コロナ 休業 ポスター。 「新しい給付金もらって」 休業手当、会社が不払い宣告:朝日新聞デジタル

新型コロナウイルス対策ポスター l営業再開お知らせA2ポスター

コロナ 休業 ポスター

県は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく 令和2年5月7日から5月26日までの休業要請等に協力し、また、自主的に休業等をされている中小企業及び個人事業主等の皆様に対して協力金(第2弾)を交付します。 令和2年4月11日から同年5月6日までの休業要請等にかかる協力金(以下、「協力金(第1弾)」といいます。 )の交付対象事業者は、引き続き交付対象となります。 さらに、 県からの休業要請等がなくとも、感染症の拡大を防止するため、自主的に休業等に協力していただいた事業者についても、新たに交付対象としています。 令和2年4月11日から5月6日までの休業要請等にかかる協力金(第1弾)に関する情報は 新着情報 申請書類に不備等があった場合 令和2年6月25日更新• なりすましに対する注意喚起について 令和2年6月15日更新 本協力金に関して、なりすましや特殊詐欺にご注意ください。 ・ 申請書類や添付資料について、県の事務局(神奈川県横浜市中区寿町1-4 かながわ労働プラザ3階)への送付または県の電子申請フォーム以外の方法で提出をお願いすることはありません。 詳しくは ・ 銀行口座の「暗証番号」や、「クレジットカードの番号」をお伺いすることはありません。 ・ 銀行窓口での振り込みやATMでの操作、直接の現金の受け渡しをお願いすることはありません。 おかしいな、と思ったら、神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル(045-285-0536または050-1744-5875/平日午前9時から午後5時まで)までお問い合わせください。 申請受付について 令和2年6月12日更新• ご容赦ください。 お済みでない事業者の皆様はぜひWEB登録をお願いします。 事業活動の再開にあたっては、お客様やその家族を守り、また皆様の店・事業を守るためにも、各業界団体が策定するを遵守するなど、感染拡大を防止するための対策を徹底していただく必要があります。 このため 県では、業種別に感染防止対策で特に重要となる要素をまとめた を作成しました。 このチェックリストを入口等に掲示することで、感染防止対策を「見える化」してPRすることができます。 詳しくは、次のページをご覧ください。 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)について 1 事業の趣旨 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の休業要請等に協力し、また、自主的に休業や夜間営業時間の短縮に協力していただいた中小企業及び個人事業主等(注1)の皆様に対し、協力金を交付します。 (注1)「中小企業及び個人事業主等」とは、中小企業支援法(昭和38年法律第147号)第2条第1項に定める中小企業者その他法人(国、法人税法(昭和40年法律第34号)第2条第5号に規定する公共法人及び法人税法(昭和40年法律第34号)第2条第9号に規定する普通法人で中小企業者に該当しない者を除く法人をいう。 )とします。 2 交付額• 1事業者あたり10万円(事業所を賃借していることによる加算はありません) 3 交付要件等• 中小企業又は個人事業主等であること。 令和2年5月6日以前に開業しており、営業の実態があること。 休業等(注2)を行う事務所または事業所が県内にあること。 休業等を行う業務は、人との接触や対面での作業があること。 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の休業要請等に協力し、また、自主的に、 令和2年5月7日から同月26日までの間で15日以上(注3)休業等をしていること。 (個人事業主の場合)休業等を行う事業による所得の全てが事業所得として確定申告の対象となること。 休業等を行う事業が、農業、漁業、林業ではないこと。 (ただし、一般消費者向けの販売・サービス等を行う事業は対象です。 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条に規定する暴力団員等に該当しないこと。 破産法(平成16年法律第75号)第18条または第19条に基づく破産手続開始の申立てがなされていないこと。 県が措置する指名停止期間中の者でないこと。 (注2)「休業等」とは、以下の場合を指します。 ・食事提供施設:休業、夜間営業時間の短縮(宅配・テイクアウトサービスへの変更を含む) ・食事提供施設以外:休業、在宅勤務(全ての役員及び従業員が実施し、出張等を実施しないこと) 〇食事提供施設が夜間営業時間短縮を実施した場合の判定 〇在宅勤務の取り扱い 在宅勤務については、基本的に、期間中、全ての社員等が「在宅」で勤務していることが必要です。 そのため、以下のような場合には、交付対象外となります。 一部でも出勤している社員等がいる場合(施設の維持管理のための最小限の出勤は除きます) 2. 全員が在宅勤務だが、出張や自宅での対面での打合せ等が実施される場合 なお、自宅以外の場所で勤務するテレワークの場合は全て交付対象外です。 (注3)「令和2年5月7日から同月31日までの間で20日以上」とお知らせしておりましたが、緊急事態宣言解除を受け、必要な休業の期間を変更しました。 <協力金(第2弾)で対象となる例> 協力金(第1弾)の交付対象者が、引き続き休業等を実施していた場合のほか、第2弾では以下のような方も対象となります。

次の

新型コロナ緊急事態宣言 臨時休業・営業時間変更のお知らせ文の書き方【例文・サンプル】

コロナ 休業 ポスター

飲食店さん・対面商売の業種・工事関連の サポート先の営業再開後の仕込みなど あっという間に連休が終わりました。 今後の世の中、 大きな変革が予測されます。 しかし ある程度の予測立てと 自分の立ち位置をしっかり把握していれば 戸惑うことはないでしょう。 こんにちは クチコミ・リピート集客の専門家 です。 「リピート・クチコミが増える…」と言っている自分が、 リピート・クチコミが少ないと…ウソになっちゃいますからね。 ということで、本日は 営業再開のお知らせコロナ ポスターPOP事例 について綴りたいと思います。 新型コロナウィルス感染拡大防止に伴い、 お客様とスタッフの安全確保のため休業しておりましたが 営業を再開させていただきます。 休業中には店内の除菌清掃を行いましたので、 安心してご利用くださいませ。 営業再開に伴いまして、 期間限定で以下の感染防止に配慮したものに変更させていただきます。 スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。 引き続き、以下のコロナウィルス感染症予防の取り組みを徹底・継続してまいります。   このを運営している一般社団法人の理事を勤めております。 事前にご連絡いただき、お気軽に遊びにきてください。

次の

店舗様向け コロナ感染拡大防止ポスターデータ無料配布開始

コロナ 休業 ポスター

県は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく 令和2年5月7日から5月26日までの休業要請等に協力し、また、自主的に休業等をされている中小企業及び個人事業主等の皆様に対して協力金(第2弾)を交付します。 令和2年4月11日から同年5月6日までの休業要請等にかかる協力金(以下、「協力金(第1弾)」といいます。 )の交付対象事業者は、引き続き交付対象となります。 さらに、 県からの休業要請等がなくとも、感染症の拡大を防止するため、自主的に休業等に協力していただいた事業者についても、新たに交付対象としています。 令和2年4月11日から5月6日までの休業要請等にかかる協力金(第1弾)に関する情報は 新着情報 申請書類に不備等があった場合 令和2年6月25日更新• なりすましに対する注意喚起について 令和2年6月15日更新 本協力金に関して、なりすましや特殊詐欺にご注意ください。 ・ 申請書類や添付資料について、県の事務局(神奈川県横浜市中区寿町1-4 かながわ労働プラザ3階)への送付または県の電子申請フォーム以外の方法で提出をお願いすることはありません。 詳しくは ・ 銀行口座の「暗証番号」や、「クレジットカードの番号」をお伺いすることはありません。 ・ 銀行窓口での振り込みやATMでの操作、直接の現金の受け渡しをお願いすることはありません。 おかしいな、と思ったら、神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル(045-285-0536または050-1744-5875/平日午前9時から午後5時まで)までお問い合わせください。 申請受付について 令和2年6月12日更新• ご容赦ください。 お済みでない事業者の皆様はぜひWEB登録をお願いします。 事業活動の再開にあたっては、お客様やその家族を守り、また皆様の店・事業を守るためにも、各業界団体が策定するを遵守するなど、感染拡大を防止するための対策を徹底していただく必要があります。 このため 県では、業種別に感染防止対策で特に重要となる要素をまとめた を作成しました。 このチェックリストを入口等に掲示することで、感染防止対策を「見える化」してPRすることができます。 詳しくは、次のページをご覧ください。 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)について 1 事業の趣旨 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の休業要請等に協力し、また、自主的に休業や夜間営業時間の短縮に協力していただいた中小企業及び個人事業主等(注1)の皆様に対し、協力金を交付します。 (注1)「中小企業及び個人事業主等」とは、中小企業支援法(昭和38年法律第147号)第2条第1項に定める中小企業者その他法人(国、法人税法(昭和40年法律第34号)第2条第5号に規定する公共法人及び法人税法(昭和40年法律第34号)第2条第9号に規定する普通法人で中小企業者に該当しない者を除く法人をいう。 )とします。 2 交付額• 1事業者あたり10万円(事業所を賃借していることによる加算はありません) 3 交付要件等• 中小企業又は個人事業主等であること。 令和2年5月6日以前に開業しており、営業の実態があること。 休業等(注2)を行う事務所または事業所が県内にあること。 休業等を行う業務は、人との接触や対面での作業があること。 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の休業要請等に協力し、また、自主的に、 令和2年5月7日から同月26日までの間で15日以上(注3)休業等をしていること。 (個人事業主の場合)休業等を行う事業による所得の全てが事業所得として確定申告の対象となること。 休業等を行う事業が、農業、漁業、林業ではないこと。 (ただし、一般消費者向けの販売・サービス等を行う事業は対象です。 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条に規定する暴力団員等に該当しないこと。 破産法(平成16年法律第75号)第18条または第19条に基づく破産手続開始の申立てがなされていないこと。 県が措置する指名停止期間中の者でないこと。 (注2)「休業等」とは、以下の場合を指します。 ・食事提供施設:休業、夜間営業時間の短縮(宅配・テイクアウトサービスへの変更を含む) ・食事提供施設以外:休業、在宅勤務(全ての役員及び従業員が実施し、出張等を実施しないこと) 〇食事提供施設が夜間営業時間短縮を実施した場合の判定 〇在宅勤務の取り扱い 在宅勤務については、基本的に、期間中、全ての社員等が「在宅」で勤務していることが必要です。 そのため、以下のような場合には、交付対象外となります。 一部でも出勤している社員等がいる場合(施設の維持管理のための最小限の出勤は除きます) 2. 全員が在宅勤務だが、出張や自宅での対面での打合せ等が実施される場合 なお、自宅以外の場所で勤務するテレワークの場合は全て交付対象外です。 (注3)「令和2年5月7日から同月31日までの間で20日以上」とお知らせしておりましたが、緊急事態宣言解除を受け、必要な休業の期間を変更しました。 <協力金(第2弾)で対象となる例> 協力金(第1弾)の交付対象者が、引き続き休業等を実施していた場合のほか、第2弾では以下のような方も対象となります。

次の