郵便局のゆうゆう窓口とは。 ゆうゆう窓口と郵便局窓口の違い。土日夜間も営業?

【郵便局】24時間営業のゆうゆう窓口・取扱業務まとめ【全国版】

郵便局のゆうゆう窓口とは

ゆうゆう窓口 ゆうゆう窓口は日本郵便が運営する窓口で、保管郵便物の受け渡しや郵便物の差し出し、ハガキの販売などを業務としています。 現在では郵便局の窓口(郵便窓口)が開いている時間にもゆうゆう窓口が営業しているのですが、以下で具体的な業務や営業時間などの詳細を解説します。 設置される店舗 ゆうゆう窓口は、 各地域の総合拠点とされる郵便局に設置されています。 ここで言う総合拠点とされる局とは、原則としては各市町村で最も大きな局と考えてよいですが、複数の市町村に1つの総合拠点が置かれるケースもあり、その場合はゆうゆう窓口の利用に隣の町まで移動しなければなりません。 かつては地域の小さな局にもゆうゆう窓口が設置されていたものの、2007年に行われた郵政民営化に向けて廃止され、ゆうゆう窓口は地域の拠点となる大きな局にのみ置かれることになり、現在に至ります。 なお、日本郵便のホームページで実際にゆうゆう窓口が設置される郵便局を検索することができますので、ぜひご利用ください。 営業時間 ゆうゆう窓口の営業時間はその店舗ごとに異なりますが、郵便局の営業開始時間の1時間前から窓口が開き、郵便局の営業終了後1時間後に窓口が閉まるパターンが多いようにも思えます。 特に大きな都市にある郵便局局に設置される窓口など、中には24時間営業しているゆうゆう窓口もあります。 それぞれの窓口の個別的な営業時間を知りたい場合は、先ほどご紹介した日本郵便のゆうゆう窓口検索ページを確認しましょう。 業務内容 ゆうゆう窓口の業務は保管郵便物等の受け渡し、郵便物の差出し、ハガキや切手、収入印紙の販売などであり、 利用者は郵便局の通常窓口(郵便窓口)とほぼ同じサービスを受けることができますが、書き損じハガキや切手の交換、お年玉付き年賀ハガキの景品交換には対応していません。 また、郵便窓口が営業している時間帯とそうでない時間帯によりゆうゆう窓口が担当するサービスに違いがあることにも注意が必要です(詳細を後述)。 ゆうゆう窓口が行うサービス• 保管郵便物等(不在持ち帰り、局留めの荷物など)の受け渡し• 郵便物の差し出し(手紙、電子郵便、国際郵便物など)• ゆうパックの差し出し• 切手、ハガキ、収入印紙の販売• 各種申請書類や届け出の受付(不在届やあて名変更請求など)• 私書箱の設置 時間帯による担当窓口の違い 郵便窓口とゆうゆう窓口が併設される郵便局では、郵便窓口が開いている時間帯はゆうゆう窓口が保管郵便物等の受け渡しと支店への申請書類や届け出の受付けを業務とし、それ以外のサービスを郵便窓口が担当します。 郵便窓口が営業しない時間帯にはゆうゆう窓口が郵便物の引受、切手やハガキの販売、収入印紙の販売など郵便窓口と同じ業務を行いますが、 実際には夜間や土日祝日に限定されると考えてよいでしょう。 時間帯ごとのゆうゆう窓口の業務内容 郵便窓口の営業時間外 郵便窓口の営業時間内• 郵便物の差し出し• 保管郵便物等の受け渡し• ゆうパックの差し出し• 切手、ハガキ、収入印紙の販売• 申請や届け出の受付• 保管郵便物等の受け渡し• 申請や届け出の受付 ただし、郵便窓口が設けられていない支店では、これらの業務全般をゆうゆう窓口が、通常であれば郵便窓口が担当する時間帯に行うケースがあります。 郵便窓口が行う業務はゆうゆう窓口とほぼ同じで、前述の通り郵便窓口の営業時間内には主要な窓口業務をこちらが担当しますが、くじ付き郵便ハガキの景品交換、書き損じハガキと切手の交換は郵便窓口のみが行うサービスであり、ゆうゆう窓口では対応できません。 また、両窓口が併設される店舗において、郵便窓口では不在持ち戻りのゆうパックや保管郵便物の受け渡しを行っておらず、これらのサービスを受ける場合はゆうゆう窓口を利用することになります(ゆうゆう窓口がない局では郵便窓口で保管郵便物等の受け取りが可能)。 ちなみに、現在では日本郵便の窓口部門が郵便窓口の運営を担当しています。 両窓口の違い サービスの違い ゆうゆう窓口と郵便窓口の業務はほぼ同じであるものの、くじ付き郵便ハガキの景品交換と書損じハガキや切手の交換は郵便窓口のみが、保管郵便物等の受け渡しと各種申請書類の受付けはゆうゆう窓口のみが対応しています(両窓口が併設される店舗)。 郵便物、ゆうパックの差し出し、切手やハガキの販売などは両窓口の共通業務ですが、郵便窓口が営業している時間帯には郵便窓口がこれらを担当しますのでご注意ください。 両窓口の業務の比較 郵便窓口のみ対応 ゆうゆう窓口のみ対応 両窓口が対応• くじ付き郵便ハガキの景品交換• 書き損じハガキや切手の交換• 保管郵便物等の受け渡し(両窓口併設店舗)• 各種申請書類の提出• 郵便物の差し出し• ゆうパックの差し出し• 切手、ハガキ、収入印紙の販売• 保管郵便物の受け渡し• 転居届の提出 担当部門の違い 郵便窓口、ゆうゆう窓口のいずれも日本郵便( 日本郵便株式会社)によって運営されていますが、郵便窓口は同社の窓口部門が、ゆうゆう窓口は集配部門が担当しています。 よって、現在では部門こそ違えども郵便窓口とゆうゆう窓口のいずれも日本郵便によって運営されているわけですが、両窓口が1つの企業によって運営されるという点では国営時代と同じ状態に戻ったと言えるのかもしれません。 郵便窓口とゆうゆう窓口の運営企業.

次の

郵便窓口とゆうゆう窓口の違いについて

郵便局のゆうゆう窓口とは

ゆうゆう窓口の営業時間が短くなったの知っていますか? 以前は、都市部の郵便局はゆうゆう窓口もしくは、通常窓口+ゆうゆう窓口で24時間営業しているところが多かったのですが、2007年に郵政民営化されていこうゆうゆう窓口の営業時間を短縮しているところが増えています。 我が家の近くのゆうゆう窓口も24時間営業をやめていました。 しかも気が付いたのは、当日消印有効の郵便を出しに行こうとした時。 その時は2番目に近いゆうゆう窓口は24時間営業をやっており、なんとか間に合いました。 緊急時のためにも、自分の家の近くの24時間営業のゆうゆう窓口を知っておきたいところ。 そこでこの記事では、全国の24時間営業のゆうゆう窓口をまとめて紹介します。 保管郵便物(不在持ち帰りや局留)の受け渡し• 早朝や深夜の通常窓口対応時間外 or 通常の窓口がない郵便局での郵便物の差出しや切手・はがき類、収入印紙の販売 などを行なっている窓口のことです。 どの郵便局にもある訳ではないので、お近くの郵便局にゆうゆう窓口が設置されているかは以下のリンクからご確認ください。 ゆうゆう窓口の取扱業務 基本的には、通常窓口の郵便業務一般を取り扱っているが一部取り扱ってないサービスもある。 ゆうゆう窓口で取り扱っている主な業務• 通常郵便物・速達郵便物差出し・書留郵便物差出し• 切手、収入印紙等の販売• 電子郵便(レタックス)• ゆうパック チルドゆうパックを含む• 国際郵便物(航空郵便物及び国際スピード郵便物)• 保管郵便物・不在留置郵便物・本人限定受取郵便物(基本型 [1])の受取(特定事項伝達型の本人限定受取郵便物の交付を含む)• 支店への申請・届出の受付• 私書箱の設置 ゆうゆう窓口で取り扱っていない主な業務• くじ付郵便はがき・切手(お年玉付郵便はがき・年賀切手やかもめ〜る)の景品交換• 年末年始はゆうゆう窓口は開いているの? ゆうゆう窓口は年中無休です。 ちなみに、郵便局の通常窓口は毎年12月30日~翌年1月3日までが年末年始休業となります。 まとめ この記事では、24時間対応のゆうゆう窓口とゆうゆう窓口の業務内容について紹介してきました。 お急ぎの郵便がある時の参考にしてみてください。

次の

東京で24時間営業のゆうゆうゆう窓口一覧

郵便局のゆうゆう窓口とは

お電話のおかけ間違いにご注意ください。 通話料の詳細はガイダンスにてご案内しております。 土曜日、日曜日、休日にご利用になる場合は、お手数ですが、事前に郵便局までご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。 通話料の詳細はガイダンスにてご案内しております。 郵便サービス全般について ご質問にオペレータがお答えいたします。 貯金・ATM ATMについてのお知らせ• 時間帯によっては、お取り扱いをしていないサービスがございます。 ・平日であっても、日曜日・休日の翌日の場合、7:00からお取り扱いを開始します。 ・連休の場合は、連休2日目から最終日までのお取扱時間は7:00〜21:00までとなります。 お電話のおかけ間違いにご注意ください。

次の