つみれ と つくね の 違い。 つみれ/つくね/肉団子の違いと由来(語源)は?作り方や具材で呼び方が違う?

「つくね」と「つみれ」の違いって何?

つみれ と つくね の 違い

「 つくね」:鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を良くこねて、丸めて団子状にしたもの• 「 つみれ」:鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を、手やスプーンなどを使って一口大の大きさに摘み取って、鍋や煮汁に入れて煮たもの 「つくね」と「つみれ」の違いは、前者は鶏肉や豚肉のひき肉で作られたもの、後者を魚のすり身で作られたものという材料の違いと思われてしまいがちですが、 材料ではなく調理方法に違いがあります。 「つくね」は鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を良くこねて、丸めて団子状にしたもの、「つみれ」は生地に関しては同じですが、手やスプーンなどを使って一口大の大きさに摘み取って、鍋や煮汁に入れて煮たものです。 「つくね」「つみれ」とは 「つくね」について詳しく 「つくね」とは 鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を良くこねて、丸めて団子状にしたものを指します。 こねて丸めるといった意味をもつ「 捏ねる つくねる 」が語源になっています。 丸めて団子状にしたものを「つくね」と呼ぶので、その後に串に刺したり焼いたり煮たりしても「つくね」は「つくね」です。 それによって串焼きや汁物、蒸したりといろいろな使い方ができるので幅広い料理に使われます。 使い方から「 捏ね揚げ」「 捏ね焼き」「 捏ね煮」と呼ぶこともあります。 焼き鳥などの串料理でも「つくね」を商品として置いてあることがあるので、「つくね」が鳥料理だと誤解してしまう方が多いですが、実際には鶏肉や豚肉、魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を、丸めて団子状にしたものを指すので注意です。 「つみれ」について詳しく 「つみれ」とは 鶏肉や豚肉のひき肉・魚のすり身に調味料やつなぎを加えた生地を、手やスプーンなどを使って一口大の大きさに摘み取って、鍋や煮汁に入れて煮たものを指します。 生地を摘んで入れる「 摘み入れる」が語源になっており、「摘み入れる」が省略されて「つみれ」となりました。 「つくね」は良くこねて形をしっかりと作るため、その後の工程で焼いたり煮たりすることができますが、「つみれ」はその作り方から鍋物やおでんなどの汁物に使われることがほとんどです。 煮汁に合うものは魚であること、「つみれ」と言うと「アジ」や「イワシ」を使うことが多いので「つみれ」が魚のすり身で作られたものと誤解してしまう方が多いようです。 鶏肉や豚肉を使っていたとしても、生地を摘んで入れるのであれば「つみれ」になります。 「つくね」と「つみれ」の違いは何?まとめ 「つくね」と「つみれ」の違いについて見ていきました。

次の

つみれとつくねの違い?

つみれ と つくね の 違い

「つくね」と非常によく似た食材に、鍋やおでんに欠かせない「つみれ」がある。 「つくね」との違いは何だろうか? 「つくね」は鶏肉をつかったもの。 「つみれ」は魚肉を使ったもの。 と思っている人も多いかもしれない。 だが鶏肉の「つみれ」も存在している。 実は「つくね」と「つみれ」の違いは材料の違いではない。 「つみれ」の語源は「つみいれる」(摘み入れる・抓み入れる)という動詞。 少しずつちぎって(摘むようにして)鍋に直接入れて茹で上げるため、「つみれ」と呼ばれるようになった。 「つくね」は材料をこねてから丸める、串に刺すなど、しっかり形を整えてから調理する。 この作り方に違いがある。 「つみれ」は肉や魚を包丁でたたく、すり鉢で擦るなどミンチ状よりも肉類を細かく滑らかにする。 そこへつなぎの卵や片栗粉、調味料を加え混ぜるため、「つくね」よりもペースト状に近いタネになる。 直接だし汁や湯の中に入れて茹で固めるにはペースト状に近い方がばらつきにくい。 次にハンバーグとの違いはどのような点だろうか?ひき肉や材料を混ぜてこね、手で楕円形に形成して焼くのは「つくね」と同様の調理法だ。 しかし、ハンバーグのルーツは海外である。 そもそも和食と洋食の違いがある。 ハンバーグの起源は18世紀頃、ドイツのハンブルクで労働者が好んで食べていたタルタルステーキといわれており、生肉を細かく切り、タマネギ、塩コショウ、香辛料を混ぜたものだった。 それが後にアメリカに渡り「ハンブルク風ステーキ(ハンバーグステーキ)」と呼ばれ、今日のハンバーグの形態になっていった。 基本的にハンバーグは、牛肉あるいは牛と豚の合い挽き肉を使用する。 肉と玉ねぎ、パン粉、卵、塩コショウ、香辛料をよく混ぜ合わせ、楕円形に形成しフライパンやグリルで焼く。 同じひき肉料理でも「つくね」とは材料の点からみても一線を画すことは明らかだ。

次の

「つくね」と「つみれ」

つみれ と つくね の 違い

つくねは鶏肉や豚肉のひき肉を材料にしたもので、つみれは魚のすり身を材料にしたものと誤解されていることも多いが、つくねとつみれの違いは、材料の違いではなく調理法の違いである。 つくねとつみれの調理法は、それぞれの語源に通じる。 つくねは漢字で「捏ね」と書き、こねて丸めるという意味の「捏ねる」が語源。 つみれは漢字で「摘入」や「抓入」と書き、「摘み入れる」が語源。 どちらも、ひき肉や魚のすり身に調味料やつなぎを入れ、こね混ぜて生地を作るところまでは同じだが、その生地を丸めて団子状にしたものが「つくね」。 手やスプーンなどで一口大の大きさに摘み取って、煮汁や鍋に入れるものが「つみれ」である。 つくねとつみれの違いが、材料の違いと誤解されているのは、この調理法の違いに関係している。 つくねは、団子状に固めてあるため、焼いたり揚げたりすることができる。 焼き鳥などの串料理にも使われることから、つくねは鶏肉や豚肉を材料にしたものと思われるようになった。 ・ しかし、魚肉を使っていても良いし、つくねを鍋などに入れても良い。 つみれは、煮汁や鍋に入れる時に整形にするものなので、汁物に合う魚肉を使ったものというイメージがついたのである。 しかし、材料に鶏肉や豚肉を使っていても、摘み入れるのであれば、つみれである。

次の