クラクフ ホテル。 クラクフ クラクフ中央駅周辺のホテル・ビジネスホテルを宿泊予約

クラクフのおすすめホテルと観光に便利なエリア3選!

クラクフ ホテル

このページの目次 1. <スポンサーリンク> クラクフのホテル事情 旧市街のグロヅカ通り クラクフはポーランドの人気観光都市。 そのため競争率が激しく、割と手頃な料金で中心地に泊まることができます。 また、第二次世界大戦での破壊を免れた街なので 築300年以上の建物がホテルになっていることも。 ヒルトンやシェラトンなどネームバリューのあるホテルもいいですが、ぜひ中世の雰囲気が漂う伝統ホテルにも目を向けてみましょう。 築数百年の建築物 でも1つだけ注意があります! 上の写真のような、中世風の建物にはエレベーター設備がないことも多いです。 3階以上の部屋までスーツケースを持って上がるのはかなりの重労働…。 ホテルを選ぶ際は、 エレベーターがあるかないかも確認してくださいね。 宿泊日数の目安 私が提案する、クラクフでの 理想的な宿泊日数は3泊4日。 駆け足スケジュールであれば、2泊3日でもいいでしょう。 クラクフ旧市街には見所が大変多く、またクラクフ滞在中にアウシュヴィッツへ行かれる方も多いのでそれも考慮すると最低3泊はしたいところです。 夏であれば、観光客で混み合うので3日あっても足りないなんてことも…? アウシュヴィッツは1日がかり、ヴァヴェル城や世界遺産のヴィエリチカ岩塩坑は半日がかりです。 余裕を持って観光できるスケジュールを組んでください。 ロケーションアドバイス クラクフ旧市街には厳しい交通規制があり、タクシーを利用すると徒歩やトラムよりも時間がかかることがあります。 そんなクラクフで、私がおすすめしたいロケーションは以下の3つ。 クラクフ中央駅周辺 特に中央駅に隣接するショッピングモール近辺のホテルであれば、滞在中のアウシュヴィッツやヴィエリチカへの移動もスムーズ。 旧市街へも中央駅の裏側でなければ、徒歩10分前後で旧市街まで行くことができます。 中央広場周辺 中世に建てられた建築物が多く、伝統的なホテルが建ち並びます。 おすすめは駅からも徒歩10〜15分程度の フロリアンスカ通りとシュピタルナ通り近辺。 ヴァヴェル城の方向へ伸びるグロヅカ通りは、住所の数字が1〜15の間のホテルを選ぶのが無難です。 カジミエシュ地区 旧市街の外になるので、タクシーを利用しやすいエリアです。 旧市街よりもコンパクト、場所によっては旧市街への徒歩でのアクセスも良好、評判の良いホテルも旧市街の同等ホテルと比べると安くてお得感があります。 逆に おすすめできないのは、ヴァヴェル城周辺やヴィスワ川沿いです。 「ヴァヴェル城の夜景を一望したい!」という願望でもない限り避けましょう。 トラムの停留所に近いのならまだいいのですが、これらの場所だと中央広場まで移動するのに20分、どこへ行くにもヴァヴェル城以外はタクシー移動になりがちです。 観光にはちょっと不便ですね。 おすすめの人気ホテル 私はガイドでもあるのでクラクフでは多くの方をご案内してきましたが、特に皆さんに評判のホテルをご紹介します! 参考までに記事掲載時点の部屋料金や朝食料金も載せていますが、料金は予約前に必ずご自身で再度ご確認ください。 スタッフの対応も大変良く( 日本語を話す人もいるとか)、朝食の種類も豊富でリピーターがかなり多いようです。 ただ客室は23室と少なく、シーズン中の週末ともなれば満室になっている場合がほとんど。 平日でも2、3部屋しか空きが見つからないような人気のホテルなので早めにチェックをしてください。 また中央広場、聖マリア大聖堂まで徒歩3分と旧市街の中でも最高のロケーション。 中央駅までは徒歩約15分なのでスーツケースを持っての移動は少し疲れるかもしれませんが(トラムを使う程の距離でもありません)、それでもここに泊まる価値は十分あると思います。 人気のために価格が上がりやすく、料金設定はグルデックとあまり変わらないこともあります。 グルデックが売り切れている場合は、こちらを予約してみてもいいかもしれません。 Booking. com での評価 832人中9. 1の満足度。 部屋のデザインやクオリティはもちろんのこと、スタッフがとても親切、また朝食を褒めている人が非常に多かったです。 わずかにネガティヴな意見も見られましたが、バスルームが少し狭い、レストランのディナーメニューが凝りすぎて分かりにくい、インテリアが少し古いといったようなもの。 またマリオットやシェラトンなどの近代的な5つ星ホテルと比べると、こちらは建物自体が古いこともあって設備などは期待外れだと感じた人もいるようでした。 歴史的建造物に泊まるような気分ですね。 中央広場に位置するので、窓からの眺めもロケーションも文句なし。 公式ホームページからであれば各部屋の階や場所、部屋のようすを見ることができるのでぜひ一度覗いてみてください。 各客室にはモダンさが感じられ、特にスタイリッシュな最上階は最も人気です。 Booking. com での評価 411人中9. 2の満足度。 スタッフの対応や窓からの眺めが特に絶賛されていました。 多くの方がスタッフの行き届いたサービスに満足しており、このロケーションで1万円代前半の部屋があるというコストパフォーマンスに驚いている人も。 ただ値段の割に朝食の内容があまり良くない、中央広場からの騒音などをマイナス点として挙げている人も少なからずいました。 公式サイトでの部屋の料金設定は5つ星かと思うほどに高いのですが、予約サイト経由では1万円以下で予約できることもたまにあるので、中央駅周辺に宿泊したい方はまず最初にこちらのホテルをチェックしてみてください。 私がこちらでお会いする方でもプロホテルを利用している人が多く、皆さん満足されています。 ただ近代的すぎて、カードキーのシステムや部屋のライトを調節するタブレットの使い方に戸惑ったという声も。 でも、逆に新鮮な体験だとプラスに捉えておきましょう(笑)。 部屋によってはバスルームがガラス張りなので、その点だけお気を付けください…。 ちなみにガラス張りは、モダンなホテルでは割とポピュラーなようです。 Booking. com での評価 2296人中9. 1の満足度。 ここまでレビューを多く寄せられているクラクフのホテルは、プロホテル以外に見たことがありません(高級ホテルで人気のシェラトンホテルの2倍)。 このレビュー数の多さだけでもよっぽど評判がいいことが伺えます。 やはりポイントは中央駅のすぐ側、旧市街まで5分というこれ以上ない完璧なロケーションにあるようですが、なんと言ってもプロホテルのモダンさに刺激されたという意見がかなり多かったです。 よりお申し込みください。 中央駅まで徒歩6分、中央広場まで650mでこの価格です。 しかも 朝食料金を別途支払う必要がないので、とってもお得。 そして1917年創業という、何気に老舗ホテルなのもポイントです。 そんなポロニャは、コストパフォーマンスは申し分ないのですが、大通りに面するのでちょっとトラムの騒音が気になるかもしれません。 眠れない程うるさいというわけでもなさそうですが、音に敏感だという人は避けるべきでしょう。 こちらは数百円程度ポロニャと比べて高いですが、外観が水色なので見つけやすいかもしれません。 Booking. com での評価 1494人中8. 1の満足度。 シーズン中は真っ先に売れ切れやすいホテルですが、リピーターが多いようで「また泊まりたい」と最後に付け加えている人が目立ちました。 内容の素晴らしい朝食が部屋料金に含まれているのもかなり魅力的なようです。 ネガティブな点は、圧倒的にトラムの騒音でした。 これに関しては最悪、耳栓を付けていれば大丈夫でしょう!. 他、同様に人気のホテル• メトロポリタン・ブティックホテル• ホテル・エウロペイスキ• アンデルズ・バイ・ウィーンハウス. ひと言で表すと、ポーランド風旅館のようなイメージ。 オーナーは日本が大好きで、日本語も少し喋れるフレンドリーな女性です。

次の

街歩き好きなら古都クラクフ

クラクフ ホテル

ワルシャワからクラクフはEIPという特急列車でわずか2時間半。 車窓を眺めているとあっという間に到着します。 クラクフ本駅は旧市街の入り口バルバカンまで徒歩5分、織物会館のある中央広場までは徒歩10分ほどです。 クラクフ本駅はとても広いので、列車がホームに到着してから駅の外に出るまでに駅構内を歩く距離が長いです。 ホテルの場所にもよりますが、駅から徒歩10分以上のホテルでしたら、タクシーでご移動されることをおすすめします。 私の泊まったホテルはクラクフ本駅から東に徒歩20分ほどでしたので、タクシーで移動しました。 ポーランドは物価が安いので、所要時間10分弱で300円くらいでした。 使える!!便利なクラクフ本駅 街歩きに疲れたらカフェで休憩しましょう。 クラクフには居心地のいい素敵なカフェがたくさんあります。 雰囲気重視なら中央広場に面した織物会館の1階にあるカヴィアルニャ・ノヴォロルスキ Kawiarnia Noworoski がおすすめです。 チョコレート好きの方にはポーランドの老舗チョコメーカーの直営カフェ、エー・ヴェデル E. Wedel がおすすめです。 そして、朝食、ランチ、カフェ休憩にも使えるのがミルクバー・トマシュ Milkbar Tomasz。 「ミルクバー」というのは、牛乳を飲むお店ではなくて、ポーランドの大衆食堂でポーランドにはたくさんのミルクバーがあります。 ミルクバー・トマシュ Milkbar Tomasz は中央広場の近くに建つおしゃれなカフェ風のミルクバー。 私は自家製レモネードや日替わりスープ、ピエロギなどをいただきました。 狭い店内ですが、金額も安くて気軽に入れるので何度でも通いたくなります。 クラクフのおすすめレストラン.

次の

Krakow Vacations

クラクフ ホテル

トリップドットコムは、 クラクフの人気ホテルや格安予約プラン、口コミ情報を比較してお得に予約できます。 クラクフの人気ホテルを探すなら、トリップドットコムにお任せください。 旅の計画には, クラクフで3~5日を滞在することをおすすめします。 ポーランド, クラクフは比較的に賑やかな都市です。 ビジネス出張や一般観光客の多くは、ヨハネ・パウロ2世国際空港(クラクフ空港)を利用して、 クラクフを訪れることが多いです。 飛行機で クラクフへ行くとこが好まないお客様にとっては,列車もよい選択になるでしょう。 クラクフは1079軒のおすすめホテルを立ち並んでおり、トリップドットコムなら最高20%の割引でご提供できます。 有名の観光都市 クラクフは多くのブランドホテルチェーンが運営しています。 ノボテルホテルは現地の人気ブランドホテルチェーンの一つです。 多くのお客様が クラクフへ旅行する際に、宿泊先をノボテルホテルに指定しています。 クラクフの人気ホテルに関して、 アパートホテル ステーションの評価は最も高いホテルの中の一つです。 なかなか宿泊先を決められないお客様に、 ダブルツリー バイ ヒルトン クラクフ をおすすめします。 クラクフで宿泊するなら、観光スポットの周辺をおすすめします。 例えば:ユリウシュ スウォヴァツキ劇場, バルバカンなどあります。

次の