タッチ パッド スクロール。 【厳選】快適タッチパッド術!マウスがなくても自在にPCを操作する方法

Windows10 タッチパッドのスクロールを変更したい

タッチ パッド スクロール

次の場合に応じた案内をご覧ください。 一部の機種には、フラットポイントの右にスクロールパッド(円形の装置)を搭載しています。 スクロールパッドを時計回りに指でなぞると下に、反時計回りになぞると上にスクロールします。 スクロールボタンでスクロールする スクロールボタンを前後方向に押すと、表示している画面がスクロールします。 スクロールボタンを搭載している機種で使用できます。 画面やウィンドウのスクロールする領域をクリックしてから、スクロールボタンを前後方向に押します。 指紋センサーでスクロールする 指紋センサーを使って、表示している画面やウィンドウのスクロールをします。 2004年冬モデル〜2012年夏モデルで指紋センサーを搭載している機種で使用できます。 お使いになるアプリケーションによっては、指紋センサーを使った画面のスクロールができない場合があります。 指紋センサーを使ったユーザー切り替え機能を有効にすると、指紋センサーのスクロール機能は無効になります。 指紋センサーで、指をスライドさせた方向にスクロールします。 続けて画面をスクロールするには、いったん指を離してから繰り返し指をスライドします。 画面を大きくスクロールさせるときは、指をスライドした後、センサーの上にしばらく止めておくとスクロールが自動的に繰り返されます。 2008年夏モデル〜2012年夏モデル 上下方向、左右方向にスクロールできます。 2004年冬モデル〜2008年春モデル 上下方向にスクロールできます。 2004年夏モデルのFMV-BIBLO LOOX Tシリーズは指紋センサーを使って、スクロールできません。 代わりに操作面を使って、上下方向にスクロールできます。 表示している画面やウィンドウのスクロールする領域にマウスポインターを置いて、操作面の右端を上下方向になぞるとスクロールします。 ジェスチャー機能でスクロールする ジェスチャー機能のスクロール設定をすると、フラットポイントの操作面を使って、画面やウィンドウのスクロールができます。 ジェスチャー機能とは、フラットポイントの操作面を、指でなぞったりスライドさせたりすることで、画面やウィンドウを操作する機能です。 2012年10月発表モデル以降• 2009年冬モデル〜2012年夏モデル• 2008年秋冬モデル〜2009年夏モデル• 2000年春モデル〜2006年夏モデル.

次の

富士通Q&A

タッチ パッド スクロール

必要な機能にチェックを付ける タッチパッドジェスチャー一覧 一般的なタッチパッドジェスチャーの一覧を紹介します 操作 目的 タッチパッドを1本の指でなぞる• マウスカーソルの移動 タッチパッド上の任意の場所を 1 本の指でタップする• 項目の選択をする• マウスの左クリックと同様 タッチパッド上の任意の場所を 2 本の指でタップする• アプリ コマンドや、デスクトップ アプリのコンテキスト メニューを開く• マウスの右クリックと同様 3 本の指をタッチパッド上で横にスワイプする• 起動中のアプリ一覧が表示され、アプリの切り替えができる 3 本の指をタッチパッドの上から下に向かってスワイプする• デスクトップを表示する• 起動中のアプリをすべてアイコン状態とする 3 本の指をタッチパッドの下から上に向かってスワイプする• 仮想デスクトップを表示する• タスク一覧 起動中のソフト一覧 を表示する 左タッチパッド ボタンを押したまま、任意の方向に指をスライドさせる• 項目の移動またはテキストの選択• 左ボタンを押したままでのマウスの移動と同様 タップした直後に長押ししてドラッグ• 項目の移動またはテキストの選択• 左ボタンを押したままでのマウスの移動と同様 2 本の指を水平または垂直にスライドさせる• 画面またはドキュメントのスクロール• 画面上でのスクロール ボタンのドラッグや、マウスでのスクロール ホイールの使用と同様 画面上で 2 本の指をつまむように同時に近付けるか ピンチ 、遠ざける ストレッチ• 拡大または縮小•

次の

ノートPCのタッチパッドでスクロールもらくらく。ChiralScroll

タッチ パッド スクロール

ノートパソコンなどタッチパッド搭載の Windows10 パソコンならマウスがなくても指でスクロールできます。 基本操作はタッチパッドを2本指でタッチし、スクロールしたい方向へスライドする事でスクロールできます。 例えば2本指で上へ滑らすと上へスクロール、下へ滑らすと下へスクロールという具合です。 しかし、他の OS や設定によってはこの操作が逆な場合があるんです。 他の OS から Windows10 を使い始めた場合、もしくは慣れ親しんだ操作が逆だった場合、スクロールの向きを変更できます。 タッチパッドスクロールの方向を変更する まず、スタートメニューから設定を開きましょう。 Windows の設定からデバイスを選択します。 左メニューよりタッチパッドを選択し、スクロールとズームの項目からスクロール方向のドロップダウンメニューがあります。 上図では「ダウンモーションで上にスクロール」になっています。 つまり2本指で下へ滑らすと上にスクロールするという意味です。 ドロップダウンメニューを展開すると「ダウンモーションで下にスクロール」があります。 こちらへ変更するとタッチパッドスクロールの方向を変更する事ができます。 設定できない場合 ノートパソコンの機種によっては別途でタッチパッドの設定画面がある場合があります。 コントロールパネルを開きましょう。

次の