白ロム iphone。 iPhoneの白ロムを新品で購入できる通販サイトはどこ?

白ロムiPhoneのここが気になる!「バッテリーは大丈夫?」「修理や交換っていくらかかるの?」

白ロム iphone

白ロムとは 白ロムとはSIMカードが入っていない、また端末料金や通話料の未払いなどがないiPhoneのことを指して呼びます。 通常、iPhoneにはSIMカードが入っており、ここに電話番号やキャリアなどとの契約情報が記憶されています。 SIMカードはSucscriber Identification Moduleの頭文字を取って名称付けられているもので、それぞれに固有IDを所持しているため、それぞれのiPhone端末がどのようなものなのかを示すための役割を担っています。 白ロムのiPhoneを利用したい理由 通常ですと白ロムのiPhoneを利用することはありませんが、いくつかの用途によって白ロムのiPhoneを利用した方がお得になる場合があります。 どのようなケースに白ロムのiPhoneの利用を検討するのか見ていきましょう。 月額費用を抑えてiPhoneを利用したい 新しくiPhoneを購入すると、端末代がかかるばかりか、キャリアとの高い契約が年単位で契約され、毎月のランニングコストがとても高くなってしまいます。 白ロムのiPhoneでは格安SIMを挿入すればそのまま毎月かかる費用を抑えて利用することができるため、大変お得です。 端末の分割払いはないことが多いので、初期費用はかかりますが、毎月のランニング費用が非常に抑えられるためおすすめです。 契約期間中にiPhoneが故障してしまった 契約期間中にiPhoneが故障してしまった場合は、故障後も月額費用が発生するにもかかわらず、iPhoneが使えないという悲惨な状況に陥ります。 この時、Appleや修理業者に依頼をして、iPhoneの修理をしてもらったり、または新しい端末を購入することでも対応できますが、費用が大きくかかってしまう場合があります。 そこで中古の白ロムのiPhoneを購入して、使用していたSIMカードを差し替えることで、比較的安くiPhoneを使用できる状態に戻すことができます。 今よりも新しい機種にしたい iPhoneは様々な新しい機種を毎年のように発表していますが、通常キャリアなどでiPhoneを購入すると2年単位程度で契約を縛られてしまうことが多いため、なかなか新しい機種にすぐに変更することが難しいというのが現状ではないでしょうか? しかし、最新機種の白ロムのiPhone端末を手に入れることができれば、あとはずっとSIMカードを使い回すことで、常に新しい機種でiPhoneを利用するということも不可能ではありません。 こう言った要望に応えてくれるのも白ロムのiPhoneの良いところです。 白ロムiPhoneを利用する時の注意点 白ロムのiPhoneは上記で紹介してきた通り、非常に使い勝手が良いのが特徴ではありますが、実際の利用にあたっては注意することがあります。 キャリアによって使用しているSIMカードの種類が異なるため、例えばsoftbankで契約したiPhoneのSIMカードを白ロムのiPhone端末に移動させたい場合には、iPhoneのSIMカードを受け付けできる白ロムの端末を購入することが必要になります。 キャリアとSIMカードの種類は下記のとおりです。 ・softbank:USIMカード ・au:ICカード ・docomo:FOMAカード 使用するSIMカードと白ロムのiPhone端末の種類があっているか、購入する前に必ず確認するようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?白ロムとなんだか怪しい気がする名称ではありますが、実際は中古でのiPhoneの購入を検討する場合などに非常に便利なiPhone端末です。 格安SIMカードと組み合わせることで、とても手頃にiPhoneを利用することもできますので、ぜひ一度利用の検討をしてみてくださいね。

次の

iPhone

白ロム iphone

By: ただ、iPhoneの場合iPhone5sは2013年の製造から、iPhone6は2014年の製造からなので、バッテリーが極端に消耗していることはほとんどないようです。 そういう白ロムの話も耳にしません。 毎日充電を続けた場合のバッテリーは500日ぐらいだという話もありますが、あまりシビアになる必要はないみたいですね。 ちなみにiPhoneは シリアル番号から製造年月や製造場所が割り出せるようです。 すると詳細スペックのあとに製造年と週番号(1月1日から数えて何週目かを表す番号)が表示されます。 さらに、製造された工場の場所まで表示されます。 iPhoneの管理体制って、ホントにすごい! さて、バッテリーの話ですが、中古を使っていれば当然ながら新品よりも早くバッテリーが劣化して当然。 そこは覚悟の上です。 もし何年かしてバッテリーを交換しなければならなくなった場合、どこに頼めばいいのでしょうか。 また、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。 白ロム&格安SIMでiPhoneを運用している人は、このあたりのことは自分で考えなければなりません。 ひょっとしたら前オーナーが加入してくれている場合もあるかもしれませんが。 2年以上前に製造されたiPhone5sとかにはすでに関係ない話です。 アップルにはも用意されているので、iPhone6以上ならば念のために確認してみる価値はあります。 シリアル番号を打ち込むだけでわかるようになっています。 修理やバッテリー交換は、アップルに申し込めばやってもらえます。 保証なしの実費ではこんな感じです。 バッテリー修理 一律 9,400円 液晶画面の修理 iPhone 6s Plus:16,800 円 iPhone 6s、 iPhone 6 Plus、iPhone 5s、 iPhone 5c、iPhone 5:14,800 円 iPhone 6:12,800 円 その他の修理 iPhone 6s Plus, iPhone 6 Plus: 38,800円 iPhone 6s, iPhone 6: 34,800円 iPhone 5s、 iPhone 5c、 iPhone 5:31,800円 iPhone 4s:22,800円 iPhone 4:16,800円 民間業者に修理を依頼 iPhoneの修理を専門としている リペアショップがいくつかあります。 特に首都圏や関西中心部に多いようです。 修理費用はショップによって差がありますが、アップルに依頼するよりも短期間で済み、持ち込みなら数分で済むことも。 また、料金が安いのもウリです。 主要なリペアショップには次のようなものがあります。 近所にあるかどうか調べてみましょう。 ・・・・全国展開しているiPhone修理専門店。 iPhone6のバッテリー交換は7800円(5分)。 ・・・・関西を中心に展開しているリペアショップ。 バッテリー交換は3800円から。 ・・・・「地域最安値」を目指して、全国に店舗を拡大中。 自分でバッテリー交換 バッテリーの交換を自分で行う リペアキットが販売されています。 腕に自信のある人ならば、バッテリー交換ではこの方法が文句なしに一番安い?!.

次の

iPhone

白ロム iphone

目次メニュー 1. まずはロムの意味を理解しましょう ロムとは、簡単に言うと、コンピュータ制御の電気製品の中にある電源を切っても消えないようになっている記録装置のことです。 ロムは、正式には、Read Only Memory(リードオンリーメモリ)と英語で書きます。 Read Only Memoryは長いので、それぞれの英単語の頭文字を取って、一般的には、ROM(ロム)と呼ばれています。 ロム(ROM には、コンピュータ制御の電気製品に必要な情報が書き込まれる 白ロムの意味を理解するために、コンピュータ制御の家電製品の中でのロム(ROM)の一般的な使われ方を簡単に説明しますね。 家電製品の中のロムの使われ方 コンピュータ制御の電気製品に必要な情報が書き込まれている 購入者の設定した情報が書き込まれる 白ロムとは ロム(ROM)の意味が分かったところで、次は、白ロムについて、ご紹介しますね。 白ロムという言葉は、実は正式な言葉ではなく、中古のスマートフォンや携帯電話機の販売で使われている通称です。 そのため、使われ方も、意味も少し曖昧な部分もありますし、iPhoneなどのスマートフォンの場合とガラケーと呼ばれる携帯電話の端末では少し意味が異なります。 白ロムの一般的な意味 白ロムと言うと、一般的には、次のような意味のことになります。 iPhoneなどのスマートフォンの場合 白ロムは、携帯電話会社の回線を認識するSIMカードを抜いた状態のiPhoneやスマートフォンの端末のことを指します。 中古スマートフォンを販売している店などで、iPhone6(白ロム)と表記してある場合には、SIMカードの抜いた状態のiPhone6という意味になります。 一部の中古スマートフォン販売会社では、この後ご説明する赤ロムでない状態のスマートフォンのことを白ロムと表記している場合もあります。 ガラケーと呼ばれる携帯電話の場合 携帯電話内部のロム(ROM)に回線情報などの記録が無い状態の携帯電話機のことを指します。 最近の携帯電話機では、スマートフォンと同じ様に、回線を認識するSIMカードを抜いた状態の携帯電話機を指すこともあります。 iPhoneビギナーズでは、白ロムは、携帯電話会社の回線を認識するSIMカードを抜いた状態の意味としてご説明します。 尚、が分からない人は、こちらのページをご覧ください。 赤ロムとは 白ロムとは別に、中古スマートフォン販売会社で、赤ロムという言葉が使われています。 赤ロムも通称なので、意味や使われ方も巾があるので、初心者の人にはちょっと分かりづらいかもしれませんが、一般的には、赤ロムの意味は次の意味になります。 赤ロムとは 携帯電話回線のネットワーク制限をかけらて使用することが出来ないスマートフォンや携帯電話機のこと 白ロムが、SIMカードを抜いた状態のスマートフォンや携帯電話機でしたよね。 白ロムのスマートフォンなら、SIMカードを挿入すると携帯電話回線を使用することはできます。 しかし、赤ロムのスマートフォンは、有効なSIMカードを挿入しても、携帯電話会社がそのスマートフォンに対して携帯電話回線の使用制限をかけているので、携帯電話回線を使用したアプリや機能は使用することはできません。 SIMフリーと白ロムの違いについて 白ロムがSIMカードを抜いた状態であることはお分かりいただけたと思いますので、次に、最近よく聞くSIMフリーいう言葉と白ロムの違いについて、ご紹介します。 人によっては、白ロムとSIMフリーを同じ意味だと勘違いされている場合もありますが、大きな違いがありますので、中古のiPhoneを購入する時など、勘違いしないようにしましょう。 白ロム 販売された携帯電話会社の回線しか利用することができない。 SIMフリー 日本国版として、販売されているSIMフリーのスマートフォン・携帯電話機は、ソフトバンク、au、ドコモ、ワイモバイル、格安SIMなどで利用することができます。 尚、海外版のSIMフリーのスマートフォン・携帯電話機では、auのSIMカードを利用することが出来ません。 SIMロック解除 SIMロック解除したスマートフォン・携帯電話機は、ソフトバンク、au、ドコモ、ワイモバイル、格安SIMなどで利用することができます。 SIMフリーとほぼ同じですが、厳密には、ちょっとだけ異なります。 SIMロック解除のスマートフォンや携帯電話によっては、携帯電波に接続する際に、どうしても、元々の携帯電話会社の電波網に接続する動きをしてから、挿入してあるSIMカードの携帯電話回線網に接続するため、反応が遅くなるケースがあります。 カテゴリーメニューリスト•

次の