西野 カナ レインボー。 西野カナのRainbowとstoryの歌詞を教えてください!どちらかだけでも...

西野カナ ペンライト レインボーの通販 by 断捨離中✩︎⡱|ラクマ

西野 カナ レインボー

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

Believe【初回生産限定盤】・西野 カナ

西野 カナ レインボー

概要 [ ] 前作「」から約7ヶ月ぶりのシングル。 2013年第1弾シングル。 通常盤と初回生産限定盤の2種での発売。 初回生産限定盤には、2013年3月に開催された自身初のアジアツアー『Kanayan Tour 2013 〜Asia〜』の台湾公演のダイジェストを収録したDVDが付属され、スペシャルオリジナルジャケット仕様となっている。 表題曲の「 Believe」は、「C1000」テレビCMソング。 カップリング曲の「 Rainbow」は、 「」主題歌。 表題曲はオリジナル・アルバムには未収録だが、ベストアルバム『』に初めて収録された。 カップリング2曲目はオリジナル・アルバムには未収録だが、ベストアルバム『』に初めて収録された。 収録曲 [ ] CD タイトル 作詞 作曲 編曲 時間 1. 「 Believe」 FAST LANE FAST LANE、HIRO DOI NICHION 3:51 2. 「 Rainbow」 Kana Nishino、 GIORGIO CANCEMI 4:51 3. 「 Story」 Kana Nishino SKY BEATZ、FAST LANE、LISA DESMOND 4:00.

次の

Rainbow 西野カナ 歌詞情報

西野 カナ レインボー

西野カナといえば、リスナーが評価するのはまず、突出した歌唱力と歌詞のリアリティだろう。 本人も11月20日に出演した『ZIP! 』で、「周りの人に簡単な恋愛のアンケートを取らせてもらって、みんなが『わかる』って言ってくれたところを残す」と語るなど、多くのリスナーの心情や体験とも響きあう歌詞を書くことが知られている。 一方で、2014年8月リリースのシングル『Darling』以降、西野カナは音楽性の面でも進化し続けるアーティストだという認識が広がりつつあるようだ。 カントリー、フォーク、ボサノヴァの音色をアレンジし、J-POPとして上手く昇華した同曲をひとつのきっかけとして、気鋭のコンポーザーたちがコラボした彼女の楽曲の魅力を再発見/再評価するリスナーが増加。 西野はそんなタイミングで、11月18日に、カップリング楽曲やアルバムオリジナル曲を集めた『Secret Collection 〜RED〜』『Secret Collection 〜GREEN〜』をリリース。 新しい西野カナの部分をみんなに知ってもらいたい」と語っていた。 ハードな表現の英語詞も頻繁に登場し、音楽面でも洋楽ポップス的なニュアンスが汲み取れる楽曲が多い。 彼女が幼少時から親しんできたというレゲエ、ヒップホップに加え、現行のアメリカのポップチャートともシンクロするサウンドも聴くことができる。 アーティストである以前に、音楽を愛するひとりのリスナーである彼女の志向性、幅広い音楽性は、A面よりむしろ、カップリング曲に強く表れていると言えるだろう。 だが、LISA DESMONDが、SKY BEATZやFAST LANEとのコライトで参加している「Never Know」、「Happy Half Year! 」「Story」などは、カーリー・レイ・ジェプセンやケイティー・ペリーといった、最新の洋楽ポップスに近い音色だ。 また、DJ MassとKyoko Osako、Hiroshi Yoshidaらが共作した「Clap Clap!! 」はロック調で、アヴリル・ラヴィーンと並べて聴きたくなるような疾走感が備わっている。

次の