税理士 一般企業 転職。 【転職】税理士事務所から経理に転職した理由

税理士の転職は売り手市場!年齢・目的別におすすめの転職先を紹介

税理士 一般企業 転職

会計事務所から一般企業への転職を目指すという場合、 転職先として選ぶ企業の規模は気になるところだと思います。 私自身は中小企業経理と上場企業経理の両方を経験していますが、結論から言うと 上場企業の経理職がおすすめです。 上場企業を選ぶメリットとしては以下の2つが挙げられます。 (会計事務所にいたときと比べると、正直「 こんなに面白い仕事やらしてもらって、こんなにお給料もらっていいの?」という感じです…) 今回は、現在は会計事務所で働いているけれど、一般企業にシフトチェンジすることを考えている方向けに、転職先企業を選ぶ際のポイントについて解説させていただきます。 この記事の目次• 以下、順番に解説(というか、体験談ですね)をさせていただきます。 これはあきらかに大きい企業ほど有利です。 上場企業経理の年収: 600万円程度〜• 中小企業経理の年収: 450万円程度〜 ぐらいが初年度年収の相場かと思います。 (に無料登録すると非公開の経理財務求人がたくさん見れるようになりますので、情報収集のために登録だけでもやっておくのをおすすめします: 1分でできる作業なので今すぐやっておきましょう) 給料だけでなく、福利厚生も要チェック 私自身は、会計事務所を10年間で3社ほど経験した後、さらに2社ほど一般企業経理の転職を経験しています。 現在の所属企業は海外の証券取引所に上場している中堅規模の企業で、今から一つ前の所属企業は国内のごくごく平凡な中小企業でした(オーナー企業で経理番頭という感じの働き方をしていました) オーナー企業的な中小企業の場合、給料の金額はある程度 社長との交渉がものをいう部分があります(その意味は次の項目にて) オーナー社長の「で、いくらほしいの?」にどう答える? 強気に交渉できる方は高い年収を得られる人も多いですが、私は悲しいほど弱気な人間です(笑) 社長から年に1度「 で、いくらほしいの?」と「交渉したかったらしていいよー」的な雰囲気をせっかくだしてもらっても「 社長にお任せします…」的な返事しかできませんでした。 また、オーナー企業の場合、給料はある程度満足できても、 とにかく休めない!という仕事の仕方になりがちです。 仕事大好き人間な方はそれでもいいかもしれませんが、ライフワークバランスも気になる方はやっぱり上場規模の企業を狙うのがおすすめですね。 しっかり給料をもらえて、プライベートも充実させたいなら上場企業 大企業の場合、福利厚生が圧倒的にしっかりしている印象があります。 繁忙期に週休1日ペースで数ヶ月間仕事していたりすると、人事部から「 いい加減休んでください、マジです。 会社が労基署ににらまれてもいいと思ってるんですか?」的な脅しをかけられます(笑) サラリーマンの身としては嬉しいような悲しいような…なんですが、 長く健康的にやりがいを持って楽しく働くならやはりこういうことをしっかりしてくれるところの方が良いですよね。 これも結論から言うと圧倒的に上場企業の方が面白いです。 会計事務所時代は年間30件やっていた決算も… 決算や税務申告の業務はスタッフではできないので自分がメインでやりますが、 会計事務所時代は年間30件やってた決算業務も、一般企業経理担当者になると たったの年に1回です。 はっきりいって元気が有り余っている状態になってしまうと思うんですね。 こういうところで「まあこれでもいいか…楽だし…」で満足してしまうか、よりガツガツいくか(具体的には上場規模の企業などに挑戦していくか)は個人の選択の問題だとは思いますが、 あなたがまだ30代なら後者をおすすめします。 下手したら70歳ぐらいまで仕事し続ける時代ですから、どんどん成長し続けている方がきっと人生楽しいです(たぶん) 仕事に情熱を求める方は迷わず上場規模の経理への転職を狙いましょう。 上場企業経理ではどういう仕事をするのか? これはどういうレベルで入社するか(単なるスタッフか、あるいは管理職候補か)によっても変わってくるところですが、 会計事務所で3年間〜5年間程度の経験がある人であれば 管理職候補になるのが自然です。 実際の担当業務としては、日常的な経理についてはスタッフレベルの方の管理〜月次試算表等の作成などが基本になりますね。 さらにイベント的に入ってくる税務調査対応や、会計士への監査対応があります。 後者については会計事務所や小さな企業にいるとなかなか体験できない仕事だと思いますので、刺激がありますよ(公認会計士さんはめちゃくちゃに優秀な人ばかりで勉強になります) あと、私が所属している企業は海外に本社があるので、IFRSの対応準備やら本社との連結決算の打ち合わせやらで、 経理財務として いろいろと面白い仕事が経験できてます。 これから上場する、という段階の企業に行きたい方なら、IPO(株式公開)の準備なんかもおもしろいと思いますよ。 こう言う実務経験はその後のさらなるキャリアアップにもつながりますので、 30代で経験する仕事としてやりがいがあるのは間違いありません。 ベンチャーは普通に経営破綻するので注意 中小規模の企業(特にベンチャーレベルのスタートアップ企業)の経理に転職を考えている方は、 その会社の経営基盤がそもそもしっかりしているのか?というところは転職前にしっかりチェックしておくべきだと思います。 実際、ベンチャー規模の一般企業に経理管理職として迎えられていく会計事務所時代の同僚たちも結構いるのですが、「 会社自体つぶれちゃって今は転職活動やってるんだよね…」と言う人はすごく多いです。 ベンチャーで財務面は全面的にまかせてもらう…というのも仕事内容として魅力的なのはわかりますが、最低限ちゃんとつぶれずにやっていけそうな会社なのか?は精査しておかなくてはなりません。 現在、会計事務所で働いている方は、周りがみんな税理士を目指している環境にいると思います。 もちろん税理士を個人事業として開業するのも面白いキャリアだと思いますが、会計事務所でつちかった実務経験は、一般企業経理から高いニーズがあることは知っておいて損はないと思います。 いい会社に入って、面白い仕事をして、いっぱい給料もらう…。 そんな生活を目指すなら迷わず上場企業経理がおすすめです。

次の

税理士、一般企業の求人一覧 :: REX :: 公認会計士・税理士専門 転職エージェント

税理士 一般企業 転職

この記事の目次• 経理と会計事務所:年収の比較 転職で気になるのは何と言っても 年収ですよね。 未経験者の場合は会計事務所、一般企業経理ともに年収はあまり高くないのが現実です。 初任給で手取り 20万円ぐらい、年収にするとボーナス込みで 300万円〜350万円といったところが相場ではないでしょうか。 その後は会計事務所だと 500万円ぐらいまでアップできると思いますが、それ以上はあまり期待しないほうが良いです。 会計事務所は基本的に従業員10名程度の中小零細企業ですから、福利厚生は大企業に比べると圧倒的に悪いのです。 会計事務所に入るなら、その後に経理管理職として転職を狙うか、税理士資格を取得して独立を狙いましょう。 あまり長期間にわたって会計事務所にサラリーマンとして勤務することにはメリットはありません。 会計事務所からキャリアをスタートするメリットとしては、若いうちに会計職として濃い経験が積めることと、将来的に経理管理職としての転職や、税理士としての独立が見えてくることです(この点については後の方で解説します) 経理で出世コースの年収モデル 経理の場合の年収を見ていきましょう。 ある程度の企業の経理職であることが前提ですが、出世コースに乗って管理職クラスになれば 年収800万円〜も見えてきます。 役員クラスまで出世した場合には 年収1000万円を超える人もいるでしょう。 私の場合、会計事務所での経験がありましたので最初から経理管理職として転職することができました。 転職した時点では月収で40万円、年収で600万円程度でのスタートでした。 その後数年間を経て年収は800万円ほど。 現在は役員への出世を目指してサラリーマンを頑張っているという感じです。 [ad co-2] 経理と会計事務所:キャリアアップの比較 次に仕事の将来性、学べる内容という面で一般企業経理と会計事務所を比較してみます。 結論から言うと、 仕事の内容面(若いうちに学べること)では圧倒的に会計事務所のほうが有利です。 まずは経理事務の仕事内容から見ていきましょう。 経理事務に未経験で入社した場合の仕事内容 未経験で経理事務に入った場合、具体的に行う業務は 日常の入力作業や銀行振り込みなどの仕事が中心になります。 領収書整理や得意先への請求書送付、売掛金の管理や支払いなども基本業務ですね。 ややレベルが上がっていくと営業と連携して会計データから重点を入れるべき得意先を提案したり、粗利率のデータから仕入れ先の見直しを提案したり…といったような管理会計的な業務も視野に入ってくるでしょう。 その後、企業内部で経験を積んでいけば管理職に昇進し、企業の決算業務や、銀行融資担当者との交渉などの経験を積むことができると思います。 ただし、こうした進路は出世コースに乗っていること(管理職への登用がありうる採用入り口であることも含む)が前提ですし、この レベルまでいくには10年以上はかかるのが一般的です。 会計事務所は学べることが圧倒的に豊富 一方で会計事務所に未経験で入った場合には、 最初から決算と税務申告が仕事の中心になります。 経理事務で最初に経験するレベルの業務(日常の仕訳入力など)はすっとばして、いきなり決算や税務申告の業務を経験するということですね。 単純な作業は得意先の経理担当者がやってくれているので、その作業をチェックする仕事がメインになるというイメージです。 もちろん、チェックするためにはその仕事の意味をより高いレベルで理解していないといけないのは当然です。 会計事務所に入社する時点で、ある程度会計や税法については知識があるのが望ましいですね。 会計事務所からキャリアを積んでいくのなら、得意先の経理担当者がやってくれる日頃の仕訳入力が、決算や税務申告にどのようにつながっていくのかということを理解しながら知識を深めていきましょう。 このように、 会計事務所の仕事は経理事務よりも抽象度が高く、難易度も高い仕事になります。 入社当初から高いレベルの仕事が求められる分、「濃い」経験を積むことができます。 会計事務所で積んだ実務経験は、 その後の転職キャリアでは強い武器になってくれるのは間違いないですよ。 [ad co-3] 税理士を目指すなら会計事務所からのスタートを 将来的に税理士としての独立や転職を目指していくなら、 会計事務所からキャリアスタートするのがおすすめです。 経理事務からキャリアをスタートしても、税理士としての経験にはカウントすることは普通ありませんから、結局は会計事務所に入り直すことになる可能性が高いためです。 逆に、最初から税理士を目指さないのであれば、経理事務からスタートしてその企業内部で出世するコースを狙うほうが良いでしょう。 実務をしながら資格取得を目指せる環境か?が大切 税理士試験は超難関試験なので、できれば学生時代に資格を取ってしまうのが理想的ですね。 勉強は学生時代に集中してやるほうが早く合格までいけるのは間違いないです。 ただ、そういう人はあんまりいないのが現実です。 その場合には 会計事務所で実務経験を積みながら科目合格を目指しましょう。 その間仕事をしていれば5年間の実務経験を積むことも可能になります。 最悪、税理士試験に合格できなかったとしても実務経験でブランクが生まれることもありません。 ただし、この場合は勉強しながら仕事ができる環境のある会計事務所であることが前提になりますので、 転職活動は慎重に行う必要があります。 税理士試験の勉強をしながら会計事務所で働くための方法については別の記事で解説していますので、参考にしてみて下さい。 数年間、税理士試験の勉強に専念するのはアリ? 数年間は試験勉強に専念するという選択肢も一応考えられますが、合格に至らなかった時には転職キャリア的に大きなリスクを負うことになることは理解しておくべきですね。 無職の期間があるのは、転職では圧倒的に不利になるのは間違いないので注意しましょう。 会計事務所から経理もおすすめ 個人的には 会計事務所で経験を積んだら、そのまま一般企業経理への転職を目指すのもアリだと思っています(私もこのコースを選びました) できれば会計事務所勤務時代に税理士試験に合格しておきたいところですが、こればかりは受かる人と受からない人がいますので、ダメだった時の選択肢も考えておくべきです。 会計事務所での決算業務や税務申告に関する経験や、中小企業経営者をお客さんにして積んだ経験は、 一般企業経理の管理職レベルでの転職につなげられる可能性が高いです。 ちなみに、経理管理職レベルでの求人情報は基本的に非公開求人であることが多いです。 会計事務所経験者は会計専門の転職エージェントから非公開求人情報を常に仕入れておくと良い転職につなげられますよ。 [ad co-4] 会計事務所経験者は経理経験者として扱われる? 会計事務所経験者が一般企業の経理に転職するときには、できれば 経験者としての採用を目指したいところですよね。 今回も、会計事務所経験者が一般企業の経理事務職への転職活動を行う時のポイントについて解説します。 会計事務所から一般企業経理への転職で、 経験者としての採用を目指す方は参考にしてみてくださいね。 小規模な一般企業経理の場合、総務的な仕事も多い 転職先の企業での仕事に、会計事務所での経験がどのようにいかせるのか?について具体的なイメージをもっておくことは大切です。 自分は即戦力として働けますよ、ということをアピールするためですね。 経験者としての採用を目指す以上、企業側は即戦力として叩いてもらえる人を探しているのは間違いありません。 社会保険などの業務も視野に 小規模な一般企業経理の場合、家族的な形で経営をしていることが多いため、その企業での経理担当者は経理以外の業務にも対応するケースが少なくありません。 具体的には 従業員の採用に関することや、 労務に関すること(社会保険関連の事務や、給料計算など)も業務の範囲に入ることが多いです。 労務や社会保険に関して知識がないという方は、FP試験の教科書や社会保険労務士のテキストを見ておくと知識が得られて良いと思います。 経営者の右腕として働く 経理や財務の担当者は 経営者(社長や役員クラス)の右腕として認識されることが多いです。 会計事務所ではあくまでも「外部の相談役」としての位置付けだったと思いますが、経理に転職する場合は実際に社内でのサポート役としての役割を期待されることになります。 例えば毎月の試算表の内容から経費削減の案を提案したり、粗利率のデータをみながら仕入先の選定に関わったりといった仕事も視野に入ってきますので、管理会計的な知識や経験も持っておくと良いでしょう。 また、経営者がもっとも気にかけるのが 資金繰りの問題です。 具体的には金融機関との交渉ですね。 この点でも会計事務所の経験からサポートができるということをアピールするとより採用の確率は高まっていくでしょう。

次の

税理士の転職と年齢 30代どころか40代、50代以上と何歳まででも転職できる

税理士 一般企業 転職

一般企業が求める「経理」とは? 一般企業が「税理士」を採用するケースは少なくありません。 具体的に見てみると、大手企業では、経理部門や税務部門で税務を専門とする場合もあります。 また、中小企業やベンチャーの場合は、経理、財務など多様な業務を求められることもあります。 経理部門に税理士が転職した場合、誰もが気になる「年収」はどのような水準になるのでしょうか? 一般的には、その企業で働く社員の年収と同等のことが多いようなので、500~600万円を目安と考えておきましょう。 逆にいえば、その企業の平均年収と比例するので、外資系企業など社員の年収が高いところに転職すれば、年収1千万円以上を稼ぐことも十分に可能です。 ちなみに、大手企業が募集する「経理」の求人を見てみると、「上場企業での経理経験が5年以上」など、低くないハードルが設定されています。 そのため、最初から上場企業、大手企業の経理に転職するのは難しいので、まずは中小企業や上場準備企業の経理部門でキャリアを積み、そこから大手へ転職するケースが多いようです。 また、大手企業の場合、「税務部門」と「経理部門」が分かれていることがある、という点も注意が必要です。 というのは、後者の経理部門に転職した場合、税務業務を求められないため、これまでの税理士としてのキャリアが生かせないこともあるからです。 何となくのイメージで、「一般企業の経理っておもしろそう」と考えて転職活動を始めると、うまくいかないことが多々あるので、事前に情報収集をしっかりしたいですね! 税理士が経理に転職するポイント 一般企業の経理部門に転職する際、税理士が転職活動をするうえで注意しておきたいポイントにはどんなものがあるのでしょうか? これは「一般企業が税理士に求めること」を逆算的に考えることで、明確に見えてきます。 一般企業が税理士に求めることの1つは「これまでの経験、実績(キャリア)」です。 前述のとおり、大手企業は一般企業での経理部門の経験を求められることがあります。 そのため、前職の経理部門でどのような仕事をしていたのか、自分は何ができるのかを明確に伝えられるようにまとめておきましょう。 また、経理部門での業務経験がない場合でも面接を受けられるケースもあります。 その際は、会計事務所での経験、実績を求められます。 その際は、「たくさんの企業を担当していた」という経験よりも、「給与計算ができる」「記帳代行ができる」「申請書の作成ができる」といった社内業務に重点が置かれるようなので、その点に注意してアピールしたいところですね。 もう1つ、一般企業の場合は税務業界、会計業界と違って、「転職回数」を気にすることがあります。 はっきりいえば、転職を繰り返している場合は「うちに入ってもまたすぐに辞めて、もっと条件の良いところへ転職してしまうのではないか?」と思われてしまうということです。 もし、転職回数が多い場合、目安としては20代で3回以上の転職を経験している人は、「なぜ転職を複数回したか」をポジティブに語れるように、戦略を考えて、準備をしておきましょう。 ココまでのまとめ ・ほかの転職活動と同様、前職での経験が評価ポイントになるので準備をしておく。 ・転職回数の多さもチェックポイントになるので、ポジティブに変換を。 事例紹介 30代中盤の税理士Aさんは税理士事務所で20代から働いてきましたが、一般企業の経理部門に転職したいと思うようになったそうです。 その志望動機は「個人向けの業務ではなく、より難解な業務に携わりたいから」というもの。 確定申告や相続の業務は肌に合わないと感じているAさんは、自分の強みは「数字や簿記が大好きなところ」で、「数枚の書類作成で完了する確定申告などの業務だけでなく、より複雑な原価計算や月次・年次決算の作成に携わりたい」と考えました。 転職活動をはじめた頃は、この本音をそのまま伝えるとネガティブに受け止められると考え、「経理部門から企業の底支えをしたいんです!」とアピールしていましたが、結果は残念ながら連戦連敗。 しばらく落ち込んだ後、Aさんは気持ちを切り替えて、本音ベースでアピールすることにしました。 「確定申告業務は自分には物足りません。 数字が大好きなので、より複雑な業務に携わりたいんです!」と。 おそらく以前の志望動機は、採用する側から見ると「きれいごとではないか」「本音を語っていない」と思われていたのでしょう。 本音で話すようになったAさんは転職活動がうまく進むようになり、見事、一般企業の経理部門に転職することに成功しました。 これは一例にすぎませんが、経理部門に転職したいと思っている方は参考にしてみてくださいね。

次の