辻本茂雄。 辻本茂雄の嫁や子供は?性格が難アリな噂や小藪千豊の不仲説の真相は

辻本茂雄の小薮千豊との絶縁理由とブス嫁画像や裏の性格がヤバイ!?

辻本茂雄

辻本 茂雄(つじもと しげお、1964年10月8日 - )は、日本のお笑いタレント、喜劇俳優、俳優。 吉本新喜劇元座長の座員。 大阪府阪南市出身。 吉本興業所属。 NSC5期生。 来歴 和歌山県立和歌山北高等学校卒業。 自転車競技選手として、中学校時代より全国レベルの大会に出場するなどの実績を挙げ、高校は和歌山県屈指の自転車競技強豪校である和歌山北高の保健体育科に進学。 同校在籍時代は自転車競技部の主将を務め、2年時に国体7位、3年時に高校総体4位、高校選抜大会3位などの実績を挙げた。 これらの実績もあって、当初は競輪選手を目指していたが、ある日、実家のうどん屋の仕事で、うどんの鉢を買いに行った母親の荷物を運ぶため、自転車で駅まで迎えに行く途中で交通事故に遭い、その治療の過程で交通事故で負った怪我とは別に、両足に腫瘍が見つかったため断念せざるを得なくなった。 1986年、卒業後は吉本総合芸能学院(NSC)に5期生として進学する。 同期には亀山房代、前田勝(ティーアップ)、ぜんじろうなどがいる。 NSC在学中に阪上司(阪上は後に芸人引退)と漫才コンビ「三角公園USA」結成。 卒業後心斎橋筋2丁目劇場で活動、解散直前の1989年8月にはコンビ名を「三角公園」に改名する。 ダウンタウン司会の『4時ですよーだ』(MBSテレビ)にもアシスタントとして出演していたが、レギュラー昇格のチャンスが巡って来る前に番組が終了してしまった。 1989年10月にコンビを解散し、吉本新喜劇に入団する。 入団してしばらくは、同期の石田靖、同時入団の今田耕司、東野幸治らが主役級の大役をもらう一方、自身の特徴的な顎をいじられるという「アゴネタ」で笑いはとるもののそれだけですぐに出番が終わるだけの、セリフの少ない端役ばかりであった。 現状に危機感を持った辻本は、自らの成長のために「アゴネタの封印」を宣言したが、その後さらに出番が激減した。 そんな中、間寛平が座長を務める旅公演にて、スケジュールの都合で参加できなくなった座員の代役として抜擢される。 その公演で、ツッコミの腕が高く評価される。 「辻本のツッコミはおもろい」と寛平が周囲に売り込んだおかげで少しずつ頭角を現し、今田、東野が退団した後は主役級まで昇格、1995年にはニューリーダーに就任した。 同年頃から若手育成の場として「辻本茂雄芝居全集」を開始する。 199 「辻本茂雄」『ウィキペディア Wikipedia : フリー百科事典』。 2020年06月12日 金 00:37UTC 公式サイト• 関連アーティスト• お気に入り登録する• アイコン説明.

次の

辻本茂雄のアドリブとギャグは?小籔千豊や内場勝則との関係、嫁はどんな人?

辻本茂雄

2月公演をもって吉本新喜劇座長を勇退する辻本茂雄(54)が8日、京都市内で特別公演「茂造の覚悟」(4月23日~5月6日、よしもと祇園花月)の会見を行った。 昨年11月末、勇退発表後、会見は初めて。 吉本側から勇退を伝えられた当初は「ああ、そうなんや。 動員数では野球選手に例えるなら3割を打って、30本の本塁打を打っているのに、やめるのかというのはちょっとあった」。 新喜劇のトップスターは当初、わだかまりがあったことを明かした。 一昨年の冬に「新喜劇の世代交代があるかも」という話があったという。 吉本側とは話し合いを重ね、現在の心境について「後輩の座員がなかなか育っていない。 年配の方々がやめていく方が増える中、僕らが年配になって若手を支えていこうやないかという気持ちに切り替えた」と説明した。 今月4日、吉本興業は新喜劇が結成60周年を迎える3月1日に現在の6座長制から、4座長に次期座長候補の4リーダーを加えた体制に移行し、現座長の内場勝則(58)と辻本の2月公演での座長勇退を発表した。 辻本は漫才コンビ「三角公園USA」を経て89年、吉本新喜劇に入団。 11年に新喜劇座長に就任した。 白髪を生やしたジャージー姿の老け役のキャラクター「茂造」で幅広い世代から人気を得て、座長として新喜劇をリードしてきた。 「世間で有名になることができたのは吉本新喜劇のおかげ。 いまから僕がベテランとして若手を育てていって、恩返しせなアカンなという気持ちです」 勇退発表後、ファンが泣きながら近寄ってきて「あまりにも急すぎて…」と惜しむ声に「死んだんちゃうって」と切り返したという。 男性ファンからは「辻本さん、なんでや。 なんでやめんのや…」と迫られたことも。 「ハンカチ持って号泣するのはやめてください。 知らん人がみたらおかしな関係に見えるやん。 ぼくはベテランになって支えていくので、やめるわけではないです」と笑顔でファンにメッセージを送った。 特別公演は09年から上演されており、今作が第11弾。 今回は一人二役をこなし「茂造ワールド」がたっぷり楽しめる舞台だ。 「友情の涙あり、親子の涙あり。 笑って泣けるお芝居にしたい」と抱負を語った辻本は「足を運んだらどうや」と新喜劇でおなじみの言い回しでPRした。

次の

なんばグランド花月(NGK)-オフィシャルサイト-

辻本茂雄

2月公演をもって吉本新喜劇座長を勇退する辻本茂雄(54)が8日、京都市内で特別公演「茂造の覚悟」(4月23日~5月6日、よしもと祇園花月)の会見を行った。 昨年11月末、勇退発表後、会見は初めて。 吉本側から勇退を伝えられた当初は「ああ、そうなんや。 動員数では野球選手に例えるなら3割を打って、30本の本塁打を打っているのに、やめるのかというのはちょっとあった」。 新喜劇のトップスターは当初、わだかまりがあったことを明かした。 一昨年の冬に「新喜劇の世代交代があるかも」という話があったという。 吉本側とは話し合いを重ね、現在の心境について「後輩の座員がなかなか育っていない。 年配の方々がやめていく方が増える中、僕らが年配になって若手を支えていこうやないかという気持ちに切り替えた」と説明した。 今月4日、吉本興業は新喜劇が結成60周年を迎える3月1日に現在の6座長制から、4座長に次期座長候補の4リーダーを加えた体制に移行し、現座長の内場勝則(58)と辻本の2月公演での座長勇退を発表した。 辻本は漫才コンビ「三角公園USA」を経て89年、吉本新喜劇に入団。 11年に新喜劇座長に就任した。 白髪を生やしたジャージー姿の老け役のキャラクター「茂造」で幅広い世代から人気を得て、座長として新喜劇をリードしてきた。 「世間で有名になることができたのは吉本新喜劇のおかげ。 いまから僕がベテランとして若手を育てていって、恩返しせなアカンなという気持ちです」 勇退発表後、ファンが泣きながら近寄ってきて「あまりにも急すぎて…」と惜しむ声に「死んだんちゃうって」と切り返したという。 男性ファンからは「辻本さん、なんでや。 なんでやめんのや…」と迫られたことも。 「ハンカチ持って号泣するのはやめてください。 知らん人がみたらおかしな関係に見えるやん。 ぼくはベテランになって支えていくので、やめるわけではないです」と笑顔でファンにメッセージを送った。 特別公演は09年から上演されており、今作が第11弾。 今回は一人二役をこなし「茂造ワールド」がたっぷり楽しめる舞台だ。 「友情の涙あり、親子の涙あり。 笑って泣けるお芝居にしたい」と抱負を語った辻本は「足を運んだらどうや」と新喜劇でおなじみの言い回しでPRした。

次の