メルカリ 登録方法。 メルカリの登録方法・出品方法・発送|parallel

メルカリPC版の使い方!登録や出品の方法、注意点 [メルカリの使い方] All About

メルカリ 登録方法

メルカリで未成年が出品する際の注意点は? メルカリでは、未成年であっても出品することができるので、お小遣い稼ぎや社会勉強のために、家の中の不用品を売っている未成年もいます。 使用しなくなったゲームやカード、アイドルグッズなんかが多いですね。 ただし、商品を販売した売上金を現金化するのであれば、 メルカリに登録した名義と同じ名義の銀行口座が必要になってきます。 未成年者が自分の名前でメルカリに登録したのに、親の通帳に売上金を振り込むことはできません。 売上金を現金化せずに、ポイントに換えてメルカリ内で使ったり、今はメルペイも使えるので、銀行口座がないとしてもそんなに問題はないですね。 メルカリで未成年者が購入する際の注意点は? メルカリでは、クレジットカード払いが一番お得なので、利用している人も多いと思います。 しかし、18歳未満では、ほとんどの場合クレジットカードを作ることができませんし、メルカリ月イチ払いを利用することもできません。 手数料はかかってしまいますが、購入の際には、 コンビニ払いか銀行ATM払いを利用するようにしましょう。 メルカリの売上金があるのであれば、ポイントに換えてメルカリ内で使うか、メルペイでもOKですよ。 メルカリでは登録時に年齢制限はないの? メルカリでは、登録時に年齢制限はありませんが、生年月日を入力する欄があり、未成年であれば、保護者に同意したかどうかの確認の連絡がくることもあります。 また、未成年者が購入できないような一部カテゴリの商品では、購入ボタンを押すことができないようになっています。 もし、生年月日を偽って入力したとしても、購入履歴や出品履歴に基づいて、怪しいユーザーにはメルカリから身 分証明書の提出を求められることもあるので、正しく入力するようにしましょうね。 嘘の生年月日がばれてしまったら、メルカリを利用することができなくなることも考えられます。 メルカリでは未成年者であっても責任を持って取引しよう! 未成年者や学生だからと言って、発送や支払いの期日を守らなかったり、雑な梱包をしていいという訳ではありません。 未成年者であってもひとりのユーザーなので、きちんと取引完了まで責任を持って取引しましょう。 ただ、大人であっても、意識の低い人はたくさんいますし、未成年者だからしっかりした対応ができないのではないか?と疑うのもちょっと違うかな。 と思います。 私もプロフィールに『学生です』と書かれてあるユーザーから商品を購入したことがありますが、とてもきちんと対応して、気持ちよく取引を終えることができましたよ。 年齢で判断するより、評価やコメントの方で判断した方がいいかも知れませんね。 メルカリで未成年者と取引をしてトラブルが発生したときは? 未成年者は保護者の同意のもとメルカリを利用することになっているので、当然、ト ラブルが発生した時には、保護者の責任になります。 子供が利用している保護者の方は、子供がトラブルに巻き込まれていないのか、定期的にチェックしておいた方がいいかも知れませんね。 特に出品に関しては、『自宅にあるものを親の同意なしに売ってしまった』トラブルが多発しています。 子供のアカウントを『フォロー』しておけば、出品する度に通知で連絡が来るのでおすすめです。 さいごに いかがだったでしょうか? メルカリは、他のフリマアプリやオークションと違って、年齢制限がないのも特徴です。 メルカリの規約やルールを守って、お金を得る大変さを子供に教えるのもいいと思います。 梱包や発送などを手伝いながらすると、親子の会話も増えるかも知れませんね!.

次の

メルカリは未成年でも出品や購入できる?登録時に年齢制限はないの?

メルカリ 登録方法

「法人としてメルカリで出品して商品の販売機会を増やしたい!」という方も多いのではないでしょうか。 メルカリでの法人登録は、審査が必要で「事業者ユーザー」「事業者アカウント」と呼ばれています。 今回は、これからメルカリで出品を始める法人の方向けに、 法人登録、出品する方法と条件、個人出品との違い、法人だからこそ注意しておきたい禁止規約についてまとめました。 メルカリに法人(会社)が登録や出品する方法と出品条件、個人出品と法人出品との違い メルカリでは法人も登録して出品参加できるのですが、 いくつかの出品条件や個人出品との違いがあります。 法人アカウント取得には事前に申し込みとメルカリ側からの審査が必要である 法人がメルカリを利用するには、 事前申し込みで法人アカウントの取得が必要となります。 通常の個人のユーザーのように、アプリからすぐに登録することができないので、メルカリ事務局への問い合わせが必要となります。 メルカリの「事業者アカウント」用の利用規約を読んだ上で本人(または法人の権限を有する人)が、メルカリ所定の資料を提出して事業者ユーザーの申し込みを行います。 法人として登録を申し込んだ時点では「申込者」となります。 一事業者あたり1アカウントのみ使用が認められており、複数アカウントの使用は認められていません。 屋号は略称ではなく正しく記載するようにします。 審査が通り次第、事業者ユーザーとなることができます。 メルカリの審査を通過して初めて「事業者ユーザー」「事業者アカウント」となります。 (法人ではない個人のユーザーは「一般ユーザー」と呼ばれています。 在庫機能を使って同一商品を複数出品(販売)することができる 法人出品では、通常の店舗で商品販売するのと同じように、 同一商品を複数出品することができますのでとても便利です。 (個人出品では同一商品の複数販売は禁止されています。 ) 法人だからこそ気を付けたい法人アカウントの禁止規約をピックアップ! 法人出品は禁止行為の条件がかなり細かいので、個人出品した経験がある方も禁止行為をチェックしておきましょう。 法人アカウントの禁止規約の中でも特に気を付けたい点についてまとめました。 自社サイトなどメルカリ以外のサイトへの誘導が禁止されている 法人としてメルカリで出品する場合、自社販売サイトや他ECサイトなどの販売サイトを持っているケースが多いと思いますが、 商品説明欄などで、メルカリユーザーを他のサイトへ誘導することは禁じられています。 ・外部サイトへの誘導 ・外部サイトURLの記載 ・外部アプリへの誘導 ・SNSなどのID記載 ・電話番号記載 ・メールアドレスの記載 ・商品画像などにQRコードの画像を掲載する行為 などが禁止されています。 製造や販売にあたり、法令上の許可・届け出・免許が必要な商品については免許や許可を得ずに出品することは禁止されている 酒類販売の場合は免許を、食品出品の場合は保健所の営業許可を得る、など 許可や免許が必要な商品を出品する場合は法令に従って許可を得ておきます。 取り寄せ・予約商品など手元に在庫がない商品の出品は禁止されている 「出品商品がメルカリで売れてから仕入れを行う」などの 無在庫販売や取り寄せ、予約商品などの販売は禁止されています。 返品不可などの表示をすることは禁止されている ・「返品不可」 ・「ノークレーム(NC・苦情を受け付けない)」 ・「ノーリターン(NR)」 ・「ノーキャンセル(NC)」 ・「3N(略語でノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセルを指した言葉)」 などの文言や、商品に問題があっても返品できない、対応しないなどの記載をすることは禁止されています。 メルカリを通さない取引・支払いは禁止されている メルカリを通さない取引・支払いは禁止されています。 配送に関する注意事項 手渡しを行うことはできますが、 「商品の手渡しを強要すること」は禁止されていますので注意が必要です。 海外への商品配送や、海外からの商品配送、送料込みの商品を着払い(送料別)で配送することも禁止されています。 また、トラブル防止のため、 郵便局留めや営業所留めも禁止されていますので気を付けておきます。 法人ユーザー(事業者ユーザー)は他社の出品物を購入することはできない 法人での登録者は出品のみが認められていますので、他の人や他社の出品物を購入することはできません。 まとめ:メルカリで法人として出品すれば商品の販売機会と認知度をUPさせよう 今回は、 法人がメルカリで登録・出品する方法と、事前に知っておきたい注意点についてまとめました。 出品条件、個人出品と法人出品との違いについても詳しくご紹介しました。 sanpogarden.

次の

メルカリを始める方法/メルカリの登録手順から商品出品、商品発送、お金の受け取り方

メルカリ 登録方法

「法人としてメルカリで出品して商品の販売機会を増やしたい!」という方も多いのではないでしょうか。 メルカリでの法人登録は、審査が必要で「事業者ユーザー」「事業者アカウント」と呼ばれています。 今回は、これからメルカリで出品を始める法人の方向けに、 法人登録、出品する方法と条件、個人出品との違い、法人だからこそ注意しておきたい禁止規約についてまとめました。 メルカリに法人(会社)が登録や出品する方法と出品条件、個人出品と法人出品との違い メルカリでは法人も登録して出品参加できるのですが、 いくつかの出品条件や個人出品との違いがあります。 法人アカウント取得には事前に申し込みとメルカリ側からの審査が必要である 法人がメルカリを利用するには、 事前申し込みで法人アカウントの取得が必要となります。 通常の個人のユーザーのように、アプリからすぐに登録することができないので、メルカリ事務局への問い合わせが必要となります。 メルカリの「事業者アカウント」用の利用規約を読んだ上で本人(または法人の権限を有する人)が、メルカリ所定の資料を提出して事業者ユーザーの申し込みを行います。 法人として登録を申し込んだ時点では「申込者」となります。 一事業者あたり1アカウントのみ使用が認められており、複数アカウントの使用は認められていません。 屋号は略称ではなく正しく記載するようにします。 審査が通り次第、事業者ユーザーとなることができます。 メルカリの審査を通過して初めて「事業者ユーザー」「事業者アカウント」となります。 (法人ではない個人のユーザーは「一般ユーザー」と呼ばれています。 在庫機能を使って同一商品を複数出品(販売)することができる 法人出品では、通常の店舗で商品販売するのと同じように、 同一商品を複数出品することができますのでとても便利です。 (個人出品では同一商品の複数販売は禁止されています。 ) 法人だからこそ気を付けたい法人アカウントの禁止規約をピックアップ! 法人出品は禁止行為の条件がかなり細かいので、個人出品した経験がある方も禁止行為をチェックしておきましょう。 法人アカウントの禁止規約の中でも特に気を付けたい点についてまとめました。 自社サイトなどメルカリ以外のサイトへの誘導が禁止されている 法人としてメルカリで出品する場合、自社販売サイトや他ECサイトなどの販売サイトを持っているケースが多いと思いますが、 商品説明欄などで、メルカリユーザーを他のサイトへ誘導することは禁じられています。 ・外部サイトへの誘導 ・外部サイトURLの記載 ・外部アプリへの誘導 ・SNSなどのID記載 ・電話番号記載 ・メールアドレスの記載 ・商品画像などにQRコードの画像を掲載する行為 などが禁止されています。 製造や販売にあたり、法令上の許可・届け出・免許が必要な商品については免許や許可を得ずに出品することは禁止されている 酒類販売の場合は免許を、食品出品の場合は保健所の営業許可を得る、など 許可や免許が必要な商品を出品する場合は法令に従って許可を得ておきます。 取り寄せ・予約商品など手元に在庫がない商品の出品は禁止されている 「出品商品がメルカリで売れてから仕入れを行う」などの 無在庫販売や取り寄せ、予約商品などの販売は禁止されています。 返品不可などの表示をすることは禁止されている ・「返品不可」 ・「ノークレーム(NC・苦情を受け付けない)」 ・「ノーリターン(NR)」 ・「ノーキャンセル(NC)」 ・「3N(略語でノークレーム・ノーリターン・ノーキャンセルを指した言葉)」 などの文言や、商品に問題があっても返品できない、対応しないなどの記載をすることは禁止されています。 メルカリを通さない取引・支払いは禁止されている メルカリを通さない取引・支払いは禁止されています。 配送に関する注意事項 手渡しを行うことはできますが、 「商品の手渡しを強要すること」は禁止されていますので注意が必要です。 海外への商品配送や、海外からの商品配送、送料込みの商品を着払い(送料別)で配送することも禁止されています。 また、トラブル防止のため、 郵便局留めや営業所留めも禁止されていますので気を付けておきます。 法人ユーザー(事業者ユーザー)は他社の出品物を購入することはできない 法人での登録者は出品のみが認められていますので、他の人や他社の出品物を購入することはできません。 まとめ:メルカリで法人として出品すれば商品の販売機会と認知度をUPさせよう 今回は、 法人がメルカリで登録・出品する方法と、事前に知っておきたい注意点についてまとめました。 出品条件、個人出品と法人出品との違いについても詳しくご紹介しました。 sanpogarden.

次の