ポケモン ソード シールド ブラッキー。 ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

PK

ポケモン ソード シールド ブラッキー

どうも、しんま13です。 みなさんは今作ポケモンソードシールドでブイズ使ってますか? 自分が使っているブイズは、シャワーズ、ブラッキー、ブースターなのですが、今回はサイクル戦に異常な強さを発揮してくれるブラッキーの育成論を紹介していこうと思います。 ブイズ好き、ブラッキー好き、サイクル戦に勝ちたい人はぜひ参考にしてみてください。 それではどうぞ。 ブラッキーの基本スペック(種族値やとくせいなど) まずはブラッキーの基本スペックをみていきましょう。 ブラッキーの種族値 HP 95 攻撃 65 防御 110 特攻 60 特防 130 素早さ 65 ・タイプ あく ・特性 シンクロ ・夢特性 精神力 合計種族値は525。 種族値は完全に耐久型。 防御が110で特防が130、そしてHPも地味に95もあるので、弱点以外の攻撃は大抵受けられるという耐久系ポケモンの中のエース。 旧作では、その高い耐久を活かして相手をどくどくでハメていく型が主流でしたが今作ではどくどくの技マシンがないためどくどく型は使えません。 そうは言っても、ブラッキー元々の基本スペックが高いので、今作の環境でも活躍の機会はとても多かったりします。 そんなブラッキーのテンプレ型が、サイクル戦に強い育成論です。 理解している方はこの章を飛ばしてください。 サイクルとは、相手の攻撃や交代に合わせて、こちらのポケモンを交代することで、相手の攻撃を受けて、なるべく不利対面を作らず相手をじわじわ削っていくこと。 交代すれば当然相手の攻撃を受けることになるため、サイクルに向いているのは一定の耐久力があるポケモンになります。 例えば、自分が初手でトゲキッスを出して、相手がドリュウズを出してきた場合、タイプ相性的にも素早さ的にもトゲキッスは圧倒的に不利。 このまま殴り合えばトゲキッスが倒されてしまうため、そこでドリュウズに強い威嚇ギャラドスや、アーマガアなどに引いてドリュウズの攻撃を受けることで、ドリュウズを止めると同時にトゲキッスを守るという選択を取ることで負け筋を減らしていくのです。 このように交代を繰り返して極力不利対面を作らず、サイクルを回して戦っていくのがサイクル構築パーティであり、サイクル戦。 そして、今回紹介するブラッキーこそがこのサイクル戦に非常に強いポケモンなのです。 この型のブラッキーの使い方 それでは本題。 この型のブラッキーの使い方を説明していきます。 努力値はHBぶっぱ、ひるみケアとあくびを確実に入れるために特性は精神力一択、持ち物は貴重な回復ソースになる食べ残し。 メインウェポンはイカサマのみで、あとは全て補助技。 このブラッキーの役割は主に下記の3つです。 願い事まもるコンボで相手の大マックスをからす 2. あくびで場を荒らす 3. 物理アタッカーにイカサマを決めて倒す 順番に説明していきましょう。 まず1。 相手が大マックスして高火力の大マックス技を入れてきても、ブラッキーの高い耐久力なら弱点ではない限り1発は耐えます。 なので、相手が大マックスを切ってくることがわかった場合の動きは、願い事から入り、次の攻撃を守るで耐えるという流れ。 これでほぼ確実にブラッキーで相手の大マックスを止めることができます。 そして2。 ブラッキーのあくびで相手をめちゃくちゃ荒らしまくるという戦法。 あくびを使う場面としては、イカサマが全く活かせない特殊アタッカーや、不利対面、積んでくるアタッカーなどに当たった場合に使っていきましょう。 注意すべき点はラム持ち。 最後の3。 この型のブラッキー唯一の攻撃技がイカサマ。 イカサマは相手の攻撃でダメージ計算をするため、攻撃が高い物理アタッカーほどこのイカサマが刺さります。 なので、ドラパルト、ギャラドス、ドリュウズがきたら絶好の刈りチャンス。 耐久無不利物理ドラパであれば、イカサマで確1、特殊ドラパでも乱数1発。 ギャラドスの場合確定2発、ドリュウズも確定2発です。 物理アタッカーに対しては積極的にブラッキーを投げていきましょう。 以上の3つが基本のブラッキーの役割です。 サイクル戦前提の型なので、基本的には初手出しはしない方がいいですが、相手が初手に物理アタッカーを選出してくる可能性が高い場合は初手出しもアリ。 物理受けかつ物理アタッカー崩しのブラッキーですが、一応特防も151あるため、弱点をつかれない限りある程度の特殊受けはできますが、相手のパーティにあまりにも物理アタッカーがいない場合は、そこまでブラッキーを出す理由がないので選出しないのが吉です。 ブラッキーと相性が良いポケモンはコータス 自分はコータスとブラッキーで選出することが多いです。 コータスはHDぶっぱで、基本の役割が初手で出してステロを撒いてあくびループに入れていくという役割。 コータスの不利対面になった時はブラッキーに引き、ブラッキーの不利対面になった時はコータスに引くという、2体でうまいこと相性補完をしつつステロで削りサイクルを回していくという戦い方です。 やってみるとわかりますが、このサイクルが本当に強い。 ちなみに本家は965さん。 なので、弱いわけがないです。 この型のブラッキーを使うのはかなりの腕がいる 使っててわかると思いますが、この型のブラッキーをうまく使いこなすには相当腕がいります。 というのも、このブラッキーは役割が3つあるので、普通のポケモンより考えなければならないことが多く、場が荒れて混沌とした状況になってくるとプレイングミスを頻発してしまうものです。 実際僕自身、「ここであくびを撃つべきか、いや願い事からはいるべきか?」、と選択に迷うシーンが多々ありました。 そして、負ける時は大抵ブラッキーの技選択をミスった時です。 不利対面【ブラッキーが勝てない相手】 最後にブラッキーが勝てない相手、不利対面を書いておきます。 あくびを撃っても、大マックスからのダイフェアリーであくびが無効化されてしまい、どう足掻いてもブラッキーじゃミミッキュは倒せません。 その上ニンフィアは特殊アタッカーなので攻撃種族値が65しかなく、こっちのイカサマが全然入りません。 なのでヒヒダルマと対面した場合初手で守るを選択し、相手がばかぢからを持っているかどうかを確認した方がいいでしょう。 初手シャワーズから入り、とけるバトンタッチでブラッキーに繋ぎ、防御が2段階上がったブラッキーでひたすら無双していくという戦法です。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】サイクル戦の覇者ブラッキーの育成論【ソードシールド】... でした。

次の

ブラッキー

ポケモン ソード シールド ブラッキー

22 戦変えずに戦ったバトルチーム パーティはこんな感じです。 新にあまりピンとくるが居なかったので6体中5体は既存のとなりました。 見ての通り技タイプがかなり偏ってますがなんとかなりました。 新の中で一番ピンときたイエッサンから始まり、なんとなくパーティに入れたいブイズの中から強そうなとを入れ、と合わせてイエッサンのトリルから繋げられそうな、と合わせてすなかき、最後強そうな・・・とそんな感じでパーティを決定。 イエッサンのトリルからのやで殴っていくやで相手を止めつつ積んだり、という戦法でだいたい勝てました。 チョッキに3タテされたことで地面タイプに勝てないというパーティの欠陥に気づいたのですが、そのころはもうすぐハイパーボール級くらいに来てたので相性悪い相手に当たらないよう祈りつつ戦ってました。 新は他にアーマーガアやブリムオン、マホイップ、モスノウとかを戦いつつ入れ替えてみようかと思ってたのですが、思ってたよりずっと勝ててたのでも技も持ち物も入れ替えることなく使ってました。 以下各の紹介 控えめ HC252 B4 フルアタの特殊エース。 チョッキを持たせてたけど特殊相手と殴り合うことが少なかった(だいたいのパーティにが入ってた気がするのに、ほぼ出てこなかった)。 マジカイムのおかげでに強いので出しやすかった。 電光石火のおかげで2戦くらい勝ちを拾った気がする。 腕白 HB252 D4 物理アタッカーが多いらしいのでいれておいた物理受け。 の並びを2タテしてくれたときが強かった。 ックス時にサマ打つ可能性を考えて性格はわんぱくにしてたけど、一度もックスすることがなかったしずぶといで良いかもしれない。 意地っ張り HA252 B4 物理エース。 ックスして殴ってるだけで強い。 砂やックス状態の地面技でとくぼうが上がるので特殊相手はだいたい勝てる。 ちょうはつのおかげでやを止められたり、で相手を返り討ちにしたりと使いやすかった。 意地っ張り AS252 B4 の砂と合わせてすなかきに。 ックスからの岩技で自分で砂を撒けるのも強かった この中では一番選出率が低かった気がするけど、出したときは活躍してくれた。 イエッサン 控えめ CS252 B4 が強い。 ドラパルトみたいな並びに出してトリル、裏のやで抜いていく、という流れで勝てた対戦が多かった。 やポットデスみたいにからをやぶるを積んでくるにも強いしたすきもあるのでとりあえず先発に出しておいても活躍してくれた。 臆病 CS252 B4 みがわりでの珠ダメージ稼いだり受け系の止めたり、その間に積んで殴ったりと使いやすかった。 やに何もできないのが辛かったけど、炎技がないとくさタイプとかはがねタイプがパーティ的にキツかったので火炎放射。 身代わりで体力削ってカムラでドラパルト抜くぜーみたいなイメージでもたせてたカムラの実が活躍することは一度も無かった。 どのも活躍してくれる場面はあり良かったです。 好きなを詰め込んだ感のある構築でしたが、なんやかんや勝ててたので遊んでて楽しかったです! おわりに この土日は級を目指して頑張ろうと思ってたのですが、まさかのペースで勝てたのですぐ達成できました。 6世代、7世代のころは 20 戦もやると勝率はよくて6割くらいだったので、何故今回はこんなに勝てたのか自分でも謎。 一番をやってた BW の頃でもこんなには勝てなかったのに・・・ 級という目標を達成して満足したので、次はをやろうかと思います。

次の

ブラッキーの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ソード シールド ブラッキー

ブラッキー げっこうポケモン ガラルNo. 201 ぜんこくNo. 197 高さ 1. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Umbreon タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• /同じ『せいかく』の野生のポケモンと出会いやすくなる。 なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える。 相手全体に対して、それぞれが自分とは異なる性別の場合、『メロメロ』状態にする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 [イーブイ:Lv. この技の残りPPが少ない時ほど威力が高くなり、残りPPが5以上の時は40、4の時は50、3の時は60、2の時は80、1の時は200となる。 [Lv. 36 BW〜金銀ク ,Lv. 21 BW2 ,Lv. [Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 [イーブイ:『イーブイZ』を持たせると『とっておき』がZワザになる。 自分の『こうげき』『ぼうぎょ』『とくこう』『とくぼう』『すばやさ』が2段階ずつ上がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。

次の