香典袋の金額の書き方。 葬儀・お葬式での香典マナー 香典袋書き方・金額相場・渡し方|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

葬儀・お葬式での香典マナー 香典袋書き方・金額相場・渡し方|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

香典袋の金額の書き方

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 香典には、表書き・金額・住所・名前などの項目を記入する必要があると紹介しました。 ここでは、 香典の詳しい書き方や様々なケース別の書き方について解説していきます。 中袋の書き方 香典袋には中袋や内袋と言うお金を入れる封筒がついていることが多いです。 中袋にはご遺族が香典返しをするときの参考となる、 金額や住所氏名を記入します。 これらが書かれていないと、ご遺族に余計な気遣いをさせてしまうこともあるので必ず記入するようにしましょう。 金額の書き方(表面) 中袋の表側には包んだ金額を記入しますが、いくつか気を付けたいことがあります。 旧字体の漢数字(大字)を使う 一般的に、香典の金額は簡単に改ざん出来ないように 旧漢字 大字 で書きます。 「円」は大字では「圓」と書き、数字の前に「金」をつけます。 10000円の香典を出す場合は、「金壱萬圓」となります。 「金壱萬円」でも問題ありません。 大字の書き方を表にすると以下のようになります。 算用数字 漢数字 大字 3000円 三千円 参仟圓・参阡圓 5000円 五千円 伍仟圓・伍阡圓 7000円 七千円 七仟圓・七阡圓 10000円 一万円 壱萬圓 30000円 三万円 参萬圓 50000円 五万円 伍萬圓 70000円 七万円 七萬圓 100000円 十万円 拾萬圓・什萬圓 横書きの場合 香典の金額は縦書きで書くのが一般的ですが、横書きの場合は、 算用数字・アラビア数字で書きます。 最近の香典袋には、金額を書く欄が中袋に横書き用に印刷されているものがあります。 その場合も漢字ではなく算用数字で金額を書きます。 住所・名前の書き方(裏面) 中袋の裏面には、会葬者の住所や名前を書くのが一般的です。 連名などで記入する人数が多くなる場合は、別紙に記入し、中袋に同封します。 中袋の記入例は以下の通りです。 中袋なしの場合 包む金額によっては水引が印刷された封筒タイプの香典袋を使うことがあります。 封筒タイプの香典袋の場合、中袋や中包みがついていないことが多いです。 また、袋が2重になっている=不幸が重なるという考え方から、中袋を使用しない地域もあります。 このように中袋がない場合は、 香典袋(外袋)の裏側に住所と氏名、金額を書きます。 書き方は、香典袋の裏側に、中袋の裏面と同じように書くだけで問題ありません。 表書きの書き方 表書きは、その昔、人に贈り物をするときに、その内容を示すものとして付けられていた目録が簡略化されたものといわれています。 最近では、この表書きがあらかじめ印刷されている香典袋が多く販売されていますが、 表書きが印刷されてない香典袋には自分で記入する必要があります。 実はこの表書きは故人の宗教や渡す時期によっても異なります。 ここではそんな表書きの違いについて解説していきます。 表書きが印刷されている香典袋を買うときにも参考にしてみてください。 故人の宗教による違い 表書きは故人の宗教によって変わります。 宗教によってはタブーとされている表書きもあるので、失礼とならないよう気を付けたいところです。 仏教 仏教の場合、 御霊前や 御仏前と書かれる場合が多いです。 基本的に仏教では四十九日の忌明け法要までは、御霊(みたま)となってこの世にいらっしゃると考えられています。 その為、通夜・葬儀・告別式では御霊前と書かれることが多くなっています。 御霊前や御仏前の他に、 御香典や 御香料でも問題ありません。 また、 香典袋は黒白または銀一色の水引の物を選びましょう。 不幸が二度と起こらないようにという意味から、結びきりの水引が使われます。 キリスト教 表書きの書き方は、キリスト教式の場合、2つの宗派によって変わるのでそれぞれ見ていきましょう。 まず、 カトリック カソリック の場合、御花料や御ミサ料と書きます。 また、御霊前を使用しても問題ありません。 キリスト教ではお香を焚きませんので、御香典とは書けません。 また、仏にもなりませんので御仏前とも書いてはいけないので注意しましょう。 プロテスタントの場合、御花料や献花料、忌慰料と書きます。 注意したいのは、プロテスタントでは御霊は異教の偶像崇拝とされていますので御霊前は不適切となり失礼に当たるという点です。 キリスト教の宗派は葬儀が行われる教会名から宗派を調べることができるので事前に調べておきましょう。 宗派がわからない場合は、どちらの宗派でも使用できる御花料を使用するのが無難です。 また、一般的に 香典袋は水引のない、キリスト教用の物を使います。 ただし御霊前を使用する際は、黒白もしくは銀一色の結びきりの水引で白無地の香典袋を使用しましょう。 無宗教または故人の宗教がわからない場合 日本ではいかなる宗教も信仰していないという方は少なくありませんし、そもそも故人の宗教がわからないという場合もあると思います。 故人の宗教がわからない場合の表書きは 御霊前と書くのが無難ですが、浄土真宗やプロテスタントの場合はタブーとされてしまうので注意が必要です。 また、故人の宗教がわからない場合は 香典袋は多くの宗教・宗派で使用できる白色のものを使用し、水引は黒白または銀一色の結びきりのものを使用しましょう。 四十九日を過ぎると表書きが変わる 浄土真宗以外の仏教では四十九日になると故人が成仏すると考えられているため、表書きは 御仏前となります。 最近では、四十九日法要を四十九日前の土日などに行うこともありますが、その場合でも御仏前とするのが一般的です。 名前の書き方 次に香典袋の表面に書く 名前の書き方について見ていきます。 夫婦で香典を出したり、会社の同僚など有志一同で香典を出すことも増えているので、その際の書き方についても解説していきます。 個人で香典を出す場合 個人で香典を出す際は、 香典袋の水引の下の真ん中に自分の名前を書きます。 誰がこの香典を出したかがご遺族にわかりやすいように、フルネームで書いてください。 また、上司などの 代理で香典を出すときは上司の名前の左横に「代」と書きます。 夫婦連名で出す場合 夫婦でお葬式や法事に参列する場合や、故人が夫婦でお付き合いのあった方だった時などに 夫婦連名で香典を出すことがありますが、この際名前はどのように書けばよいのでしょうか? 夫婦で参列するとき 夫婦で参列する場合は通常、 夫の名前だけを書きます。 親子や家族で連名する場合も、子供が独立していないのであれば世帯主の名前だけ書きます。 しかし、夫婦ともに参列し、なおかつ故人と夫婦ともに特に親しかった場合などは2人の名前を書きます。 その場合は夫の苗字・名前を中央に書いた後、妻の下の名前のみを夫の名前の左側に書くようにしましょう。 また、相手側に結婚の報告をしてない場合は、中袋の名前の左に旧姓も記入しておくと良いです。 ここまで香典袋の書き方について見てきましたが、そもそも 香典袋はどんなものを使って書けばよいのでしょうか? 墨を使って筆で書かなくてはならないのかと不安に思う人もいるかと思います。 ここではそんな疑問を解決していきます。 原則薄墨で書く 香典袋は 原則薄い墨で書きます。 これには「涙がこぼれ落ちて墨が薄まってしまった」「突然の訃報に墨を濃くすることが出来なかった」という意味があり、お悔やみの気持ちを表します。 現在は弔事用の薄墨の筆ぺンが売られているので、薄墨がない場合、自分で墨を用意して筆で書かなくても問題ありません。 また、中袋に記入する際は、受付の方やご遺族にわかりやすいように、通常の濃い墨の筆ペンや黒のインクのペンを使用するのが一般的です。 ボールペンやサインペンで書いてもよいか 筆ペンや毛筆が用意できない場合には、香典袋にペンで書いても良いのでしょうか。 訃報というのは突然やって来るものです。 急なことでどうしても用意できないという場合には サインペンでも問題ありませんが、インクは黒色を使用して下さい。 しかし、この場合でもボールペンや鉛筆では失礼に当たる為、使用しないようにしましょう。 香典に関するその他のマナー 金額相場や香典袋の選び方、包み方や渡し方など、香典には書き方以外にも様々なマナーがあります。 ここでは簡単に解説しますが、詳しく知りたい方は各段落でご紹介する記事を参考にしてみてください。 香典の金額相場 香典の金額相場は 故人との関係性や法要によって変わります。 一般的に 親族の場合は一万円~十万円で故人との血縁関係が近いほど高額になります。 また、 知人や同僚などの場合は五千円~一万円ほどが目安とされています。 香典は高額過ぎても香典返しなどご遺族の負担になってしまうことがあるので、相場を把握しておくことは大切です。 「終活ねっと」の以下の記事では香典の金額相場についてさらに詳しく解説していますので気になる方は合わせてご覧ください。 香典を渡すタイミング・渡し方 香典を渡すタイミングは お通夜やお葬式に参列した時です。 基本的にはどちらで渡しても大丈夫ですが、地域の風習によって決まっている場合もあります。 いずれにせよ、どちらかで渡せば問題ありませんが、2回以上渡してしまうと「不幸が重なる」という意味でマナー違反になってしまうので注意が必要です。 また、香典を渡すときは袱紗に包んで持参し、渡すときに袱紗から出すようにしましょう。 相手から見て香典袋が正面向きになるように渡しますが、渡す際にお悔やみの言葉を一言添えても良いでしょう。 「終活ねっと」の以下の記事では香典を渡すタイミングについてさらに詳しく解説しておりますので気になる方は合わせてご覧ください。 香典袋には表書きと名前のほか、ご遺族が香典返しをするときにわかりやすいよう金額や住所氏名を書く。 香典袋の表書きは宗教や渡す時期によって変わる。 故人が無宗教だったり、宗教がわからない場合は御霊前を使うのが無難だが、浄土真宗やプロテスタントではタブーとされているため注意が必要。 人数によって名前の書き方も変わり、個人の場合や連名の場合など、いくつかのパターンに分けられる。 中袋には表に金額、裏に住所氏名を記入するが、金額は旧字体の漢数字である大字で書く。 香典は薄墨で書くのが原則とされているが、筆ペンなどを用意できない場合はサインペンを使っても良い。 ボールペン、鉛筆は避けた方が良い。 香典には書き方以外にも金額相場やお札の入れ方、渡し方などのマナーがあり、失礼にならないためにも把握しておきたい。 葬儀に参列する際に必ず持参する香典。 だからこそ、様々なルールはありますが故人の考えを尊重し、お互いに素敵な最後のお別れをするため、ご遺族に必要以上に負担をかけないためにも最低限のマナーは知っておきたいものです。 最後までご覧頂きありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

香典の金額の書き方は?|十万円・三千円・五千円・一万円・二万円・三万円・五万円

香典袋の金額の書き方

(1)香典とは ・香典とは故人に対する供養の気持ちを表わし、故人の冥福を祈り供養をするために捧げるものです。 本来は花や線香なども供物として備えられますが、現代では香典という名称を使う場合には主として現金をさします。 香典の他に、香料とも言われます。 (2)通夜・葬儀の香典 香典を持参する時期 ・香典は通夜または葬儀のいずれかに持参します。 ・通夜と葬儀の両方に出席する場合には、香典はどちらの時に出しても構わないのですが、もし通夜の時に受付で香典を渡した場合には、葬儀の際は記帳だけとなります。 また、通夜に急いで駆けつけたというような場合には香典を持参しないで受付では記帳だけをし、葬儀の時に改めて香典を持参します。 ・通夜・葬儀のときと、法要とではのし袋の表書きが異なりますので注意してください。 のし袋の表書きの書き方については、このすぐ下の次項2で述べます。 (3)法事・法要の香典 香典を持参する時期 ・初七日をはじめとし、四十九日までの間、法要は七日ごとにあります。 また、その後も、百箇日、一周忌、三回忌…と続きます。 香典を持参するのは、主な法要のみで、他は遺族による焼香やお供えが行われます。 A.仏教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 香典の書き方と のし袋の種類 通夜・葬儀 の香典 [表書き] ・仏教の場合の熨斗の表書きは「御霊前」「御香料」などです。 表書きが印刷されているものを使っても失礼にはあたりません。 中でも最も一般的なのは「御霊前」で、この表書きは通夜・葬儀だけでなく四十九日(忌明け)より前の法要でも用いられます。 [のし袋の選び方と水引き] ・黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとは、左の見本画像のように、結び切りよりも結び目が豪華でアワビのような形になったもの。 あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 [墨] ・薄墨を用います。 薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・社員本人、社員の家族、あるいは取引先の社員にご不幸があった場合、会社として香典を出すことがあります。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] 香典袋に関するその他の情報 ・のし袋を選ぶ時には、中に入れる金額にふさわしい袋を選ぶようにします。 香典を数千円しか入れないのに、袋ばかりが立派では受け取り手も違和感がありますし、逆に高額の香典を包む時には、袋もそれなりに立派なものにします。 ・会社の社葬などの規模の大きな葬儀の場合、葬儀の会計係等についても会社から手伝いの人が出て、香典袋から中身を出して金額をチェックしたりすることがあります。 市販ののし袋のなかには、表書きの文字の部分が短冊風の紙になっているものもありますが、香典確認作業の中で贈り主がわからなくなることのないよう、短冊のような紙札はのし袋に糊貼しておくと安心です。 こうした短冊のタイプの紙札を使っても失礼にはあたりませんが、下段の参列者の氏名は忘れずに書くようにします。 ・仏教の場合、通夜、葬儀、初七日は「御霊前」(墨は薄墨)、四十九日以降の法事・法要は「御仏前」です。 ・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・夫の出張中に妻が代理で会葬する場合には、夫の氏名の左下に小さく「内」と書きます。 受付の会葬者名簿にも同じように夫の氏名の左下に小さく「内」と書きます。 二名の時は中央に二人の氏名を書きます。 三名の場合は中心に一名の氏名を書き、その左右両側に一名ずつ書きます。 人数が4名以上になる場合には代表者名を中央に書き「他5名」などと左下に書き添えても良いでしょう。 職場などで連名で香典を出す場合は、社名を一番右に書いたあと、役職が上の人が一番右になります。 会社で香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きます。 この見本画像のように、中央に社長の氏名が来るように、その右側に書く会社名の配置を決めます。 ・会社などにおいて部下が代理で会葬する場合には、上司の氏名の左下に小さく「代」と書きます。 受付の会葬者名簿にも同じように上司の氏名の左下に小さく「代」と書きます。 ・上司の代理で会葬する場合、上司の名刺を預かって行きます。 受付では上司の名刺の右上に「弔」と書き、縦書きの名刺の場合は左端、横書きの場合は下端に「上司の代わりに会葬させて頂きます。 佐藤一夫」と会葬した人の氏名を書いて受付に渡します。 中央にグループ名が来るように右側に書く社名の配置を考えて書きます。 中に紙を入れ、香典を出した人の氏名と金額、住所、連絡先を書き添えると遺族の側でもお礼状やお返しの手配の際に困りません。 同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 C.キリスト教の場合の香典の書き方 通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 香典の書き方 のし袋の種類 通夜・葬儀 の香典 [表書き] ・キリスト教の場合の熨斗の表書きは 「御花料」(プロテスタント) 「 御ミサ料」(カトリック)などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、キリスト教式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたものまたはまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・薄墨を用います。 悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] D.神道(神式)の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 香典の書き方と のし袋の種類 通夜・葬儀 の香典 [表書き] ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・薄墨を用います。 薄墨は悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] 直接手渡しでお届け 送料無料 当日配達も可能 香典の中袋・中包みの書き方 筆記用具 ・筆を使うのが正式な作法ですが、筆ペンや、ペンでも良いでしょう。 黒インクのものを用います。 薄墨でなく黒で書きます。 中に入れる金額 ・死や苦を連想させる数字として(四、九)がつく金額は避けるのが一般的です。 もし少額ずつにしたい場合は連名で香典を出すなどして、 3千円、5千円、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円、20万円、30万円など、キリの良い金額にします。 ・香典の金額の相場については、このページの別項「」にて 香典の金額の書き方 数字 香典に書く時の漢字 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 7 七(ごくまれに漆) 8 八 10 拾 100 百 1000 仟または阡 10000 萬 その他 円を圓と書くことも 香典の中包み(または中袋)に金額にを書く場合、難しい漢字を使うのが慣例です。 「一」「二」などの文字は後で線を書き加えるだけで簡単に数字の改ざんができてしまうため、数字の改ざんができないようにという考え方からきています。 なお、最近では金額を書く欄が横書き用で、アラビア数字で書く場合もあるようです。 (例:金30,000円也) 中袋の書き方 ・香典の中袋の書き方です。 下記のサンプル画像をご覧ください。 ・金額については、中袋(中包み)の表面に書くという説と、裏面に書くという説があります。 ・市販の熨斗袋の中には、金額を記入する欄が決まっているものがあります。 ・会葬者が多い場合には、香典袋から中袋を出して別々にした場合の為に、中袋にも住所氏名を書くと丁寧です。 ・香典の金額の相場については、このページの別項「」にて 香典(お金の入れ方) 項目 説明 1. ) お札の向きをどうするのかについて気にしないという場合でも、二枚以上のお札を入れる時には、お金の 向きを揃えて入れるようにしてください。 新札は用いない 新札を用いると、まるでご不幸を見越して用意していたようだということから、新札は用いない方が良いとされています(地域によってマナーが異なりますがやはり新札は用いない方が無難です。 どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。 逆に、汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さい。 お金を中袋に入れたら、外包みで包む 中袋に現金を入れたら、外包みで包みます。 手順は下記のとおりです。 (1)外包みを開きます。 内面が表にでている状態で、中央に中包みを置きます。 このとき、背面が表にでている状態にします。 (2)左、右の順で外包みをかぶせ、下、上の順で包み終えます。 最終的には上側が、右の画像のように被いかぶさっている形となります。 水引きの中に元通りになるように入れて完成です。 通夜・葬儀の香典の金額の相場 あなたとの関係 亡くなった人 贈り手のあなたの年代とお香典相場 20代 30代 40代〜 勤務先の上司 本人 5,000〜10,000 5,000〜10,000 10,000〜 その家族 3,000〜5,000 3,000〜10,000 5,000〜10,000 勤務先の社員や同僚 本人 5,000 5,000〜10,000 10,000〜 その家族 3,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 親しい友人 本人 5,000〜10,000 10,000〜30,000 10,000〜30,000 その家族 3,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 祖父母 10,000 10,000〜30,000 30,000〜50,000 両親 30,000〜100,000 50,000〜100,000 50,000〜100,000 兄弟・姉妹 30,000〜50,000 50,000 50,000 おじ・おば 10,000 10,000〜20,000 10,000〜30,000 子供のお稽古ごとの先生や塾の講師 本人 0〜5,000 0〜5,000 0〜5,000 その家族 0〜5,000 0〜5,000 0〜5,000 知人 3,000〜5,000 3,000〜10,000 5,000〜10,000 仲人 10,000 10,000 10,000〜 隣近所 3,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000 会社との関係 亡くなった人 会社として出すお香典の相場 【その他】 取引先に対して会社として香典を出す場合 取引先の社長 30,000〜100,000 取引先との関係によって、金額はもっと多くなることもあります。 また、取引金額に応じて、規定を決めている会社もあります。 取引先の社員 5,000〜30,000 ・同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 ) ・マンションなどの集合住宅や社宅などでは、自治会などによって金額の取り決めがあることも。 できるだけ早く年配の人に相談してみましょう。 ・地方によっては隣近所とのおつき合いが希薄になっており、「全く近所づきあいがない」ということもあります。 自分だけが香典を出す・或いは自分だけが香典を出さないというのもおつきあい上バランスを欠くものです。 周りの人と相談して決めても良いでしょう。 ・夫婦で会葬する場合、特にご夫婦で葬儀のあとの精進おとしにも出席する場合には、個人での金額よりも多めの金額を包むようにします。 ふくさがない場合は黒・白・グレーなどの地味な色のハンカチで代用してください。 ポケットタイプや、袋状の袱紗も市販されています(四角い形状ではなく、長財布みたいな形になっており、香典を包む手間が要らないものです)。 簡易版とも言えますが薄手のものを選ぶとバッグにも収まりやすく、男性の上着の内ポケットなどにも入れやすいようです。 ふくさによっては、留め具がついたものがありますが、留め具は左側にくるようにします。 2)右、下、上、左の順にたたみます。 3)受付では、ふくさから香典を出し、のし袋の向きを変えて、相手から文字が読める向きにしてお渡しします。 [会葬者が述べる挨拶の例] ・このたびは御愁傷様でございます。 ・このたびは突然のことで驚いています。 どうかあまりお力を落とさないように。 ・このたびはご愁傷様でございます。 お世話になった故人にお別れを申し上げたくて参りました。 相手の気持ちを考えて挨拶にも心配りを忘れずに。 受付係の指示に従って記帳をする ・受付係がお礼の言葉を述べた後、こちらに記帳をお願いしますと指示をしてくれますので、指示に従って記帳をします。 ゆっくりでも構いませんので、丁寧に住所、氏名(フルネーム)を書きます。 受付では上司の名刺の右上に「弔」と書き、縦書きの名刺の場合は左端、横書きの場合は下端に「上司の代わりに会葬させて頂きます。 佐藤一夫」と会葬した人の氏名を書いて受付に渡します。 記帳の際は、上司の氏名を書き、左下に「代」と書きます。 連名で出す場合名前の書き方や注意点は、こちらへ[] 3. 香典を渡す ・記帳を済ませてから、香典を渡します。 ・香典をふくさから取り出し、受付係の人から見て名前が読めるように向きを変え、両手で香典を持ちます。 「どうぞご霊前にお供え下さい」などと一言添え、一礼しながら手渡します。 受付係はお礼を述べて香典を受け取ります。 一礼をし、案内に従って会場または控え室へ ・受付係から、「こちらへお進み下さい」「あちらの入り口からお入り下さい」などの指示がありますので、案内に従って進みます。 受付を去る時には必ず一礼をしてください。 その他の情報 ・ふくさがない場合には、ハンカチなどで代用します。 ハンカチは派手なものや柄物はさけ、黒、白の無地または地味なものを使います。 ・ 会場によっては、受付の順番が上記とは異なる場合もあります。 困った時には受け付け係の指示に従うのが一番ですが、前の人の様子を良く観察しておくのも大切です。 [順番が異なる場合の例] 1. 受付で挨拶をする。 香典を渡す 3. 記帳をする 4. 一礼をし、受付を終える.

次の

香典の金額の書き方は?|十万円・三千円・五千円・一万円・二万円・三万円・五万円

香典袋の金額の書き方

連名で名前を書くとき 2人以上の複数人で香典を渡す場合は、一般的に全員の名前を書くのは3人までです。 3人で香典を渡す場合は、目上の人の氏名を中央に、左に2人の氏名を書きます。 目下の人の名前は、一番左側にくるようにします。 4人以上の場合は目上の人の氏名を中央にし、左下に 「外一同」と書きます。 その場合は誰なのか分からないので、白紙に香典を用意した人の氏名を書いて袋に同封しましょう。 夫妻の場合は、中央に一人の名前をフルネームで書き、その左にもう一人の下の名前だけ書きます。 夫の名前を中央に、妻の名前を左にかくのが一般的です。 縦書きの場合 縦書きの場合は、新字体ではなく 漢数字の大字・旧字体を使います。 例えば香典に1万円を包む場合は、金額の頭に 金をつけて「金壱萬圓」と書きます。 算用数字 漢数字 大字・旧字体 3,000円 三千円 参阡圓、参仟圓 5,000円 五千円 伍阡圓、伍仟圓 7,000円 七千円 七阡圓・七仟圓 1,0000円 一万円 壱萬圓 3,0000円 三万円 参萬圓 5,0000円 五万円 伍萬圓 7,0000円 七万円 七萬圓 10,0000円 十万円 拾萬圓・什萬圓 横書きの場合 一般的には、香典の金額は縦書きで書きます。 香典袋の中には中袋に、金額を書く欄が横書き用に印刷されているものがあります。 横書きの場合は、 算用数字で書くようにしましょう。 例えば3万円の場合は「30,000円」と書きます。 香典袋に中袋あり 外袋 香典袋に中袋がある場合は、外袋に「御霊前」と書き、その下に少し小さめに自分の名前を書きます。 中袋の表面 中袋の表面には金額を書きます。 香典に5千円を包む場合は「金伍阡円」、1万円を包む場合は「金壱萬円」と書きます。 中袋の裏面 中袋の裏面には、 左下に住所と氏名を書きます。 番地やマンション名、部屋の番号まで省略せずに 正確に記入しましょう。 ご遺族の方が、香典返しを郵送する際に必要になります。 氏名はフルネームで記入します。 番地や郵便番号は 漢数字を使います。 ゼロの場合は、「零」ではなく「0」と書きます。 電話番号を添えて書く場合も、漢数字を使います。 香典袋に中袋なし 香典袋には 中袋のない、外袋だけの封筒タイプもあります。 この場合は金額は、裏側に書きます。 外袋の表面 香典袋に中袋がある場合は、外袋に「御霊前」と書き、その下に少し小さめに自分の名前を書きます。 外袋の表麺は、中袋ありと全く同じです。 外袋の裏面 香典袋の裏側に、直接住所と金額を書きます。 左下に住所と氏名を書き、番地や郵便番号は 漢数字を使います。 中袋ありの場合と、 住所、氏名、金額の書き方は全く同じです。 外袋表面 :表書き・名前 外袋裏面 :郵便番号・住所・名前・金額.

次の