ノート パソコン マウス 動か ない。 パソコンのマウスポインタが動かない!ピンチに役立つ原因と対処法|生活110番ニュース

タッチパッドが動かないのはなぜ?原因や設定確認と修理方法を紹介|生活110番ニュース

ノート パソコン マウス 動か ない

いまさら聞けないマウスのあれこれ マウスがうごかない原因を確認するためにもまずはいろいろなマウスの規格を確認しましょう。 お急ぎの方は目次から 事前確認へ飛んでください。 いまさら聞けないマウスのあれこれ 今は問題ない方も今後の参考に見てください。 まずマウスには大きく分けて有線接続と無線接続の2種類があり、更に接続するケーブル端子や無線電波の規格で2種類ずつ、合計4種類に分かれます。 受信機は 別売りが基本。 無線・ワイヤレスなどメーカーごと名称相違 決まった規格のマークが ない。 専用の受信機と セット販売。 有線接続は電池切れなどの心配もなく安心して使えるというメリットがあります。 無線接続は電池切れの心配がありますが、ケーブルがないため操作の自由度が高いといったメリットがあります。 そのため、持ち歩きを目的にしたノートパソコンに無線接続マウスを選ぶ方も多いようです。 読み取り方式 マウスの読み取り方式による違いにも触れておきます。 今後マウスの買い替えを検討するときに参考にしてください。 マウスの読み取り方式は代表的なもので光学式・赤外線方式・ブルーLED方式・レーザー方式の4種類あります。 底面から出す光や電波の種類で使用場所(机ごとの)による読み取りの良し悪し ポインターの動かしやすさ や、マウスの電池持ちにそれぞれに特徴があります。 光学式 赤色LEDともいわれる方式。 安価なため多くのマウスに採用されている方式です。 一般的な机は問題ないですが、光沢のある素材のテーブルだとポインターが動かないことも。 マウスパッドの使用をおすすめします。 赤外線(IR)方式 読み取り精度は光学式とほぼ変わりませんが省エネ設計です。 そのため電池の持続時間が長くなるといった特徴があり、多くの無線マウスに採用されている方式です。 ブルーLED方式 光学式マウスに比べ読み取り精度が向上しておりポインターの動作がスムーズです。 光学式が苦手としている光沢のあるテーブルをはじめ、ガラステーブル(完全に透明は不可)でもマウスパッドなしに使用できます。 レーザー方式 目に見えないレーザーを出して読み取るタイプ。 また各マウスメーカーの最上位に採用されることが多い方式です。 読み取り精度が良いモデルが多いです。 上記4つの方式のほか最近ではほぼ見かけなくなった「ボール式」や、読み取り方式とは相違しますがパソコンを長時間操作される方に根強い人気がある「トラックボール式」などのマウスもあります。 マウスを選ぶコツ 一人一人使いやすいと感じるマウスは違うと思います。 ピッタリなマウスを見つけるときの注意点としてアドバイスです。 店頭に並んでいるマウスの多くは透明で手に触ってイメージしやすいパッケージが採用されています。 パッケージの上からでもサイズや握ったときのイメージがわきやすいように工夫されていますよね。 ただパッケージとしての役割上どうしても実際の商品より大きめのサイズで作られており、購入後にイメージが違ったということが起きることがあります。 いくつかの候補のうちサイズで悩んだ場合、実際の商品があらかじめ小さくなることをイメージして少し大きめのほうを選ぶと失敗が減ります。 またサイズや重量なども重要ですが、マウスパッドや手首を置くリストレスト・ハンドレスト(手首用クッション)などのアクセサリにもこだわってみるのもよいかもです。 長時間パソコンを操作される方に多い方や腕の負担を軽減することができます。 事前確認 ここまでマウスごとの規格による違いを見てきましたが、いよいよ次からは動かなくなってしまった時の対応方法を見ていきます。 パソコンがフリーズしていないか マウスが動かない時の確認の第一歩として、パソコンそのものは正常に動作しているかの確認が必要です。 まず最初に確認すべきところとして 1: 本体HDDランプの点灯点滅はあるか。 HDD(ハードディスク)ランプが点滅しているときはパソコンは動いています。 2:スタートキーなど キーボードの反応はあるか。 反応する場合はキーボードでのパソコン操作は可能です。 もしHDDランプが点滅していない場合はフリーズしている可能性あります。 フリーズしている場合はタスクマネージャーから反応がないアプリを終了し、それでも改善しない場合はWindowsを再起動しましょう。 改善しない場合は販売店・メーカーへ相談しましょう。 なお、ノートパソコンをご利用の場合、タッチパッドがマウスの代わりとなります。 タッチパッドで操作できるかも合わせて確認してみましょう。 ポインターの動きが遅すぎる 速すぎる 場合 ポインターの速度設定が適切でない可能性があります。 以下の手順で自分にあった速度へ調整してください。 有線で接続している場合の確認方法 ここからはWindowsは動いているものの、マウスが作動しない時の原因と対策を見ていきます。 各種操作をマウスを使わずにキーボードで行う方法についてはを参考にしてください。 USB接続のマウスを使用している場合 非常に抜けやすい端子で、完全に抜けていなくとも端子が斜めになり抜けかかっていることがあります。 抜き差し後パソコンを再起動し動作を確認しましょう。 しっかり差し込んでいても改善しない場合はマウスか端子の故障が疑われます。 抜き差し・ドライバー更新で改善しない場合は販売店やメーカーへ相談しましょう。 無線で接続している場合の確認方法 無線(Bluetooth)マウスは定期的に電池交換が必要です。 (マウスに電源スイッチがある機種もあります。 電源スイッチがOFFの場合はONに切り替え) ポインターが動かないときは電池を入れ替えて改善するか確認しましょう。 改善しない場合はペアリングを行います。 (マウスのボタンの位置は各メーカーの取扱説明書など参照) また不意の電池切れで予備の電池がないといったことが起きるかもしれません。 必須ではありませんが予備のUSBマウスがあるとより安心です。 (予備のマウスがない場合はキーボードで操作しましょう) 各種操作をマウスを使わずにキーボードで行う方法についてはを参考にしてください。 数分待っても検出されない(表示されない)場合は「戻る」を選択しやり直してください。 やり直しても検出されない場合は電池が切れているか故障の可能性が考えられます。 無線マウスの場合 ワイヤレス(無線)マウス専用のレシーバーが付属しています。 そのレシーバーがUSBに接続されていないとマウスを動かすことができません。 電池が切れていないか確認• USB(もしくはUSB Type-C)接続口に レシーバーが挿入されているか確認(挿し忘れているケースが意外と多いです)• 各メーカーの操作方法に沿って IDを変更して改善するか(一般的にレシーバーをPCに接続し、マウスとレシーバー近づけて、それぞれの設定ボタンを押す方法が多いです)• デバイスマネージャーでメーカーの 型番通り正しく認識されているか確認し、不明なデバイス等になっている場合はドライバーソフトの更新を行う デバイス確認の大まかな流れ(Windows10での操作) 一般的なマウスはWindowsに初めから入っている共通ドライバーで作動しています。 デバイスマネージャーで正しいドライバーソフトが引きあたって認識されているか確認が必要です。 正しく認識されていない場合はエラーが出ていますので、ドライバーソフトを更新することで改善する可能性があります。 それではデバイスの確認とドライバーソフトの更新方法を見ていきましょう。 マウスが正常に作動していない前提で掲載していますので、キーボードでの操作方法で説明しています。 電池交換・レシーバー抜き差し・ID設定を行って改善しない場合は故障の可能性があります。 ドライバーが破損している場合(設定や操作に自信のある方向け) ドライバーの「更新」で改善しない場合、データそのものが破損している場合があります。 その後パソコンを再起動することで自動でドライバーソフトの更新が行われ改善する可能性があります。 ただしドライバーが自動で引きあたらない場合もあり、必ず改善するとは限りません。 自動で引きあたらない場合、メーカー発行のドライバーソフトの再インストールが必要なのかも。 各メーカーのホームページからドライバーソフトをダウンロード、インストールするところから始めましょう。 これでも正常に認識されない場合はレシーバーかマウスの故障が疑われます。 各パソコンメーカーごとの設定ボタン位置 パソコン購入時に付属していたマウスについて。 機種ごとにマウスの設定ボタンの位置が異なります。 以下メーカーサイトで確認をしてください。 メーカー 電池交換・ペアリング設定のやり直しをしても改善しない場合はマウスかパソコンの故障が考えられます。 修理を検討する場合にも、電源が入ったままでは修理に出すこともできません。 キーボード操作でシャットダウンを行い、メーカー・販売店へ相談してください。 キーボード操作でシャットダウンする方法 いろいろ試したが改善しない場合 USB抜き差しや設定確認で改善しない時、マウスを使わずにキーボードでシャットダウンをする方法をお教えします。 シャットダウン後、修理や買い替えについてノジマをはじめとした販売店へ相談してください。 シャットダウン操作に使用するキーの名称• Tab:Tab(ウィンドウ)からTabへの移動に使用する(ウィンドウをまたいで移動する)• スタートキー(Windowsキーとも):メニューを開く• 十字キー:ポインターの移動に使用する(ウィンドウ内を移動する)• Enter:決定に使用する ポインター移動のイメージ スタートを押し、メニューを開いた際のイメージです。 ウィンドウの説明のために赤・緑・黄色・ピンクの枠を入れていますが、実際の画面には枠はありません。 色付きの枠をウィンドウととらえてください。 十字キーは枠の中だけでポインターが移動します(黄色矢印)が、TABは枠またいで枠から枠へポインターが移動します(青矢印) 矢印Tabキーを押すごとにウィンドウ(色付きの枠)をまたいで矢印の順にポインターが移動(一方通行) 矢印 十字キーの操作でウィンドウの中をポインターが移動(上下もしくは左右) シャットダウン Windows10での操作 それでは実際に操作してみましょう。 主なショートカット例 もはや裏技!! ショートカットを使いこなそう ここからはトラブルの有無に係わらず、パソコンを便利に使いやすくするためのショートカットをご紹介します。 操作欄のキーを同時押しすることでマウスを使わずにキーボードで快適に操作ができるようになります。 使いこなせるとスピーディに作業が行え、パソコンをより便利に活用できます。 ぜひ覚えて使いこなしましょう。 参考にしていただければ幸いです。 Bluetooth マウスやキーボード、イヤホンなどをパソコンやスマートホンに無線接続する規格です。 レシーバーユニット Bluetoothなど無線機器の無線信号を受け取りパソコンへつなげる機器。 パソコンにBluetoothの機能がない場合にUSBポートへアンテナのように差し込んで使います。 最近はパソコン本体にBluetoothが内蔵されている機種も多数出回っています。 レシーバーを使用している場合で無線が認識されないときはレシーバーの抜き差しで改善することもあります。 無線方式 メーカーによっては2. 4Ghzやワイヤレスなどと呼称 マウスの場合は付属している専用のレシーバーがセットで必要です。 BluetoothレシーバーとBluetoothマウスのイメージ ペアリング Bluetooth接続する機器同士(「パソコンとマウス」や「スマホとイヤホン」など)の組み合わせを設定すること。 イヤホンなどの設定をする際はパスワードの入力が必要ですが、マウス設定では不要です。 USB U niversal S erial B us ユニバーサル シリアル バス)の頭文字をとった名称であり、デジタル家電やスマートフォン・タブレットなど、パソコン以外でも幅広く使われる規格で、パソコンにはポートと呼ばれる挿し口が複数あります。 特徴として動作をさせるためにパソコンなどから給電する機能があり大きな電力を必要とする場合ではない場合は挿してそのまま使用することができます。 マウスパッド 光学式マウス利用時、またはガラステーブルなどで作業をするときにあると便利。 機能面やデザインでも多種多様に選択肢があります。 タッチパッド ノートパソコンに備わった機能。 タッチパッド上で指を滑らせることでマウスのポインターを操作することができます。 万一マウスが故障した場合もタッチパッドが無事なら操作可能です。 ノートパソコンのタッチパッド。 青い枠内で指を動かすとポインターを操作できます。 ショートカットキー キーボードのキーにWindowsや各種アプリの機能が割り当てられており、AltやCtrlキーなどと組み合わせて押すことで素早く機能を使うことができます。 マウス不具合の時に限らず普段の操作も便利になります。 トラックボールマウス ボールを指で転がすことでポインターを移動させるマウス。 マウス全体を動かさずに済むため手に負担がかかりにくい。 PCで長時間の作業を行う方向けのマウスです。 トラックボールマウスの一例。 下記機種の場合、赤いボールを指で転がすことでポインターが動きます。

次の

マウスカーソルが動かない

ノート パソコン マウス 動か ない

そんな、大勢に愛されるマウスですが、突然動かないという問題が発生することがあります。 ここでは、ノートパソコンでマウスが動かなくなった時の対処法を解説します。 読み取り面の汚れを確認しよう マウスの裏側は汚れやすい箇所です。 光学式、あるいはレーザー方式の場合には、読み取りレンズが汚れていないか確認しましょう。 今では少なくなったボール式マウスが主流だった頃は、内部のボールとローラーを清掃することが日課になっていた時代もありました。 清掃時にボールを床に落としてしまい、ボールが変形して、マウスが真っ直ぐ進まなくなるトラブルが頻発していた記憶があります。 USBマウスの場合はポートを変える いつも通り、ノートパソコンにUSBマウスを接続して使おうとすると、なぜか動かない場合があります。 この時は、普段接続しているUSBポートと違う場所に接続していないかを確認してみましょう。 いつも接続しているUSBポートに接続し直すだけで解決することもあります。 マウスのユーティリティーソフトを確認する マウスのセットアップ時に付属のドライバを入れている場合には、マウス用のユーティリティーソフトがインストールされていることがあります。 このソフトによって、外付けマウスが無効になっている可能性があります。 外付けマウスが使用できる設定になっているか確認してみましょう。 マウスのプロパティを確認する ウィンドウズの「マウスのプロパティ」には、マウスに関する設定があります。 この設定を確認してみましょう。 ソフトウェアのアップデートによって設定が変更され、タッチパッドを優先使用する設定になっている場合があります。 ワイヤレスマウスの接続先を確認する ワイヤレスマウスを他のパソコンでも使い回している場合、予期せず他のノートパソコンに接続されていることがあります。 私は鞄の中にしまっていたノートパソコンにつながっていて、「動かない!」とガチャガチャやっているうちに、大事なファイルがゴミ箱に入っていたことがあるので注意です。 ワイヤレスマウスの電池切れ ワイヤレスマウスは充電池や乾電池によって動作するため、電池切れで動かなくなることもあります。 バッテリーの減りを通知してくれるマウスもありますが、なんの前触れもなく突然動かなくなるモデルもあります。 基本的なことですが、改めて確認してみましょう。 光学式マウスの動きがおかしい場合 光学式のマウスには、読み取り面との相性があります。 ツルツルしたマウスパッドやガラス面などでは正しく認識できず、マウスカーソルが飛んだり動かなかったりします。 これは、光学読み取り方式を採用しているマウスの弱点です。 マウスパッドやマウスを操作する場所を変えると、正常に動作するようになります。 ドライバを再インストールする いずれでも改善しない場合には、ドライバを再インストールすることで改善する可能性があります。 ドライバは、購入した時のパッケージに同封されているCDや、インターネット上からダウンロードすることで入手できます まとめ いつも使えていたものが急に使えなくなることは、しばしばあります。 特に、マウスは使えないと業務に支障が出てしまうものです。 これらの確認項目をチェックしても改善しない場合は、マウスが故障しているかもしれません。 他のパソコンに接続して動作するか確認し、早急に問題の切り分けを行うことが解決への近道です。 朝会社に来ていつものようにパソコンの電源ボタンを押して立ち上げようとしたが、パソコンが起動し パソコンを長く愛用していると、次第に起動の遅さを感じ始める人は少なくないと思い 前回、リカバリーディスクの作成についてお話ししましたが、リカバリーディスクが作れないパソコン 仕事やプライベートでもはや欠かせない存在となっているパソコン。 連続で長時間使用することが多い みなさんはパソコンを使用している内に、なんとなく動作が重くなってきたと感じることはありますか Windowsパソコンは、使用している内に余計なファイルが溜まってきたりして、だんだん動作が みなさん、パソコンをリカバリーした経験はありますか。 リカバリーとは、パソコンが起動し パソコンがキビキビ動作せず、何か操作をするたびに時間が掛かりストレスを溜めてしまうことはありませ 当社ではPCの出張サポートのご依頼も承っています。 中でも パソコンを利用している最中、急に動きが遅くなった、重くなったと感じたことはあり.

次の

パソコンが操作不能で再起動もできないときは、どうすればいいの?

ノート パソコン マウス 動か ない

続き 再起動後も、改善しない場合は、レシーバーの挿し直し、ワイヤレスマウスの電池交換や、マウスドライバーの再インストールなどをお試しください。 以下、当社FMVパソコン用のご案内ですが、Windows共通の操作もございます。 ご参考になれば幸いです。 この場合は、機器やパソコンを再起動すればすぐに解決できます。 以下に具体的な手順をご紹介します。 ・ワイヤレスマウスの電源をいったんOFFにして、10秒後に電源を入れて操作してみる。 ・ワイヤレスマウスのレシーバー側の異常の可能性もあるので、一度取り外して再度接続してみる ・有線マウスの場合は、USB接続ならそのまま抜き差ししてみる。 マウス等のパソコン周辺機器は、ドライバと呼ばれる機器を制御するプログラムがパソコン上で機能することにより正常に動作します。 このドライバに不具合が生じていたり、ドライバ自体が破損していたりして、マウスが動かないこともあります。 まずは以下の手順に沿って、マウスが正常に動作しているかを確認してみましょう。 一般的にダウンロードしたプログラムにはインストーラーが付属しているので、そのままプログラムを起動すればよいです。 ドライバを再インストールしてもエラーが表示される場合は、本体が故障している可能性があります。 いつもと環境を変えていないか疑おう 本日9月9日は『重陽の節句』という大変めでたい日とされるみたいです。 ・ボール式のマウスなら、デコボコした場所など、スムーズにボールが転がらない場所で操作していると原理的に上手く操作できません。 ・光学式マウスなら、光沢のある材質のテーブルや模様の無いテーブルの上、ガラス面の上などでは読み取りが難しくなります。 マウスパッドを使用することにより、外出先やデスク周りの環境の変化があってもマウスの操作への影響を与えずに済みますので、ぜひ試してみてください。 マウス本体を確認 たまにマウスの掃除がしたくなる時がある。 ボール式マウスなら、内部に埃やゴミが溜まっていて、ボールのスムーズな動作を妨げている場合があります。 マウス裏面にある蓋を取り外すと内部を掃除できる仕組みになっていますので、確認してみましょう。 光学式マウスの場合は、レンズ面が汚れて光の反射が正しく行われていない場合があります。 センサー部分はデリケートなので、傷つけてしまうと故障の原因となりますので、光学式マウス専用クリーナーまたはエアブラシ等を使って掃除してみましょう。 マウスの故障かもしれません マウス故障のため新しいの購入! これから設定する! 😆 — ぷれはtwエル鯖 aristhyaPure これまでにご紹介した解決策を全部試してもマウスが動かなくて、且つ他のマウス製品を接続してこちらは正常に動作した場合は、まずマウスの故障とみて間違いありません。 新しいマウスに買い替えをするか、高額なマウスや愛着のあるマウス、高品質なマウスを使用していた場合には、メーカー保証を利用したり、修理を依頼したりするのが良いでしょう。 まとめ マウスはパソコンを快適に操作する上で欠かせないツール。 動かなくなったら仕事ができなかったりゲームができなかったりと非常に困ってしまいますよね。 原因を特定して、時間をかけずに速やかに解決してしまいましょう。 また、故障してしまっていた場合は別ですが、不必要なマウスの買い替え等を行う必要もなくなります。 今回の記事がマウスの動作不良で困っている方の、お役に立てれば幸いです。

次の