。 武道の達人であり、中国の武道大会で3年連続で優勝を果たすほどの腕前。 餃子拳の他に107の拳法を編み出した。 イーピンの師匠で「餃子拳」も使い、10年後には殺し屋を辞めるイーピンの「筒子時限超爆」を封印している。 なお、雲雀に瓜二つの鋭い釣り目と前髪が特徴だが、雲雀とは対照的に穏やかで物腰が柔らかく口調は丁寧。 好きな食べ物は麻婆豆腐だが、アルコバレーノの現在は甘口しか食べられず、辛口を食べると涙が止まらなくなる。 オネエ言葉で話し、派手な格好をしている。 ヴァリアーの何人かが彼を変態と発言しており、彼自身もそれを認めているが、ナヨナヨしたしゃべり方とは裏腹に、トレーニングを欠かせない筋骨隆々の肉体派であり、最年少のボディビルチャンピオンになったことがあるらしい。 チャームポイントは小指で、死体愛好家(アニメ版では遠回しに表現されている)。 ムエタイの使い手で、左足は鋼鉄が埋め込まれた「メタル・ニー」。 年齢は25歳。 4月4日生まれの牡羊座。 身長185cm、体重78kg。 好物はトムヤムクン。 好きな言葉は「もうっ踏んづけてやるっ!! 好きなものは肉体。 趣味はファッションチェック、映画鑑賞。 美を追求する思想が強く、10年後のヴァリアー幹部の証である「ヴァリアーリング」のデザインに対しては、デザイナーに100回のやり直しを命じたほど。 年齢不詳。 7月7日生まれの蟹座。 身長41センチメートル、体重4キログラム。 好きな言葉は「スパルタ」、「コラ」。 好物は焼きそばパン、軍用食。 嫌いな食べ物はニンジンとカマボコ。 好きな飲み物はコーラ。 趣味は寝ること。 金髪碧眼でつり目。 相棒に鷹のファルコを連れており、もっぱらファルコに頭を掴まれて移動する。 アルコバレーノになる前はイタリア海軍潜水奇襲部隊「COMSUBIN(コムスビン)」所属の軍人であり、ラル・ミルチは当時の上官に当たる。 アルコバレーノになった後も、迷彩服に武器はUSSR PTRS1941と軍人スタイルをしており、性格もスパルタで軍人的。 COMSUBINで鍛え上げられた重火器の扱いや狙撃の腕に長けている上、空手やサンボを使った接近戦も得意。 なお、本来アルコバレーノとなるはずの人間ではなかったが、ラルを庇ってアルコバレーノとなったらしい。 当時の年齢は14歳。 日常編では一度きりの登場だったが、未来編で重要人物として再登場した。 12月3日生まれの射手座。 身長155cm、体重48kg。 両親と姉1人の4人家族。 初登場時は、自宅のマンションにRPGと一緒に飛ばされてきたランボを沢田家へと連れて行ったが、沢田家で相次いで起こった出来事と非常識な者たちに混乱して卒倒した。 アニメでは有名私立中学に通っている。 【未来編】所属 : 第2ローザ隊(隊長) 階級 : A級炎の 属性 : 晴所 持リング : 晴のマーレリング(偽) 所持匣 : メローネ基地 12月3日生まれの射手座。 血液型はA型で身長173cm、体重69kg。 ミルフィオーレ・ホワイトスペル第2ローザ隊隊長兼メローネ基地最高責任者。 6弔花の1人であり、晴のマーレリングを所持している。 胸にはローザ隊の証である薔薇の胸章を付けている。 メローネ基地自体を自分の匣として建造しており、苔を活性化させることによって意のままに組み替えることが出来る(アニメでは基地自体も移動させた)など、植物を利用して侵入者に対する防御機構としている。 好戦的であるブラックスペルのメンバーを快く思っていないが、同じ技術者であるスパナのことは認め、評価しているようである。 かなり神経質で、ストレスで腹痛を起こす体質(過敏性腸症候群)である。 綱吉・リボーンによると「ひょうきん」「抜けている」。 金髪で鳶色の瞳を持つ青年で、通称「跳ね馬」。 年齢は22歳。 2月4日生まれの水瓶座。 身長183cm。 体重72kg。 好物はピザ。 嫌いなものは民を大事にしないマフィア。 好きな言葉は「頼みます、ボス! 趣味はドライブ(助手席にロマーリオ)。 左半身にはキャバッローネファミリーのボスに受け継がれる刺青がある(これは普通の刺青とは違い、ボスにふさわしい者になった時に浮かび上がる)。 少年時代は9代目ボスだった父親によって、マフィアの候補生など普通の学校に通うには問題のある子供を集めた学校に通わされており、ヴァリアーのスクアーロとはその頃の同期。 小説版では、敵前逃亡した為に結果的に父親を死なせてしまった自分にボスの座を継ぐ資格はないと、一度部下のロマーリオにボスの座を譲ろうとしたことがある。 この当時リボーンを家庭教師にしていたことから、ツナを弟弟子としてかわいがっている。 普段からツナの肩を持つが、協定によりボンゴレの一大事には表向き干渉できないため、裏方に回ることが多い。 なお、ヴァリアー編では雲雀の家庭教師を務めた。 ツナ達が10年後と入れ替わった頃にはすでにリングの炎に注目しており、10年後に飛ばされる前の雲雀に炎の灯し方を指導している。 投票する 声 - チャン・リーメイ 香港生まれの殺し屋で通称「人間爆弾」。 極度の細目の辮髪を結わえカンフー服を着用した、利発で礼儀正しい少女。 身長45cm。 体重3. 9kg。 11月25日生まれの射手座。 中国語しかしゃべれず(アニメでは片言ではあるが、日本語も話せる。 そのため、台詞が大幅に増えている)、通訳にはリボーンを介する。 大人になると、眼は丸形になって日本語が上手くなり、両耳も存在する。 大人イーピン(15歳)の身長157cm。 体重47kg。 好きなケーキはラ・ナミモリーヌのミルフィーユ、蛤、甘栗。 好みのタイプは師匠(アルコバレーノの風)、そして師匠によく似ている雲雀。 嫌いなタイプはうざくて下品な男(ランボ)。 ドがつくほどの近眼で、誤解からトラブルを起こすこともあり、初登場時は暗殺ターゲットをツナであると勘違いした。 その後は己の鍛錬のために日本に留まり沢田家に居候しており、同じ年頃のランボとは彼のおバカ・下品な行動にあきれつつも仲が良く、いつも一緒に遊んでいる。 極度の恥ずかしがり屋で、恥ずかしくなると額にピンズが現れ、筒子時限超爆のカウントダウンを始める。 投票する 声 - 稲村優奈 本作のヒロイン。 ツナと同じクラスの女子中学生で、了平の妹。 年齢は13歳(中学2年生)[1]。 3月4日生まれの魚座。 身長156cm、体重45. 5kg。 好物はベイクドチーズケーキ。 遊園地の好きなアトラクションはフリーフォール、絶叫系。 容姿はかなり良く、校内ではアイドル的な人気があり、海に行った時は人目を引いたほどである。 太陽のような笑顔が魅力(ツナ談)。 ツナの想い人で、死ぬ気弾を受けたツナに告白をされるも、パンツ一枚といった格好であった為に冗談だと受け取る。 ツナのことは「ツナ君」と呼んでいる。 現在彼のことは「面白くて頼れる感じの人」だと認識しているが、ヴァリアー編の大空戦前などでツナに対して頬を赤らめるなど彼を意識している描写が見られた。 それ以来様々な場面でツナに好意をよせているような描写が見られるようになった。 大空戦前にツナに必勝祈願のお守りを渡しており、それをツナは大切に持ち歩いている。 ほんわかとした雰囲気でやや天然ボケな面があり人と感覚がずれた所がある。 そのせいか、大抵のことには動じずツッコミも入れない。 甘いものが好きで、ハルとは一緒にケーキ屋に行くなど仲良し。 彼女と一緒に手芸や工作もするようになった。 投票する 声 - 大山鎬則 所属 : 第0バフィオペディラム隊階級 : ボス炎の属性 : 大空所持リング : 大空のマーレリングミルフィオーレファミリーの若きボス。 白髪で三白眼の青年で、左目の下には三つ爪のマークがある。 一人称は「僕」。 食道楽で、アニメの第4期オープニングではマシュマロを食べる姿が描かれていた。 常に飄々としており捉え所のない態度で人と接し、レオナルド・リッピの正体や入江の真意に気づきながらも見逃すといった快楽主義者のような態度も見せる。 その反面、ボンゴレ狩りや幻騎士を切り捨てた例のように冷徹な一面もある。 未来を変えようと試行錯誤を繰り返して10年後を訪れていた入江と出会った際、自らの持つ異なった可能性の未来の自分と意識や知識を共有できる能力に気づく。 その結果卓越した頭脳や権力を持つに至り、73ポリシーの遂行を目論むようになる。 ツナたちが訪れた世界が唯一白蘭に支配されていない世界とのことだが、世界征服を遂げたいずれの世界でも73を全て集めても力を発揮できていないという。 入江とは大学時代からの付き合いで気の合った間柄であったが、いつしか反意を抱いたことにも気づいており、入江には無断でマーレリングの偽物を作り6弔花に与え、本物のマーレリングは独自に選定した真6弔花に与えていた。 また、ユニに対してはマーレリングを手に入れるために薬物を投与し、自らの意のままに操っていた。 投票する 声 - 木内秀信 笹川京子の兄で、並盛中ボクシング部主将。 8月26日生まれの乙女座(本人は「拳闘士(ボクシング)座」と自称)のA型。 15歳(中学3年生)であるが、14歳のころに自分が中学3年生だと思い込み、卒業式に出席したこともあった[8]。 身長168cm。 体重59kg。 好きなスポーツは当然ボクシング。 趣味はボクシングのトレーニング。 嫌いなことは極限にまどろっこしいこと。 好きなカキ氷はイチゴ味。 鼻に貼られた絆創膏がトレードマーク。 占いは信じず運命は自分で切り開くと語るが、くじ運が非常に悪いことは気にしているらしい。 ツナからは「(京子ちゃんの)お兄さん」と呼ばれている。 晴のリングの守護者。 並盛中ボクシング部主将で笹川京子の兄。 投票する 声 - 田中理恵 リボーンの4人目の愛人で、フリーのイタリア人殺し屋。 通称「毒サソリ」。 年齢は17歳。 11月8日生まれの蠍座のAB型。 身長165cm。 体重49kg。 スリーサイズは86・57・87。 好きな人はリボーン。 夢はリボーンと愛の園を築くこと。 嫌いなものは愛を邪魔する全ての存在。 気になる動物はリス、モモンガ。 死ぬ気の炎の属性は嵐。 リボーンを家庭教師の仕事から自由の身にするためにツナを殺そうとしていたが、今では愛するリボーンの傍で暮らすため、美術と家庭科の家庭教師という名目で沢田家に居候し、それ以来殺意もなりを潜めている。 獄寺の腹違いの姉(正妻の子)であり、ケガの心配をするなど獄寺に姉らしい気遣いを見せるが、トラウマを抱える獄寺にとって、好意でしたこともすべて逆効果になってしまっている(当の本人は獄寺のトラウマを自分を異性と意識している、あるいは病弱であると誤解している。 黒曜編以降は獄寺の内情を理解してか、ゴーグルをかけることが多くなった)。 また、山本とは料理のことをめぐってたびたび衝突を起こすことがある。 投票する リボーンが帽子の上に乗せている形状記憶カメレオン。 身長25センチメートル、体重0. 15キログラム。 出身国はイタリア。 好きな場所はリボーンの帽子の上。 好物はハエ。 趣味はものづくり、変身。 好きな形状はダウジング棒(ロッド)、スリッパ[注 1]。 ディーノはレオンを気に入り、リボーンにくれるよう頼んだが却下、代わりにエンツィオをもらう。 フゥ太の『マフィアに人気のペットランキング』では第一位だが、その際にも誰にもやるつもりはないと(誰も聞いてもいないのに)コメントしている。 形状記憶の特殊能力を持ち、目にしたことがあるものであれば自分のサイズで好きなものに変化できる(アニメでは、放送コードの関係上でリボーンの銃にも変身する)。 何か良くないことが起こる前には尻尾が切れ、形状記憶が不安定になり次から次へと様々な物に変身してしまう。 体内では何らかの加工や製造が行われるらしく、ボンゴレ伝統の素弾を体内に埋め込んで3日寝かせることで「死ぬ気弾」ができ、死ぬ気の炎を防ぐ特殊な糸を生成することもできる(死ぬ気弾と糸は同素材でできている)。 リボーンの生徒に試練が訪れると繭になり、孵ったときには新しいアイテムを生み出す。 ディーノの時には跳ね馬のムチとスポンジスッポンのエンツィオ、ツナの時にはXグローブと小言弾を生み出した。 投票する 声 - 藤原祐規 ヴァリアーの幹部の一人。 通称・ベル。 名前の由来は旧約聖書『民数記』第25章に出てくる、七つの大罪に比肩する悪魔の一柱の「怠惰」「色欲」を司る悪魔の名からである。 通り名は「プリンス・ザ・リッパー(切り裂き王子)」。 王冠(ティアラ)を被り、目は前髪で隠れていて見えないが、ルッスーリアによると、涼しげで優美らしい[。 隊服の下にボーダーの服を着用している。 年齢は16歳。 とある国の王子だが、出身国は非公開(本人によると国連加盟国)。 12月22日生まれの射手座。 AB型。 身長170cm、体重58kg。 好物は寿司。 好きな飲み物は牛乳。 好きな言葉は「王子」。 嫌いなものは自分より生意気な奴。 趣味は地元の殺し屋殺し。 フゥ太の財布にお金が入っていないマフィアランキングでは第一位(理由はカードしか持ち歩かないから)。 武器は鋭いナイフとワイヤー。 ヴァリアーの中でも一番の天才であり、こと戦闘に関してのみならば最も才能があると言われている。 王族の血を引いているものの、常人離れした戦闘センスを持て余し、8歳で自らヴァリアーに入隊した変わり者。 口癖は「だってオレ王子だもん」。 「うしし」などの相手を小馬鹿にしたような笑い方をよくする。 一見すると無邪気に見えるが、実際は邪気の塊のような性格であり、遊び感覚で人を殺すが、非戦闘員に関しては面白くないので手を出さない。 小説版では、リング争奪戦の合間に山本武の父で元殺し屋の剛を殺しに訪れたが、成り行きで刺身さばきの対決を繰り広げたことがあり、その影響か好きな食べ物が寿司になっている。 また、雲雀と戦った際に「自分の血を見て本気になるのも悪くないけど今は記憶を飛ばしてる場合じゃない」と言っていたことから、記憶は飛んでいるものの、自分が血を流すと興奮することは自覚している。 投票する 声 - 飯田利信 マフィアの刑務所を脱獄した8人衆の1人で、そのリーダー格。 6月9日生まれの双子座。 15歳。 身長177. 5cm、体重62kg。 血液型不明。 好きな花言葉は「完全無欠」(パイナップルの花言葉)。 好きな色は黒、紫。 好物はチョコレート。 嫌いな食べ物は辛味。 趣味は幻想散歩。 個性的な髪型(犬に「パイナッポー」と言われている)とオッドアイ、「クフフ」もしくは「クハハハ」という笑い方が特徴。 常に敬語で話し物腰も柔らかいが、それと同時に得体の知れない雰囲気に包まれてもいる不気味な美少年。 城島犬や柿本千種、クローム髑髏など身内には気遣いを見せることもあるが、性格は基本的に冷酷非情。 原作では標的62(62話)、アニメでは標的19(第19話)から登場。 前世で六道の全てを巡ったとされており、それにより右目に「六道輪廻」という特殊な能力を秘めている。 肉弾戦で雲雀と互角に渡り合うほど「修羅道」による格闘能力も優れ、武器の三叉槍を使用した棒術をの心得がある。 現世では犬や千種とともにエストラーネオファミリーで人体実験の被験体として扱われていたが、ある日ファミリーを壊滅させて犬や千種とともに出奔している。 この際、犬や千種と出会い、ファミリーで研究されていた憑依弾の技術を持ち出している。 これまで受けた不遇によりマフィアを強く憎むようになり、作中初登場の5年前にはランチアに拾われたが、ランチアをマインドコントロールしてファミリーを皆殺しにしている。 これらの事件が原因で、マフィアの刑務所に収監されることとなる。 霧のリングの守護者。 マフィアの刑務所を脱獄した3人組の中の1人でそのリーダー格。 投票する 声 - 國立幸 炎の属性:霧所持リング:霧のヴァリアーリング、666のヘルリング所持匣:霧属性? 個(ベル先輩型囮匣含む)幻術の使い手で、10年後の世界でのマーモン(バイパー)の後任のヴァリアー幹部。 ベルに無線内蔵のカエルの帽子をかぶらされており、そのせいかベルにはよく「カエル」と呼ばれている。 一人称は「ミー」。 語尾を延ばす(「 - ですー。 」等)口調が特徴。 しかも棒読み。 慇懃無礼な毒舌家で、やる気のない態度をとっていつもヴァリアー幹部を苛立たせている。 XANXUS以外のメンバーに面白みのあるあだ名をつけている。 背中にナイフを何本も突き刺されてもなぜか出血しなく、反応も無機質である(涙を流していたので不快ではある様子)。 復讐者をも欺くほどの腕を持つ世界に3人といない幻術の使い手であり、幻術の師匠は六道骸で、白蘭によって窮地に追い込まれた骸の脱出を手助けし、骸の脱獄にも一役買っている。 コミックス25巻「ルッスーリア3丁目」において、プロフィールは「TOP SECRET」となっている。 ヴァリアー入隊の経緯はスカウト(本人によると人さらい)。 匣兵器とそれを開けるリングを持っているが、本人の話では開匣には決めポーズが必要らしく、カエルの帽子のせいでポーズに組み込まれている「両手を上げる」ということができないせいで開匣できないらしい(ベル先輩型囮匣は普通に開けられていたが)。 ポーズ方法は「両手を前に、右手を上げて、左手も上げて、ハァ~、開匣!! 」になる。 イタリア戦線では、ベルと共に拠点の古城から南地点でジル達ミルフィオーレ隊員と戦闘を繰り広げ、ジルの攻撃から幻術でベルを守った。 その後M・Mを訪ねて(その際ルッスーリアにはW・Wと間違われていた)ヴァリアー本部を離れ、M・Mや犬・千種らと合流、経緯は不明だが(幻術によりミルフィオーレの使者になり済ました模様)復讐者の牢獄から師匠である骸を救い出し、3人の真6弔花との戦いの最中に姿を見せる。 投票する 声 - 吉田仁美 ツナと同い年の女の子で、3丁目に住んでいる。 年齢は14歳(中学2年生)。 5月3日生まれの牡牛座。 身長156. 5cm、体重46kg。 好物はモンブラン。 嫌いなものはエロい人(大人ランボ)。 アニメでは演歌好きの設定が追加(声優の吉田仁美が演歌が得意なため)。 偏差値の高い名門女子中学校(緑中)に通っているが、天然ボケでドジ。 英語交じりの少し変な敬語で話す。 一人称は「ハル」。 口癖は「はひ」。 ツナのことは「ツナさん」と呼んでいる。 当初はリボーンが可愛くて惚れ込んでおり、ツナのことを「リボーンちゃんをたぶらかしている」と思い込んで目の敵にしていたが、溺れた所を死ぬ気状態のツナに助けられて以来、ツナに好意を向けるようになった。 思い込みが激しく妄想することがあり、一人で先走ってしまい話をややこしくすることも多々。 マフィアの存在についてはあっさり受け入れており(詳しいことは分かっていない)、将来の夢はマフィアのボス(つまりツナ)の妻。 小1のときの将来の夢は日本一の着ぐるみ職人になることだった。 父・晴良(声:蓮岳大)は大学の数学教授。 設定上、母親もいるが、作中では登場はしていない。 投票する 声 - 高橋広樹 ヴァリアーのNo. 2で、好戦的な性格の長い銀髪の剣士。 火薬仕込みの剣を使う。 スクアーロ(squalo)はイタリア語で「鮫」を意味する。 年齢は22歳。 3月13日生まれの魚座。 身長182cm、体重75kg。 好きな言葉は「誇り」。 好物はマグロのカルパッチョ。 嫌いなものはXANXUSのご機嫌取り。 好きな動物は鮫。 趣味は剣の手入れ。 「う゛お゛ぉい! 」が口癖で、常時ドスのきいた声でがなり立てている。 フゥ太の声の大きいマフィアランキングでは堂々の第一位。 かつて剣帝テュールとの戦いで、左手を持たない剣帝の技を理解するために自ら左手を切り落とし、その後は剣を着脱できる義手を着けている。 その義手は全方向に自在に動かせるため、死角はない。 ヴァリアーのボスになる力を持っていたが、XANXUSの怒りに憧れボスの座を譲り、彼の計画成功の験担ぎとして髪を8年間伸ばし続けていた。 誰もが恐れる凶暴な男だが、ヴァリアー内部ではその血の気の多い性格はむしろあしらいやすいらしく、XANXUSにはカスザメ、フランには「アホのロン毛隊長」などと呼ばれている。 投票する 声 - 明坂聡美 ボンゴレリング争奪戦において、ツナ側の霧の守護者として現れた少女。 12月5日生まれの射手座。 13歳(中学2年生)。 血液型不明。 身長152cm。 体重41kg。 好物は水飴、麦チョコ。 嫌いな食べ物は脂っこいもの、パイナップル。 パイナップルが嫌いな理由は食べると口の中がかゆくなるから。 好きな動物は猫。 六道骸と同じ髪型で同じ武器(三叉槍)を持ち、名前は「六道骸」のアナグラムとなっている。 右目に髑髏の模様の眼帯を付け、黒曜中の制服をへそ出し仕様に改造したものを着用している。 骸を常に意識した姿をしており、骸を「骸様」と呼び、彼の意思に従い行動している。 なお、小説版リボーンの短編「mono・CHROME」では、犬が髪型を整えた設定となっている。 本名は「凪(なぎ)」。 六道骸に似た風貌の少女。 牢獄にいる骸に代わり霧の守護者を務めている。 14歳(中学2年生)時点で、身長168cm(自称では172cm)、体重54kg。 ボンゴレ嵐の守護者。 未成年ながらタバコを吸い(アニメでは吸っていない)、多くのアクセサリーを身に着けている。 ダイナマイトを携帯していて、ことあるごとに使用する。 特技はピアノで、自室にグランドピアノを一台保有しており、ビアンキによると腕前はプロ級。 髪型はDrシャマルのマネをしている。 同い年の沢田綱吉(ツナ)を慕っている。 容姿は物語開始時からクラスメートの女子に「かっこいい」と評されているほどのイケメンではあるが後述の性格のため、どこか三枚目な役回りもあり、厳密に言えば二枚目半。 聴覚が鋭い。 視力は不明だが、稀に眼鏡をかけることがある。 嵐のリングの守護者。 ツナと同じクラスの男子中学生で自称ツナの右腕。 ダイナマイトが武器の殺し屋。 投票する 声 - 近藤隆 並盛中学校の風紀委員長。 通称・ヒバリ。 5月5日生まれの牡牛座(誕生日は学校が休日という理由で覚えている)。 年齢、血液型は不明(年齢については忘れたらしい)。 身長169cm、体重58kg。 一人称は「僕」。 好きな言葉は「咬み殺す」「ワオ」。 好きな寿司ネタはかんぱち、ヒラメのえんがわ。 好物は和食とハンバーグ。 好きなカキ氷は宇治金時。 愛車はスズキ・カタナ。 原作では標的16(第16話)、アニメでは標的1(第1話)から登場。 並盛中学校だけではなく、並盛町一帯の頂点に立ち、裏社会も牛耳る最強最恐の不良。 愛校心が人一倍強く、風紀委員の部下に手配させた校歌を着うたにしたり、常に制服を着ているなどの諸行動が見受けられる。 制服は学校指定のブレザーではなく、旧服の学ランを肩に羽織り、その袖には風紀委員の腕章を付けている。 なお、了平の入学時には既に風紀委員長であったことや、バイクを乗り回したり、「自分はいつでも好きな学年」という発言もあることから正確な年齢は不明である。 雲のリングの守護者。 並盛中学校の風紀委員長。 武器はトンファー。 コメントは新しい順に1000件まで表示されます。 ユニテンのランキングは最新のアルゴリズムにより不正投票・多重投票を自動で除外し、より適切な順位を算出できるようにアップデートを繰り返しています。 なお別の投票項目へ最初に投票した場合は、問題なくカウントされます。 1000票以前の投票は自動的に削除されます。 家庭教師ヒットマンREBORN! (かてきょーヒットマンリボーン)(家庭教師ヒットマンリボーン) のランキングです。 tv-tokyo. html 2006年秋アニメ 原作:天野明 監督:今泉賢一 シリーズ構成:岸間信明 キャラクターデザイン:田中将賀 メカニックデザイン:沙倉拓実 音楽:佐橋俊彦 アニメーション制作:ARTLAND 製作:テレビ東京・電通・ARTLAND 放送局:テレビ東京系列他 放送期間:2006年10月7日 - 2010年9月25日 話数:全203話.

次の

†復活☆長編夢Rank†

家庭 教師 ヒットマン リボーン 夢 小説

00 []• ある日、ツナ達の学校に転校生がやってくる。 その転校生にはある秘密があった…。 原作(アニメ)とオリジナルが交じったリボーンの夢小説第一弾!! 『雪の守護者』とは別の目線 パラレルワールド? で書いています。 なので『雪の守護者』と比べて読むといいかもです。 「暗殺部隊に雪」も別の目線…だと思います。 更新は遅いと思いますが、良かったら見ていってください!! 感想、駄目だし大歓迎です!! (な、ななななんと! 閲覧数30000超えました!! 皆さん本当にありがとうございます!! リボーン本当に大好きでした!! えー今回のp. 103ですが… 新護やっと喋ったー。 もう一回も喋んないかと思ったわー。 あー良かった良かった。 …ここ書く時何故か他人事になる。 不思議。 何だかいつもと違うテイストになった気がします。 何か、うん。 何かだ。 9代目と男の人の掛け合いが上手く行かない。 31巻辺りを読み直せ状態です。 ごめんなさい笑 ていうかすみません3カ月放置してました。 部活とバイトやってると休みがないない;長らくすみませんでした; また長らくになってしまうんでしょうけど…。 気長にお待ち下さいませ! 次回! 新護の過去は終わる。 だがまだ語られていない『約束』。 それでは次回まで…Chao!!

次の

テレビアニメ「家庭教師ヒットマンREBORN!」キャラクター人気投票ランキング:ユニテン

家庭 教師 ヒットマン リボーン 夢 小説

「なーに? もうひかないの? 」 「なんで今日もテメエがここにいんだよ」 「図書室にまで旋律が聞こえてきてねえ…気づいたらここにいたんだよ。 いつも」 「不思議ちゃんかよ」 「ねーねえ、ひかないの? お昼休み終わっちゃうじゃん」 「お前のためにひいてるわけじゃねえ」 「いつもそう言って、私が来るとひくのやめちゃうよね。 んーーーー、、、」 「何だよ、用がねえなら帰んな」 「私が帰ったらまたひいてくれるの? 」 「…」 「恥ずかしいの? 男の子がピアノひくのは恥ずかしい事じゃないよ。 かっこいいじゃん」 「…」 「ねえねえねえ、ごーくでーらくーん? 」 「…」 無視だ。 シカトだ。 答えてくれない。 「…」 何の曲なのかは知らないけれど、聞いていると心がふわふわ、ゆらゆらする。 春にほころぶ桜の花みたいにあったかくてやわらかくて。 すうっと染み込む心地よい旋律。 楽器の音はこんなに深くて、優しくて、ぬくかったのかぁ。 獄寺君のひいているピアノを聴いているとそんな事を考えられる。 音楽の授業の鑑賞ではそんな事思わないのに。 「…い、おい、テメ」 「…わぁ! 目の前に獄寺君だ。 どうしたの? 」 「…チャイム鳴ったぞ」 「あれ? そうだったの? いつもに増して瞑想しちゃったなぁ」 「あっそお」 「ねえ、明日もひくの? 」 「さあな…気分だ」 「だめだよ! 明日もひいて! 」 「はァ? 約束だぁ? 」 「うん! そうだよ。 明日もピアノひいてね。 そうだなあ、今日と違う曲! 違う曲がいいなぁ」 「おい待て待て。 ひくなんて俺は」 「ひいてよ? 私ね、大好きなんだよ」 「…は、はあ!!? 」 「獄寺君のピアノの音色、大好きなんだよ」 「…」 「明日ね! ばいばい! 」 「…」 …ピアノの音が好きという事もあるけど …獄寺君本人の事も大好き。 本人に言うことはないけどね。 ピアノをひく姿勢がとても綺麗なんだよ。 窓から入った光が反射してスポットライトに当たってるみたいなの。 そこだけ音楽ホールになるんだ。 錯覚するんだ。 それだけじゃない。 目つきが怖いけど、本当はとっても優しい。 常に喧嘩腰だけど話は聞いてくれる。 ピアノが繋げてくれた彼と私。 明日もきっと図書室に行かずにピアノに耳を傾ける事になるんだろうなあ。

次の