めまい 薬。 めまいの薬を漢方で選ぼう!種類を解説

めまいの薬が効かない!?自律神経失調症を解消する方法とは?

めまい 薬

めまいに効く薬は?市販薬ってあるの? 「めまい」と言う病気がないため、めまいの症状を抑える薬、もしくはその原因となる病状を抑える薬を服用する事になります。 また、めまいを症状に持つ病気は、判断や、飲み合わせが難しいため、市販薬はほとんどありません。 そのため、気になるめまいが起きた時は、必ず 自己判断で薬を飲まず、病院で処方してもらいましょう。 めまいを症状にもつ病気に、メニエール病がありますが、もともとメニエール病を起こす要因となるのは、 ストレス性の自律神経の異常が原因と言われています。 自律神経が正常に機能しなくなったことで起こる症状や病気は大変多く、不定愁訴と言われる不快症状はほとんどが、自律神経からの影響とみられます。 年齢を重ねると、更年期障害だから仕方がないと言われてしまいがちですが、自律神経が弱ってしまうのは若い人でもたくさんいるのです。 むしろ、年齢と関係なく自律神経が弱っているとしたら、それは生活習慣によるものが多いと言う事です。 若い時期に不調を起こしてしまうと、高齢なってから、さらに辛い症状が出てくる恐れがあります。 早めに治療し、生活習慣を見直さなくてはなりません。 自律神経が原因で、めまいを起こしているなら、めまいの症状を抑えながら、自律神経のフォローもしていかなくてはなりません。 弱った自律神経を回復させるには、十分な良質な睡眠で休息をとることと体を温めて血行を良くすることです。 とは言っても、不十分だったからこそ、めまいを起こしているわけなので、ここは薬の力を借りた方が良さそうです。 交感神経を落ち着かせて、良い眠りがとれるようになる薬や、血行を良くする薬、など、積極的に病院の先生に相談してみましょう。 薬だけではなく、生活も気を付けなくてはいけませんよ。 体を冷やさないように、飲み物はなるべく 温かいものを飲むように心がけましょう。 足元も冷やさないようにしなければいけません。 また、デスクワークの人は、同じ姿勢を取り続けることも自律神経に影響があるので、1時間に1回は、立ち上がって足腰を伸ばすなど、 軽いストレッチをするようにしましょう。 めまい症状で処方されることが多い薬とは? 下記の薬は、病院で処方されることの多い薬です。 インターネットで購入できますが、服用したことのないものは、症状が悪化することもあるので、飲まないようにしてください。 抗めまい薬• イソメニール7. 神経代謝賦活薬• 末梢血管拡張剤• 抗不安薬 スポンサーリンク• 消化管運動改善剤• 消化器機能異常治療薬• めまいには漢方薬が良いって本当? めまいは、原因となる病気の特定が難しく、自律神経の機能を改善することで良くなる傾向にあります。 漢方は、血行促進により効果の高いものが多いため、めまいには良いとされています。 めまいはこのうち、「水」が悪いと考えられ、体内水分の異常が起こす、「水毒」によって起こると考えられています。 「碑(ひ)」=胃腸のこと漢方薬の世界では胃腸のことを「脾(ひ)」と言いますが、水分の問題があるときには胃腸に問題があると考えます。 「脾が弱ければ、水が氾濫したり水毒の症状が出る」と言うおしえからです。 特に回転性のめまいや、起立性低血圧の立ちくらみなどは、この「脾」を治療することで改善すると考えます。 生活習慣や過度のストレスによって、この「脾」は弱くなります。 まとめ めまいは、その症状を抑える薬はありますが、原因がわからないことがあるため、効果の薄いこともしばしばあります。 そうかと思うと、市販薬の「トラベルミン」で治ってしまう事もあるのです。 メニエール病は、めまいを代表するような病気ですね、発症時は大変つらい思いをしてしまいますが、今は良い薬があるので、抑制することができ、以前より苦しみが少なくなりました。 めまい症状の人に出される薬は、 「目が回ることを抑える」「交感神経を安定させる」「吐き気を止める」と言う具合に、組み合わせた薬が処方されます。 そのため、めまいに理解の深い先生のもとを訪れた方が、より安心と言えます。 総合病院などでは、「めまい外来」など、特別に先生のいる病院がありますね。 専門の先生だと、話す方も安心して症状を言えるため、出来れば専門医のいる病院へ行きましょう。 自律神経はストレスや睡眠不足によって、正常な機能を失ってしまいます。 睡眠不足や睡眠障害を回復させる薬もありますので、病院で相談してみるのが一番早い改善への道です。 カテゴリー•

次の

【第138号】 めまいの病気について、めまいをおこす薬とめまいを治す薬について

めまい 薬

は、日常的によくみられる症状のひとつで、体のバランスを保つ機能に異常が生じることで起こります。 しかし、一口にめまいと言っても感じ方にはいろいろな種類があります。 めまいにはどのような種類があり、それぞれどういった特徴があるのでしょうか。 また、種類別の原因には何があるのでしょうか。 いずれにおいても吐き気や嘔吐を伴うことがあります。 回転性めまいの特徴 自分がぐるぐる回るように感じるめまいです。 縦(垂直)方向に回転しているように感じることもありますが、横(水平)方向の回転が大半を占めるといわれています。 回転というよりも単に片側に引っ張られるように感じる人もいます。 回転性めまいは一定期間だけ続き、その後は完全に消えるのが一般的です。 浮動性めまいの特徴 ふわふわと浮いているように感じるめまいです。 回転性めまいと同様、一定期間だけ続いた後完全に消える場合もありますが、いつの間にかめまいが生じてそれが何か月、何年も続く場合もあります。 長く続く浮動性めまいは高齢者によくみられます。 めまいの種類別の主な原因 回転性は耳の病気で起こることが多く、浮動性めまいは、低血圧やなどの全身症状、脳の病気、心因的なもの、薬剤の副作用などによって起こることが一般的とされています。 回転性めまいの原因 回転性めまいが起こる耳の病気には、主に以下のようなものがあります。 耳の異常によって生じるめまいは、どのような原因であっても例外なく突如として回転性めまいが起こります。 症状として、良性発作性頭位めまい症と前庭神経炎ではめまいだけ生じることが一般的で、突発性難聴やメニエール病、内耳炎では耳鳴りやなどを伴います。 浮動性めまいの原因 全身症状、心因性によるもの やなどの脳の循環障害、首こり、低血圧や低酸素血症、貧血、、特定のホルモン変化(甲状腺の病気、月経、と同様のもの)、 のうしゅよう やなど脳の病気などに伴って浮動性めまいが起こることがあります。 また、パニック症、、不安、抑うつといった心因的なものから起こることもあるといわれています。 高齢者においては、加齢に伴う視覚や前庭感覚などの機能低下によって二次的に生じる場合もあります。 薬剤の作用 一部の薬では副作用として浮動性めまいが生じることがあるほか、の方では降圧剤を多く服用してしまうことで血圧が異常に低くなり起こることもあります。 いずれも医師の指示のもと服用するようにしましょう。 なお、めまいを引き起こす可能性のある薬にはさまざまなものがありますが、いずれにしても薬が原因であればその薬の投与量を減らしたり、ほかの薬に変更したりすると症状は治まります。 めまいがあるときの受診に適した診療科 の原因は多岐にわたり、原因によって受診に適した診療科が異なります。 しかし、めまいの感覚や他の症状から適した受診先を選ぶのは難しいものです。 そのため、主な症状がめまいだけであれば、まずはかかりつけの病院や近くの内科に相談し、適した診療科を紹介してもらうのがよいでしょう。 耳鳴りやといった耳の症状を伴う場合には、耳鼻科への受診が進められます。 また、めまいはまれになどの脳の病気で起こることもあります。 めまいが起こる脳の病気は、脳神経内科、脳神経外科、脳卒中科などが専門の診療科となりますが、治療が遅れると後遺症が残ることや命に関わることも少なくありません。 そのため、片側の手足が動きにくい、半身の感覚がおかしい、ろれつが回らない、ものが二重に見える、意識がもうろうとするなどの脳の症状を伴う場合には一刻も早く救急外来を受診するか、救急車を呼ぶなどの対応も必要です。 めまいを軽く考えないことが大切 は回転性めまいと浮動性めまいに大別されますが、いずれにおいても原因はさまざまで、何らかの病気が原因となっていることもあります。 病気によっては早期に治療を行わないと回復が難しくなってしまう場合もあるので、めまいが起こったら自己判断で放置せず、早めに受診し適切な治療を受けるようにしましょう。

次の

めまいの種類~ぐるぐる、ふわふわするめまいの原因とは~

めまい 薬

めまいの原因となる代表的な病気に対して、以下の薬が処方されることがあります。 に処方される薬• ステロイド薬(商品名:、など)• 抗めまい薬(商品名:、など)• ATP製剤(商品名:、など)• 脳の血流 代謝を改善する薬(商品名:、など)• に処方される薬• 利尿薬(商品名:など)• 抗めまい薬(商品名:、など)• ATP製剤(商品名:、など)• ステロイド薬(商品名:、など)• に処方される薬• 抗めまい薬(商品名:、など)• ステロイド薬(商品名:、など) の原因である 内耳の余分な水分を減らす利尿薬や、めまいの症状を和らげる抗めまい薬、神経の 炎症を抑える ステロイドなどが使われています。 ストレスや不安などによってめまいや耳鳴りが悪化する場合などには、 抗不安薬が処方されることもあります。 ()は、薬のほかに頭を動かして治す「エプリー法」などの治療もあります。 このページでは、めまいが起きている状態で使われることがある薬の例を挙げて、それぞれの用途などを説明します。 めまいに効く市販薬はある? 前提として、浮動性めまいや回転性めまいの症状があれば病気が原因となっている可能性があり、病院・クリニックで診察を受けることが望ましいと考えられます。 危険な場合を見逃さないためにも診察を受けることは大切です。 ただし、などによるめまいに対して効能・効果のある漢方薬などの市販薬もあります。 漢方薬の多くは処方薬と同じ成分を含むものが市販薬としても手に入ります(ただし、配合割合などが違っている場合もあります)。 漢方医学ではひとりひとりの体質や症状に合わせて漢方薬を選びます。 体質や症状は「証(しょう)」という言葉で表現されます。 漢方医学の専門的な知識を持った医師や薬剤師などに相談することで、証に応じて適切な漢方薬を選ぶことができます。 ほかにもめまいの改善に関係する成分を含む市販薬が販売されています。 以下でめまいの改善に役立つと考えられる市販薬の例を挙げて説明します。 抗めまい薬とも呼ばれます。 やに処方されます。 ()はエプリー法などの治し方がある一方で、抗めまい薬などを使ってめまいを抑える方法もあります。 ベタヒスチンメシル酸塩の副作用が出ることは非常にまれですが、吐き気などの消化器症状がありえます。 などを持病で持っている人は特に気を付けてください。 ジフェニドール塩酸塩の副作用として、口が渇く、食欲不振などのほか、非常にまれですが、 排尿障害や眼圧の変化なども起こる可能性があります。 や 前立腺肥大などの持病がある人はこれらの副作用により悪化する恐れがあるので注意が必要です。 ステロイド薬(プレドニンなど) ステロイド薬は炎症を和らげる作用など多くの作用があり、 アレルギー性疾患、 自己免疫疾患など多くの病気や症状に対して処方されている薬です。 ステロイド薬は用量を守ることがとても大切です。 自己判断で急にやめたり処方された用量を変えて飲んだりすると、本来の効果が得られないなどの望ましくない事態にもつながります。 ステロイド薬は、 高血糖などの副作用にも注意が必要な薬です。 処方した医師や薬剤師から注意点や副作用が出たときの対処をよく聞いておき、正しく使ってください。 副作用についてはコラム「」で詳しく解説しています。 脳の血液循環を改善する薬(サアミオン、セロクラールなど) の後遺症として、めまいや意欲低下などの症状があらわれます。 脳細胞にダメージが残ったり脳の血液循環が悪くなることが原因と考えられます。 脳の血液循環を改善する薬は、脳に栄養や酸素が送られやすくすることで、症状を改善します。 イブジラストはアレルギー症状を抑える効果も期待でき、 気管支を収縮させる体内物質を抑える作用などから、などの治療薬としても処方されています。

次の