エビング 仕掛け。 『エビング仕掛け』『コマセキハダ用仕掛け』

相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)|つりまる

エビング 仕掛け

スポンサードリンク どうもつぐむぐです。 突然ですが、皆さんは、イカが好きですか? こう問われて、「イカが嫌いだ」って人はあまりいないと思う。 のブログやってる位なんで、 正直僕に対してイカのイメージはあまりないかもしれないけど、 実は僕、時間の許す限り、イカ釣りにも結構励んでる^^ 魚が釣れない時間帯とかね。 イカ釣りと言っても、 イカ釣り漁船で仕事している訳ではないっすよ(爆) そこはフツーの会社員です。 僕がやってるのは、 ここ数年で、一気にメジャーにのし上がった 「エギング」 です! エギングって知ってますか? エギっていう、エビに見立てた疑似餌を用いてイカを釣る釣法のこと。 けど、どっちに見えてるかの議論は、釣果とは関係ないんで、 ここではエビってことで話を進める^^ 僕の場合、堤防や磯でチヌやグレの食いが落ちれば、迷いなくエギを投げる。 堤防でしてて、イカの姿が見えれば、即!エギを投げるw もちろんイカを食べたくて、しっかり狙って釣りにいくことだってある。 幼少の頃から釣りが大好きな僕は、 本当にいろんな釣りを今でもやってる。 川魚釣りから始まり、バス釣り、サビキ釣り、 投げ釣り、フカセ釣り、磯釣り、船釣りなどなど、 年中様々な釣りを楽しんでる。 最近淡水はあまりしないけどね。 関連記事: でもこれらは全てフィールドや釣り方が違えど ターゲットが「魚」であるという共通点は変わんない。 でも、根本的に狩猟が大好きな僕は 魚だけじゃ物足りない。 美味しくて釣れるものは何でも釣りたい!爆 同じフィールドで釣りが成立するのであれば何でもね。 つまるところ、「ただの欲張り」なんすよ(笑) そういう視点で見ていくと、イカ釣りというのは すごく幅の広い釣りなんだよね。 陸からもできるし、磯からもできるし、船からもできる。 こんなフットワークの軽い釣りって、そうそうない^^ だから僕はエギングロッドを釣り場には必ず持参してる。 ぶっちゃけ、それ以外のロッドも結構忍ばせてるけどw エギングはホント手軽で簡単にできるんで 知ってて絶対損する釣りじゃない。 本格的にやるにしても、片手間でやるにしても イカは立派なお土産にもなるし。 そこで今回は、「釣ってヨシ!食べてヨシ!」と、 良い事尽くめの 「エギング」 について、 皆さんに分かり易く解説して行こうと思います。 イカ釣り(エギング)に興味がある方は ぜひ最後までお付き合い頂けたら幸いです! では早速はじめましょう! エギングでのイカの釣り方【簡単4ステップ】 シンプルに要点を言うと、エギングの流れは、 次の4ステップに集約される。 (1)エギを遠投して海底まで一気に沈める。 (2)エギが海底まで沈んだと感じたら、 そこから数回、竿先をシャクリ上げる事によって、 車エビが海底を数回ハネ上がる動作をマネする。 (3)数回のシャクリでハネ上がったエギを、 ゆっくりとまた海底に沈ませる フォールさせる。 (4)(1)〜(3)を繰り返すうちに、 その動きを見て車エビと勘違いしたイカが、 反射的にエギに抱き付いた瞬間、 アングラー 釣人 がフッキングさせて(針にかけて)釣り上げる。 って仕組み。 魚と違ってイカは左右に動けないんで、 エギに抱き付いた時は、何かに引っ掛かった様な感覚で、 エギが「ズシン!」と重くなる。 イカが抵抗して少しラインを引っ張って初めて、 イカが釣れている事に気付かされる。 なので、もし「イカがエギを抱いたかな?」と思ったら、 慌てず騒がず迷わず、丁寧に・慎重にリールを巻き上げれば、それだけでOK^^ イカとのやり取りでは、 大きな魚の時の様な駆け引きは全然必要ないけど、 針に返しがない分、慎重にリールを巻き上げ続けないと、 バレて(逃がして)しまう可能性がある。 唯一、その点にだけ注意して、 イカ特有の引きを思う存分楽しみましょう!! エギング仕掛け 仕掛けの全体像は、上の図のようになる。 エギのくちばし 金属製のワッカ に、 フック付きサルカンを装着していると、 エギを交換する時、非常に便利! こだわりがある人は、仕掛けにサルカンを一切使わず、 直接リーダーとエギを結ぶけど、 僕の経験上、どちらが釣れるとは正直言い切れない。 だから、僕のオススメは、フック付きサルカンを使う事。 だって エギの交換が超絶スムーズだからね^^ 結びなおす手間がなくなるからほんと楽。 このように、釣果にほとんど影響しない作業はできるだけ省こう! エギングって仕掛けがすごくシンプルでしょ? これも「エギング」が人気のある理由の一つ であることは間違いないね! エギングロッドとリールの選び方 今は、エギング専用の竿 エギングロッド が沢山あるんで、 その中で好みのメーカーとデザインで選べば大丈夫! 一番扱いやすい長さは、 一般的に「3メートル前後」と言われている。 けど正直、竿は自分の好みで大丈夫! リールは、2500番から3000番のスピニングリールを選ぼう。 実は、エギングでのリールの役割って結構なもので、 ひたすら糸を出したり巻いたりを繰り返すから、 それなりに値段のするモノをオススメする。 これはエギング分野に限った話じゃないけど、 竿もリールも、値段が高いほど丈夫で軽く、長持ちする。 それに、なんだかんだ言っても、 高いものは使ってみるとやっぱりいい物が圧倒的に多い! アタリ前だけどね^^ この感覚は使ってみないと分からない。 ただリールの金額にも、幅がかなり有るから、 財布と相談しながら選ぶとイイですね^^ 竿にしたって、リールにしたって 値段が高ければ、それだけで釣れる訳ではないけれど、 自分が納得して買ったモノだと、愛着持って扱うこともできるし、 モチベも上がるし、トータル的に見て 安いリールよりイイ仕事をしてくれることでしょう!^^ 関連記事: ラインとリーダーの選び方 エギングで使用するラインは、が断然オススメ。 普段よく見掛ける、ナイロン製の半透明な釣り糸と比べると、 耐久性が高いし、非常に軽いし、感度も抜群に良くて、水に浮きやすい。 水に浮きやすいのが良い理由は、 海面にPEラインを垂らして浮かせておくと、 イカがラインを引いた時に、 海面に浮いていたラインが即座にピンと張ると同時に 引きが瞬時に手元に伝わってくるからだね。 便利な分、それなりに高価なモノだけど、 エギングをするなら必須アイテムだね! PEのサイズは、0. 6号〜1. 5号位が丁度よいと思う。 次にリーダーだけど、もしかしたら皆さんの中には、 リーダーの存在意義が分からない人がいるんじゃないかな? 実は、エギとPEラインを繋ぐリーダーには、とても重要な役割がある。 PEラインの長所は、先に述べさせてもらったけど、 実は重大な短所もあるんだよね。。。 それが、 岩や堤防などの障害物に擦 こす られると、簡単に千切れてしまうこと。。 実は PEは「こすれ」にすこぶる弱い糸なんだ。 エギングは、まずエギを海底に沈める事から始まるから、 当然エギ付近の糸は、常に障害物に擦 こす れる可能性が高い。 なので、エギ近辺の糸は、こすれに強い糸じゃないといけない。 この点フロロカーボン製のリーダーなら、 その問題点を一発解消してくれる糸なんで、 この糸の2. 0号前後を購入し、 1メートルほどの長さで設定してみよう^^ ノットとは? ノットとは、一般的には糸と何かを結ぶ事を言うけど、 釣り業界では、主にラインとリーダーを直接結ぶ方法の事を指す。 ではなぜ、サルカンを使わずに ワザワザ強度に疑問がありそうな、 糸同士を結ぶという行動に出るのかというと、 当然それなりの理由がある。 まず、PEラインとリーダーをサルカンで結ぶと、 サルカンの重さが仕掛けに加わることで、 糸全体に不自然な動きが出てしまい、 イカに警戒心を与えてしまう事が一つ。 あと、PEラインを海面に浮かせる時、 サルカンの重さで徐々に海中に沈んでしまうという難点がある。 そんな理由からノットが発展し、 今では実に様々なノットが存在する。 PGノット、FGノット、ノーネームノット、 オブライトノット、電車結び、などなど。 もちろん 今回は、僕も愛用しているFGノットの進化形を伝授します! 名付けて 「簡単ノット」(笑) 恐らく、今出ているノットで一番簡単なのではないでしょうか? ぶっちゃけ、これさえ覚えたら、 他のノットは覚える必要はないんで、 頑張ってチャレンジしてみてください! エギの選び方 こちらも竿やリールと同じく、値段はピンキリだし、 値段が高いからと言って、決して釣れる訳ではないので、 好みのモノで大丈夫! その昔、2000円以上かけて購入した1本のエギを、 一投目で海底に失うという、 とてつもなく悲しい事件を体験してしまってね…(涙) 釣り人なら誰でも似たような体験を一回はしたことあるはず^^ 底(ボトム)にエギを沈めるから根ガカリは頻繁にあるんすよね(笑) だからエギに関してはあんまり高いと出費がかさむ可能性があるので、 安価なエギをチョイスするのも全然ありだと思う。 安いやつでも釣れるし。 もちろん、本当に重要なパーツとかには 一切投資を妥協しない(フカセ釣りのウキとか)けど、 その辺りは「釣果にどの程度影響するか?」を 総合的に考慮して判断してる。 ただ、エギに関してアドバイスがあるとすれば、 違う色のエギを10本ほど持って行くことをおすすめします! というのも、「イカの目は色彩が分かる」と言われているし、 エギの色で実際釣果がすごく変わったりするからね! 余談だけど、僕は熱狂的なカラー戦略の信者だからね! 関連記事: それはいいとして、その日の当たり色を発見したら、 あとはシャクリまくって大物を釣り上げよう! 最後に・・・ 今回は、巷で流行中のエギングについて語ってみた。 この記事をキッカケに、皆さんに、エギングにチャレンジしていただけると幸いだ。 今でこそ安定して釣れるようになったけど、 はじめからそうだった訳じゃありません。 チヌ釣りでは4年弱もの間、 結果が出ませんでした。 そんな僕でも、 楽して簡単に、かつ安定して チヌを釣れるようになったのは 他ならぬ「良質な知識」のおかげ。 正直、これさえあれば、 どんな人でもチヌであれグレであれ 簡単に釣ることができます。 良質な知識を得て、 それを海で実践するだけ。 すごくシンプルです。 僕がチヌやグレを 自信をもって釣れるようになった過程は 以下の記事で公開しています。 ==================== あと、をはじめました。 大変多くの方に登録していただき 好評いただいてます。 ブログに載っていない、載せたくない マル秘テクニックは こちらで 限定公開しています。 ブログと合わせて読むことで、超高速で 「高確率で結果が出せる釣り師」になること間違いなしです。 釣るために必要な知識を ばらまいてますので、 ぜひご登録いただければと思います^^ 最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

次の

エビングでキハダをゲット!タックルから釣り方まで徹底解説|TSURI HACK[釣りハック]

エビング 仕掛け

エギングの仕掛け 必要なもの エギとスナップ エギは1. 5号~4号ぐらいのサイズ展開で市販されているので、釣れるイカのサイズに合ったものを選びます。 アオリイカの場合、秋の小イカなら2. 5号、春から初夏の大イカなら3. 5号を標準に考えておけば大丈夫でしょう。 スナップは付けずにアイに直接リーダーを結んでもできなくはありませんが、付ければ動きが良くなり、エギの交換も楽になるというメリットがあります。 ライン ラインにはPEラインの0. 4~1. 2号が主に使われます。 PEラインは伸びがほとんどないため鋭いシャクリを入れるエギングに最適で、ほとんどの人がPEラインを使用しています。 初心者ならとりあえず0. 8号を巻いておけば幅広い状況で使用可能です。 リーダー PEラインは引っ張り強度は高いのですが擦れに弱いため先端にフロロカーボンのリーダーを接続する必要があります。 リーダーの太さはラインとのバランスを考えて1. 5~3号を使い、長さは釣り場の状況に応じて1~1. 5m程とります。 仕掛けの作り方 リーダーを結ぶ PEラインとフロロカーボンラインはなかなか相性が悪くてしっかり結ばないとすっぽ抜けてしまったりするのでFGノット、電車結び、ノーネームノットなどで頑張って結びましょう。

次の

エビング仕掛け・・・

エビング 仕掛け

エギングの仕掛け 必要なもの エギとスナップ エギは1. 5号~4号ぐらいのサイズ展開で市販されているので、釣れるイカのサイズに合ったものを選びます。 アオリイカの場合、秋の小イカなら2. 5号、春から初夏の大イカなら3. 5号を標準に考えておけば大丈夫でしょう。 スナップは付けずにアイに直接リーダーを結んでもできなくはありませんが、付ければ動きが良くなり、エギの交換も楽になるというメリットがあります。 ライン ラインにはPEラインの0. 4~1. 2号が主に使われます。 PEラインは伸びがほとんどないため鋭いシャクリを入れるエギングに最適で、ほとんどの人がPEラインを使用しています。 初心者ならとりあえず0. 8号を巻いておけば幅広い状況で使用可能です。 リーダー PEラインは引っ張り強度は高いのですが擦れに弱いため先端にフロロカーボンのリーダーを接続する必要があります。 リーダーの太さはラインとのバランスを考えて1. 5~3号を使い、長さは釣り場の状況に応じて1~1. 5m程とります。 仕掛けの作り方 リーダーを結ぶ PEラインとフロロカーボンラインはなかなか相性が悪くてしっかり結ばないとすっぽ抜けてしまったりするのでFGノット、電車結び、ノーネームノットなどで頑張って結びましょう。

次の