女性 プロテイン 比較。 【徹底比較】ソイプロテインのおすすめランキングTOP15

【徹底比較】ソイプロテインのおすすめランキングTOP15

女性 プロテイン 比較

Shape & Beauty SAVAS 1gあたり約54. プロテイン効果 Wieder 1gあたり約70. SUPERFOOD SMOOTHIE SOYPROTEIN FINE JAPAN 1gあたり約39. ピュアプロテイン100 タマチャンショップ 1gあたり約73. MERIHARI Motoo 1gあたり約67. 中にはプロテインスムージーといった斬新なものあります。 女性も男性と同じくらいタンパク質が必要 実は女性も男性と同じくらいタンパク質が必要です。 Shape & Beauty SAVAS 1食14gを水150mLに溶かす 51kcal。 プロテイン効果 Wieder 1食22gを水200mLに溶かす 83kcal。 SUPERFOOD SMOOTHIE SOYPROTEIN FINE JAPAN 1食20gを水120~150mLに溶かす 76. 6kcal。 ピュアプロテイン100 タマチャンショップ 1食15gを水120mLに溶かす 56kcal。 MERIHARI Motoo 1食16gを水100~150mLに溶かす 60. 3kcal。 女性と男性でタンパク質推奨量の差はあるものの、女性でも1食あたりの摂取量20gは欲しいところです。 女性は女性用を使った方がいいなどのこだわりはないと考えていいです。 目的に合わせたプロテインを選択 筋肉を作ることが目的のプロテインは避けて、身体を引き締めることを目的としたプロテインを選びましょう。 高タンパク質を含む商品など、コンビニでも買えるようになりました。 昨今は女性のプロテインブームもあり、体型維持のためにプロテインを摂取することは珍しくありません。 体型維持のために調整されたプロテインも見かけますので、それを利用するといいでしょう。 タンパク質を摂取することが目的なら、ビタミン成分にそんなにこだわる必要はないです。 ビタミンが足りないならサプリメントで補えばいい話です。 自分が何を目的にプロテイン摂取するかを考えて、それから選びましょう。

次の

カゼインプロテインのおすすめ9選!ダイエット中の女性にも

女性 プロテイン 比較

そもそも「プロテイン」とは、「たんぱく質」のことで、たんぱく質を効率よく摂取できるように加工されたサプリメントです。 プロテインにはいくつかの種類があります。 代表的なものとしてはホエイプロテイン・カゼインプロテイン・ソイプロテインが挙げられますが、その中でもソイプロテインはダイエットに効果的なプロテインといえます。 最近では飲むタイプのものだけでなく、CMなどでも宣伝されているような大豆を使ったプロテインバーも、ダイエットのための健康食品として多く発売されていますね。 プロテインを発売している各メーカーが、ウエイトダウンという商品名でソイプロテインを発売していることからも、ソイプロテインがダイエットに効果的であることがわかります。 ソイプロテインがダイエットに効果的なのは、植物性たんぱく質であるということが関係しているのですが、この植物性たんぱく質と動物性たんぱく質にはどのような違いがあるのでしょうか。 動物性たんぱく質と植物性たんぱく質は、構成されているアミノ酸に違いがあります。 たんぱく質はアミノ酸が集まってできたものです。 たんぱく質が分解されるとアミノ酸になるのです。 動物性たんぱく質は人体で合成できない必須アミノ酸のすべてがバランスよく含まれていますが、植物性たんぱく質はいくつかの必須アミノ酸が含まれていなかったり含まれている量が少なかったりします。 必須アミノ酸は一つでも不足している場合、一番低い部分に合わせて働きが制限されるという特徴があります。 一つの必須アミノ酸量が少なければ、他の必須アミノ酸がどんなに多く摂取できていても使うことができないのです。 この考え方を「アミノ酸の桶の理論」といいます。 動物性たんぱく質は必須アミノ酸バランスが良いことで効率よくカラダづくりに使われるため、完全たんぱく質とも呼ばれています。 動物性たんぱく質は体内の吸収率も高く、カラダづくりに使われやすいという特徴があります。 ただし、脂質を含むものも多く、摂りすぎは体脂肪の蓄積や生活習慣病につながる可能性があります。 植物性たんぱく質は、単一の食品からではアミノ酸のバランスが悪く効率よくカラダづくりに作られません。 複数の食品を摂ることによって、お互いのアミノ酸を補う必要があるのです。 そんな アミノ酸の不足がある植物性たんぱく質の中で、大豆は動物性たんぱく質同様、完全たんぱく質の食品なのです。 また、植物性たんぱく質は、脂質が少なくヘルシーな食品としてカラダづくりに効果を発揮します。 そのため、この大豆を使ったソイプロテインにはダイエット効果があるのです。 プロテインの役割は、たんぱく質の摂取量を増やすことです。 これはソイプロテインだけでなく、ホエイプロテインやカゼインプロテインの役割も同じです。 筋肉づくりを行う場合、普段の食事だけで摂る分よりも、さらに多くのたんぱく質量を摂取する必要があります。 たんぱく質を多く摂取することで、カラダの組織を構成するために消費される分だけでなく、 筋肉を成長させるために必要なたんぱく質も確保することができるからです。 ダイエット目的の場合は、筋肉量の低下を防ぐために、たんぱく質を多く摂取しなければなりません。 体重が落ちたはいいものの、その多くが筋肉だったということは少なくありません。 筋肉量を維持したり増やすためにはたんぱく質が必要で、効率よくたんぱく質を摂取するためにプロテインが活用されるのです。 ブランド名:Kentai(ケンタイ) 商品名:プロテインスーパータブ プロフェッショナルタイプ スポーツサプリメントのメーカーとしてパイオニア的存在の [健康体力研究所] が展開するプロテインです。 このプロテインは、パウダータイプではなくタブレットで摂取するタイプのソイプロテインです。 たんぱく質含有率は80%と高く、運動によって失われやすいビタミンやミネラルも配合されています。 一度に多くのたんぱく質を摂取するのであれば、パウダータイプの方が効率は良いですが、タブレットはバータイプ同様、持ち運びや摂取するのが簡単です。 こまめに摂取したい人や、出張などが多く家以外で過ごすことが多い人にオススメなプロテインです。 ソイプロテインには、他の動物性たんぱく質のプロテインにはない良い効果があります。 それは大豆に含まれているイソフラボンによる効果です。 このイソフラボンは女性にとって大きなサポート役を果たしてくれるのです。 イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしてくれる栄養素です。 大豆で作られたソイプロテインを摂取することで、イソフラボンを多く摂取することができます。 女性ホルモンは年齢とともに分泌量が減少していきます。 分泌量が少なくなると、肌や髪のトラブルなどの美容面や、疲れやすさやカラダのだるさ、生理不順や更年期障害などの体調面、やる気が出なくなるなどのメンタル面での様々な症状を引き起こします。 特にダイエット志向が強く痩せすぎの女性や、ダイエット中で食事制限をしている女性は、栄養バランスが崩れ女性ホルモンの分泌が少なくなる傾向にあります。 ソイプロテインを使いイソフラボンを摂取することで、女性ホルモンの働きを助け、カラダのトラブルの解消につながります。 もちろん筋肉の維持・向上にも効果的なので、ダイエット中の女性にとってソイプロテインは力強い味方なのです。 体重を落とす目的でプロテインを活用する場合は、ソイプロテインが効果的です。 ソイプロテインは体内への吸収速度が遅い事や食物繊維が豊富に含まれていることから腹持ちが良く、空腹感を感じにくくなります。 腹持ちが良くなることで余計な摂取カロリーを増やすことを防ぎ、結果的にダイエットに繋がります。 また、大豆に含まれているイソフラボンがもたらす効果の一つとして、甲状腺の機能を活性化させ全身の代謝を高めることにより、他のプロテインに比べ体脂肪が落ちやすくなるという実験データの報告もあります。 ダイエットに使う場合は、普段の食事量を少なくする代わりにソイプロテインを追加して飲むようにするとよいでしょう。 また、間食の代わりとしても適しています。 通常のたんぱく質摂取目安は体重1kgあたり1gといわれていますが、 運動をしていたりカラダづくりを積極的に行っている人が筋肉をつけるためには体重1kgあたり2g以上のたんぱく質を摂取することが推奨されています。 例えば体重が60kgであれば120g以上のたんぱく質を1日で摂取する必要があるわけです。 実はこのたんぱく質量を普段の食事だけで摂取するには、多くの食事が必要となります。 食事だけで摂取しようとすると、たんぱく質だけでなく糖質や脂質も多く摂取することに繋がってしまい、結果的に筋肉だけでなく体脂肪を増やすことになってしまう場合があります。 プロテインの効果を高める摂取タイミングはいくつかあります。 その中で欠かさずに摂取したいタイミングは、「トレーニング後」と「就寝前」です。 実は、この二つのタイミングには、それぞれ適しているプロテインの種類が異なります。 ソイプロテインの効果的な摂取タイミングは、「就寝前」です。 就寝中は成長ホルモンの分泌が多くなり筋肉を成長させるために重要な時間なのですが、就寝中は食事をすることができずたんぱく質を補給することができません。 そのため、就寝前にゆっくりと体内に吸収されるソイプロテインを摂取することで、就寝中の筋肉づくりを効果的に行うことができるのです。 効果を最大限高めるためにプロテインの種類を使い分けるのであれば、トレーニング後はホエイプロテイン、就寝前はソイプロテインがオススメですが、ソイプロテインだけを摂取するのであれば、目標とする摂取量を補うためにもトレーニング後と就寝前両方とも摂取するようにしましょう。 また、 ソイプロテインは朝食事に飲むのも効果的とされています。 空腹感を抑えることができ、余計な間食を防ぐことができるからです。 目標摂取量を満たすためには、朝・トレーニング後・就寝前に摂取するとよいでしょう。 牛乳から作られているプロテインを使用する場合、牛乳成分に含まれている乳糖によってお腹の調子を崩す人がいます。 その症状を乳糖不耐症といいます。 ホエイプロテイン商品の中には、乳糖不耐症の人でも飲めるように様々な製法によって乳糖を最大限に減らした商品もありますが、それでもお腹の不調を訴える人は少なくありません。 そんな人にとってソイプロテインはオススメできます。 大豆から作られるソイプロテインには乳糖は全く含まれないからです。 どんなに吸収が早く、筋肉づくりに効果的といわれているホエイプロテインでも、しっかり体内に吸収され使われなければ効果は低くなってしまいます。 乳糖不耐症の人はソイプロテインの活用を検討してみましょう。

次の

女性におすすめのプロテインベスト3!ソイプロテインならダイエット・美容にも効果的!|筋トレブログ.com

女性 プロテイン 比較

筋トレやダイエットに生かす上で、それぞれに長所や短所があります。 今回は、カゼインプロテインの特徴をご紹介します。 カゼインプロテインのメリット 満腹感が持続するのでダイエットにぴったり カゼインプロテインの特徴は、体内への吸収スピードが遅く固まりやすいことです。 胃の中に長時間留まるので、満腹感を持続させることができます。 運動と合わせて、食事量をコントロールするようなダイエットをしたい方におすすめです。 筋力維持が期待できる カゼインプロテインは、アミノ酸の一種であるグルタミンを多く含みます。 グルタミンには筋肉の分解を防ぐ働きがあります。 グルタミンを豊富に含み、体内吸収がゆっくりなカゼインプロテインを飲むことで、筋力維持が期待できます。 運動しない日や寝る前の栄養補給に 筋肉は、筋トレ後に2〜3日かけて修復し増量すると言われています。 カゼインプロテインはタンパク質の効果が持続するので、運動しない日や就寝前の栄養補給にぴったりです。 価格が安い カゼインプロテインは、ホエイプロテインやソイプロテインよりも価格が安いのが特徴です。 プロテインは継続することで効果を維持しやすくなるので、価格の安さは継続する上でのメリットと言えます。 カゼインプロテインのデメリット 吸収スピードが遅く即効性がない カゼインプロテインは吸収スピードが遅いので、トレーニング後に飲んでも即効性がありません。 急速なパワーチャージが必要な筋肥大などには、ホエイプロテインがおすすめです。 他のタイプよりも水に溶けにくい 出典: カゼインプロテインの効果を早く実感したい方には、カゼインとホエイの混合タイプがおすすめです。 ホエイの即効性とカゼインの持続性の、どちらも得ることができます。 ただし、カゼイン単体よりもホエイ混合の方が価格は高くなります。 また商品によって、カゼインとホエイの混合比率が異なります。 即効性と持続性のどちらを重視したいかで比率を選びましょう。 カゼインの種類を知ろう カゼインプロテインは、商品によって異なる組成の成分として配合されているものがあります。 飲みやすいタイミングや使いやすさで、配合成分を選びましょう。 寝る前や間食にはカゼインミセル カゼインミセルとは、牛乳のタンパク質であるカゼインをそのまま取り出したものです。 体内への吸収スピードがとても遅いので、トレーニングの休息日や就寝前、間食の置き換えとしての摂取がおすすめです。 比較的水に溶けやすいカゼインカルシウム カゼインカルシウムとは、酸によって沈殿させた酸カゼインをカルシウムで中和したものです。 「カゼイネート」とも呼ばれます。 前述のカゼインミセルより、吸収スピードが少しだけ早めです。 水に溶けにくいと言われるカゼインプロテインの中では、比較的溶けやすいタイプです。 タンパク質含有量もチェック プロテインの効果を得るには、タンパク質含有量は重要なポイントです。 カゼインとホエイの混合タイプを購入する場合は、それぞれの成分の含有量についても確認しましょう。 他の有効成分があると嬉しい プロテインの働きを強くする「EMR」 EMRとは、「酵素処理ルチン」と呼ばれる抗酸化作用が強い成分です。 こちらは、プロテインブランドである「ウィダー」が独自開発した特許成分です。 水に溶けやすく身体に吸収されやすい性質があります。 プロテインと同時に摂取することで、運動で発生した体内の活性酸素を除去する働きがあります。 また、タンパク質の合成をサポートしたり、肉や魚などの食事から摂取したタンパク質の働きを強める効果もあります。 安眠効果のある「GABA・グリシン」 カゼインプロテインの有効成分として、リラックス効果や安眠効果のある「GABA・グリシン」が配合されるタイプもあります。 特にGABAは、ストレスを和らげる作用があります。 就寝前に飲むことが多いカゼインプロテインには、おすすめの成分です。 筋肉の維持に不可欠な「グルタミン」 グルタミンとは、タンパク質を構成する「L-アミノ酸」の一種です。 筋トレ時の筋肉の修復に必要な体内物質ですが、不足すると筋力低下に繋がってしまいます。 本来は体内で生成できる非必須アミノ酸に分類されますが、筋トレ時などには不足しがちなので、有効成分として補うのもおすすめです。 味・飲みやすさも重要 カゼインプロテインは不溶性なので、そのままではドロドロして飲みにくい特徴があります。 また本来の味は薄い牛乳のような独特の味なので、飲みにくく感じる方が多いでしょう。 市販の商品には、キャラメル味やチョコレート味、抹茶味など、フレーバーを足すことで飲みやすくしたものが多数あります。 商品概要や口コミなどを参考に、自分好みの飲みやすい味を見つけるのがおすすめです。 カゼインプロテインの飲み方 効果的な飲むタイミング カゼインプロテインは体内への吸収がゆっくりなので、タンパク質の効果が持続するというメリットがあります。 就寝前や運動をしない休息日などに飲むのがおすすめです。 筋トレ後に時間をかけて行われる筋肉の修復をサポートできます。 また満腹感が持続するので、間食の代わりに飲んで摂取カロリーを減らす方法もおすすめです。 ホエイプロテインと併用するのがおすすめ カゼインプロテインはホエイプロテインと併用することで、プロテインの効果が高まります。 ホエイプロテインの吸収率の高さと即効性、カゼインプロテインの効果の持続性のどちらも得られる万能なプロテインになります。 カゼインプロテインのおすすめ9選.

次の