ラグビー ウルグアイ。 ラグビーワールドカップのウルグアイ代表メンバー注目選手や監督は?順位予想や対戦日程も

ウルグアイ「素晴らしい場所」釜石で歴史的勝利

ラグビー ウルグアイ

本当にカナダ代表の振る舞いとは対照的なひどい行動で残念です。 他にも、シンガポールの「ザ・ストレーツ・タイムズ 」もこの件についてワールドラグビーが謝罪したという内容を報じています。 被害にあった店へのウルグアイからの謝罪や補償は? ウルグアイ代表は今月13日に熊本市で試合を行った後、選手を含むおよそ20人のグループが深夜に市内の飲食店を訪れました。 その時に勝手にカウンターの中に入って店の酒を飲んだり、壁に穴をあけたり、ぬいぐるみを引き裂いたり、店の音響機材に酒をかけたりしたということで、被害額は少なくとも400万円を超えるとみられています。 事実であれば本当にありえない行動ですし、日本人ならほぼ間違いなく捕まっていたでしょう。 ワールドラグビーはこの件について大会を通じて謝罪を行い、事件の解決に向けて対応することを明らかにしています。 しかしウルグアイ側から謝罪や補償についての正式なコメントはなく、Twitterの公式アカウントでは帰国したチームの写真を投稿しているだけで、このは触れられていない状況です。 被害にあった店側は、防犯カメラの映像などから選手2人を特定し、傷害と器物損壊の疑いで刑事告訴を行うとのことですが、 すでにウルグアイ代表は帰国しており、罪に問えるかどうかはわかっていません。 共同通信によれば、帰国前に警察は関わった選手に事情聴取をしたということですが、なぜそのまま帰国させてしまったのでしょうか。 いずれにしても、日本人としては非常に不快でとても納得できる内容ではありません。

次の

東京の8歳がウルグアイ国歌斉唱 「素晴らしい」と反響

ラグビー ウルグアイ

ラグビーワールドカップの ウルグアイvs. フィジー戦で、 一人の日本の少年が世界を感動の渦に巻き込んでいます。 試合前に マスコットキッズとして登場した少年が、ウルグアイのアンセムを完璧に覚えてきて、 全力で熱唱したのです。 その 動画がラグビーワールドカップ公式ツイッターにアップされて、 世界中から賞賛のコメントが集まっているのです。 ウルグアイのキャプテン、 フアンマヌエル・ガミナラの前で、キャプテンに肩を抱かれながら一緒になって歌う マスコットキッズの姿がありました。 ウルグアイのアンセム 「Himno Nacional de Uruguay」を最初から最後まで完璧に歌い上げる姿は、多くの人を驚かせ、そして 感動を生んだのです。 キャプテンのガミナラも、たぶん 驚いたんだと思います。 試合前で最高潮に感情が高ぶり、そして緊張もしているだろう場面にも関わらず、その少年の頭を優しくポンポンとたたき、笑いあっている姿は 本当に微笑ましいものでした。 他国の国家を観客やマスコットキッズが歌うという場面は、今までの長いラグビーの歴史の中でも 見た事がありません。 そんな姿に、世界中の人たちがまずは 驚き、そして同時に 感動しているのですね。 このウルグアイ国歌を歌った少年だけではなく、各会場で日本の観客が、 各国の国歌を歌っている姿が 海外の話題を呼んでいるのですね。 日本という国は、 何という素敵なおもてなしをするんだ!と驚かれているわけです。 他国の国家を歌っておもてなしをするという流れを作り出したのは、元日本代表のキャプテンで、ノーサイドゲームに出演したことでも話題になっている 廣瀬俊朗なんですよね。 廣瀬俊朗は、せっかく日本でラグビーワールドカップが開催されるのだから、日本ならではの 「おもてなし」がしたいという気持ちから、 各国の国歌をみんなで歌ったら感動するのではないかと思い立ったようです。 その思惑が見事にハマり、 世界中の人たちが感動し始めているわけですね。 このウルグアイ国歌を熱唱した少年は、東京都の青木創太くん(8歳)だということが後で報道されていました。 そして青木創太くんは、廣瀬俊朗らの国歌を覚えるプロジェクト 「スクラムユニゾン」が公開している動画を見て、ウルグアイ国歌の スペイン語の歌詞を覚えたらしいですね。 素晴らしいおもてなしの気持ちが、 世代を超えてどんどんと広がっているのですね。 何と素晴らしいことなんでしょう。 そしてそのような感動的な国歌斉唱の後、 ウルグアイは大方の下馬評を覆し、 フィジーを破ったのです! ほとんどの人は フィジーが勝つと予想していたのですね。 今大会初の番狂わせが釜石の地で起こったわけですね。 もちろんウルグアイ国歌を熱唱した少年が、直接影響を与えたわけではないですが、 ウルグアイに良い流れを作ったことは間違いないでしょう。 試合後、勝利に酔いしれるキャプテンの フアンマヌエル・ガミナラは、次のように語っていました。 「マスコットキッドとして一緒に入場した少年が、僕たちのウルグアイ国歌を何も見ずに大きな声で一緒に歌ってくれたんだ。 何度も国際大会でプレーしてきたが、こんなサプライズは初めての経験。 最後に思わず腕を回して抱きしめてしまったよ。 彼の歌声も今日の勝利に向けて大きな後押しをしてくれた。 本当にうれしかったよ」 こんな素敵な場面が、これからも観たいですよね。 多くの人たちが、ラグビーワールドカップが 日本で開催されてよかったと思ってもらえるような大会になれば本当に嬉しいですよね。

次の

釜石で起きた大きな奇跡。不屈の精神でウルグアイと市民が歴史を創る|ラグビー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

ラグビー ウルグアイ

ラグビーワールドカップの ウルグアイvs. フィジー戦で、 一人の日本の少年が世界を感動の渦に巻き込んでいます。 試合前に マスコットキッズとして登場した少年が、ウルグアイのアンセムを完璧に覚えてきて、 全力で熱唱したのです。 その 動画がラグビーワールドカップ公式ツイッターにアップされて、 世界中から賞賛のコメントが集まっているのです。 ウルグアイのキャプテン、 フアンマヌエル・ガミナラの前で、キャプテンに肩を抱かれながら一緒になって歌う マスコットキッズの姿がありました。 ウルグアイのアンセム 「Himno Nacional de Uruguay」を最初から最後まで完璧に歌い上げる姿は、多くの人を驚かせ、そして 感動を生んだのです。 キャプテンのガミナラも、たぶん 驚いたんだと思います。 試合前で最高潮に感情が高ぶり、そして緊張もしているだろう場面にも関わらず、その少年の頭を優しくポンポンとたたき、笑いあっている姿は 本当に微笑ましいものでした。 他国の国家を観客やマスコットキッズが歌うという場面は、今までの長いラグビーの歴史の中でも 見た事がありません。 そんな姿に、世界中の人たちがまずは 驚き、そして同時に 感動しているのですね。 このウルグアイ国歌を歌った少年だけではなく、各会場で日本の観客が、 各国の国歌を歌っている姿が 海外の話題を呼んでいるのですね。 日本という国は、 何という素敵なおもてなしをするんだ!と驚かれているわけです。 他国の国家を歌っておもてなしをするという流れを作り出したのは、元日本代表のキャプテンで、ノーサイドゲームに出演したことでも話題になっている 廣瀬俊朗なんですよね。 廣瀬俊朗は、せっかく日本でラグビーワールドカップが開催されるのだから、日本ならではの 「おもてなし」がしたいという気持ちから、 各国の国歌をみんなで歌ったら感動するのではないかと思い立ったようです。 その思惑が見事にハマり、 世界中の人たちが感動し始めているわけですね。 このウルグアイ国歌を熱唱した少年は、東京都の青木創太くん(8歳)だということが後で報道されていました。 そして青木創太くんは、廣瀬俊朗らの国歌を覚えるプロジェクト 「スクラムユニゾン」が公開している動画を見て、ウルグアイ国歌の スペイン語の歌詞を覚えたらしいですね。 素晴らしいおもてなしの気持ちが、 世代を超えてどんどんと広がっているのですね。 何と素晴らしいことなんでしょう。 そしてそのような感動的な国歌斉唱の後、 ウルグアイは大方の下馬評を覆し、 フィジーを破ったのです! ほとんどの人は フィジーが勝つと予想していたのですね。 今大会初の番狂わせが釜石の地で起こったわけですね。 もちろんウルグアイ国歌を熱唱した少年が、直接影響を与えたわけではないですが、 ウルグアイに良い流れを作ったことは間違いないでしょう。 試合後、勝利に酔いしれるキャプテンの フアンマヌエル・ガミナラは、次のように語っていました。 「マスコットキッドとして一緒に入場した少年が、僕たちのウルグアイ国歌を何も見ずに大きな声で一緒に歌ってくれたんだ。 何度も国際大会でプレーしてきたが、こんなサプライズは初めての経験。 最後に思わず腕を回して抱きしめてしまったよ。 彼の歌声も今日の勝利に向けて大きな後押しをしてくれた。 本当にうれしかったよ」 こんな素敵な場面が、これからも観たいですよね。 多くの人たちが、ラグビーワールドカップが 日本で開催されてよかったと思ってもらえるような大会になれば本当に嬉しいですよね。

次の