布団 乾燥 機 洗濯 物。 布団乾燥機で洗濯物の乾かし方のコツと早く乾かす干し方を紹介

低コストで浴室乾燥機の機能を実現して、効率よく洗濯物を乾燥させよう

布団 乾燥 機 洗濯 物

布団乾燥機にはどんな種類があるの? みなさんのご家庭には布団乾燥機はお使いですか? 布団乾燥機は、本体で温風を作り出すことで、お布団の湿気を除去する目的の電化製品です。 通常、お布団を乾燥させるためには、天日干しをされる方も多くいると思いますが、梅雨や冬など、天気が悪い日が続くと、晴れるまで天日干しができません。 また、最近はゲリラ豪雨やPM2. 5などの影響で、お布団を天日干しをするにも心配ですよね。 しかし、そんな時に布団乾燥機があれば、いつでも室内でお布団を乾かすことができます。 では、布団乾燥機にはどのような種類があるのでしょうか。 布団乾燥機には大きく分けて2つの種類があります。 ・マットありタイプ 本体についているホースから、直接お布団に温風を送るタイプの布団乾燥機。 簡単に使用できるメリットがあります。 ・マットなしタイプ 掛け布団と敷布団の間にマットをセットし、本体についているホースからマットに温風を送るタイプの布団乾燥機。 マットを敷く手間がかかりますが、お布団の隅々まで温風が行き渡るメリットがあります。 基本的にはお布団を乾燥させる目的の機械ですが、洗濯物など他の物を乾かす機能が 搭載されているものがあります。 布団乾燥機で洗濯物など、お布団以外の物を乾かすことができる? いくら布団乾燥機が便利だからといって、無くても困っていないという場合は、すぐに買いに行こう!なんて思いませんよね。 今まで通り、晴れた日にお布団を天日干しすれば済みます。 しかし、布団乾燥機があることで、お布団を干すだけではなく、他にも便利な機能がついているとしたら、どう思いますか。 各メーカーで販売している機種により、機能が異なりますが、以下のようにさまざまな機能が搭載されているものもあります。 ・少量の洗濯物を乾かす「衣類乾燥」機能 ・「くつ乾燥」機能 ・クローゼットやシンク下の湿気を除去する機能 他の機能としては、「お布団の暖め」機能、「ダニ対策」機能など、メーカーによって独自機能が搭載されているものがあります。 これなら、布団乾燥以外でも使えるので、一家に一台あると非常に重宝しますね。 洗濯物が乾きにくい時期は、どうやって乾かす? 梅雨や冬の時期など、洗濯物が乾きにくい時期は、どのようにして乾かしていますか。 晴れの日にまとめて洗濯し、一気に外干しするという方もいると思いますが、「晴れる日まで洗濯物を溜めていられない!」、「そんなにたくさん干すスペースがない!」という方も多いと思います。 梅雨や冬の時期、みなさんはどのように洗濯物を干しているかを調べてみました。 ・晴れの日に一気に洗濯して、一気に外干しする ・天気に関係なく洗濯して、乾くまで室内干しをする ・布団乾燥機の温風やドライヤーの温風を当てて乾かす ・洗濯機の乾燥機能を使って乾かす ・サンルームに干す 洗濯機の乾燥機能や、サンルームがないご家庭は、やはり乾くまで室内干しを続けるしかないのでしょうか。 そんなことはありません。 布団乾燥機があれば、梅雨や冬でもストレスなく洗濯物を乾かせちゃいます。 お布団を乾かすだけじゃない?!布団乾燥機の驚きの機能 布団乾燥機に搭載されている機能は、メーカーによって異なりますが、主要メーカーの代表的な布団乾燥機の、布団乾燥以外にできる機能について、簡単にご紹介します。 ・洗濯物などの「衣類乾燥」 ・くつ、長ぐつ、ブーツなどの「くつ乾燥」 ・クローゼットや押入れ、シンク下などの「湿気除去」 ・お布団の「ダニ対策」 など、さまざまな機能が搭載されています。 梅雨や冬場など、洗濯物が乾きにくい季節は、室内干しを行うことが多いと思います。 ただでさえ湿気が多いのに、さらに洗濯物の湿気と相まって、部屋が湿気だらけになってしまいます。 そうすると、部屋干しの臭いが気になったり、部屋のカビが気になってしまいます。 そういう時に、衣類乾燥機能が付いた布団乾燥機があるだけで、大変重宝するでしょう。 一言に「布団乾燥機」といっても、お布団の乾燥だけではなく、生活のあらゆるシーンでも使えた方が、お得感があります。 おすすめ!最新の布団乾燥機! 布団乾燥機は様々なメーカーから販売されているため、どれを選んでいいかわからないという方も多いと思います。 そこで、人気の3機種をご紹介していきます。 さらに、4つのモードでお好みの設定が簡単にできます。 お布団の乾燥以外にも、くつ乾燥、洗濯物などの衣類乾燥、押入れ・クローゼット・シンク下の湿気・カビ対策も行えます。 そのため、お布団のサイズも選びません。 「ふとんアタッチメント」もコードも、本体にセットできる親切設計です。 おまかせコースでは、室温を検知して自動で送風を調整するので、季節問わず快適な仕上がりです。 専用のデオドラント剤を使用すると、温風と共にお布団のなかをさわやかな香りで芳香消臭してくれます。 本体の薄さも13cmなので、どこでも収納できます。 節電や季節に合わせたモード、ダニ対策など、簡単操作でお好みのモードに設定できます。 掛け布団が本体にかぶさった場合は、音とランプでお知らせし、自動的に運転を停止する安全対策もバッチリです。 このように、各メーカーで特色が異なるため、自分に合った布団乾燥機を探してみてください。 布団乾燥機でくつや洗濯物を乾かすときの注意点! こんなに便利な布団乾燥機ですが、くつや洗濯物を乾かすときに注意が必要が場合があるので、しっかり確認しましょう。 ・近くに食品などがあると、温風が直接当たってしまうので注意しましょう。 ・布団乾燥機を使うと、室温が上がってしまう場合があるので、夏場や小さいお子さんやお年寄りがいる部屋などでの使用は気を付けましょう。 ・乾燥させるくつや洗濯物の素材によっては変形・変色する可能性があるので、選択すべきモードや、避けるべき素材をしっかり確認しましょう。 ・布団乾燥機本体から温風が出るので、掛け布団や洗濯物などがかかってしまうと思わぬ事故に繋がる危険があるので、気を付けましょう。 便利な布団乾燥機で、思わぬトラブルを呼ばないよう、使用前にしっかり説明書を読むことが大切ですね。 布団乾燥機で洗濯物を乾かすといいことだらけ! 布団乾燥機は、温風を作り出す機会のため、若干電気代がかかる場合もあります。 しかし、各製品によって消費電力や必要時間が異なるため、1回あたりの電気代が変わりますので、その点もチェックしてみてください。 しかし、梅雨や冬場など、湿度が気になる時期・洗濯物が乾きにくい時期は、布団乾燥機があるだけで家事の負担が減るだけでなく、快適な睡眠が手に入れられます。 天日干し派の人も、是非この機会に布団乾燥機の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

浴室乾燥機で洗濯物を乾かすためには?使い方や早技、浴室乾燥機のメリット・デメリットなども教えます

布団 乾燥 機 洗濯 物

高温を出せるためダニを死滅させることができる• 洗濯や乾燥時の吸引機能によるダニアレルゲンを除去できる こういった理由があります。 高温を出せるためダニを死滅させる ダニを死滅させる方法で最も効果的なのが「熱」の力を借りることです。 ダニは 50度以上で20~30分、60度ではほぼ一瞬で死滅します。 そして、コインランドリーの 乾燥機が出せる温度は約80度とかなりの高温なんです。 この温度を出せるということは、 ダニを余裕で駆除するコトが可能ってわけですね。 ちなみに、家庭用乾燥機でも良いですが、ダニを死滅させる事ができるのはほんの一部だったりします。 洗濯や乾燥時の吸引機能によってダニアレルゲンを除去できる ダニによるアレルギーというのは、 ダニの死骸やフンが原因です。 この死骸やフンを吸い込んでしまうことで、「アレルギー性鼻炎」や「結膜炎」「喘息」などの症状が出ると言われています。 出典: ですが、ダニの 死骸やフン ダニアレルゲン は水溶性のため、洗濯することで除去することができます。 布団などは家庭で丸洗いするのが困難ですが、コインランドリーの洗濯機であれば問題なく入りますよね。 また、コインランドリーでは乾燥時も一味違います。 通常乾燥機というと乾かすだけですが、コインランドリーの乾燥機は 掃除機のように吸引することができるので、高温によって死滅させたダニの死骸も除去することが出来るんですよ。 それが 「洗濯表示」です。 素材によっては、洗濯機で洗えなかったり、乾燥機の熱で傷んでしまうので最初に確認しておきましょう。 洗濯出来るかのチェックをする 手洗いマークや洗濯NGマークが記載されていなければ大丈夫です。 一応、素材別に洗濯出来るかも見ておきましょう。 実際にコインランドリーで敷き布団を洗ってみた! ここからは、実際にコインランドリーに行ってみたので、店内の様子や使い方をシェアしたいと思います。 敷き布団の洗い方とコインランドリーの使い方 今回コインランドリーに持っていったのは、冬用の掛け布団です。 時期は秋に入りかけですが、最近寒くなってきたので引っ張りだしてきました。 ただ、押入れに収納していたことで、ダニの死骸やフンが気になるので、こちらをチョイスしました。 コインランドリーに行く前に 敷き布団のカバーと本体に分けます。 洗うのは一緒で良いですが、乾きにくくなったりするので、最初に分けておきましょう。 コインランドリーを使用する前の注意点でもお話したように、 まずは洗濯表示を確認しておきましょう。 私の敷き布団は洗濯表示が消えていたので、素材を確認してみました。 画像で分かりにくいですが 、測地が「綿」で詰め物が「 ポリエステル」だったので問題なしです。 ダニが気になる布団や衣類を入れる• コースを洗濯する• お金を入れる• 終わるまで時間をつぶす 私の失敗談ですが、コースを選択する前にお金を投入していたので、お金が戻ってきました! 何回も 先にコースを選択して下さいね(笑) また、お金は100円か500円玉しか投入することはできませんが、1000円札を両替出来るので安心して下さい! コインランドリーをかけていることをウッカリ忘れてしまっても安心です。 こちらに 携帯番号を入力しておけば、終了をお知らせしてくれます。 乾燥時間の目安ですが、こちらのコインランドリーは 毛布で40~50分との記載がありました。 恐らくこの乾燥時間の目安は最低時間なので、乾いているかはコインランドリーが終了後に 実際に触ってみて確認した方が良いと思います。 料金が安い• 時間が短い• 布団がふっくらして気持ちが良い 「料金」や「時間」はクリーングと比較した場合です。 今回は65分コース 1,200円 だったので、クリーングと比較すると半額以下ですね。 また、クリーングに出すと1週間くらいはかかってしまいますが、コインランドリーの場合は1~2時間もあれば手元に戻ってくるのが嬉しいですよね。 最後に 何と言ってもフッカフカ! 何回も言います! ダニ退治はもちろんですが、料金も安くて時間もかからなくてフッカフカになるので、コインランドリーは攻守において隙なしだと思います! まとめ 以上が、コインランドリーはダニ対策に効果的な理由でした。 ダニを駆除することはもちろん、ダニアレルゲンを除去することも出来ます。 さらに言うと、布団もフッカフカになるので、ダニ対策ならずとも使用しても良いかもです。

次の

洗濯物を部屋干し!衣類乾燥機と除湿機、扇風機はどれが早いか比較

布団 乾燥 機 洗濯 物

部屋探しの話• 先日お客様から「浴室乾燥機が便利と聞いて引越したのですが、どのように洗濯物を干せばよいのでしょうか?」とLINEで質問を受けました。 部屋探しをするときの条件として、浴室乾燥機を必須としている方は少なくありません。 しかし「洗濯物が効率的に乾かせて便利そう」という印象はあるものの、具体的にどう使えば良いのかをご存知の方はそれほど多くないのではないでしょうか。 そこで今回は、そんな浴室乾燥機の効率的な使用方法についてご紹介します。 その他、浴室乾燥機に関する記事はこちら その他、洗濯に関する記事はこちら この疑問の目次• 浴室乾燥機付きのマンションで洗濯物を乾かそう 浴室乾燥機とは、浴室に乾燥・換気・暖房機能がついている設備です。 何といっても一番の魅力は、浴室で洗濯物を乾かせること。 更に副次的な活用方法として、寒い冬に浴室を暖めることができます。 浴室乾燥機の使い方 まずは浴室の湿気を取り除きましょう。 浴室に湿気がある状態だと、いくら乾燥機があったとしても洗濯物は乾きにくくなります。 浴槽にふたをする、壁についている水滴をふき取るなど少しの手間で洗濯物は乾きやすくなります。 洗濯物を干し、乾燥モードを使用することで服の水分を蒸発させることができるでしょう。 そもそも「乾燥」と「換気」の違いって? 浴室乾燥機の機能を見てみると、乾燥・換気・暖房の種類があります。 乾燥モードは浴室の温度を上げて、空気の入れ替えをする機能です。 換気モードは空気の入れ替えのみをする機能なので、乾燥モードよりも電気代を安くできます。 浴室乾燥機の種類は2種類 浴室乾燥機には洗濯物を干す、入浴時のヒートショックを防ぐといった上記の活用方法の他にも、浴室のカビの発生を防ぐなどさまざまな機能があります。 そんな浴室乾燥機には、ガス式と電気式の2種類が存在します。 ガス式浴室乾燥機の使い方 ガス式は熱電源が必要となり、初期費用が電気式よりも高くかかります。 しかしその分、乾燥だけではなく、給湯や床暖房、お風呂の追い炊きなどさらに充実した機能を付加されていることがあります。 電気式浴室乾燥機の使い方 電気式はガス式よりも設置費用が安いですが、構造上、熱電源がないこともあり、乾燥には時間がかかり、電気代もその分だけ高くなる傾向にあります。 ガス式のメリット ガス式浴室乾燥機は熱電源を使用していることもあって、電気式よりもパワフルで温めるスピードや乾燥機能が早く、光熱費も大差ないことがメリットです。 電気式のメリット 賃貸物件にはこの電気式が導入されていることが多く、梅雨時や冬場しか使用機会がない一人暮らしの方にとっては、こちらのほうが手軽で便利です。 光熱費も契約条件によりますが、ガス式に比べて若干安いなどのメリットがあります。 一人暮らしの賃貸に浴室乾燥機は必要? 一人暮らしに浴室乾燥機は必要でしょうか。 メリットとデメリットを紹介します。 浴室乾燥機のメリット 浴室乾燥機のメリットは、梅雨時や冬場でも洗濯物を干すことができる点です。 冬場は身体面でヒートショックの防止や浴室のカビを防いだりすることもできます。 賃貸の一人暮らしで乾燥機付き洗濯機を持っている人も多くはないと思うので、簡単に自宅の浴室で洗濯物を乾かせるのはうれしいですね。 浴室乾燥機のデメリット 使い方によっては抑えることができますが、基本的に浴室乾燥機のデメリットは光熱費が高くなるところです。 参考までに、公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会による新電力料金目安単価で算出すると、 浴室乾燥機の乾燥時にかかる消費電力は約 1250W で、1時間あたりの電気料金は約34円、浴室乾燥機を3~5時間使用した場合の電気料金は1回当たり102~170円となります。 1ケ月に10回使用すると1020~1700円の電気料金 (税込) がかかることになります。 (参考:公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会・「電力料金の目安単価」の改定に関する件 ) また乾燥機の使用については、より早く乾燥させるために浴槽のふたをしたり、壁の水滴をふき取ったりといった、まめな手間が発生します。 まずは「換気モード」を使おう 乾燥モード浴室の温度を上げて空気の入れ替えをします。 換気モードは空気の入れ替えをする機能で、光熱費を安く抑えられます。 夏場は浴室が温かいこともあるので、換気モードから使用することで節電することができます。 干し方を工夫しよう 洗濯物を干すときに服と服の感覚が近いと空気の通り道が少なくなるので、乾きにくくなってしまいます。 なるべく感覚を開けて干すことで洗濯物が乾きやすくなります。 どんな衣類が浴室乾燥機に向いている? 普段着ている服の中でも、なるべく日陰で干したほうが良いものもありますね。 代表的なものがデニムです。 デニムは日に当てて干すと色落ちしてしまうことがあるので、大切なデニムの場合は浴室乾燥機で干すことをオススメします。 またニットの衣服やデリケートな素材も浴室乾燥機を使ってみても良いでしょう。 その他の浴室乾燥機の便利機能 雨が降った日にお客様が来て上着が濡れてしまっているとき、浴室乾燥機で乾かすことで、お客様が帰宅する頃には乾いた状態でお返しすることができます。 小さな心遣いですね。 また浴室乾燥機によっては涼風モードがついている場合もあるので、そんなときは夏場に使ってみましょう。 せっかくお風呂に入ったのに、暑くてお風呂から出てすぐに汗をかいてしまったなんてことも涼しい風で防ぐことができますよ。 浴室乾燥機の使い方など、生活の知識もエイブルAGENTがご紹介! 浴室乾燥機付きを部屋探しの条件にしていても、実際に引越した際の使い方は曖昧…という人は意外と多いかもしれません。 今回の活用方法を参考に、ぜひ快適な生活をしてくださいね。 また引越したら浴室乾燥機が設置されていたものの一度も活用したことがない、という方も、これを機に使ってみてはいかがでしょうか。 エイブルAGENTでは、浴室乾燥機付きの物件の紹介はもちろんのこと、今回説明した浴室乾燥機の使い方といった生活の知恵までご相談を承っています。 ぜひお気軽にお問合せください!.

次の