ここ から 近い ドトール。 ここから一番近いJRのえきは?さ

「ここから近い」に関連した英語例文の一覧と使い方

ここ から 近い ドトール

「お食事と美味しいコーヒーを、贅沢な空間で楽しんでいただきたい」という想いからフルサービスのドトールが誕生しました。 存在感のある石造りのような外観……いつものドトールとは全然違いますね! 今回訪れた、ドトール珈琲農園 多摩堤通り店は、2017年、その1号店としてオープン。 東京・世田谷区にあり、二子玉川駅からバスで約10分ほどの場所にあります。 駐車場があり、近隣の方だけでなく、ドトール珈琲農園を目指してドライブがてら遠方から来られる方もいるそうです。 さあ、さっそく中に入ってみましょう。 コンクリートアーチの奥に広がるコーヒーカウンターは、まるで高級ホテルのフロント!一瞬で非日常の世界に引き込まれました。 仕事に行く前にささっと立ち寄るドトールという感じではなく、ゆっくり腰をかけて、じっくりコーヒーを堪能する、そんなラグジュアリーな空間です。 ふわっと香るコーヒーのいい香りにも癒されます。 エリアは4つ。 お好みの席を選ぼう! 店内の席数は110席、テーマに合わせ4つのエリアに分かれています。 また、お好みの席が選べるのも魅力。 ゴージャスエリア まずは、「ゴージャスエリア」。 いや~名前の通りゴージャスですね。 コーヒー農園主の邸宅って本当にこんなお家なのかと気になって、スタッフさんに聞いたら、とあるコーヒー農園の邸宅は、実際にこんな感じだったそう。 そう聞くと何だか夢がありますね。 邸宅内の居間をイメージしたゴージャスエリアは、暖炉や豪華なインテリアが配置され、高級感たっぷり。 リッチな気分に浸れる人気エリアです。 テラスエリア 続いて、「テラスエリア」。 入口に近いこちらのエリアは、邸宅のエントランスをイメージした空間です。 明るく開放感があり、1~2名で利用しやすいエリア。 ファームエリア こちらは、邸宅内のダイニングルームをイメージした「ファームエリア」。 農耕具などがインテリアとして飾られ、アメリカの西部開拓時代にタイムスリップしたかのような雰囲気です。 パークエリア そして、4つ目は、屋外の「パークエリア」。 ドリンクやサンドイッチ等、テイクアウト商品のみ注文が可能です。 小さなお子さん連れの方には嬉しいですね。 ちなみに、ワンちゃん連れもOKです。 個室もあり! 個室が2部屋あり、お子さん連れや女子会などに人気。 いずれの席も平日は予約可能です。 ハンドドリップの自家焙煎スペシャルティコーヒー では、ドトール珈琲農園のコーヒーの魅力に迫っていきましょう。 国内工場での自家焙煎 (画像提供)ドトールコーヒー コーヒーは、焙煎してからの鮮度が重要です。 海外で焙煎した豆を輸入するところもあるようですが、ドトールは国内の自社工場でブレンド、焙煎しているため、鮮度が良く美味しい状態で提供ができるんだそう。 いつものドトールでもコーヒーが美味しいと思っていましたが、納得! 丁寧なハンドドリップ そして、ドトール珈琲農園では機械は使用せず、全てハンドドリップで抽出。 手間はかかりますが、ハンドドリップの方が、豆の美味しさを引き出すことができ、美味しいコーヒーができるんだそうです。 お湯の注ぎ方次第で味が変わるハンドドリップは、安定した味を提供するのに苦労もあるのだとか。 最高ランクのスペシャルティコーヒー また、ドトール珈琲農園で使うコーヒー豆は、スペシャルティコーヒーと言われる最高ランクのもの。 スペシャルティコーヒーとは、国際基準のジャッジが100点満点中80点以上と認められたコーヒーのこと。 品質管理や欠点豆の割合など厳しい基準があり、なんと、コーヒー生産量全体の数パーセントほどしかなく、仕入れも難しいのだそう。 では、なぜドトールで仕入れが可能かと言いますと、もともとコーヒー豆の卸売業者だったから。 独自の仕入れコネクションがあり、スペシャルティコーヒーを常に提供し続けられる環境にあるんだそうです。 コーヒーは、試飲してから選べる! 美味しさの裏にあったのは、仕入れから提供までの究極のこだわりだったのですね。 それは美味しいはずです!コーヒー豆や淹れ方について無知の私は、驚きの連続。 そして、コーヒーって奥が深いな、と実感させられました。 ドトール珈琲農園では下記の3種類からコーヒーを選ぶことができ、お店の入口で自由に試飲が可能です。 ザ・ドトールブレンド ローストナッツのような香りと、軽やかな味わいが特徴。 焙煎は、中深煎で、まろやかさと苦味のバランスが良い一番人気のコーヒーです。 主な生豆生産国名:ブラジル、コロンビア ザ・クラシックブレンド シナモンを思わす甘く温かみのある香りと、ダークチョコレートを感じさせるコクが特徴。 深煎ですが、思ったほど苦味は感じず、美味しい。 主な生豆生産国名:コロンビア、グアテマラ ザ・モダンブレンド マスカットのようなフルーティで爽やかな酸味が特徴。 浅煎で、まろやかな甘味もあり、女性に好まれそうです。 主な生豆生産国名:グアテマラ、エチオピア ザ・ドトールブレンドをチョイス! 生まれてはじめてコーヒーの飲み比べをしましたが、豆の産地や焙煎の深さによってこんなに味が違うんだって驚きましたよ。 今回は、ザ・ドトールブレンドを選びました。 まろやかで、ナッツのような香ばしさが鼻を抜ける味わい……お、美味しい……。 コスパ最高!ゆったりモーニングを満喫しよう! 多摩堤通り店では、平日・土日問わず、オープン~11:00までモーニングが実施されています。 基本のモーニングメニューは、コーヒーまたは紅茶に、無料のトーストが付いて500円。 他にもいくつかメニューがある中、私がいただいたのは、モーニングで一番人気の「3種チーズのあつあつたまごグラタン」。 基本のモーニングにたったの100円追加で、グラタンが付いてくるんです! グラタンのベースは半熟卵。 そこに、とろ~りとろけたチーズ、ホワイトソース、トマトソースが絶妙なバランスで絡み合っています。 トーストは外がサクっ、中がふわっとした最高の焼き加減。 そのまま食べても美味しいですが、ここはグラタンをオンしていただきましょう。 もちろん一緒にコーヒー(ザ・ドトールブレンド)も堪能。 幸せですね。 これで600円とは、コスパ良すぎです! お食事&スイーツが本格的! お食事&スイーツメニューが本格的なことも、ドトール珈琲農園の魅力です。 平日はパスタランチが人気 平日は、パスタとオムライスから選べるランチセット(コーヒーまたは紅茶付き)が楽しめます。 中でもパスタが人気で、私は、エビとモッツァレラのトマトクリームソースをいただきました。 パスタ専門店にも負けない美味しさにびっくり!コーヒーもそうですが、ドトールの本気を見ましたね。 インスタでよく見かけるパンケーキもいただきました! ランチ後は、インスタでよく見かけて気になっていたパンケーキを注文。 美しいフォルム!裏話ですが、ここまで綺麗に焼くのもコツがいるんだそうです。 半分はメープルシロップをかけてみましたよ。 表面はサクっと焼き上がっていて、中はしっとり。 噛むたびに甘さが広がる絶品のパンケーキです。 メープルシロップが染みた部分はさらにしっとりして、頬がきゅっとなる美味しさ。 コーヒーが最高に合います! 広報担当者さんにドトール珈琲農園の魅力を教えてもらいました 広報担当者さんによると、 「ドトール珈琲農園の魅力は、 やはり、今までのドトールとは違う、上質なサービス。 仕事前にさっと立ち寄るドトールとは違い、自由に読んでいただける書籍や雑誌もあり、贅沢な空間の中で、ゆったりコーヒーが味わえる場所です。 ここは子連れでコーヒーを楽しむことができ、年配の方もゆったりできます。 世代問わず楽しめるところも魅力ですね」 とのことでした! ドトール珈琲農園 多摩堤通り店の基本情報 住所:東京都世田谷区鎌田4-17-18 電話番号:03-3416-1830 営業時間:<月〜金>09:00~21:00(L. 20:30)<土・日・祝>07:30~21:00(L.

次の

ドトールのフリーWi

ここ から 近い ドトール

地方在住なので、成田発の海外旅行の際は、夕方以降の出発以外は、毎回成田に前泊しています。 いつもは仕事を終えてから向かうので、夜遅くの到着ですが、今回は珍しく昼間から成田入りしたので、「成田山」を散策。 アパホテルから向かう途中で「ドトールコーヒー」でアイスコーヒーをいただきました。 以前からこちらにあるのは知っていましたが、大体いつも閉店後なので、利用したのは初めて。 普通のドトールですが、「京成成田駅」からすぐ、軽食系のチェーン店の中では、こちらが一番近いので、利用価値は大だと思います。 (営業時間は7時30分から21時までです)• 行った時期:2016年8月• 混雑具合:やや空いていた• 滞在時間:1時間未満• 投稿日:2017年12月16日.

次の

ドトールコーヒー

ここ から 近い ドトール

コーヒーチェーンというと、ほとんどの人が「スターバックスコーヒー」を思い浮かべるに違いない。 たしかにスタバは美味しいコーヒーを提供するお店として、日本全国に出店している。 では、「ドトールコーヒー」はと言うと、どうしてもスタバに比べて格下感が否めない……が、実はそうではない! 2019年5月現在、 全国にわずか4店舗しかない「ドトール珈琲農園」をご存じだろうか? ここは、他のチェーン店とは一線を画す上級店であり、ドトールの本気がうかがえるお店だ。 なかでも スキレットで提供するパンケーキは激ウマである。 スタバに行ってる場合じゃねえッ!! ・関東に4店舗 珈琲農園は、2017年10月に世田谷区に多摩堤通り店(1号店)が誕生した後に、学芸大学店・江戸川店・大宮駅東口店の計4店舗がオープンしている。 今回訪問したのは、2号店の学芸大学店だ。 東急東横線の学芸大学駅西口を出ると、すぐのところにお店はある。 サッとコーヒーを飲んで、サッと店を出るようなファストコーヒーの印象はほとんどなく、むしろ「」や「」のように、椅子に深く腰掛けてコーヒーを嗜(たしな)む感じ。 高級イタリアンレストランといってもおかしくない雰囲気だ。 卓上のスタッフ呼び出しボタンもテーブルに埋め込まれており、邪魔にならない。 「会計時にレジにお出しください」と言われて、テーブルに置かれたのはチェスの駒らしきものだ。 おいおい、ここは本当にドトールか? いちいちオシャレじゃないか。 メニューブックだって小ジャレたカフェのようだ……、ドトールなのに。 ・メニューも充実 しつこいようだが、メニュー内容ももちろんオシャレ。 ブレンドコーヒーは、「ザ・ドトール」「ザ・モダン」「ザ・クラシック」(各税別500円)から選ぶことができる。 食べ物はスイーツ・軽食だけでなく、しっかりとしたパスタやプレートなどのメニューも充実。 そして、11時までのモーニングは4種類。 ドリンクメニューにプラス0~100円の名古屋式を採用している。 どうやら、スタバをライバル視しているというよりも、コメダを意識していると見た方がいいかもしれない。 ・20分かかる美しきパンケーキ さて、今回紹介したいのは、モーニング終了後、つまり11時からオーダーできるパンケーキである。 注文すると、 焼き上がるまで約20分かかるという代物。 10時半に入店して私(佐藤)は11時にオーダーして、実物を目にしたのは11時30分。 ムダに早く入店してしまったために、1時間も待つことになった。 しかし、パンケーキを目にした私は、1時間待った甲斐があったと感じている。 これは時間がかかるのも頷ける。 そして、待つだけの価値があることを、その見た目が証明している。 これに別添えのメイプルシロップをとろ~りとかける。 カットするのが惜しいほど、美しいドーム型をしているのだが、切らないことには食えない。 思い切ってナイフを入れると、サクッ! とした感触jがナイフを通して伝わってくるようだ。 食べてみると、食感はパンケーキというよりもカステラに近い印象を受ける。 表面はサクっと焼き上がっており、中の水分は控えめ。 ゆるふわのパンケーキではなく、どちらかといえば固めの仕上げとなっている。 半分くらい食べたところで気が付いた。 これは、 メイプルシロップでベチャベチャにした方がウマい。 豪快にシロップをかけて、その水分をパンケーキに吸わせることで、美味しさは2倍にも3倍にも膨れ上がるだろう。 たかがドトールと侮るなかれ! ここは本気のドトールだッ!!

次の