アホエン 効果。 材料はたった2つ!脳に効果的な「アホエンオイル」の作り方

ニンニクを低温加熱して作るアホエンのスーパー効能とは?

アホエン 効果

アホエンの効能!驚きのパワーによる健康効果から美容効果まで解説 2019年3月15日 アホエンの効能はご存知でしょうか? アホエンは、にんにくに含まれる成分の一種で、体に摂り入れることでさまざまな健康効果から美容効果まで得ることができます。 今回の記事では、このアホエンの効能について詳しく解説します。 アホエンとは? アホエンとは、ニンニクに含まれている化合物の1つです。 1984年に発見されて、 血小板凝集抑制作用があるとして話題にもなった成分です。 血小板凝集抑制作用とは、血小板が凝集し血栓ができて血管が詰まることを抑制することです。 また、アホエンという名称は、スペイン語のニンニク意味する「ajo アホ) がその由来となったようです。 にんにくを油溶かし(オイル・マセレート)するとアホエンという物質がつくられ、アホエンオイルやアホエンサプリなどがあります。 アホエンオイルは、オリーブ油を温めてから、ニンニクを入れてその成分を抽出し作るのが一般的です。 アホエンの効能とは? アホエンは、血小板凝集抑制作用作用があるだけでなく、カラダに摂り入れることでさまざまな 健康効果や美容効果を得ることができます。 アホエンは、脳の活力を高め老化防止の効果、中性脂肪の低下、抗菌作用、血流改善、美肌効果、抗がん作用、疲労回復、免疫力アップといったさまざまな効果が期待できます。 アホエンは、吸収効率が良いので健康維持のために使用しやすいのも特徴です。 また、にんにくは、加工法や調理法によって成分に違いが生じるのですが、いずれにしても体に良いとされる健康効果は得ることはできます。 アホエンを摂取することで確認されている効果・効能をまとめると以下のものがあります。 ・ガンの発生を防ぐ• ・細胞を活性化し免疫力の増加• ・抗酸化作用による老化防止• ・血糖値を下げる• ・悪玉コレステロール値を下げる• ・血液をサラサラにする• ・気管支炎やぜんそく症状の緩和• ・脳細胞の活性化• ・殺菌作用が強く大腸菌にも強い• ・血管硬化の治療効果• ・リンパ器官細胞の増殖効果 にんにくの働き アホエンの働きについては説明してきましたが、次ににんにくに含まれるアリシンという成分について説明をします。 にんにくに含まれるアリシンは、ビタミンB1と結合しやすい成分です。 ビタミンB1は水に溶けやすく失われやすい成分なのですが、アリシンと結合しアリチアミンとなることで身体へのビタミンB1の吸収効率が上がります。 ビタミンB1は、体内では炭水化物を代謝しエネルギーを作る過程において不可欠な栄養素でもあります。 にんにくのもつ成分アリシンやアホエンには、老化防止、抗菌作用、血流改善、美肌効果、抗がん作用、疲労回復などといったさまざまな効果が期待できます。 アホエンの効果的な摂取方法 アホエンを体に摂り入れたいときは、アホエンオイルかにんにく卵黄などのサプリメントで摂取するのがおすすめです。 アホエンオイルであれば料理にも使えるので、毎日食事を作りながら少量を混ぜるだけで簡単に体へと摂取することができます。 また、オリーブオイルを温めてにんにくをその中に入れ長時間漬け込むことで手作りすることもできます。 料理がめんどうだという方は、1日に決められた量を好きなタイミングでのむことのできるサプリメントが便利です。 アホエン(にんにく)のような健康食材は、1回だけ摂り入れればよいのではなく、 毎日継続して摂取し続けることが大切です。 サプリメントを活用すると味に飽きず、匂いも気にせず続けられるのでおすすめです。 まとめ いかがでしたか? 今回は、アホエンの効能について詳しく解説してきました。 アホエンの効果・効能をおさらいすると、• ・ガンの発生を防ぐ• ・細胞を活性化し免疫力の増加• ・抗酸化作用による老化防止• ・血糖値を下げる• ・悪玉コレステロール値を下げる• ・血液をサラサラにする• ・気管支炎やぜんそく症状の緩和• ・脳細胞の活性化• ・殺菌作用が強く大腸菌にも強い• ・血管硬化の治療効果• ・リンパ器官細胞の増殖効果 といった様々な健康効果や美容効果を得ることができます。 若い世代から高齢のかたまで女性にも男性にも幅広く活用できます。 日々の生活にアホエンを摂り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

O157も全滅!?黒にんにくの【アホエン】の力!

アホエン 効果

概要 [ ] 分子内に不飽和結合を持つの一種であり、および部位を含む。 3分子のが結合することによって生成する。 はニンニクが持つ強い臭気の元となる化合物で、ニンニクのを砕いたり切り刻んだりしたときに揮発してくる。 アホエンは、アリシンを食用油などの溶媒に溶かした際に生成する。 研究により、医療用途に適用が可能と考えられる様々な性質を持つことが示されている。 例えば や の発生を抑え、として働くことが知られている。 抗血栓剤()としての作用も持ち 、血液中のがを起こすのを防ぐことにより、心臓病や脳梗塞の危険性を減らすとされる。 また、広範な適用範囲を持つ抗菌剤(抗細菌剤・抗真菌剤)でもあり 、(カンジダ属を原因菌とする皮膚感染症)の予防やの治療に役立つとされる。 水虫への適用ではと比較して遜色のない報告もある。 の細胞骨格に作用することによっての増殖を抑えることも示されている。 薬理活性は E 異性体よりも Z 異性体のほうが高いことが示されている。 脚注 [ ] []• Block, E. ; Ahmad, S. ; Jain, M. ; Crecely, R. ; Apitz-Castro, R. ; Cruz, M. 1984. "The chemistry of alkyl thiosulfate esters. E, Z -Ajoene: a potent antithrombotic agent from garlic. " J. Chem. Soc. 106: 8295—8296. 1985. "The chemistry of garlic and onions. " Sci. 252: 114—119. Hassan, H. 2004. "Ajoene natural garlic compound : a new anti-leukaemia agent for AML therapy. " Leuk. Res. 28: 667—671. 2003. "Structural and electronic properties of ajoene molecule. " J. Mol. Struct. THEOCHEM 631: 271—276. Dirsch, V. ; Kiemer, A. ; Wagner, H. ; Vollmar, Angelika. 1998. "Effect of allicin and ajoene, two compounds of garlic, on inducible nitric oxide synthase" Atherosclerosis 139: 333—339. Apitz-Castro, R. ; Badimon, J. ; Badimon, L. 1994. "A garlic derivative, ajoene, inhibits platelet deposition on severely damaged vessel wall in an in vivo porcine experimental model. " Thromb. Res. 75: 243—249. Srivastava, K. ; Tyagi, O. 1993. "Effects of a garlic-derived principle ajoene on aggregation and arachidonic acid metabolism in human blood platelets. " Prostaglandins Leukot. Essent. Fatty Acids. 49: 587—595. Yoshida, S. ; Kasuga, S. ; Hayashi, N. ; Ushiroguchi, T. ; Matsuura, H. ; Nakagawa, S. 1987. "" Appl. Environ. Microbiol. 53: 615—617. Maluf, M. ; Takahachi, G. ; Svidzinski, T. ; Xander, P. ; Apitz-Castro, R. ; Bersani-Amado, C. ; Cuman, R. 2008. "" Rev. Iberoam. Micol. 25:163—166. ; Mendoza, M. ; de Albornoz, M. ; Apitz-Castro, R. 1998. "" Rev. Iberoam. Micol. 15: 277—281. Eliades Ledezma, Katiuska Marcano, Alicia Jorquera, Leonardo De Sousa, Maria Padilla, Mireya Pulgar, Rafael Apitz-Castro November 2000. Journal of the American Academy of Dermatology 43 5, part 1 : 829—832. 2012年6月17日閲覧。. Li, M. ; Ciu, J. ; Ye, Y. ; Min, J. ; Zhang, L. ; Wang, K. ; Gares, M. ; Cros, J. ; Wright M. ; Leung-Tack, J. 2002. "Antitumor activity of Z-ajoene, a natural compound purified from garlic: antimitotic and microtubule-interaction properties. " Carcinogenesis 23: 573—579. Nishikawa, T. ; Yamada, N. ; Hattori, A. ; Fukuda, H. ; Fujino, T. 2002. "Inhibition by ajoene of skin-tumor promotion in mice. " Biosci. Biotechnol. Biochem. 66: 2221—2223. Powolny, A. ; Singh, S. 2008. "" Cancer Lett. 269: 305—314. Kaschula, C. ; Hunter, R. ; Parker, M. 2010. "Garlic-derived anticancer agents: structure and biological activity of ajoene. " Biofactors 36: 78—85. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 「健康食品」の安全性・有効性情報().

次の

O157も全滅!?黒にんにくの【アホエン】の力!

アホエン 効果

古くから健康維持などに活用されてきたとされるアリシン。 具体的に、どのような成分なのでしょうか? ここでは、アリシンに期待できる効果・効能とアリシンを含む食品などを紹介しています。 サプリメントなどの利用を検討している方は参考にしてください。 アリシンとは何か? 最初に、アリシンの概要について解説します。 アリシンとはどのような成分なのでしょうか。 アリシンとは アリシンは、アリインという物質が変化してできる硫黄化合物です。 アリインは無臭ですが、アリシンは強い臭いがします。 つまり、アリシンは臭いが強いとされる一部の食品に多く含まれているのです。 これらの食品を刻む、潰すなどすると、アリインがアリシンに変化して強い臭いが生じます。 強烈なにおいを発するメカニズム アリインだけを含む食品は基本的に無臭です。 アリインがアリシンに変化することで強い臭いが生じます。 アリインは、アリナーゼという酵素の作用でアリシンに変換されます。 具体的には、食品を調理して組織が破壊されることで酵素が働き、アリインからアリシンに変換されるのです。 アリシンは、熱や水などに弱いとされています。 そのため、加熱する、水にさらすなどするとアリシンは失われます。 アリシンの多彩な変化 アリシンは様々な物質に変化します。 例えば、ビタミンB1と結びつくことでアリチアミンという物質に、 植物油などに溶かすことでアホエンという物質に、 加熱などで分解されることでジアリルジスルフィドに変化します。 熱や水などに弱いことからわかる通り、アリシンは安定した流加化合物ではありません。 アリシンの効果・効能は? アリシンには様々な効果・効能が期待できるとされています。 具体的に、どのような効能を期待できるのでしょうか。 効果1:疲労回復 アリシンは、疲労回復に効果的な成分といわれています。 このように言われる理由は、ビタミンB1と結びつきアリチアミンという物質に変化し、その働きを強化・持続させるからです。 糖の代謝などに関わるビタミンB1は、疲労回復に効果的な成分とされています。 これにより、アリシンは疲労回復に効果的な成分といわれているのです。 アリシンの疲労回復効果や疲労回復に関するさらに詳しい情報はこちらの記事をごらんください。 疲労回復についての関連記事はこちら 効果2:殺菌・抗菌作用 アリシンには強い殺菌・抗菌作用を期待できます。 風邪などを引き起こすブドウ状球菌などの感染予防に効果を期待できるとされています。 日本でも、昔から風邪の予防にアリシンを含む食品を活用してきた歴史があります。 また、アリシンを含む食品は、食中毒を防ぐ薬味としても活用されてきた歴史があります。 効果3:コレステロール値を抑制 アリシンには、コレステロール値を抑制する作用も期待できるとされています。 悪玉コレステロールが多すぎると、動脈硬化などが進行しやすくなると考えられています。 動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞、高血圧などの危険因子です。 アリシンは、コレステロールの合成を阻害することでコレステロール値を抑制すると考えられています。 この働きは、アリシンを含む特定の食品やサプリメントを継続的に投与したいくつかの臨床試験で示されています。 アリシンを含む特定の食品やサプリメントを数週間投与することで、総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が低下したとされているのです。 HDLコレステロール(善玉コレステロール)を上昇させる作用は明らかになっていませんが、アリシンにはコレステロール値を抑制する働きが期待できると考えられています。 効果4:血流を正常化 硫黄化合物には、血液の凝固を防ぐ働きがあると考えられています。 つまり、アリシンには血液の流れを正常に保つ働きが期待できるのです。 血液の流れが滞ると血の塊ができやすくなります。 血の塊が血管に詰まると、脳梗塞や心筋梗塞などが起きてしまいます。 血液の流れを正常に維持することは、健康を維持するためとても重要と考えられています。 効果5:血糖値を抑制 アリシンとビタミンB1が結び付いたアリチアミンには、糖質を分解してエネルギーを作る働きがあります。 この働きにより、血糖値の上昇を抑制するとされています。 血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度のことです。 血糖値の異常に高い状態が続く病気を糖尿病といいます。 糖尿病は、全身の血管などにダメージを与え様々な合併症を引き起こす恐ろしい病気です。 血糖値を正常な範囲に維持することも健康を守るために重要と考えられています。 効果6:食欲増進 独特の匂いがするアリシンには、唾液などの消化液の分泌を促す働き、胃腸などの働きを活性化する働きがあるとされています。 これらの働きにより、アリシンを含む食品は食欲を増進して消化吸収を促進するといわれています。 疲労回復にはアリシンとビタミンB1と同時に摂るのがおすすめ! アリシンはビタミンB1と結びつき、疲労回復に効果を発揮するとされています。 具体的に、どのような働きが期待できるのでしょうか。 ビタミンB1の働き 日本人は、米などに含まれる炭水化物(糖質)から多くのエネルギーを得ています。 炭水化物をエネルギーに変えるときに必要なのが酵素です。 この酵素をはたらかせるために必要なのが、チアミンピロリン酸という補酵素です。 ビタミンB1は、リン酸と結合してチアミンピロリン酸になることでエネルギーを生み出すサポートをしています。 また、ビタミンB1は乳酸を処理する酵素の働きも助けていることもあり、疲労回復に欠かせないビタミンとされています。 疲労回復のしくみ 米などの炭水化物は、体内で消化されてブドウ糖に分解されます。 小腸で吸収されたブドウ糖は、血液に乗って全身に運ばれ、ピルビン酸を経由してアセチルCoAという物質に変化した後、エネルギーが作られます。 ビタミンB1がリン酸と結合してできるチアミンピロリン酸は、ピルビン酸をアセチルCoAに変換するときに働きます。 つまり、ビタミンB1が不足すると変換させることができないので、ブドウ糖からエネルギーを作り出すことができないのです。 ブドウ糖からエネルギーを作り出すことができないと、ピルビン酸や乳酸が身体にたまるため疲れを感じやすくなります。 また、エネルギーが不足する恐れもあるのです。 ビタミンB1の欠点は吸収率が悪く、すぐに体外へ排出される点ですが、これらの欠点をアリシンはカバーすることができるのです。 解毒作用が凄い!? アリシンは、強力な殺菌作用・抗菌作用から解毒作用が強いといわれることがあります。 具体的に、どのような働きを期待できるのでしょうか。 食中毒や風邪を防止 強い殺菌作用があるアリシンは、体内に侵入した病原菌などを退治する働きがあるとされています。 具体的には、風邪やインフルエンザ、食中毒など70種類以上の感染症を抑えることができると言われています。 この働きから、天然の抗生物質と呼ばれることもあります。 また、疲労回復作用や食欲増進作用などによっても健康維持を助けます。 肝臓への負担を減らす アリシンを含む硫化アリルには、肝臓の機能を高める働きがある考えられています。 この働きにより、アルコールをはじめとした有害物質の解毒を助けるとされています。 アリシンは、肝臓の機能を高めることで、肝臓にかかる負担を減らすと考えられているのです。 生活習慣病の予防 アリシンには生活習慣病を予防する働きも期待できます。 具体的に、どのような働きを期待できるのでしょうか。 優れた抗酸化作用 アリシンには、優れた抗酸化作用があります。 抗酸化作用とは、過剰な活性酸素を除去する働きです。 本来は、体内に侵入したウイルスなどを退治してくれる活性酸素ですが、体内で発生しすぎると細胞などを傷つけてしまいます。 活性酸素は、ストレスや喫煙、紫外線などで過剰に発生します。 増え過ぎた活性酸素は、コレステロールを酸化させて動脈硬化を進行させる、糖尿病を引き起こす、細胞を傷つけて身体を老化させるなど健康維持にうれしくない働きをするとされています。 優れた抗酸化作用とともに、コレステロール値、血糖値の上昇を抑制するとされるアリシンは、生活習慣病の予防に活用したい成分といわれています。 血を健康的に維持する作用 アリシンを含む硫黄化合物には、血液をサラサラにする働きがあると考えられています。 栄養バランスの悪い食生活などで血液がドロドロになると動脈硬化が進行しやすくなるほか、血栓ができやすくなります。 これらは共に脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。 健康を維持するため、血液をサラサラに保つことはとても重要と考えられています。 アリインとともにニンニクに含まれるアホエンという硫黄化合物が血栓の防止に役立つと考えられています。 ガンの予防にも? 疫学調査で、アリシンを多く含むニンニクの摂取量が多いと、消化管のガンになりにくい可能性があることが示唆されています。 アメリカ国立ガン研究所が発表した「がん予防に可能性がある食品」でニンニクは積極的に摂るべき野菜として掲載されています。 もちろん、アリシンを含むニンニクを食べることで、全てのガンを予防できるまでは考えられていませんが、興味深い食品と捉えられているようです。 アリシンの摂り方 アリシンが気になる方は、どのように摂取すればよいのでしょうか。 ここではアリシンの摂り方を解説します。 1日の推奨量・摂取量 厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」などでアリシンの推奨量や摂取量を定めていることはありません。 そのため、決まった摂取量などはないといわれています。 アリシンに期待できる抗酸化作用などを健康に活用したい場合は、継続して摂取する必要があると考えられています。 アリシンを食生活などに取り入れる方は、長期間の摂取を前提とした方が良いかもしれません。 摂取のタイミングは? 食品に含まれる成分なので、摂取するべき特別なタイミングがあるわけではありません。 一般的に、サプリメントに含まれている成分は、食事のタイミングで摂ると吸収しやすくなると言われています。 妊婦さんには付加量が必要? 推奨量・摂取量と同様、妊婦さんや授乳婦さんにも特別な付加量は定められていません。 アリシンに期待できる作用に興味があり利用したい方は、摂り過ぎに注意しながら摂取してみてはいかがでしょうか? たくさん摂りたい場合は、念のため医師に相談してください。 アリシンの注意点や副作用 アリシンを利用したい方は、注意点や副作用も確認しておきましょう。 過剰摂取・欠乏した場合の影響を解説します。 過剰摂取すると? 身近な食品に含まれる成分なので、体質的に合わない方をのぞいて、問題になる副作用などはないとされています。 ただし、抗凝固作用(血液を固まりにくくする作用)があるので、常識的な範囲を超えて摂りすぎることはオススメされていません。 また、医薬品との相互作用が想定されるので、医薬品を服用中の方は念のため摂り過ぎには注意した方が良いと考えられています。 以上のほかでは、アリシンを含む食品を食べ過ぎると口臭が強くなる、気持ち悪くなるなどの影響が現れる恐れもあります。 欠乏すると? 現在のところ、欠乏による影響は特に確認されていません。 とはいえ、ビタミンB1の働きを強化して持続させるなどが期待できるので、積極的に利用したい成分といえます。 アリシンと相性の良い成分・良い調理法 アリシンを毎日の生活に取り入れたい方は、相性の良い成分・相性のあまり良くない成分も抑えておくと良いでしょう。 アリシンをより効果的に活用できるようになるはずです。 相性が良い成分 ビタミンB1 アリシンを多く含む食品の代表がニンニクです。 ニンニク特有の強烈な臭いはアリシンによるものです。 古くから滋養補給などの目的で用いられてきたとされています。 食べ過ぎると、胸やけや下痢などの恐れがあるので、生で1日1片、火を通して1日2~3片までが摂取量の目安とされています。 健康維持、滋養強壮、疲労回復を目的ににんにくを摂る場合は、 ニオイがなく、高密度に栄養素が凝縮しているにんにくサプリがおすすめです。 にんにくと相性の良いビタミンB1やB6も同時に配合しているため吸収効率は断然高くなります。 nanairoがおすすめするにんにくサプリはこちらの記事で詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてください。 ネギもアリシンを含む食品です。 アリシンと同じく、ネギ特有の成分であるネギオールにも強い殺菌作用があるとされています。 そのため、風邪の予防などに活用する民間療法は理にかなっているという意見もあります。 まとめ アリシンは、強い臭いが特徴の硫化化合物です。 ニンニクなどの身近な食品に含まれているので、興味のある方は毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。 臭いが気になる方は、アリシンを豊富に含むにんにくサプリをうまく活用することで効果的にアリシンを補充することができます。 元気の源となるアリシンをいっぱい体に取り入れることで体力、気力ともにみなぎり活発に毎日を過ごせるようになります。 疲れがなかなかとれない、若い頃のように体が動かない、気分まで沈んでしまう方はぜひアリシンの力を借りて体をサポートしてあげてください。

次の