肝 嚢胞。 肝嚢胞で入院した話

【保存版】肝嚢胞とは?原因、画像、症状、治療の徹底まとめ!

肝 嚢胞

医学小知識 健康診断で肝嚢胞といわれたら 太田熱海病院 消化器科 健康診断で指摘される肝嚢胞は通常、腹部の超音波検査(腹部エコー検査、以下エコー検査)で発見されます。 エコー検査による検出頻度は3〜15%前後といわれていますが、検査機会が増えるに従って増加傾向にあります。 肝嚢胞には、病因病態的に多様な疾患が含まれています。 多くは先天性で、孤立性あるいは多発性に種々の大きさで出現します。 これらは症状もなく肝機能も正常であることが多く、出血や破裂の危険性も少ないことから、通常は経過観察するだけで特別な処置はおこなわれません。 また、腎臓や膵臓、脾臓などにも嚢胞がみられる場合があり、多嚢胞性疾患と呼ばれています。 このような場合には腎障害をはじめ種々の内臓障害を伴うことがあり注意を要します。 稀な疾患として、多発性管内胆管拡張をきたすCaroli病なども先天性疾患に含まれます。 後天性に出現する肝嚢胞としては、外傷後や炎症性疾患による貯留性嚢胞や、類皮嚢腫や嚢胞腺腫のような良性の腫瘍性疾患や悪性の嚢胞性腫瘍などがあります。 寄生虫の感染などで嚢胞を形成したり、転移性の腫瘍が嚢胞状を呈している場合も稀ながらみられます。 このように種々の病因で嚢胞を形成することから、健診結果だけから病因を特定することはできない場合も多いのです。 またエコー検査だけでは、嚢胞か腫瘍かの判別が困難なこともあります。 そのため必要に応じて腹部CT検査やMRI検査などもおこなって、総合的に判断する必要があります。 明らかに良性の肝嚢胞であることが確認できれば、増大傾向がないかどうかを定期的に調べるだけで構いません。 通常はエコー検査で経過をみます。 治療をおこなわなければならないケースは、悪性の嚢胞性腫瘍や嚢胞内に出血や感染を起こしたものなどです。 巨大な嚢胞で腹部に圧迫症状が強いなどの場合も治療対象になります。 手術療法が原則ですが、内科的に治療をおこなうこともあります。 術式としては、嚢胞壁剥離切除術、開窓術、部分肝切除術などがありますが、最近では腹腔鏡下手術も導入されています。 内科的におこなう場合は、エコーガイド下に嚢胞を穿刺して排液した後、薬液を注入する方法が一般的です。 肝嚢胞を指摘された殆どの方が良性の肝嚢胞と言われたのではないでしょうか。 数がちょっと多くても心配いりません。 大きさもあまり気にすることはありません。 日常生活も普通にしていて良いのです。 気になることがありましたら、専門施設を受診して担当医にご相談ください。

次の

肝のう胞

肝 嚢胞

医学小知識 健康診断で肝嚢胞といわれたら 太田熱海病院 消化器科 健康診断で指摘される肝嚢胞は通常、腹部の超音波検査(腹部エコー検査、以下エコー検査)で発見されます。 エコー検査による検出頻度は3〜15%前後といわれていますが、検査機会が増えるに従って増加傾向にあります。 肝嚢胞には、病因病態的に多様な疾患が含まれています。 多くは先天性で、孤立性あるいは多発性に種々の大きさで出現します。 これらは症状もなく肝機能も正常であることが多く、出血や破裂の危険性も少ないことから、通常は経過観察するだけで特別な処置はおこなわれません。 また、腎臓や膵臓、脾臓などにも嚢胞がみられる場合があり、多嚢胞性疾患と呼ばれています。 このような場合には腎障害をはじめ種々の内臓障害を伴うことがあり注意を要します。 稀な疾患として、多発性管内胆管拡張をきたすCaroli病なども先天性疾患に含まれます。 後天性に出現する肝嚢胞としては、外傷後や炎症性疾患による貯留性嚢胞や、類皮嚢腫や嚢胞腺腫のような良性の腫瘍性疾患や悪性の嚢胞性腫瘍などがあります。 寄生虫の感染などで嚢胞を形成したり、転移性の腫瘍が嚢胞状を呈している場合も稀ながらみられます。 このように種々の病因で嚢胞を形成することから、健診結果だけから病因を特定することはできない場合も多いのです。 またエコー検査だけでは、嚢胞か腫瘍かの判別が困難なこともあります。 そのため必要に応じて腹部CT検査やMRI検査などもおこなって、総合的に判断する必要があります。 明らかに良性の肝嚢胞であることが確認できれば、増大傾向がないかどうかを定期的に調べるだけで構いません。 通常はエコー検査で経過をみます。 治療をおこなわなければならないケースは、悪性の嚢胞性腫瘍や嚢胞内に出血や感染を起こしたものなどです。 巨大な嚢胞で腹部に圧迫症状が強いなどの場合も治療対象になります。 手術療法が原則ですが、内科的に治療をおこなうこともあります。 術式としては、嚢胞壁剥離切除術、開窓術、部分肝切除術などがありますが、最近では腹腔鏡下手術も導入されています。 内科的におこなう場合は、エコーガイド下に嚢胞を穿刺して排液した後、薬液を注入する方法が一般的です。 肝嚢胞を指摘された殆どの方が良性の肝嚢胞と言われたのではないでしょうか。 数がちょっと多くても心配いりません。 大きさもあまり気にすることはありません。 日常生活も普通にしていて良いのです。 気になることがありましたら、専門施設を受診して担当医にご相談ください。

次の

【保存版】肝嚢胞とは?原因、画像、症状、治療の徹底まとめ!

肝 嚢胞

肝嚢胞 肝嚢胞は、肝臓の中に体液のたまった袋ができる、良性の腫瘍です。 ここではその原因、治療法などについて説明しています。 肝嚢胞とは 肝嚢胞とは、肝臓のなかにできる液体のたまった袋(嚢胞、水胞)のことですが、 良性の腫瘍なので緊急の治療の必要はないとされています。 先天性と後天性がありますが、通常肝嚢胞という場合、先天性の良性のものを指します。 自覚症状もほとんどなく、多くは人間ドックの腹部超音波検査などで初めて見つかります。 嚢胞は肝臓のどこの部位にでも発生しますが、特に右側(肝右葉)の発生率が高いとされています。 大きさは 数mmから10cmを超えるものまで幅広く、数も 1個から複数の場合があります。 肝嚢胞の原因と治療法 肝嚢胞は 遺伝が原因の先天性のものとされており、放置しても成長したり増えたりすることはありません。 まれにエキノコックスなどの寄生虫(おもにキツネや野ネズミに寄生)の虫卵が原因となることもあります。 ただし、遺伝的に、肝臓以外にも腎臓、すい臓などに多くの嚢胞ができている体質の人は、 多嚢胞性疾患と呼ばれており、 脳動脈瘤を生じやすいとされ、注意が必要です。 基本的に、肝嚢胞は良性の腫瘍なので、定期的に人間ドックの腹部超音波検査などで経過を観察して、 問題がなければ治療を行わない場合がほとんどです。 しかし、大きなものでは嚢胞が50cm程度まで成長することもあり、腹部膨満感、鈍痛、胃の不快感、吐き気などの症状をともなうようになれば、治療を行います。 また、嚢胞内に 出血や感染を起こした場合には発熱、腹痛などの症状が起こるようになり、やはり治療が必要になります。 嚢胞が成長し、破裂した場合も手術が必要です。 従来は開腹手術で嚢胞を切除する手術が一般的でしたが、近年では 負担の少ない治療が増えています。 嚢胞の状態を超音波で観察しながら、腹部の体表から細い針を刺して(穿刺という)、嚢胞の内容液を吸引し、嚢胞の内側の細胞をエタノールやミノサイクリン(ミノマイシン)などの薬物で死滅させ、もう内容液が溜まらないようにする治療が一般的です。 肝嚢胞の手術とは? 肝嚢胞は肝臓にできる嚢胞のことで、年々大きくなったりがん化するということはありません。 ただし大きさに個人差がありますが、一般的には8cm以上もの大きな嚢胞は体の内部を圧迫したり、肝機能障害に関わるなどさまざまなトラブルを引き起こします。 巨大な嚢胞は圧迫症状以外にも感染症や出血などを起こしたり、体内で破裂する(または転倒した際に外からの力によって破裂する)リスクをともなっています。 嚢胞の袋の中に出血がある、もしくは破れているといった場合は、外目から見ても分かるほどに巨大化している場合、痛みや圧などが出ている際には手術によって嚢胞を取り除くことになります。 従来では外科的切除が一般的でしたが、嚢胞の中の液体を吸引したり、薬品を注入して内皮を固定する治療などが一般的に行われています。 嚢胞内壁に隆起が見られる、多房になっているなど、「非定型的」と判断された場合は、さらに精密な検査を行って腫瘍の詳細を調べることになります。 単純性嚢胞の場合はすぐに手術を行う必要はありませんが、年に一度経過観察を行う必要があります。 寄生虫などが原因で嚢胞を形成している場合は、巨大化するという特徴があります。 その場合は手術で嚢胞ごと切り取る以外に治療法がなく、早期発見・早期治療が肝心です。 さらなる巨大化や破裂の危険を防ぐため、手術によって嚢胞を取り除きます。 エコーやCTガイド下で嚢胞の中の液体を吸い出し、排液することで嚢胞を小さくします。 ただし排液だけでは100%再発するため、 嚢胞内に薬剤を注入する「硬化療法」を併用します。 お腹を切って袋ごと切除する治療は肉体への負担が大きいため、体の表側から針を刺し、嚢胞の中にチューブを入れて、 エタノールなどの薬液で袋の細胞ごと死滅させる治療が行われています[1]。 ただし意識のある状態でこれらの手術を行う場合痛みを伴うため、最近では新たな治療法として全身麻酔をかけてから腹腔鏡下手術を行い、袋を切除する方法なども行われています。 内視鏡手術が難しい部位については従来の開腹手術を行います。 嚢胞は先天的な原因によって発生することもあります。 しかししの場合も、巨大化してしまい無水エタノール注入療法などに効果が見出せない場合は、内視鏡もしくは開腹による手術が適用となります。 上記の手術以外にも、 「肝臓移植(肝移植)」なども有効な手術法として考えられています。 唯一の根治的治療法として考えられており、末期の腎不全や腹水、低栄養状態などを合併している重篤なケースについて適用となります。 肝嚢胞は個人差があり、自覚症状のないところから大きくお腹が膨れる(巨大化)までさまざまです。 しこりや塊が認識できる、または腹部の上部に不快感がみられる場合には、消化器内科を受診し、必要に応じて精密検査を受けることをおすすめします。 腹部の上部に圧迫感があり、膨張している感じや押されている感じがある、または胃に不快感が出ているような場合は、嚢胞が巨大化している可能性が高いため、専門医の受診が必要です。 肝嚢胞手術の費用は? 肝嚢胞の切除術や切開術は、 保険が適応されるため3割負担で36,600円~となります。 腹腔鏡下肝嚢胞切開術の場合は、3割負担で65,100円となります。 肝嚢胞や肝腫瘍の摘出術は3割負担で65,100円となり、これらの手術料の他に麻酔や薬剤などの料金が加算されます。 入院などを伴う場合は入院費用もプラスされます。 (入院費用は病院ごとに異なります) 会社など仕事を休んだ時に受けられる 「傷病手当金」などが対象になる場合、費用を安く抑えることも可能です。 【参考URL】 参考[1]: 『多発性肝嚢胞診療ガイドライン』厚生労働科学研究補助金(難治性疾患克服研究事業).

次の