二 メートル 離れる。 2メートルの「ソーシャル・ディスタンス」が十分ではないこれだけの理由 ランニングは横並びで!(飯塚真紀子)

クレーンの取り扱いについて

二 メートル 離れる

A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 確かに、参るとフィーとの間にはヤードと言う「単位」はあります。 ありますが、それが普通に使われるかと言うと道順などを教える時には使われないですね。 ヤードと言う表現が存在しないのか、と思えるほど使いません。 ないと感じるから、フィーとで言う時とマイルで言い時と、そして、他の表現を使ってその「距離を感じさせる」様に言うわけです You go straight about a few hundred feetと言う表現をしたり、You go down this road about a quarter mileと言う風にマイルを分数で示すわけですね。 この分数は、a half mile, a quarter mile, a third mileと言うくらいですね。 160メーターをa tenth of mileと言う人は非常に少ないですね。 また500feetと言う表現をする人の'方が多いかもしれませんね。 カーナビがこの表現をするのがあるので慣れてきた人もいるのではないかと推測します。 それよりも、100・200メーターであれば、その時点にある「目標となるもの」を言って目印にするでしょうね。 このレベルの距離であればフットボール(アメフト)で使う100ヤードと言う表現を使う人はいると思います。 この距離感とヤードとのつながりが分かるからですね。 と言うことでヤードと言う単位になれた人であれば短い距離であれば使うことはある可能性はあるけど普通の人であれば使わないでしょう、と言うことになります。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。 アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 確かに、参るとフィーとの間にはヤードと言う「単位」はあります。 ありますが、それが普通に使われるかと言うと道順などを教える時には使われないですね。 ヤードと言う表現が存在しないのか、と思えるほど使いません。 ないと感じるから、フィーとで言う時とマイルで言い時と、そして、他の表現を使ってその「距離を感じさせる」様に言うわけです You go straight about a few hundred feetと言う表現をしたり、You go down thi...

次の

クレーンの取り扱いについて

二 メートル 離れる

2020年04月03日 10時55分 くしゃみの飛沫は8メートル先まで届くと判明、「推奨される社会的距離を2メートルから広げるべき」と主張する専門家も 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 は、くしゃみ・せきなどによる や で感染が広がる病気です。 それゆえ世界の保健機関は、感染の拡大を防ぐために社会的距離を2メートル以上に広げるべきと強く しています。 しかし、マサチューセッツ工科大学 MIT の研究者は「2メートルでは不十分。 8メートル以上離れる必要がある」という研究結果を発表しました。 Turbulent Gas Clouds and Respiratory Pathogen Emissions: Potential Implications for Reducing Transmission of COVID-19 Infectious Diseases JAMA JAMA Network Coronavirus germs can travel up to 27 feet, MIT researcher says MITのLydia Bourouiba氏は長年にわたって呼気 くしゃみ・せき の運動力学を研究してきた人物です。 Bourouiba氏が新たに発表した研究によると、くしゃみに際して口から放たれる液滴は「ガス状の雲」となり、最大で秒速10メートル~100メートルに達し、8メートル先まで届く可能性があります。 以下のムービーを見ると、人の口から放たれる液滴の勢いがよくわかります。 くしゃみをした直後、口から50cmの範囲にこれだけの液滴が飛散します。 この液滴はガス状の雲に変化して110cm以内に拡散し…… 最終的には8メートルの距離にまで達します。 Bourouiba氏は、世界保健機関 WHO とアメリカ疾病予防管理センターなどのガイドラインが「ウイルスが『大きな液滴』のみを介して拡散し、『大きな液滴』は拡散距離に限界がある」という考えに基づいていると指摘。 「大きな液滴がガス状の雲に変化して8メートル先まで届く」という今回の結果が PPE の必要性に関するガイドラインの改訂をすぐにでも行う必要があることを示したと主張しています。 一方、感染症の専門家であるワシントン大学医学部のポール・ポッティンガー教授は、問題はあくまで大きな液滴だという見方を示しています。 ポッティンガー教授は「新型コロナウイルスの最大の脅威は大きな液滴、誰かがくしゃみをしたときに口から放たれる雨粒のような飛沫だと考えられます。 このサイズの液滴は大きさゆえに重力の影響を受けやすく、通常の飛距離は6フィート 1. 8メートル 内にとどまります。 WHOなどのルールはこのことを論拠にしています」とコメントしました。

次の

コロナ禍でも他人と2メートル以上離れてできる驚きのトレーニング法。(谷口輝世子)

二 メートル 離れる

クレーンの取り扱いについて 5.つり荷の巻上げ・搬送・巻下げ運転について 1. つり荷の位置までのクレーン移動 1 下フックは地上の設備・機械などに当たらない高さまで巻上げてからクレーンを水平移動させる。 目安として、フック高さは床面上2メートルぐらいが適当です。 2 移動させる、つり荷の重心の真上に、下フックが来るように位置決めをする。 玉掛け時の下フック巻下げ玉掛け作業を行うため、適切な高さまでフックを巻下げてください。 この時、巻下げ過ぎないように注意してください。 (図10) 巻下げ過ぎると玉掛け、つり具のセットに手間取る場合もあります。 図10 玉掛け時の下フック巻下げ 3. つり荷の巻上げ 1 つり荷の周囲や走行範囲に人がいないか確認を必ず行ってください。 2 運転操作する場所で荷にはさまれたり、荷が倒れてくる恐れがないか必ず確認してください。 3 運転操作する位置は、下フックおよび、つり具、つり荷が良く見える位置である事。 良く見えない場合は確実に見える位置へ移るか出来ない場合は、確実に見える位置に合図者を立たせて定められた合図によって運転しなければなりません。 この時、常に、つり荷のバランスに注意し少しでも不安定または危険と判断した場合は速やかに停止させ巻下げ、荷をおろして、つり具をかけ直すなどして安定した状態にしてから運転を行わなければなりません。 (図11) 図11 地切り一旦停止 4. つり荷の降ろす位置までの搬送 1 運転者自身、つり荷の下で運転をしないこと。 また他の作業者やその他の人の頭上を移動させないでください。 (図12) 2 運搬経路上に人がいる場合は、その場を離れるように指示し退避確認後通過するようにします。 3 運転者は常に前方に注意し、つり荷の後方または横の位置から、つり荷について歩くように運転しなければなりません。 図12 つり荷の降ろす位置までの搬送 5. 巻下げ運転 1 つり荷を降ろす場所に人がいる場合、その場を離れるように指示を出し退避させ確認後行わなければなりません。 また障害物の有無や着地面の安定性も確認してください。 2 つり荷が着地する直前で一旦停止を行い着地時の衝撃をやわらげるようにし同時に必ず着地面の確認を行ってください。 3 つり荷の着地後玉掛け用具(スリングやワイヤなど)を緩める前に再度一旦停止を行い、つり荷の安定を確かめてください。

次の