ゴープロ max。 【2020年最新版】人気のGoPro(ゴープロ)おすすめ6選【選び方も徹底解説】

360度カメラ『GoPro MAX』と通常のGoPro HERO8との違いを紹介

ゴープロ max

商品名 GoPro MAX 販売価格 60100円 発売日• 2019年10月 デジタルレンズ• Max Super View:13mm• 広角:16mm• リニア:19mm• 挟角:27mm 動画性能• 6K30fps• 1440p60fps• 1080p60fps 360度オーディオ 6つの内蔵マイクが連動 特徴写真 16. 4K:60fps・30fps・24fps• 7K:120fps・60fps・30fps・24fps• 1440p:120fps・60fps・30fps・24fps• 1080p:240fps・120fps・60fps・30fps・24fps• 960p:240fps・120fps• 720p:240fps・120fps スローモーション 8倍 HyperSmooth ハイパーラプス 写真• 12MP• RAW撮影可能• HDR撮影可能 メモリー マイクロSDカード:Class10・UHS1以上 『』は2019年に発売された最新の 「GoPro」になります。 こちらはアクションカメラで、自転車・バイク・マリンアクティビティ・YouTubeなど活用方法は無限にあります。 360度カメラである 『』と比較してみましょう!.

次の

GoPro MAX登場|機能やスペック、進化したポイントを紹介します|ナシタカブログ

ゴープロ max

『GoPro』をお持ちの方もそうでない方も、これを見たらもっとGoProに興味が湧く情報をお届けしていきます。 GoProは簡単に言うと、 超小型で軽量なのに高画質の写真や映像が撮影でき、尚且つ設置場所も問わない、正にいいとこ取りのカメラです。 GoProの設定は簡単で誰でも使いやすいカメラですが、もちろん細かい設定をしてこだわりの撮影をすることも可能です。 この記事では 初心者でもGoProを上手に使いこなすための設定についてご紹介しています。 今回は、GoProって一体どんなカメラなの?どんな使い方ができるの?おすすめの設定が知りたい!そんな疑問にすべて答えていきます。 GoProをすでに持っている方も持っていない方も、ぜひこれを見て 「GoProとは何か」を知ってください。 ゴープロとはどんなカメラ? ゴープロの細かい設定を見ていく前に、まずはゴープロがどんな特徴を持ったカメラなのかを見ていきましょう。 ゴープロは最新のアクションカメラです ゴープロは最新のアクションカメラ、ウェアラブルカメラです。 ウェアラブルカメラという単語を聞いたことがない方もいらっしゃるかもしれませんが、 どこでも設置できる、どこでも撮影できるカメラという意味があります。 その見た目はとても コンパクトで軽量。 小さな立方体で、特に小さなモデルだと卵くらいの大きさしかないものもあります。 手のひらに乗せても余裕がありますし、最新モデルでも手で包み込めるくらいの大きさしかありません。 ゴープロはその小ささを活かしてあらゆる場所に設置ができます。 人の腕や胴体、ヘルメットはもちろん、車や自転車、スノーボードまで設置が可能なんです。 ゴープロには様々な場所に設置するためのアクセサリが豊富に販売されており、撮影したい場所やシーンがあったら「どんなアクセサリを使えば撮影できるか?」を調べてみると設置できない場所はないのではと思ってしまうほど。 耐久性にも優れているので、 激しいスポーツの撮影や環境が厳しい場所でも難なく美しい写真や映像をとらえてくれる頑丈さもあります。 ゴープロの美しい撮影がSNSでも大人気! ゴープロの設定で撮影できる高画質な写真や4K映像は、カメラに興味がかなった方まで虜にする力があります。 最近、 ゴープロがSNSやYouTubeで大人気なのをご存知ですか? インスタグラムでは 「#ゴープロ女子」のハッシュタグをつけて、ゴープロで撮影した写真をアップするのが流行っています。 投稿件数もぐんぐん伸びており、インスタグラムでは特に若い女性の投稿が多いのが特徴です。 YouTubeでは、身近な VLOGや、スポーツをしている様子、自転車に乗っている様子、海で楽しむ様子を 「ゴープロで撮ってみた」という動画がすごく増えてきています。 以前ならプロの特殊なカメラや技術がなければ撮影できなかったロケーションでの撮影が、ゴープロによってどんどん身近なものになっています。 誰が撮影してもプロが撮ったような美しい映像が撮影できてしまうカメラなので、プロのカメラマンはより技術を求められるようになって大変かもしれませんね。 そのくらいゴープロで撮影した映像が美しいのです。 ゴープロで撮影を開始するためのステップ ゴープロを購入し、いざ撮影をスタートするにはどんな準備が必要なのでしょうか。 ステップで確認していきましょう。 ここで注意しなければいけないのが、ゴープロで使用するmicroSDカードはデータの転送速度がある程度早いものでないといけません。 転送速度によってクラスが2~10までに分けられますが、ゴープロで使用するならばクラス10以上になります。 さらに上のUHSスピードクラスなどを選ぶ方も多いです。 容量はどんな動画・写真をどれだけ撮影するのか撮影者の好みなどにもよりますが64GB程度あればすぐに容量はいっぱいになってしまうこともなく安心です。 購入してすぐのゴープロは眠っていた状態の為、フル充電されていることは少ないです。 動画撮影では消費する電力も大きく、途中で撮影を中断することが難しい場合もあります。 初歩中の初歩ですが、特にゴープロを初めて使う時に忘れないようにしたいポイントです。 しかし 初心者でも設定は簡単で、表示されるガイドに従って進めていけばOK。 カメラ初心者でも簡単に設定ができます。 初期設定の際、モデルによってはアプリとの連携を選択できるステップがありますが、ぜひこれは設定しておくのがおすすめ。 撮影後のデータ共有や編集などもやりやすくなります。 まず「超広角モード」で撮影してみよう! ゴープロの設定の特徴として、写真や動画がすごく臨場感あふれるものに撮影できるという特徴があります。 その理由がこの 「超広角モード」です。 広角カメラというのは、その名の通り広い範囲を映し出してくれるカメラです。 イメージとしては人間の目のように見える範囲が扇形に広がっており、 ほぼ180度に近い範囲を一度にカメラに収めることができます。 近くから遠くへ、範囲が扇形に広がっているようなイメージです。 ゴープロに搭載されているこの「超広角モード」はゴープロらしさの源です。 インスタグラムにアップされたゴープロ写真を見ると、超広角カメラの影響で 画面がぐっと湾曲したような写真が多いです。 近くのものが大きく、遠くのものは小さく広く映っているイメージです。 この設定の撮影で人気の写真が、写真家の旦那さんが自分の手を引いて前を歩く奥さんの後姿をとらえた写真です。 背景の映り込む面積が広く、世界中を旅している二人だからこそアングルは同じなのに背景が1枚ずつまったく異なり、その個性的なアングルの写真は世界中にファンが多いです。 そのアングルを真似た撮影も人気になっています。 この超広角の設定は映像でも変わらず発揮され、例えばサイクリングをしているときの視線の先を撮影するような場合でも自転車に乗った方の 目で見たままのような映像を撮影することができます。 ずっと遠くの道まで、スピード感のある映像もブレることなく映すので、ゴープロで撮影したスポーツや乗り物映像はかなりカッコよく仕上がります。 オシャレ動画の最先端!コマ送り動画の設定方法とは タイムラプスとは何かというと、 1秒間に1回、30秒間に1回と間隔を決めてシャッターを連続で切り続けてくれる機能です。 どんな効果があるかというと、それらのコマで撮影した写真を繋げたときに簡単にコマ送りの映像が撮影できるんです。 ドラマや映画でよく見るような、カメラの視点はまったく変わらないのに人や風景がぐんぐん動いて昼から夜になったりするような映像も、この機能と同じ仕組みで撮影されているものもあります。 この撮影のポイントは撮影する対象と設置場所で、例えば動きのない風景を撮影するよりは、朝日の上り始めるところ、夕日が沈むところ、雲が風で流れているところなど、 自然の風景の中でも動きがあるものがおすすめです。 街中をたくさんの人が行き交う動画もよく目にしますが、カメラの設置場所などを考えると一般の方はまず風景からチャレンジするのがおすすめです。 その際、完全にゴープロを固定する必要があるので、 三脚タイプのマウントなどを使用して撮影するのがオススメです。 撮影したい風景によって長時間同じ場所にセッティングする必要があるので、撮影場所は吟味して決める必要がありそうです。 建物の屋上などから撮影すれば、テレビで見たことのあるような映像を自分の手で撮影することもできます。 ゴープロを手にしてすぐにこの機能を使う方は少ないかもしれないですが、写真、動画と撮影を楽しめるようになってみたらぜひトライしてみてほしいおすすめの設定です。 プロモと同じ美しさを再現!4K撮影はメモリ容量に注意 ゴープロの設定のおすすめポイントなどについて事前に調べてみると、多数のプロモーション動画に出会います。 初めて観た人は衝撃を受けること必至の映像の鮮やかさで、これが4Kか!と感動してしまいます。 プロモーション動画の中でも人気なのが、有名な海の中を泳ぐ様子を撮影した映像です。 海の中とは思えない映像の鮮やかさと、ゆったりした動きがとても鮮やかで、何度も見返したくなる魅力があります。 ゴープロで4K動画を撮影するのは意外と簡単で、 モードを4Kモードに設定するだけです。 ただ、この時注意しなければならないことは、画質がすごく良いために、撮影した 映像の容量がすごく大きいということです。 microSDカードも種類によって容量や書き込みスピードにかなり差があるので、撮影時間によって適したものを選択する必要があります。 長時間の撮影になればその分容量はどんどん大きくなるので、長時間撮影したい、旅行でがっつりと撮影をしたい、そんなときは class6以下のものは避けて、できれば10以上のものを選択すれば安心して撮影できると思います。 容量も2GBや4GBのものではなく 32GB以上のものを選択することを強くおすすめします。 アクションカメラ通の方の中には4Kはいらないんじゃないかという意見もありますが、一度4K動画を自分の手で撮影すると、感動で「やはり4Kは別格!」と考えを変えられてしまうほど。 海の中の撮影や激しいスポーツの撮影などは、始めてのチャレンジでは難しいかもしれません。 私がオススメするのが自転車用のマウントを使用して、 ゴープロを自転車に設置してサイクリングに出かけることです。 初めてでゴープロを頭に設置する勇気がない方でも、自転車ならしっかりセッティングさえしてしまえばそこまで破損や失敗の危険がないのでトライしやすいのではないでしょうか。 サイクリングなら場所を自分で選んで楽しんで撮影することができます。 あまりカメラの存在を意識しなくても大丈夫なので、家に帰ったら映像を見てみよう、というライトな気分でチャレンジができます。 ゴープロのシャッターをスマホで切れる! ゴープロの設定のおすすめラストは、 ゴープロ専用アプリをダウンロードしてスマホと連動させることができる機能です。 専用アプリをまずはアップルストアからインストールします。 ゴープロの設定を連携モードにする部分があるので、そこでスマホのWi-Fiでリンクさせることができます。 古いモデルの場合連携が難しいと感じる可能性もありますが、一度連携してしまえばその後は特に難しい設定もなくすぐに機能を使用することができます。 ゴープロはとても小さいカメラなので、タッチパネルで簡単操作が可能ですが、液晶の大きさには限りがあります。 その 小さな液晶をスマホの画面で見ることができ、尚且つ細かい設定もスマホからできてしまうんです。 撮影も、もちろんスマホでシャッターを切ることができますし、SNSなどとの連動もスムーズにできます。 撮影した写真をすぐにスマホで観ることができるのはかなり便利ですよね。 ゴープロのウェアラブルな部分とスマホの便利さを組み合わせれば、さらに便利に使いこなせるようになります。 スマホで操作をしたらもっと早くに知りたかった!と思うはずです。 まとめ ゴープロは 撮影する人がワクワクするような設定が盛りだくさんのカメラです。 こんな撮影をしてみたい!と思ったときにどうしたらそれが撮影できるか、色んな方法を考えることができるカメラなんです。 今回はゴープロにおすすめの設定をいくつかご紹介してきました。 ゴープロは設定を知ってうまく使うことで、面白くてカッコいい、それでいて美しい映像や写真が撮れます。 もしゴープロをゲットしたら、その楽しさを100%楽しんで 色んな設定にチャレンジしてみてください。 今まで撮影したことのない映像や写真を撮影できるチャンスが誰にでもあります。 素敵な作品はどんどん広めて、たくさんの人にシェアしちゃいましょう! おすすめのゴープロ HERO8 BLACK CHDHX-801-FW ビデオ安定化機能「HyperSmooth 2. 0」を搭載したアクションカメラ。 「ブースト」やアプリでできる水平維持など、多彩な安定化機能を備えている。 アクティビティに合わせて最適な視野角に設定できるデジタルレンズを採用。 《月額入れ替え放題サービス》.

次の

【2020年最新】GoPro(ゴープロ)用おすすめmicroSDカードは?!気になる容量や速度を徹底解説|動作保証された安いメモリーカードの選び方

ゴープロ max

GoPro公式からは、2つのメーカーが動作保証されてます。 Sandisk(サンディスク)• Samsung(サムスン) メモリーカードをAmazonやドン・キホーテで見ると、数多くのメーカーが販売していますよね。 でも、GoProには相性が良いものと悪いものがあり、相性が悪いメーカーのマイクロSDカードを使った場合、読み込みできなかったり、保存できないなどのエラーがでることがあります。 そのため、GoProは公式サイトで推奨するメーカーを発表しています。 欠点は値段が少しだけ高いということです。 (最近はほとんど差がありません) 後述しますが、非承認でも問題なく使える安いマイクロSDカードはたくさんあります。 どちらを選ぶかはあなた次第です! 3、GoPro(ゴープロ)のマイクロSDカードの容量はどのくらいがおすすめ? おすすめは、64GBを購入することです。 GoProのSDカードを買うときに一番迷うのが、何ギガ必要かってことだと思います。 僕は、64GBもあれば十分な量の撮影ができると思いますし、128GBがほしい場合でも、紛失や故障のリスクを分散できることを考えて、64GBを2枚購入した方がいいでしょう。 インスタに投稿するのがメインの人は、32GBでも十分な容量が確保できます。 録画できる時間や画像の枚数はカードの容量によって決まります。 CLASS(クラス)と言われる単位が使われ、「C」の中に、2,4,6,10の数字のどれかが書かれています。 公式サイトでは、クラス10以上を推奨しています。 これ以下を使うと画像の読み込みに時間がかかったり、動画が途切れ途切れになります。 また最近では、クラスよりも新しい単位 規格 でUHS CLASSと呼ばれるものがあります。 「UHS-1」などと表記されています。 カードには「U」の文字の中に数字が書かれています。 新しいものだと3があります。 4、規格も必ずチェック 必ずSDXCを選びましょう! microSDカードには容量の大きさによって、SD、SDHC、SDXCの3種類があります。 新しいもののほうが容量も大きく、転送速度も速くなります。 国内正規品と海外パッケージ品(並行輸入品)の違いは? SDカードを探していると、同じ規格・容量なのに、全然値段が違うことってないですか? これは国内正規品と海外パッケージ品(並行輸入品)の違いです。 基本的には同じ製品ですが、「流通経路」が違います。 海外で販売されているSDカードはめちゃくちゃ安いので、それを業者や個人が輸入し販売しているんです。 安価なため正規品よりとても人気があります。 もちろん価格だけでなく、他にも違いがあるので、ざっとまとめてみます。 容量:64G• スピードクラス:C10U3• 規格:SDXC• GoPro推奨品• 水深1mでの最大72時間まで問題なし• 空港でのX線検査の影響もなし• 衝撃にも強い• どれを買うかまよっている人は、これを買っておけば問題なしマイクロSDカード。 僕も、万が一の失敗がないようにメインのSDカードとしてこれを使っています。 他にも推奨品はありますが、コスパがよく安定感があります。 4Kを主に撮影する方も迷わずこれにしておきましょう。 エラーがなく速度も速いのでストレスフリーです。 耐久性もバッチリなので、高温になりやすいGoProでも安心して使えますよ!• 容量:64G• スピードクラス:C10U1• 規格:SDXC• 水深1mでの最大72時間まで問題なし• 空港でのX線検査の影響もなし• 衝撃にも強い• 5年保証つき 公式からの推奨品ではありませんが、安く買えておすすめなのがTranscend 製(トランセンド)のmicroSDカード。 こちらは主に予備のカードとして持ち歩いています。 とにかく安いので多くのGoPro愛好家が使っています。 価格が安いですが、GoProHERO3~8まで読み込み速度も早く、エラーもありません。 またGoPro以外のデジカメやビデオカメラとの相性もいいので、他のカメラと使い回しする方はこちらがおすすめ。

次の