アナウンサー 人事異動。 2020 NHK 春のアナウンサー大異動 そして稲塚アナはいずこへ? : K2 HAIR へようこそ 近江八幡 美容室 美容院

細貝沙羅の人事部への異動に見るフジテレビの左遷の流儀

アナウンサー 人事異動

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中... あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。 細貝沙羅というフジテレビアナウンサーが、アナウンス部から人事部に異動になったというニュースが話題を呼んでいる。 アナウンサーは、専門の採用枠があり、見事アナウンサーとして入社できた場合、普通はずっとアナウンス部に所属し、アナウンサーとして仕事をする。 それが、人事部というバックオフィスに異動になるということは、並大抵のことではあり得ない。 しかし、今回細貝沙羅は人事部に異動になってしまった。 この異動について、ネット上では「左遷だ」と話題になっている。 細貝沙羅アナは、確かにこれまでアナウンス技術が低いなどの欠点があったが、本当に左遷なのだろうか。 細貝沙羅の人事部への異動は左遷か? 細貝沙羅は、6月28日付で人事部に異動になった。 一部報道によれば、これはアナウンス技術の低い彼女の起用先がなくなったことによる左遷だという。 細貝沙羅は、慶応大学出身で、学生時代にはミスコンに出場するほどの美貌の持ち主。 堀北真希に似ていると噂されることもあった。 国際派のキャスターとして活躍する素地があったはずだ。 フジテレビでは、最近のタレント頼みの番組構成がたたり、アナウンサーの活躍の場が減っていたという。 少ないアナウンサーの出番があったとしても、山崎夕貴や、加藤綾子が出番を奪ってしまい、くすぶっている若手アナウンサーが多いという。 細貝沙羅は、確かにもともとアナウンス技術が高い方ではなかった。 ただ、アナウンス技術はある程度練習すれば誰でも身につく。 本人の努力と、訓練機会が提供されるかどうかの問題だ。 今回の細貝沙羅の人事部への異動は、アナウンス技術が低いことへの懲罰的左遷というよりは、フジテレビの人材活用力の低下が要因の、極めておそまつなものと見るべきだろう。 フジテレビの左遷の流儀 フジテレビのアナウンサーで左遷された人物といえば、川端健嗣氏が思い浮かぶ。 顔を見ればほとんど人が一度は見たことがあるだろう。 FNS歌謡祭などでメイン司会を長年務めた人物だ。 川端健嗣氏も2013年に子会社に出向している。 とはいえ、川端健嗣氏の場合年齢的にも高齢であったため、後進に道を譲るという意味合いもあったのだろう。 他にも、編成部長の左遷などが頻繁に行われているとよく噂されるのを耳にしたことがあるだろう。 フジテレビは、現在局をあげて再起を図るべく画策中だという。 視聴率の低迷が叫ばれ、純粋な視聴者目線でも、目を引く番組がない。 どうしても気付くと日テレをつけているのは、筆者だけではないだろう。 それにしても、若く美しい女性社員を左遷するのは、非常にリスキーだ。 特にアナウンサーは、アナウンサーでなければ意味がない。 細貝沙羅がフジテレビを退社するのは時間の問題だ。 本来は、新しい若手を育成することにリソースを割くより、中堅を有効活用した方が経営戦略上有効なはずなのだが、今のフジテレビにはそのようなことを考える余裕がないということだろう。

次の

2020 NHK 春のアナウンサー大異動 そして稲塚アナはいずこへ? : K2 HAIR へようこそ 近江八幡 美容室 美容院

アナウンサー 人事異動

入社年次順 注釈が無いものは新卒で4月入社。 注釈のあるものについて。 それまでに何社か渡り歩いている人については基本的に直前の所属先、退社後何社か渡り歩いている人は基本的に直後の所属先と現職。 とあるものはすべて契約キャスター(正局員ではない)、4月以外の入社はその月の初め、退社・異動・降板はその月の末。 現職の男性アナは青地、女性アナは赤字で着色してあります。 2017年3月退社) 2014 (10月入社。 2014年3月契約満了) 追記(5月5日筆):のアナウンサーページにウンサーの名前を発見したので加筆しました。 (いつ更新されたんだろう? なお、5月5日現在でのサイトのアナウンサーページに野口美和アナの名前は掲載されていません。 ) 退社・異動年次順 では、退社や別部署への異動になった方を取り上げてみましょう。 基本的に書いてある月の月末、月が書いていないものは3月末の退社です。 over50のアナウンサーの異動や定年退職については入社年次を省略します。 2018年3月より記者専任) 加藤智也(2008年入社。 別部署へ異動) 鈴木沙喜代(2012年入社。 2018年12月に持ち番組を降板している) (2013年入社) (2018年3月-2019年3月) 2018 小笠原遥(2014年10月入社。 12月退社、ハフポスト日本版ニュースエディター。 ) 荒井美由起(3月退社、局のサイトには4月末まで名前があった。 ) (2013年入社。 ) (2015年入社。 ) (2013年入社。 フリー、2018年4月より「」) (2013年入社) 柳沢剛(広報部長に異動) - (2015年入社) 2016 - - - (2013年入社。 レポーター) 2015 (2013年入社。 「直撃LIVE グッディ! 」フィールドキャスター) (2012年入社。 8月他部署へ異動) 水上明子(2003年入社。 2008年8月より広報部、2013年6月退社) (2003年入社。 7月UXへ) - 2012 (2004年入社。 3月退社フリー) (2009年入社。 3月契約満了フリー) (2005年入社。 年7月退社フリー) 早坂牧子(2005年入社。 4月退社フリー、名義は「」。 ) - (2000年入社。 2011年3月退社広島へその後フリー) 私の記憶との記述の間でかみ合わないところもあり、誤りもあるかもしれません。 誤りを見つけたときは「ニダ!」「すべてのデマの発信元だ!」と騒ぎ立てる前にコメント欄に誤りの指摘を書き込んでくださると助かります。 気づき次第誤りを確認して書き直します。 FM TOHOKUレポーター : 言わずと知れた元メ~テレアナウンサー。 ご主人の仕事の都合で仙台に移り、仙台、山形でフリーアナとして活躍していた : 局のwebサイトのアナウンサーページには4月末まで名前があったので4月退社なのかもしれない。 : 藤沢智子アナも定年の年齢だが、取締役でもあるため定年の概念が適用されない。 : web. archive. orgで調べると2017年6月時点のアナウンス日誌に出ているのが確認でき、2018年8月時点のアナウンサーページから名前が消えているので、その間のどこかで異動になったものと思われる。 : には2017年12月退社とある。 : によると、とも社からの出向による契約アナウンサー : たぶん広報部。 水上さんに代わって局のキャターJUNIのブログ「ジュニひろば」(2018年9月閉鎖)を担当していたはず。 : 濱さんのご主人が設立したインターネット放送局 mimumemo.

次の

細貝沙羅アナが干されて人事部に異動!コネ入社の弊害か?

アナウンサー 人事異動

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中... あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。 細貝沙羅というフジテレビアナウンサーが、アナウンス部から人事部に異動になったというニュースが話題を呼んでいる。 アナウンサーは、専門の採用枠があり、見事アナウンサーとして入社できた場合、普通はずっとアナウンス部に所属し、アナウンサーとして仕事をする。 それが、人事部というバックオフィスに異動になるということは、並大抵のことではあり得ない。 しかし、今回細貝沙羅は人事部に異動になってしまった。 この異動について、ネット上では「左遷だ」と話題になっている。 細貝沙羅アナは、確かにこれまでアナウンス技術が低いなどの欠点があったが、本当に左遷なのだろうか。 細貝沙羅の人事部への異動は左遷か? 細貝沙羅は、6月28日付で人事部に異動になった。 一部報道によれば、これはアナウンス技術の低い彼女の起用先がなくなったことによる左遷だという。 細貝沙羅は、慶応大学出身で、学生時代にはミスコンに出場するほどの美貌の持ち主。 堀北真希に似ていると噂されることもあった。 国際派のキャスターとして活躍する素地があったはずだ。 フジテレビでは、最近のタレント頼みの番組構成がたたり、アナウンサーの活躍の場が減っていたという。 少ないアナウンサーの出番があったとしても、山崎夕貴や、加藤綾子が出番を奪ってしまい、くすぶっている若手アナウンサーが多いという。 細貝沙羅は、確かにもともとアナウンス技術が高い方ではなかった。 ただ、アナウンス技術はある程度練習すれば誰でも身につく。 本人の努力と、訓練機会が提供されるかどうかの問題だ。 今回の細貝沙羅の人事部への異動は、アナウンス技術が低いことへの懲罰的左遷というよりは、フジテレビの人材活用力の低下が要因の、極めておそまつなものと見るべきだろう。 フジテレビの左遷の流儀 フジテレビのアナウンサーで左遷された人物といえば、川端健嗣氏が思い浮かぶ。 顔を見ればほとんど人が一度は見たことがあるだろう。 FNS歌謡祭などでメイン司会を長年務めた人物だ。 川端健嗣氏も2013年に子会社に出向している。 とはいえ、川端健嗣氏の場合年齢的にも高齢であったため、後進に道を譲るという意味合いもあったのだろう。 他にも、編成部長の左遷などが頻繁に行われているとよく噂されるのを耳にしたことがあるだろう。 フジテレビは、現在局をあげて再起を図るべく画策中だという。 視聴率の低迷が叫ばれ、純粋な視聴者目線でも、目を引く番組がない。 どうしても気付くと日テレをつけているのは、筆者だけではないだろう。 それにしても、若く美しい女性社員を左遷するのは、非常にリスキーだ。 特にアナウンサーは、アナウンサーでなければ意味がない。 細貝沙羅がフジテレビを退社するのは時間の問題だ。 本来は、新しい若手を育成することにリソースを割くより、中堅を有効活用した方が経営戦略上有効なはずなのだが、今のフジテレビにはそのようなことを考える余裕がないということだろう。

次の