鬼 滅 感想。 【感想】鬼滅の刃に1mmもハマらなかった。過大評価されてない?【ネタバレ注意】|今日はヒトデ祭りだぞ!

【みんなの口コミ】舞台『鬼滅の刃』の感想評判評価

鬼 滅 感想

鬼滅の刃16巻136話ネタバレ お昼休憩 修行は休憩、炭治郎たちはご飯中。 行冥の弟子になった事や身体の心配をしてくれた事を、玄弥が話している。 相槌を打つ炭治郎、この後は義勇の所に行くから一緒に行くかと問いかける。 まだ岩も動かせてないからと断る玄弥に、バクバクご飯を食べていた伊之助が反応する。 自分はもう少しだと元気に伝える伊之助に、玄弥が呼吸が使えないと返す。 すると伊之助は呼吸を使えない事をガハハと笑い、二人は取っ組み合いに。 炭治郎は伊之助を尻にひき動きを封じながら、玄弥に話しかける。 内容は風柱のお兄さん・実弥についてだった…。 善逸のやるべき事 場面は変わり、山の中。 昼ご飯を終え、残り物を届けに来た炭治郎、岩の上に座っている善逸を見つけ話しかける。 岩は動いたかと尋ねられ、後ろを向いたまま出来ていない事を伝える善逸。 炭治郎はそのまま、この後、義勇の下へ向かう事を告げるが、反応のない善逸に心配そうだ。 大丈夫かと聞いてみると、「やるべき事が見つかっただけだ」と返す善逸。 まだ不安の抜けない炭治郎、再度声をかけ、オロオロし出す。 そんな彼に体勢を変える事なく、心配してくれた事への感謝と、 各自やるべき事をやれ、これは俺がやらなきゃいけない、と言う善逸の顔は、血に塗れていた…。 義勇と稽古 山の道を歩く炭治郎は、善逸の心配や禰豆子に会えていない事を思い、哀しみにくれていた。 地図を手に持ちながら義勇の下へにやっと着くと、そこでは…。 義勇と実弥がとんでもない威圧を放ちながら何やら戦っていた! 二人の対決に、林の影からビビる炭治郎であったが、実弥の勢いが加速しそうな為に止めに入る。 暴力反対と言いながら、義勇を守るように玄弥の前で両手を広げ立ちはだかる炭治郎。 苛つく実弥は煽り言葉を炭治郎に掛けるが、炭治郎には全く効かず、意味不明な回答をされる。 すると、それをただ眺めていた義勇が、おはぎ好きなのかと呟いた。 炭治郎はおはぎの話を続けるが、実弥はついにブチ切られ、殴り飛ばされていった…。 目を覚まし、慌てる炭治郎の横には、膝を抱えてしゃがみ込んでいた義勇がいた。 今の状況を話してくれる義勇。 実弥は怒って帰り、ただの喧嘩ではなく柱同士で稽古をしていた事。 話を聞いてやっと腑におちた炭治郎は、申し訳なさを義勇に伝える。 それに対し、義勇は実弥の好物が分かって良かったと返す。 今度おはぎをプレゼントすれば喜ぶだろうと二人の妄想は続く…。 いつの間にか夜になっていた。 場面は苛立ちながら山道を歩いていたが、横の草むらから何か動いた音がしたのを聞き、それを即座に手で捕まえる。 手を開き中身を見てみると、漢字が一文字書かれた眼球のようなものが血を流し潰れていた…。 なぜ現る? 場面はまた変わり、産屋敷邸で布団で寝たきりのお館様と横に正座し付き添うあまねの姿が。 そこに誰かがやって来る…。 お館様は寝たきりのまま、はじめましてと挨拶を伝えたその相手は…、 まさに無惨であり、挨拶もなしにお館様に向かって情けないと言い放った。 鬼滅の刃16巻136話の扉絵とタイトル考察 136話の扉絵は、お館様と見られる爛れ包帯を巻かれた腕にピントが当たっているイラストです。 そしてその腕に指を置くのは、多分あまねさんの手です。 あまねさんがお館様に付きっきりで看病されているのは、もう明らかですよね。 最後の場面に繋がるような胸が苦しくなる扉絵ですね…。 また、136話のエピソードタイトルは「動く」でした。 今話では何が動いていたでしょうか。 前話では木の影に隠れながら、他の人々が反復動作に励むのを焦っていましたが、今話では何か覚悟を決めたような顔で新しい「動き」に出ていました。 義勇が実弥と仲良くしようと新しく「動く」想像を広げていました。 気持ち悪い物体が「動く」のを実弥が発見しました。 お館様の下に、ついに無惨が現れるという嫌な予感しかしない「動き」がありました。 以上4点が「動く」に関係するかなと思いますが、義勇の想像以外の3点はかなり意味深ですね…。 今後の展開に大きく作用してきそうです。 鬼滅の刃16巻136話の名台詞 義勇の「不死川は…おはぎが好きなのか…」です。 実弥を煽っているのかと思いましたが、仲良くしたかったのですね。 おはぎが好きな事をバラされて、照れながらブチ切れる実弥も面白かったですが、 懐からおはぎを差し出すと仲良くなれるかもと思う義勇も相当面白かったです。 炭治郎の鼻の良さが、どんな展開を巻き起こすのか!?必見です。 それにしても好物ばかりを食べる実弥、偏食ですね! 鬼滅の刃16巻136話の感想・考察まとめ 呼吸を使えないながらも訓練に励む玄弥、泣けますね…。 また、善逸は何の訓練に励んでいるのでしょうか? 終盤は不穏な空気が流れていました。 実弥が手に掴んだあの物体といい、無惨といい…。 137話はどんなお話になるのでしょうか。 ドキドキです。

次の

鬼滅の刃は面白い?つまらない?感想・評価まとめ

鬼 滅 感想

鬼滅の刃16巻136話ネタバレ お昼休憩 修行は休憩、炭治郎たちはご飯中。 行冥の弟子になった事や身体の心配をしてくれた事を、玄弥が話している。 相槌を打つ炭治郎、この後は義勇の所に行くから一緒に行くかと問いかける。 まだ岩も動かせてないからと断る玄弥に、バクバクご飯を食べていた伊之助が反応する。 自分はもう少しだと元気に伝える伊之助に、玄弥が呼吸が使えないと返す。 すると伊之助は呼吸を使えない事をガハハと笑い、二人は取っ組み合いに。 炭治郎は伊之助を尻にひき動きを封じながら、玄弥に話しかける。 内容は風柱のお兄さん・実弥についてだった…。 善逸のやるべき事 場面は変わり、山の中。 昼ご飯を終え、残り物を届けに来た炭治郎、岩の上に座っている善逸を見つけ話しかける。 岩は動いたかと尋ねられ、後ろを向いたまま出来ていない事を伝える善逸。 炭治郎はそのまま、この後、義勇の下へ向かう事を告げるが、反応のない善逸に心配そうだ。 大丈夫かと聞いてみると、「やるべき事が見つかっただけだ」と返す善逸。 まだ不安の抜けない炭治郎、再度声をかけ、オロオロし出す。 そんな彼に体勢を変える事なく、心配してくれた事への感謝と、 各自やるべき事をやれ、これは俺がやらなきゃいけない、と言う善逸の顔は、血に塗れていた…。 義勇と稽古 山の道を歩く炭治郎は、善逸の心配や禰豆子に会えていない事を思い、哀しみにくれていた。 地図を手に持ちながら義勇の下へにやっと着くと、そこでは…。 義勇と実弥がとんでもない威圧を放ちながら何やら戦っていた! 二人の対決に、林の影からビビる炭治郎であったが、実弥の勢いが加速しそうな為に止めに入る。 暴力反対と言いながら、義勇を守るように玄弥の前で両手を広げ立ちはだかる炭治郎。 苛つく実弥は煽り言葉を炭治郎に掛けるが、炭治郎には全く効かず、意味不明な回答をされる。 すると、それをただ眺めていた義勇が、おはぎ好きなのかと呟いた。 炭治郎はおはぎの話を続けるが、実弥はついにブチ切られ、殴り飛ばされていった…。 目を覚まし、慌てる炭治郎の横には、膝を抱えてしゃがみ込んでいた義勇がいた。 今の状況を話してくれる義勇。 実弥は怒って帰り、ただの喧嘩ではなく柱同士で稽古をしていた事。 話を聞いてやっと腑におちた炭治郎は、申し訳なさを義勇に伝える。 それに対し、義勇は実弥の好物が分かって良かったと返す。 今度おはぎをプレゼントすれば喜ぶだろうと二人の妄想は続く…。 いつの間にか夜になっていた。 場面は苛立ちながら山道を歩いていたが、横の草むらから何か動いた音がしたのを聞き、それを即座に手で捕まえる。 手を開き中身を見てみると、漢字が一文字書かれた眼球のようなものが血を流し潰れていた…。 なぜ現る? 場面はまた変わり、産屋敷邸で布団で寝たきりのお館様と横に正座し付き添うあまねの姿が。 そこに誰かがやって来る…。 お館様は寝たきりのまま、はじめましてと挨拶を伝えたその相手は…、 まさに無惨であり、挨拶もなしにお館様に向かって情けないと言い放った。 鬼滅の刃16巻136話の扉絵とタイトル考察 136話の扉絵は、お館様と見られる爛れ包帯を巻かれた腕にピントが当たっているイラストです。 そしてその腕に指を置くのは、多分あまねさんの手です。 あまねさんがお館様に付きっきりで看病されているのは、もう明らかですよね。 最後の場面に繋がるような胸が苦しくなる扉絵ですね…。 また、136話のエピソードタイトルは「動く」でした。 今話では何が動いていたでしょうか。 前話では木の影に隠れながら、他の人々が反復動作に励むのを焦っていましたが、今話では何か覚悟を決めたような顔で新しい「動き」に出ていました。 義勇が実弥と仲良くしようと新しく「動く」想像を広げていました。 気持ち悪い物体が「動く」のを実弥が発見しました。 お館様の下に、ついに無惨が現れるという嫌な予感しかしない「動き」がありました。 以上4点が「動く」に関係するかなと思いますが、義勇の想像以外の3点はかなり意味深ですね…。 今後の展開に大きく作用してきそうです。 鬼滅の刃16巻136話の名台詞 義勇の「不死川は…おはぎが好きなのか…」です。 実弥を煽っているのかと思いましたが、仲良くしたかったのですね。 おはぎが好きな事をバラされて、照れながらブチ切れる実弥も面白かったですが、 懐からおはぎを差し出すと仲良くなれるかもと思う義勇も相当面白かったです。 炭治郎の鼻の良さが、どんな展開を巻き起こすのか!?必見です。 それにしても好物ばかりを食べる実弥、偏食ですね! 鬼滅の刃16巻136話の感想・考察まとめ 呼吸を使えないながらも訓練に励む玄弥、泣けますね…。 また、善逸は何の訓練に励んでいるのでしょうか? 終盤は不穏な空気が流れていました。 実弥が手に掴んだあの物体といい、無惨といい…。 137話はどんなお話になるのでしょうか。 ドキドキです。

次の

鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

鬼 滅 感想

いち鬼滅ファンとしてあの世界観を 目の当たりにでき,炭治郎,禰豆子の兄妹愛。 最高でした。 良い席で見れて嬉しかった…… 義勇さんを演じる礼生くんが見れて心の底から満足。 無惨様最高です。 あとそれぞれの役に見せ場があるのが良かったです。 個人的にはアニメや漫画よりも鬼のビジュアルが好みでめっちゃ観察しました。 もう、最高でした。 演者さんがひとりひとり物凄く原作を勉強して 役に取り組んでいる様が凄い伝わるいい舞台でした。 原作の再現率が凄い。 続編あってもなくてもって感じの終わり方だった。 確かにミュージカルだ。 スカーフ冨岡さん完売。 いやぁ、面白かったな。 結構なボリュームの原作部分を 消化したけど体感時間がめっちゃ短い。 やはり脚本と演出は大事だと当たり前の事を再確認して帰ってきました。 なんか圧倒されました。 漫画・アニメも凄く面白かったけど、 舞台は生で空気を感じることが出来てそれぞれの良さがありますね。 わたしにも炭治郎の慈しい音が聞こえた気がします。 皆様初日本当におめでとうございます!! 本当に最高でした。。 面白かったぁ。 ほぼミュージカル。 そしてめちゃくちゃ2. 5次元。 歌詞で盛大にネタバレしてくるけど 原作ものだからアリ…なのか? 舞台になってもやっぱり炭治郎が喋る喋る! 台詞量とんでもなかったです。 個人的に無惨がソロを歌い上げるシーンが 上手い故に怖さ倍増で大好きでした。 無事2. 5次元デビューしました! 凄かったぞ!! 2. すっごい楽しかった! 終わったあとは語彙力失踪して抜け殻 いつも ほわほわしてた🐗 我妻善逸は存在してた.... 5次元だったけど、炭治郎のアクションに驚かされ、 禰豆子の一つ一つの動きが可愛いらしく、鱗滝さんのアドリブで大爆笑w 原作を忠実に再現されててとても感動しました。 そして、初日にして朝から雪が降っているという、 天候も第一話を彷彿とさせるような一日でした。 ヒロイン、声のトーンと表情はコロコロ変わっていましたが、なぜか心に全く響かず、... ハッキリ言って失望しました。 これだけ大きなエンタメ... ハッキリ言って失望しました。 これだけ大きなエンタ... ここに電話しても夢を砕かれるマニュアル対応をされるだけです。 ハッキリ言... 195,724件のビュー 0 件のコメント• 63,233件のビュー 0 件のコメント• 45,716件のビュー 0 件のコメント• 38,775件のビュー 26 件のコメント• 38,046件のビュー 1 件のコメント• 36,488件のビュー 0 件のコメント• 35,251件のビュー 0 件のコメント• 29,402件のビュー 0 件のコメント• 28,117件のビュー 0 件のコメント• 27,070件のビュー 0 件のコメント• 26,046件のビュー 3 件のコメント• 25,628件のビュー 3 件のコメント•

次の