バイオリン 初心者。 [保存版]初心者がバイオリンを趣味にする完全ガイド|選び方/独学/練習法等

バイオリン弾き方!.絶対上達するコツを全部公開中【必見】!!

バイオリン 初心者

「葉加瀬アカデミー」は情熱大陸でおなじみの、葉加瀬校長公認のメソッドを使った、初心者の方でも独学で学べるオンライン講座です。 大人になってからヴァイオリンを始めても良いの? ヴァイオリンを習う、というと、「小さい頃からやっていないと上達しないんじゃ……」と思われるかもしれません。 ですが、ヴァイオリンは大人の趣味としても人気の高い楽器です。 SNSが発展してから音楽サークルは更に活発になり、離れた方とも楽しみながら一緒に上達し、音楽がきっかけでたくさんの友達や仲間ができたという方も少なくありません。 過去にヴァイオリンをやっていなかったとしても、音楽経験のある方は「いつか時間に余裕ができたら、また音楽をやりたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。 葉加瀬校長から未経験者の方へのメッセージもありますので、もご覧ください。 ヴァイオリンの相場は?初心者へのオススメは? いざ、ヴァイオリンを買おう!と思っても、初心者の方は「どんなバイオリンを選べばいいの?」と品質や相場がわからず迷ってしまうのではないでしょうか。 教室で勧められたものを買うのもいいけど、ちょっと高い……と思われるかもしれません。 ヴァイオリンというと、何億円もする楽器の話題がテレビなどで紹介されているのをご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、ヴァイオリンの値段と品質は比例します。 つまり、高いものは職人によって惜しみなく手をかけられているので、素晴らしい音が出ます。 とはいえ、環境によって音の聞こえ方は変わりますし、そもそも初心者の方でヴァイオリンの違いがよくわかるという方はなかなかいらっしゃらないでしょう。 では、どれくらいの価格帯が初心者向けなんでしょう? 1万円前後のヴァイオリンでは、魅力半減 ヴァイオリンの相場として、だいたい1万円前後から手に入れることができます。 ただし、この価格帯ではヴァイオリンの魅力を味わうことはできません。 この価格帯のヴァイオリンが「おもちゃ」と呼ばれる理由はいくつかあります。 木材が振動しづらく音が響かない! ニカワを使用せず、接着剤でつくられたヴァイオリンは響きません。 また、接着剤でつくられたヴァイオリンは修理ができないため、使い捨ても同然です(泣) プラスチック製のペグでチューニングしづらい! ペグに本来使われるべき材料(黒檀・ローズウッド・柘植など)ではなく、プラスチックや白木を黒く塗っただけの材料が使われていることがあります。 これでは正確なチューニングができません(泣) 弾いていると指先が黒くなる……!? フィンガーボードに黒檀が使われておらず、木材を塗料で黒く塗られていることで起こります(泣) ヴァイオリンの音が、なんだか金切り音みたい…… 安価なヴァイオリンはスチール弦が使われていることが多いため、金属的な音になりがちです。 せっかくヴァイオリンらしい柔らかく美しい音を楽しみたいのに、これでは続けたくなくなりますね(泣) こんなふうに、価格の安さと引き換えにヴァイオリンの魅力を味わえず、特に始めたばかりの方が続けたいというモチベーションを持つには難しい商品が数多くあります。 練習のために安いものを購入するくらいなら、最初から「弾いている自分が聴いていて気持ちの良いヴァイオリン」を選んだほうが良いでしょう。 ヨーロッパ製なら10万円から 比較的安価なヴァイオリンは、ほとんど中国製です。 「せっかくなら、クラシック音楽発祥のヨーロッパの楽器で……」という方もいらっしゃるかもしれませんね。 数百万円もするヴァイオリンでなくても、チェコやルーマニアなど、東欧のヴァイオリンセットでしたら10万円前後、ドイツ製なら20万円台くらいの相場で手に入れることができます。 ヴァイオリンはひとつ購入したら、それをメンテナンスしながら長期間使い続けるものですから、最初からご自身のこだわりを持って選んだものを使い続けても良いですね。 良い技術で手間をかけてつくられたものは高いですが、その分、素晴らしい音色を響かせてくれるので、上達したい!という思いにしっかり応えてくれます。 10万円でも高い…と思ったら、その半額で 本来なら10万円以上をセットで揃えていただくことをオススメしたいのですが、さすがに「ちょっとしたスキマ時間に楽しみたい」という方には、予算オーバーかと思われます。 そこでオススメしたいのが、5万円くらいの価格帯。 この価格帯での初心者向けモデルは色々ありますが、葉加瀬校長自身が初心者にオススメするセットがあります。 こちらの番組をご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。 それが、ニコロサンティ「NSN60S」。 何より、コストパフォーマンスが高いのが魅力です。 コスパ高し!ニコロサンティ「NSN60S」の魅力 Nicolo Santi NSN60S(ニコロサンティ「NSN60S」モデル)は、ドイツヴァイオリン制作マイスターである茂木氏が監修し、「大人になったけどヴァイオリンを始めたい!」というニーズにガッツリ応えてくれた、もっともお手頃価格の入門ヴァイオリンセットです。 音やオススメのポイントは、以下の動画をご覧ください。 初めてヴァイオリンを選ぶ方は「セット?」と思われたかもしれません。 ヴァイオリンを購入する際は本体以外に、弓はもちろん、ケースや肩当てなども購入するのが普通ですから、セット販売されていると安心できますよね。 葉加瀬アカデミーが絶大の信頼を寄せるパートナー楽器店、に含まれているのは以下の5つです。 つまりニコロサンティ「NSN60S」は、大人になって始めるのにちょうどいいヴァイオリン、ということなんです。 この合板プレス工法のヴァイオリンは、板の変形によって良い響きが得られにくく、長期間の利用にも耐えきれません。 しかしニコロサンティ「NSN60S」は、なんと「単板削り出し」で製作!音色にこだわり、本来の削り出しの製法でつくられています。 しかも鍛錬された職人が手作業で1本1本丁寧に微調整するため、手に入れたその日から、優しく美しい音色を響かせることができるのです。 本来アジャスターはペグだけでは調整が難しい、デリケートで細いE線(1弦)のみに装着するものですが、こちらの初心者セットでは、すべての弦にアジャスター内蔵型テールピースを採用! チューニングの微調整をアジャスターで行うことが可能なので、どなたにも扱いやすいですね!ペグを使ったチューニングはやや難しいため、まさに初心者向きと言える逸品です。 安定性に優れ、チューニングの容易さが特徴ですが、しなやかさや音の柔らかさではどうしても劣ってしまいます。 音色も金属的な印象を受けます。 こちらの初心者セットでは、スチール弦ではなく「ナイロン弦」を張ることで、安価なヴァイオリンにありがちな金属的なサウンドに陥ることなく、ヴァイオリンらしいやわらかな美しい響きを楽しむことができます。 バランス、レスポンス、耐久性に優れた弓がセットに! 素晴らしい本体に合わせる弓も、妥協していません。 管・弦楽器専門の国内商社のオリジナルブランド「カルロ・ジョルダーノ」のリーズナブルなブラジルウッド仕様のヴァイオリン弓です。 弓は本来「フェルナンブーコ材」と呼ばれる希少な材料を使用するのが一般的ですが、現在はワシントン条約によって輸出入が禁止されており、とても高価なものになってしまいました。 ですが、こちらのブラジルウッドは、フェルナンブーコ材と性質のよく似た「弓材に適したブラジルウッド」が厳選され、コシが強く質の高いヴァイオリン弓を、お求めになりやすい価格で実現しています。 バランス、レスポンス、耐久性に優れた弓と言われており、初心者の方でも扱いやすい弓です。 これらがセットで5万未満! これらがセットで税込42,984円なんですから、買い!ですね!!5万円でお釣りが来るのはウレシイですよね。 よろしければご覧ください。 詳細: 「自宅で練習したいんだけど、近所迷惑と言われたらどうしよう……」という方は、消音器もあります。 人の話し声程度までボリュームを抑えることができるので、以下の記事も参考にしてくださいね。 詳細: もうワンランク上ならイーストマン「SVL80セット」がオススメ! もし対面レッスンの予定があり、ご担当の先生が楽器の詳細にとてもこだわる方でしたら、もうひとつの初心者向けセット「」という選択肢もあります。 税込61,452円なので少しお値段が上がりますが、先生のこだわりにも応えられる逸品です。 当然、単板削り出し仕上げであり、調弦しやすいアジャスター内蔵テールピースが採用されています。 ヴァイオリンは、実際に弾いてしっくりくるものを選ぶのが一番なので、ぜひ店舗に足を運んでみてください。 初めての方でも親切に教えてもらい、試し弾きできるところも多いですよ。 葉加瀬アカデミーオススメがオススメしている島村楽器のスタッフさまからメッセージをいただいているので、ご紹介します! 店舗スタッフが、楽器の持ち方やお手入れの方法などを親切にお教えしますので、お気軽にお問い合わせ・ご来店ください!島村楽器のオンラインストアでご購入いただいた楽器でも、ご来店いただけましたら喜んでご対応いたします。 「続けられるか不安……」という方や「まずは試してみたい!」という方にオススメなのは、ヴァイオリンのレンタルです。 一般的に、3泊4日から借りることができるプランもあれば、6ヶ月以上の契約が必要なプランもあります。 短期レンタルは演奏旅行のために利用されることが多く、練習用なら1ヶ月以上を想定して借りると良いですね。 独学でも利用できるサービスもあれば、教室に契約していないと利用できないサービスもあります。 また、付属品がついていない場合もあり、松脂や肩当てがあるかどうかも確認しておきましょう。 金額はもちろん、条件も確認し、最適なサービスをご検討ください。 教室に通いたいと思っている方は、その教室で紹介しているレンタルサービスを利用できると安心ですね。 なお、葉加瀬アカデミーでもヴァイオリンのレンタルを行っています。 先ほどご紹介した「」を、月額4,000円以下(登録料別途)で弾くことができるんです!通うタイプの教室と異なり、オンライン講座なので、ご自身の好きなタイミングで練習することができます。 詳細: 葉加瀬アカデミーの場合、レンタルサービスの月額費用と「ニコロサンティ NSN60S」や「イーストマン SLV80セット」の購入費用を天秤にかけた場合、ニコロサンティなら10ヶ月、イーストマンなら15ヶ月以上レンタルするなら、購入したほうが良いという計算です。 初心者セットが届いたは良いけれど……その後、どうやって練習したら良いでしょう? もちろん、教室に通う方法が一般的ですが、今では書籍を読む、YouTube の動画を検索するなどの独学があります。 独学は、ご自身の好きなタイミングで好きなだけ練習できるというメリットがあります。 しかし先生から指導してもらえない分、自信をなくしてしまったり、モチベーションを保ち続けられなかったり、というデメリットもあります。 そこでオススメなのが、オンライン講座です。 オンライン講座なら、自分のレベルをチェックできる 独学のメリットを保ちつつ、デメリットを解消できるのが、オンライン講座の良さと言えるでしょう。 レッスンで重要なのは、しっかりと基礎を固めることです。 家で言えば、土台をつくるようなものです。 弾きたい曲があると、ついそちらの練習をしたくなってしまいますが、美しい音色を響かせるためには、やはり基礎練習を疎かにはできません。 葉加瀬アカデミーはレッスン内容が細かく分かれており、ご自身のレベルをチェックすることができます。 もちろん、苦手なところは何度でも見直す事が可能です。 「エトピリカ」は初心者にもオススメの曲ですし、上達すれば「情熱大陸」を弾くこともできます。 「あの曲を弾きたい!」と思うことはヴァイオリン上達の大切な要素なので、ぜひ一緒に学びませんか? オンライン講座は安価で便利! 一般的なヴァイオリン教室の場合、月額5,000円〜15,000円くらいが相場です。 教室に通うことになるので、頻度や時間、個人レッスンやグループレッスンによっても変わってきます。 また、ヴァイオリンをレンタルしてくれる教室は月謝も高めです。 先生から直接指導を受けられるという魅力は大きいですが、通うための交通費や移動時間がかかってしまうのが大変、という声も聞かれます。 最初は月3回くらいのペースで通いつつ、自宅で練習するという方法が一番上達しやすいでしょう。 移動時間をなくして時間のある時にレッスンに集中したいという方には、オンライン講座がオススメです。 月額1,000円〜5,000円で、好きなだけレッスンを受けることができます。 葉加瀬アカデミーは、葉加瀬校長のメソッドを月額1,800円(税込1,944円・別途入会金 税込5,400円が必要)で学ぶことができます。

次の

初心者用バイオリンのおすすめ人気ランキング10選【教本・DVD付きも!】

バイオリン 初心者

バイオリンの値段や違いを解説 バイオリンの値段はピンからキリまでさまざま。 特にストラディバリウスと言われるバイオリンは数億円もの値がついており、弾くことができる人も限られています。 バイオリンを含め、弦楽器の値段は 乾燥の期間や木の産地など「木の質」で決まるといわれています。 それらの要因によって 音の深みや音量に違いが生まれ、値段にも反映されています。 ここでは、初心者、中級者、上級者向けのバイオリンの値段とともに、どのような特徴をもっているのか見ていきましょう。 初心者向けのバイオリンは1~10万円 初心者向けのバイオリンは1~10万円ほどとなっています。 バイオリンを始めておこなう人が手に取りやすいようセット商品になって販売されているため、「とりあえず楽器を所有したい!」という人におすすめです。 値段が安いバイオリンも木で作られていますが、あごあて部分がプラスティック素材であることや、組み立ての際に使用される接着剤が自然素材ではなく、ボンドが使われるなど、 中級者・上級者向けと比べると品質は劣ります。 時間が経過するとともに、音も悪くなりやすいデメリットもありますが、初心者向けのバイオリンがすべて粗悪というワケではありません。 1~10万円の中でもしっかりとした作りの商品は発売されているため、良品を選ぶことが大切です。 中級者向けのバイオリンは10~30万円 中級者向けとして作られているバイオリンの値段は10~30万円程度、 手工品(手作り)によるバイオリンも多く見受けられます。 初心者向けの商品よりも質が高く、主にドイツなどヨーロッパで製造されたモデルが揃っています。 それぞれのバイオリンによる個性が強くなるため、自分と合うのかフィーリングを確認する必要が出てきます。 10~30万円のバイオリンは中級者向けですが、初心者でも最初から良い楽器で演奏したいと考える人にはおすすめです。 上級者向けのバイオリンは50~100万円 バイオリンは高いもので数億円しますが、一般的に 上級者向けとして販売されているバイオリンは50~100万円ほどとなっています。 50万円以上となると、最高品質の木材が使用され、その多くは 手工品(手作り)で製造。 証明書や認定書などもついており、一生使い続けられるバイオリンとなります。 中古バイオリンの値段は? バイオリンは中古でも人気が高い楽器です。 中古のバイオリンは製作者や製造年数、保存状態の良さによって価格が大きく異なります。 特に オールドバイオリンと呼ばれるものは新品をしのぐほど人気。 中古の場合、質の高いバイオリンがお得に購入できるメリットがありますが、上級者に人気の高いオールドバイオリンの値段は60万円~が相場となっています。 バイオリンの選び方 バイオリンのだいたいの値段がわかったところで、次は選び方を確認しましょう。 バイオリンはこれからご紹介する 3つのポイントによって選択してください。 バイオリンの値段はこれまでに解説してきた通り、低価格なものから高価なものまでさまざま。 ドイツやイタリアなどヨーロッパで製造される商品は値段が高くなります。 最近では中国製のバイオリンも低価格ながら品質が向上しています。 日本製のバイオリンももちろんあります。 初心者の場合、3~10万円までの商品が売れ筋となっており、バイオリンだけでなく、ケースや弓などがセットになった商品が人気です。 初心者の場合、音色によって決めることは難しいと思いますが、「透明感がある」「重厚な音」など簡単なイメージだけでも持っておくと、自分好みのバイオリンを手に入れることができます。 サイズを確認しなければならないのは145cm以下の人となります。 身長の低い人や子供が合わないサイズのバイオリンを使うと、姿勢が悪くなってしまうため、適正なサイズを選択する必要がでてきます。 【初心者向け】バイオリンおすすめランキング5選 ここからは編集部が厳選した 初心者におすすめのバイオリンを5つご紹介していきます。 どのバイオリンを購入しようか迷っている人は参考にしてください。 1位:YAMAHA Braviol バイオリンセット V7SG 「YAMAHA Braviol バイオリンセット V7SG」は大手楽器メーカーのYAMAHAが手掛ける初心者向けのバイオリンです。 10万円以下の商品ですが 天然木を使用した手工品。 職人による手作業のため作りもしっかりしています。 音質の良さも考慮したオイルニス塗装で仕上げられており、高級感もあります。 バイオリン初心者でも扱えるよう、 テールピース一体型のアジャスターを4本の弦すべてに装備。 音の微調整が比較的簡単におこなえるバイオリンとなっています。 ハードケース・弓・松脂が付いたセット商品です。 230 「鈴木 アウトフィット バイオリン No. 230」は、 国内の弦楽器メーカーである鈴木バイオリン製造株式会社の商品です。 初心者向けの丈夫な作りとなっており、ばらつきのない品質もポイント。 テールピース一体型のアジャスターを4本の弦すべてに採用しているため、音の微調整も比較的簡単におこなうことが可能です。 弓に「エボニー」を使用し、高級感を出すなど、随所にこだわりが感じられるバイオリンです。 本体以外にハードケース・弓・松脂・ブランケットがセットになっています。 バイオリンを始めたいけど、本格的にやれるのか自信がない人や、とりあえずやってみたいという人におすすめです。 外観は 艶消しのアンティーク風に仕上げられています。 音の響きにもこだわった商品です。 初心者向けと比べて値段は高くなりますが、その分、 クオリティは格段に高まります。 良い楽器を初めから購入し、長く使うことは結果的にお得になるため、初心者の中には初めから中級者向けのバイオリンを使う人もいます。 中級者向けのバイオリンなかでおすすめ商品ををいくつかご紹介します。 初心者のみなさんも参考にしてください。 YAMAHA Braviol バイオリンセット V10SG 「YAMAHA Braviol バイオリンセット V10SG」は値段が 10万円台のお求めやすい中級者向けバイオリンです。 職人による手作業で作られ、オイルニス塗装によるつややかな外観が特徴的。 セットでついてくる弓にはヘルナンブコ材を使用。 装備されている弦など細部にもこだわって作られています。 ご紹介してきた通り、より高額なバイオリンであれば、音質や音量、作りなど、高品質となるためおすすめです。 しかし、初心者の場合、これから続けられるか不確かなため、 いきなり5~10万円前後のバイオリンを購入すること自体、気が引ける人もいるでしょう。 「バイオリンの購入は迷う・・・だけど、やってみたい・・・」 そんな思いを抱いている人は バイオリンがレンタルできる教室に通うのも一つの方法です。 バイオリンがレンタルできる教室を編集部で徹底的に調べた結果、もっともおすすめできるのは【】です。 シアーミュージックの特徴はバイオリンのレンタルに加え、 講師の質の高さです。 また、練習ブースが無料で借りれる点も見逃せません。 シアーミュージックは現在 無料体験レッスンを受け付けています。 体験レッスンは教室の雰囲気や講師の質などが確認できる絶好の機会です。 詳細をその目で確かめたい人は、ぜひ下記のボタンをクリックしてホームページをご覧ください! 大阪のバイオリン教室ならどこがおすすめ? 編集部では大阪にある音楽スクール30校以上をリサーチし、おすすめのバイオリン教室5校を厳選しました。 1校1校を細かく評価して5校を選んだので、どれも良質なレッ... 値段と質が良いバイオリンを選択しよう! バイオリンを習うことは敷居が高そうに感じますが、初心者向けのモデルであれば、手頃な価格で購入も可能です。 しかし、初心者でも、ある程度の質の高さを求めてバイオリンを選択すると、それなりに値が張ります。 どの商品を購入しようか悩んでいる人は、バイオリンがレンタルできる教室に通うことも考えてください。 演奏していく中であなたが欲しいと思うバイオリンに出会えるかもしれません。 この記事があなたのバイオリン選びに少しでもお役立ちできれば幸いです。

次の

[保存版]初心者がバイオリンを趣味にする完全ガイド|選び方/独学/練習法等

バイオリン 初心者

バイオリンの価格は幅が広く、上を見ればキリがないほど高価なものもあります。 初めてバイオリンを買うときに高価なものをいきなり購入するのは難しいですが、バイオリン本来の美しい音色を楽しみたい場合は、できれば6万円程度以上のものを選びましょう。 とはいえ、まずは独学で続けられるか試してみたい方や、すぐにサイズアップしなくてはいけない子どもの楽器を買おうとしている方にとっては、6万円以上のバイオリンというのは悩んでしまいますよね。 そういった場合は、1万円程度から買えるものを、とりあえずお試しで買ってみるのもいいかもしれません。 もちろん、それ以上の金額を出せるなら、高価なものを購入するほうが、よりいい音色を楽しめます。 バイオリンをされている方が本音で言うなら、本当は30万円程度の楽器から始めるのが理想だそうです。 とはいえ、その額を最初に出すのはなかなか難しいので、自分の事情に合った中でなるべくいいものを選んでみてください。 構え方や弾き方がわかる教則本とDVDまで付属した、まさに入門用のセット。 楽譜・ピッチパイプ・スタンド・譜面台など、計10点の便利なアイテムが揃っています。 1万円台と非常にお手頃価格ですが、 アンティーク調のおしゃれな見た目も素敵。 表板にはヴァイオリン用木材として代表的なスプルースを採用しており、美しく豊かな音色を楽しめますよ。 ECサイトの口コミでは「バイオリンをこれから始めたい人はぜひ!音もしっかり出る」という声も。 10 バイオリン 初心者パック 初心者セット バイオリン 特徴 教則本や譜面台など使えるアイテムが10点!お手頃価格セット 一通りの付属品が付いたセット。 音も鳴らしやすく美しい 背負えるケースで、習い事への移動などもラクラク! チューナー付きですぐに練習できる!お手頃価格も嬉しい 価格を抑えながら高品質を実現。 優雅で落ち着いた音色が素敵 国内の老舗弦楽器メーカーが作る、初心者でも扱いやすいバ... バイオリンを弾き終わったあとは、松脂や汗、皮脂などが楽器に付着しているため、柔らかい乾いた布で優しく丁寧に乾拭きしましょう。 バイオリンは木で出来ているため、水気は厳禁。 水拭きしないよう注意してくださいね。 また、松脂用と皮脂汚れ用で、2枚クロスを用意するのが理想です。 使い分けることでキレイに拭くことができます。 なお、汚れた布を使うとキレイに汚れが取れないため、使い分けている場合も布を定期的に洗濯してくださいね。 日常的にお手入れしていても、どうしても汚れが溜まってしまうこともあります。 その場合はクリーナーを使いましょう。 クリーナーにはさまざまな種類がありますが、研磨剤入りのものは汚れを落とす力は強いものの、楽器を傷める可能性もあるので、慣れない方は注意が必要。 初心者の方は研磨成分の入っていないものを使った方がいいかもしれません。

次の