兼松 エレクトロニクス 株式 会社。 兼松エレクトロニクス(兼松エレク)【8096】株の基本情報|株探(かぶたん)

兼松エレクトロニクスの「企業分析[強み・弱み・展望]」 OpenWork(旧:Vorkers)

兼松 エレクトロニクス 株式 会社

日本オフィス・システム株式会社は、中堅・中小企業に強いビジネス基盤を持ち、ITライフサイクル全般にわたるサービス【情報サービス事業】と【システム販売事業】を提供しています。 営業部門とソリューション部門が一体となって、お客様それぞれにとって最適な課題解決策をお客様に寄り添いながら共に考え、多様な選択肢の中から総合的にITソリューションを提供しています。 当社の強みであるアプリ開発~インフラ構築~システム運用まで、ワンストップで提供できることを活かしつつ、注力分野である新しいアプリビジネスの創出等によりますますの成長を目指します。 また現在は東証一部上場の兼松エレクトロニクス株式会社のグループ会社として協業体制を確立し、グループで互いの強みを活かし、過去最高益を達成。 今後もさらなる収益基盤の強化、拡大に努めてまいります。 先輩の入社理由 私がNOSの入社試験を受けた際、風通しのよい社風であると聞きましたが、これまで働いてきて、そのことを強く実感しています。 先輩社員はみなさん優しい方が多く、分からないことについても気軽に質問できます。 上司からも、業務で何か困っていることはないかと気かけてくれるので、相談もしやすいですし、業務に慣れたら、自分から意見を言えばちゃんと聞いてくれます。 仕事以外でも気を遣わせるような雰囲気がないので飲み会など誘われれば、いつも参加しています。 働く上で、だれと働くかというのは重要なことだと思いますが、その点ではNOSはとても満足できるものだと思います。 就職活動において何を会社探しの軸とするかは人それぞれだと思いますが、風通しのよさや働きやすさを重要視する就活生の方はぜひ、NOSの会社説明会へ来ていただきたいです。 4歳 [男性42. 8歳 女性41. jp 担当:人事総務部 採用担当.

次の

【高配当】兼松エレクトロニクス株の徹底分析【日本株】

兼松 エレクトロニクス 株式 会社

2020年3月期の売上高は719億円• 2020年3月期の経常利益は109億円• 2020年3月期の最終利益は73億円 兼松エレクトロニクス が4月28日後場 14:30 に決算を発表。 20年3月期の連結経常利益は前の期比8. 6%増の109億円に伸び、9期連続で過去最高益を更新した。 10期連続増益となった。 なお、21年3月期の業績見通しは開示しなかった。 直近3ヵ月の実績である1-3月期 4Q の連結経常利益は前年同期比1. 6%増の42. 2億円となったが、売上営業利益率は前年同期の18. 8%に低下した。 決算情報 兼松エレクトロニクス 8096 の決算発表情報。 前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。 直近決算期:2020年3月期 連 【売上高】71,961百万円【当期純利益】7,387百万円【自己資本比率】73. 60 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

増収増益 大手IT『兼松エレクトロニクス』の今後の株価を予想する|さとり世代の株日記

兼松 エレクトロニクス 株式 会社

1974. 4 東京都中央区京橋において資本金1億円にて株式会社兼松コンピューターシステムとして設立 兼松株式会社の情報処理(システム開発、システム運用業務)を一括受託 1993 本社を東京都港区に移転 NTT移動通信網とツーカーセルラー東京の一次代理店となり携帯電話機器の販売ビジネスに参入 2000. 8 資本金を350百万円に増資 2001. 3 資本金を425百万円に増資 2001. 4 社名を「兼松コミュニケーションズ株式会社」に変更し、本社を東京都新宿区に移転 2006. 7 モバイルコンテンツ関連ビジネスを分社化し兼松グランクス株式会社を設立 2006. 12 中国上海に携帯電話販売会社 携翔貿易(上海)有限公司(現 兼松通訊商貿(上海)有限公司)を設立 2007. 3 法人営業本部がISMS認証を取得 2013. 5 福岡県久留米市の株式会社BDホールディングス(現 兼松BDコミュニケーションズ株式会社)を買収 本社を東京都渋谷区に移転 2013. 7 資本金を1,425百万円に増資 2013. 9 個人情報保護体制に対する認証制度であるプライバシーマークを取得 2015. 3 本社にて環境マネジメントシステム認証を取得 2017. 4 株式会社ダイヤモンドテレコムと合併 2020. 3 健康経営優良法人2020(大規模法人部門)の認定を取得.

次の