プリコネ 前作 ペコリーヌ。 【プリコネR】前作のストーリーや今作との繋がり、世界観の解説など その2

【プリコネR】メインストーリー考察

プリコネ 前作 ペコリーヌ

「プリンセスコネクト」について 「プリコネ」は2015年2月にアメーバで配信された向けゲームで、 開発についてはCygamesが担当していました。 言うまでもなくCygamesは(CA)のグループ会社であり アメーバもCAの事業であることから相当力の入ったゲーム展開をするのかと思いきや サービス開始から11ヶ月後にサービス終了を予告、 予定より1ヶ月延長して2016年7月末を持ってサービス終了しました。 サービス終了までの経緯や、個人的に思ったことは""にまとめてありますが とにかく残念だったのを覚えています。 ストーリーは最後まで公開すると運営側から案内がありましたので 私もサービス終了日直前にあわせて全メイン及びサブストーリーを読了しました。 「Re:Dive」 それから1ヶ月も経たない、8月21日。 Cygamesのイベントでなんと「プリコネ」が復活するとの情報が発表されました。 正式タイトルは 「プリンセスコネクト Re;Dive」 「Re:Dive」というのはゲームにちなんだ言葉で。 「プリコネ」の作品の中心となるVRゲーム「アストルム」に ログインするときの合言葉が「ダイブ・アストルム!」だったのです。 開発側によりますと、「Re:Dive」は前作「プリンセスコネクト」の続編にあたり、 その前作で登場したキャラクターは全て登場。 さらに新たなキャラクターも追加されるとのこと。 公開されたばかりの公式サイトにも紹介されていますが ペコリーヌ(CV. )、キャル(CV. )、コッコロ(CV. )の新キャラがまずは登場するようです。 このうちペコリーヌについては、前作「プリンセスコネクト」を最後までプレイした方ならきっと見覚えがあると思いますが 最終章クリア後に見られるサブストーリーのラストシーンで登場し、主人公とゲーム内で出会った始めたばかりの初心者プレーヤーと同じなのです。 その時は名前は明らかにされておらず、次に繋がるようなシナリオだったのでまさか…とは思いましたが こんな形で1ヶ月もしないうちに再会するとは思いませんでした。 ただ「プリンセスコネクト」自体については、サービス終了が決まった数カ月後に 突然、全4話のウェブノベルが連載されるなど通常は終了が決まった作品ではありえないような不自然な動きもありました。 発表イベントでは、新キャラのキャスト3人(、、)に それぞれのキャラクターのコスプレをして登壇させており。 前作のニコ生配信に負けないくらい作品の売りの1つであるキャストを前面に出していこうとしているようです。 前作の設定などは踏襲、さらには舞台設定も同じだと名言されていたので 世界観の繋がりという点についてはさほど心配する必要は今のところ無さそうです。 ただ、前作「プリコネ」でメインヒロイン3キャラだったユイ、レイ、ヒヨリから 新キャラのペコリーヌ、キャル、コッコロにメインが移るようです。 その辺りは少し残念な気持ちもあります。 扱いとしては、ペコリーヌたち3人と ユイ、レイ、ヒヨリは別ギルドに所属するキャラクターになるとのこと。 前作の主要キャラの1人でキャラクターとしても中の人()としても 作品の功労者でもあるナビ妖精の「フィオ」については言及がありませんでしたが 相坂くんはさんと一緒に2人で本当に頑張っていたので 「Re:Dive」でもしっかりフィオを登場させてあげて欲しいです。 コッコロについては「前作に出てきたキャラクターの妹」、との気になる情報も明らかに。 前作同様に初期からキャストが歌う主題歌が用意されており 「Re:Dive」では新キャラであり主要キャストの、、、の3人が歌います。 ゲームジャンルは「アニメ」としており プロモーション映像を含め「」や「」、 「」でお馴染みのがアニメを担当しています。 「アニメ」と言うだけあって作品中にもアニメーションが多く取り入れられているらしく 表現力の大幅アップに期待がされる一方で 前作よりも製作コストも大幅アップされているものと予想されます。 大丈夫ですよね? 今回、「Re:Dive」の発表に合わせて 「サイコミ」というコミック配信サイトにて「Re:Dive」のプレリュードストーリーにあたる コミック作品が配信されることが発表されました。 すぐに配信されるそうです。 「プリンセスコネクト Re:Dive」のサービス開始時期は未定としていますが 2017年予定とのことです。 前作では展開に力を入れていたのにサービス終了が早く、しかも中途半端な形で失望した部分も多かっただけに 本当に大丈夫なのか?と心配な部分もありますが 「Re:Dive」のPVの冒頭でユイ(CV. )の声で「また会えたね。 騎士クン。 」と聞いた時は嬉しかったのも事実。 サービス開始前から終了まで見届けたからには 新作にも前向きに期待をしながら付き合っていけたらと思います。 そして前作のIPを引き継いだのであれば 「Re:Dive」の配信に向けて今度こそ評価の高かった前作の主題歌を このまま消えてしまうのは本当にもったいないので配信して欲しいと改めて強く希望します。

次の

【プリンセスコネクトR】可愛くて好きなキャラクターランキングトップ10♪

プリコネ 前作 ペコリーヌ

【物理】 前衛にて、全力で仲間を護る、腹ペコ剣士。 高いHPに加えて、自分自身でもHP回復できるためギリギリまで味方の壁役を引き受ける。 特化しているわけではないが、育成しておけばどちらの攻撃にも対応可能。 Point! 初期キャラの中でもかなり使いやすいキャラクター。 そのため、低レアキャラの中でも非常に高いHPを持つタンクキャラとなり、 敵の攻撃を受け切りやすい。 スキルやUBで補うことはできるものの、デバフなどを合わせられると特化型のタンクと比較して攻撃に対して打たれ弱い。 装備や才能開花を進めて育成をしていくことで非常に高いHPとなり、 クエストやアリーナで活躍できるようになる。 ペコリーヌの専用装備の評価 かなりの耐久力アップが可能 装備によるステータスアップ効果も大きいが、スキル「ランチタイム」の強化の恩恵がでかい。 回復量や魔防バフはもちろん、 物魔吸収バリア獲得により格段にタンク性能がパワーアップしている。 ペコリーヌの星6評価 星6ペコリーヌの強化点 UBのバフ値が増加 星6にすることで、もともと効果量の高い防御バフが更に強化される。 また、星6にすることでHP、物理防御力、魔法防御力の3つの基礎ステータスが上昇。 タンクとしての能力が純粋に強化される。 Point! バフ時間は星5の時と同じで約19秒。 バフが終わるころには次のUBが貯まっている場合もあり、防御ステータスをかなり高めることが可能だ。 UBの攻撃バフが強力 星6にすることでUBに新しく物理攻撃バフが追加される。 この物理攻撃バフは自身のHP割合が多いほど効果量がアップし、計算したところ 最大で約4500弱の攻撃バフとなる。 効果時間が長く自身の攻撃や回復を強化できる点が優秀。 星6にしなくともピュアメモリーピースは集めておきたいところ。 星6ペコリーヌの評価 自己耐久に特化したタンクキャラ 星6にすることで自身のタンク性能を更に引き上げられる。 ただし、自己耐久に特化しており 挑発や味方のサポート能力は持たない。 現状は、対物理はミヤコ、対魔法はクウカと役割がはっきりしており、星6ペコリーヌの性能が必要な場面が少ない。 かなり強いタンクなことには間違いないですが、ひとまずは優先度を落としてもいいかもしれません。 サブアタッカーとしての素養がある UBの物理攻撃バフが強力で高いHPを維持できればアタッカークラスの攻撃ステータスになる。 従来のタンクキャラクターには無い強みで、ペコの被ダメージが多い場所であればダメージ出しに貢献できる場合がある。

次の

プリンセスコネクト,前作,アニメ,騎士クン,赤ちゃん

プリコネ 前作 ペコリーヌ

『プリコネR』主人公・ペコリーヌとは? 『プリンセスコネクト!Re:Dive』とは2018年2月15日より配信されている、Cygamesのスマホゲームです。 前作『プリンセスコネクト!』のキャラはもちろん、新キャラクターも登場して活躍しています。 多くのファンを抱える不動の大人気のゲームです。 今回はそんな 『プリコネR』の主人公・ペコリーヌをご紹介します。 ペコリーヌは身長156cm、体重46kg、誕生日は3月31日で、血液型はO型の女の子です。 『プリコネR』ではエルフや獣人など様々な種族が登場しますが、ペコリーヌは ヒューマンとなっています。 おにぎりを持っているこの絵からもわかる通り 食べ歩きを趣味としています。 しかし食べるだけでなく 自分で料理をすることも得意!時にはゲテモノな魔物も、美味しい絶品料理に変身させることもある凄腕です。 今回はそんな食いしん坊なペコリーヌをピックアップします。 まだまだ隠された謎がたくさんある彼女の秘密について、とことん追求していきます。 このM・A・Oさん、実は声優の時はこの名前を使用していますが、女優の時には 市道真央という名前で活躍しています。 何故このように分けられてしまったかは本人にもわからないそうです。 誕生日は1992年2月1日で、血液型はO型、大阪府の出身です。 M・A・Oさんは『まじっく快斗1412』の中森青子役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の鷺沢文香役、『がっこうぐらし!』の若狭悠里役、『デジモンアドベンチャーtri. 女優業として有名なのは2011年に放送された『海賊戦隊ゴーカイジャー』でしょうか。 特撮ファンの中には見覚えがある方も多いのではないでしょうか。 この時変身後のゴーカイイエローの声を担当したことがきっかけで声優業に興味を持ったそうです。 M・A・Oさんを声優界に送り出してくれた伝説の作品ということですね。 関連記事をご紹介! ぺコリーヌの魅力その2:男性を超える食欲!その秘密は装備にあり 王家の装備がないペコリーヌがかわいい — 桜餅夫 kagamimochio 見た目もかわいいペコリーヌですが、実は かなりの大食いという特徴があります。 その量は男性を遙かに超え、お店で注文するときも「ここからここまで全部ください」という頼み方をしちゃうほどです。 まさにフードファイト級の食欲!大食い選手権に出場したら大差で優勝を勝ち取れるかもしれませんね。 そんなペコリーヌの脅威な食欲ですが、これは身に着けている装備に原因があります。 ペコリーヌの装備は 「王家の装備」。 身に着けるととんでもない力を発揮する代わりに大量のエネルギーを消費してお腹が空いてしまうというのです。 「燃費が悪い」とも言えますが、逆を言えば「代謝が良い」ということで、女性の中には羨ましいと思う方もいるかもしれませんね。 それは特徴的な口調にも現れています。 「おいっす~!」や 「やばいですね!」という言葉、みなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。 『プリコネR』は無料ガチャなどのキャンペーンを開始するとテレビでよくCMをしたりしています。 そこでペコリーヌがよく「おいっす~!」「やばいですね!」と明るく興奮気味に発言しています。 ストーリーの中でも、ペコリーヌはとても前向きです。 周りの仲間が頭を抱えて悩むようなことがあっても、「大丈夫ですよー!」と言いながら難なく問題を解決したりしています。 ペコリーヌがそばにいれば何でもクリア出来ちゃいそうな気がしてきます。 まさに チームのムードメーカー的存在となっています。 ぺコリーヌの魅力その4:正体はなんとお姫様! 特徴的な口調と前向きすぎる性格、とても気になりますよね。 ここからはネタバレになりますので、まだストーリーを読んでいない方は注意してくださいね。 実はペコリーヌは 物語の舞台・アストライア大陸の王女だったのです。 本名は「ユースティアナ・フォン・アストライア」と言います。 しかしある日王女の座が乗っ取られ、ペコリーヌ自身は「陛下の名を語る不届き者」として追われる身になってしまいました。 そのため、主人公たちと初めて会った時も本当の名前を名乗ることが出来ませんでした。 「ペコリーヌ」という名前は仲間のコッコロが付けたあだ名です。 いつもペコペコお腹を空かせているペコリーヌにはぴったりな名前ですね。 ペコリーヌ自身もこの名前をとても気に入っており、正体が仲間にバレてしまった後もこの名前を使っていました。 そこでのペコリーヌの本名もユースティアナ・フォン・アストライアという名前でした。 本人は「長くて偉そうな名前ですね」と言っていました。 小さな国の王家であるペコリーヌは親の事情で日本に来日していましたが、その事実がテレビで報道されるぐらいの有名人でした。 テンションが高いことや特徴的な言葉も、外国人のお姫様という事実で妙に納得してしまいますよね。 この話はゲームの中のキャラクターストーリーで読むことが出来ますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。 個人的に、現実世界のペコリーヌは少し幼い感じがしてかわいらしく思います。 王家の人間ですが特別扱いが苦手な現実ペコリーヌは、なんと主人公の家にまで上がりこんでしまいます。 庶民の暮らしに、良い意味で興味を持っているお姫様がとてもかわいいですよ。 ぺコリーヌの魅力その5:現在はギルド「美食殿」のマスター 王家の人間であるペコリーヌですが、現在は追われる身。 そこで彼女は旅の道中に出会った仲間と共に 「美食殿」というギルドを立ち上げました。 この世界では住人のほとんどがギルドに所属しており、逆に所属していないと公的機関を利用できないなどの不便が生じます。 このことから追われる身のペコリーヌ、旅の道中で出会ったキャル、山の中から主人公の案内人として派遣されたコッコロ、そして記憶喪失の主人公の4人でギルドを結成したのです。 美食殿の活動内容は、 依頼された魔物討伐をするだけでなく、そこで珍しい食材を見付けて調理して食べてしまうということでした。 時には討伐した魔物まで食べてしまいます。 常識人のキャルはさすがに引いていますが、食いしん坊のペコリーヌと世間知らずなコッコロ、そして記憶喪失の主人公の3人はノリノリという構図はとてもおすすめなおもしろポイントです。 どんな困難でも楽しいことに変えちゃうことが出来るこの仲間たちを、ペコリーヌはとても大切に想っています。 ぺコリーヌの魅力その6:『グラブル』コラボの配布キャラが強すぎる 【グランブルーファンタジー】イベント「プリンセスコネクト!Re:Dive 蒼空の食卓をともに」、お楽しみいただけたでしょうか? イラストチームより「ペコリーヌとビィ」のイラストをお届け! 現在開催中のイベント「聖夜のスターダスト・メモリーズ」もお楽しみください! — グランブルーファンタジー granbluefantasy 2018年12月、同じCygamesのゲームである 『プリコネR』と『グランブルーファンタジー』がコラボを開催しました。 ここで『プリコネR』のキャラである ペコリーヌとコッコロが配布キャラとして登場したのです。 このペコリーヌですが、配布キャラとは思えない強さを発揮するということで話題になりました。 『プリコネR』では前列でタンク役として活躍しているペコリーヌですが、『グラブル』においてもその性能が引き継がれて 優秀な壁役となっていました。 特に全体攻撃にも有効な「かばう」を持っていることが優秀で、誰もが苦しむプロトバハムートの「大いなる破局」を完全に突破できるということで話題になりました。 コラボキャラが強いと、ファンとしてはとても嬉しいですよね。 初心者が始めやすいのもありがたいです。 【プリンセスコネクト!Re:Diveコラボ】 「ペコリーヌ」「コッコロ」「キャル」のリーダースキンを販売中! 対象のリーダーに応じたエンブレム、スリーブ、称号もセットとして付属されます。 ここでは課金石であるクリスタルを使って ペコリーヌ、コッコロ、キャルのリーダースキンを購入することが出来ます。 ペコリーヌのクラスは初心者にも優しいロイヤルです。 このペコリーヌのスキンですが、とても煽り性能が高いボイスということで話題になりました。 「おいっす~!」や「ヤバいですね!」はもちろん、「ご飯までには終わらせますよー!」というペコリーヌらしいボイスまであります。 わたしはかわいくて好きなんですけどね(笑)。 『グラブル』や『シャドバ』など、コラボを機に始めてみるのもおすすめですよ。 いつもお腹を空かせている食いしん坊なペコリーヌですが、実は王家のお姫様という意外性を持ち合わせているかわいらしいキャラでした。 過酷な運命を背負いながらもいつも前向きで仲間想い、そして「美食殿」というギルドまで結成してしまう行動力はとても尊敬してしまいます。 ゲームではストーリーも佳境に迫ってきており、涙を見せるペコリーヌがかわいらしいと話題になっています。 気になる方はぜひメインストーリーもチェックしてみてくださいね。 そんな絶好調な『プリコネR』ですが、 1周年記念生放送でアニメ化が発表されました。 まだ放送時期など詳しいことは発表されていませんが、ファンとしてはとても待ち遠しいですよね。 『プリコネR』はゲーム内でもムービーが多く収録されていますが、それがテレビで見られると思うととても興奮してしまいます。 これを読んでくださっているそこのあなた、『プリコネR』をプレイしてアニメ化の日を一緒に心待ちにしていましょう。 ぜひメインストーリーやキャラストーリーにも目を通してみてくださいね。 関連記事をご紹介!.

次の