文末 かしこ。 ビジネスシーンでの「拝啓」と「敬具」の使い方と例文

手紙で使う「かしこ」の意味!男性が使ってもOK?位置や使い方は?

文末 かしこ

女性でも「かしこ」の使い方を知っている人も少なくなっているのではないでしょうか。 昔の手紙などで「かしこ」という結語を目にしたことはありませんか。 「かしこ」の意味は何でしょうか? 「かしこ」の結びは女性の手紙に使われていますが、男性でも使ってよいのでしょうか。 電子情報技術の進歩で電子メール・LINE・チャットなどで通信処理ができます。 最近は、必要な用件のみの文面で簡単に済ましてしまうことが多くなりました。 社会人になって人との関係が深くなってくると、年長者や敬意を払ってお付き合いをする人が増えてきます。 電子機器を使った通信ではなく、手紙を書くことでお付き合いが親密になるのではないではないかと考えられます。 手紙は書き慣れることや、頭語・時候の挨拶・安否伺い・お越しの言葉・本文・結びの言葉・結語・後付などのルールを知らないと恥ずかしい思いをすることになります。 次に、「かしこ」の使い方・「かしこ」の意味・「かしこ」を使うのは女性・男性?などの紹介をします。 「かしこ」の意味 「かしこ」の使い方では、「かしこ」の意味を知らなければ正しい結語にはなりませんね。 手紙には、頭語・時候の挨拶・安否伺い・起こしの言葉・本文・結びの言葉・結語・後付などの基本構成があります。 頭語は「拝啓」や「謹啓」などになります。 頭語の次には、時候の挨拶・安否を尋ねる文・日頃の感謝を伝える文が続きます。 前文(頭語・時候の挨拶など)の次に主文が続きます。 主文は、「起こしの言葉」と「本文」になります。 「起こしのことば」とは、「さて」や「このたびは」などのことです。 「本文」とは、手紙の本題のことです。 主文の次は「結びの言葉」と「結語」になります。 「結びの言葉」は、相手方の健康を祈る文やお礼やお詫びなどの言葉になります。 結語は「敬具」・「謹白」・「かしこ」などになります。 「かしこ」のことを広辞苑で調べると、「手紙の末尾に書く語」となっています。 そして、多くは女性が用いるとあります。 「かしこ」は女性が用いる結びの挨拶の言葉になるようです。 「かしこ」の語幹は「かしこし」のようです。 「かしこ」のかわりに「かしぐ」と書くこともできるようです。 「かしぐ」とは、これにて失礼しますという意味になります。 「かしこ」を男性が使うことはありません。 「かしこ」の使い方 女性は「かしこ」の使い方を知っていたほうが良さそうです。 「かしこ」の意味は、恐縮ですになります。 手紙の基本構成は、頭語・時候の挨拶・安否伺い・起こしの言葉・本文・結びの言葉・結語・後付です。 「かしこ」は結語になります。 手紙では「頭語」と「結語」が決まった組み合わせになっています。 頭語が「拝呈」の時の結語は「拝具」で「啓上」のときは「敬白」などのようにです。 それでは「かしこ」の頭語は何になるのでしょうか。 結語に「かしこ」を使うときの頭語は「謹んで申し上げます」になります。 手紙を書くときには、頭語に「謹んで申しあげます」と書いたら、・時候の挨拶・安否伺い・起こしの言葉・本文・結びの言葉と続いて結語が「かしこ」になります。 3@「かしこ」は女性・男性は? 女性が使う結語の「かしこ」の使い方では、頭語は「謹んで申しあげます」になります。 女性の「かしこ」と同じような男性の結語は「恐惶謹言(きょうこうきんげん)」になります。 目上の人に対する手紙の結語に書いて経緯を表します。

次の

「拝啓」と「敬具・謹啓・かしこ」の違い・手紙での使い方・例文

文末 かしこ

かしこの意味 「かしこ」とは手紙の最後につける 結びの言葉(結語)の一種です。 かしこまった手紙を書くときには、最初に 頭語(とうご)、最後には 結語(けつご)というものを使います。 頭語には「拝啓・謹啓・前略」など、結語は「敬具・謹言・草々・かしこ」などがあります。 見慣れない言葉で難しそうですが、簡単に言うと頭語は「こんにちは」結語は「さようなら」を意味します。 これを丁寧に言っているだけなんですね。 かしこは結語なので さようならという意味になります。 かしこは女性専用の結語 かしこを使えるのは 差出人が女性の場合のみです。 男性が書く手紙には使えません。 また、たとえ書くのが女性でも、• 差出人が夫婦連名(山田太郎 花子)• 妻が夫の代筆(山田太郎 内) の場合にはふさわしくないです。 ただし送る相手の性別はどちらでもOKです。 相手が男性でもかしこを使うことはできます。 かしこの由来 かしこは「畏し(かしこし)」という言葉からきています。 「恐れ多い」という意味の言葉です。 これを文末につけることで「(ここまでに書いてきた文面について)恐れ多いことを申しましたが、失礼いたします」と敬意を表します。 かしこは平安時代の中頃に生まれた言葉と言われています。 この時代は公的な文章はすべて漢字表記。 手紙のような私的な文章にだけ平仮名が使われていました。 当時の女性が公的文書を書く機会はほとんどなく、したためる文章といえばほとんどが恋文でした。 しかも難解な漢字と違って、書きやすい平仮名は女性に大流行しました。 そんな時代背景から女性専用の「かしこ」という結語が誕生したのでしょう。 かしこのルール かしこは万能に使える 頭語と結語はワンセットで使います。 さらに頭語と結語は、手紙の内容でペアにできる組み合わせが決まっています。 手紙の内容 頭語 結語 一般的 拝啓・拝呈・啓上 敬具・敬白・拝具・ かしこ 丁寧 謹啓・恭啓・粛啓・謹白・謹呈 敬具・謹言・謹白・頓首・敬白 急ぎ 急啓・急呈・急白 早々・敬具・拝具・草々・不一 面識なし 拝啓・拝呈 敬具・敬白・拝具・ かしこ 返信 拝復・復啓・謹復 敬具・敬白・拝具・拝答・ かしこ 再信 再啓・追啓・再呈 敬具・敬白・拝具・再拝・ かしこ 略式 前略・冠省・略啓 草々・早々・不一・不尽・不備・ かしこ 引用 かしこはほとんどすべての内容の結語として使えます。 ただ、丁寧なかしこまった手紙や急ぎの内容にかしこは不向きな印象があります。 間違いではありませんが、わざわざかしこを選ぶ必要はないでしょう。 かしこは頭語なしでも使える 通常、頭語と結語はセットで使いますが かしこだけは例外です。 頭語なしのラフな手紙にも使えます。 かしこはビジネスの手紙には使わない かしこは手紙に女性らしい柔らかな印象を持たせます。 そのため男女の区別がない ビジネスシーンで使うには不向きです。 仕事の現場で女性らしさを前面に出すのはおかしな印象がありますよね。 ビジネスの手紙では使わないほうがいいです。 かしこを書く場所は文末 かしこは結びの言葉なので 手紙の文末に書きます。 かしこの後に日付・差出人氏名・宛名・添え文を付け足します。 謹啓なら敬白。 前略なら草々。 などがそうです。 定番以外の組み合わせ、たとえば謹啓を敬具で結ぶのは(間違いではありませんが)少し不自然です。 本来かしこは決まったペアがなくオールマイティに使える結語です。 しかし、かしこにもよく使われるお決まりの組み合わせがあります。 何にでも合うとはいえ、やはり慣れない組み合わせだと相手に違和感を与えてしまいます。 書いていても本当にこれで合っているのか不安になりますよね? 定番の頭語だけで使うようにしておけば間違いがないので安心ですよ。 拝啓・かしこ 敬具の代わりにかしこを使う王道の組み合わせです。 広く一般的な手紙に使えます。 もちろん女性が敬具を使っても構いません。 なので、かしこを使いたくないビジネスなどの手紙では敬具を使うのがいいです。 前略・かしこ 前略には草々をつけますがかしこで結んでも不自然ではありません。 よく使われる組み合わせです。 女性用頭語・かしこ 実は頭語には、仮名を多く用いた女性用のものがあります。 当然結びの言葉はかしこがピッタリ合います。 漢字だけの頭語よりも手紙がさらに女性らしい印象になりますね。 頭語なし・かしこ かしこは頭語がなくてもつけられる唯一の結語です。 頭語はイメージが堅くなるのでつけたくない。 でも、ちょっとだけかしこまった雰囲気を出したい。 そんな手紙に使えますよ。 書き出しが「お久しぶりです」「こんにちは」というお手紙でも、文末にかしこをつけると柔らかいまま少し丁寧な印象になります。 かしこをメールで使うのもあり これまでメールでは、頭語・結語や時候の挨拶のような前後の文章は省略するのが望ましいとされてきました。 メールはあくまで略式の連絡手段で大事な挨拶や連絡には不向き。 用件だけシンプルに伝えるべき、という考え方があったからです。 しかし、より手軽なSNS等の通信手段も生まれてメールの立ち位置も微妙に変わってきました。 今では頭語から始まる挨拶状メールを送信する会社もあります。 メールに頭語・結語はダメ、というのは古い考えになりつつあります。 しかもかしこは、ビジネスには使わない私的な内容につける結語です。 頭語なしで使える気軽さもあります。 それなりに親しい相手へのメールなら、最後にかしこを付け加えるのは悪くないと思いますよ。 かしこはハガキOKだけど年賀状には使わない かしこはハガキにも使うことができます。 しかし、使うべきでないハガキもあります。 年賀状• 寒中見舞い• 暑中見舞い• 残暑見舞い• お見舞い状(病気・火事・災害)• 弔事のお知らせ全般 このような 季節の挨拶・見舞い・弔事のハガキに頭語・結語は使いません。 当然かしこも使わないほうがいいです。 どんな手紙にかしこを使う? 繰り返しになりますが、かしこはプライベートな内容につけるのであらゆる相手に使えます。 ですが、できるだけ一般的な使い方をしたいという人のために 王道の使用方法を紹介しておきますね。 年上の人への手紙に使うのが一般的です。 何年も会っていない同級生やいとこなど。 かしこは手紙につける「さようなら」• かしこを使えるのは女性だけ• かしこはほとんどの頭語とセットで使える• 「拝啓・かしこ」の組み合わせが王道• 頭語なしでかしこだけでもOK• ビジネスの手紙には使わない• はがき・メールに使ってもいい• 季節の挨拶状・お見舞い・弔事連絡には使用しない いろいろありますが本当に守ったほうがいいルールは、 女性が使うことと ビジネスに使用しないことくらいです。 かしこは言ってしまえば、平安時代に流行ったギャル語のようなもの。 堅苦しく考えずに、自由に使って素敵な手紙を書いてみましょう。 かしこを上手に使えば手紙の女子力がぐんと上がりますよ。

次の

「かしこまりました」の意味とは?類語の正しい使い分けも解説!

文末 かしこ

女性でも「かしこ」の使い方を知っている人も少なくなっているのではないでしょうか。 昔の手紙などで「かしこ」という結語を目にしたことはありませんか。 「かしこ」の意味は何でしょうか? 「かしこ」の結びは女性の手紙に使われていますが、男性でも使ってよいのでしょうか。 電子情報技術の進歩で電子メール・LINE・チャットなどで通信処理ができます。 最近は、必要な用件のみの文面で簡単に済ましてしまうことが多くなりました。 社会人になって人との関係が深くなってくると、年長者や敬意を払ってお付き合いをする人が増えてきます。 電子機器を使った通信ではなく、手紙を書くことでお付き合いが親密になるのではないではないかと考えられます。 手紙は書き慣れることや、頭語・時候の挨拶・安否伺い・お越しの言葉・本文・結びの言葉・結語・後付などのルールを知らないと恥ずかしい思いをすることになります。 次に、「かしこ」の使い方・「かしこ」の意味・「かしこ」を使うのは女性・男性?などの紹介をします。 「かしこ」の意味 「かしこ」の使い方では、「かしこ」の意味を知らなければ正しい結語にはなりませんね。 手紙には、頭語・時候の挨拶・安否伺い・起こしの言葉・本文・結びの言葉・結語・後付などの基本構成があります。 頭語は「拝啓」や「謹啓」などになります。 頭語の次には、時候の挨拶・安否を尋ねる文・日頃の感謝を伝える文が続きます。 前文(頭語・時候の挨拶など)の次に主文が続きます。 主文は、「起こしの言葉」と「本文」になります。 「起こしのことば」とは、「さて」や「このたびは」などのことです。 「本文」とは、手紙の本題のことです。 主文の次は「結びの言葉」と「結語」になります。 「結びの言葉」は、相手方の健康を祈る文やお礼やお詫びなどの言葉になります。 結語は「敬具」・「謹白」・「かしこ」などになります。 「かしこ」のことを広辞苑で調べると、「手紙の末尾に書く語」となっています。 そして、多くは女性が用いるとあります。 「かしこ」は女性が用いる結びの挨拶の言葉になるようです。 「かしこ」の語幹は「かしこし」のようです。 「かしこ」のかわりに「かしぐ」と書くこともできるようです。 「かしぐ」とは、これにて失礼しますという意味になります。 「かしこ」を男性が使うことはありません。 「かしこ」の使い方 女性は「かしこ」の使い方を知っていたほうが良さそうです。 「かしこ」の意味は、恐縮ですになります。 手紙の基本構成は、頭語・時候の挨拶・安否伺い・起こしの言葉・本文・結びの言葉・結語・後付です。 「かしこ」は結語になります。 手紙では「頭語」と「結語」が決まった組み合わせになっています。 頭語が「拝呈」の時の結語は「拝具」で「啓上」のときは「敬白」などのようにです。 それでは「かしこ」の頭語は何になるのでしょうか。 結語に「かしこ」を使うときの頭語は「謹んで申し上げます」になります。 手紙を書くときには、頭語に「謹んで申しあげます」と書いたら、・時候の挨拶・安否伺い・起こしの言葉・本文・結びの言葉と続いて結語が「かしこ」になります。 3@「かしこ」は女性・男性は? 女性が使う結語の「かしこ」の使い方では、頭語は「謹んで申しあげます」になります。 女性の「かしこ」と同じような男性の結語は「恐惶謹言(きょうこうきんげん)」になります。 目上の人に対する手紙の結語に書いて経緯を表します。

次の