君たち は どう 生きる か 要約。 漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか

君たち は どう 生きる か 要約

「君たちはどう生きるか?」 君たちはどう生きるのかという本が少し前に大ブームになったのをなんとなく聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。 今日はこの本について少し簡単に解説していこうと思います。 概要 この本はもともと昭和12年ですので今から約80年前ほどに発売された歴史的名著なんですが2017年に漫画版が発売されました。 それを今やテレビでひっぱりだこの池上彰さんや宮崎駿さんなどの超大物の皆さんが絶賛したことで漫画版だけで200万部を超える大ベストセラーになった話題作です。 なぜそんなに売れたのか? 軽いあらすじを説明しておきます。 時代は約80年前1937年の東京です。 登場人物は二人います。 コペル君と呼ばれる中学生男子の主人公と もう一人の登場人物はコペル君の親戚のおじさんです。 内容としては大きな問題を解決していくとか何か事件に巻き込まれるようなそういうものではありません。 むしろ小学生や中学生がありそうな友達関係の悩みや些細な問題を抱え込んでそれに対してニートの叔父さんがアドバイスをしてあげるといった内容です。 読んでいると以外にも大人やビジネスマンも悩みがちな問題に苦しむんですけどそれを主人公のコペル君が正面から向き合い どうしたらいいのか? こういう時何をしたらいいのか? 考え真摯に悩みにぶつかる姿勢は中学生の少年とは思えないぐらい勇敢で感動もしたり、また考えさせられることもありました。 この本は君たちはどう生きるかそのタイトルの通り自分の人生ってどうあるべきか、自分の人生ってもしかしてこうなんじゃないか?など 読んでいるうちにたくさん気づき考えさせられます。 それが今の現代社会人の心に刺さり売れたのではないかと思います。 非常に気付かされたポイントいくつもあったのですが、今回は2点だけ厳選しましたのでそちらをお伝えいたします。 自分は世の中の一部でしかない 君たちはどう生きるのかを読んでぐさっと心に響いたのはこの言葉です。 私も含め人間は生きていたらどうしても 自分の存在が世界の中心だと思い込んでしまいます。 これ仕方がないんですけれども私たちは全ての物事を自分の目から自分の視点から見るわけです。 なぜかというと人間の体の構造上自分の目を通して脳に伝わり考えたり、判断するのでそういう自分がこの世界の中心なんだという錯覚に陥ってしまうからなんです。 ですがこの本は誰もがそう感じ陥る錯覚を自分自身が常に意識して俯瞰的に物事をみて自分は世界の一部でしかないという視点を持つのが大事だということです。 本書ではコペル君が理科の授業中に全ての物質が肉眼では見えないんだけれども全ての物質が分子の集まりでできているということを学びます。 そしてコペル君は気づきます。 もしかして自分たち人間もこの世界の分子みたいなものなんじゃないか? って思うわけです。 僕はこの瞬間 「コペル君は天才か。 」って思いましたね。 普通の中学生が分子云々の話を聞いて 「はっ!! 僕たちも分子みたいなもんなんだ」 みたいな子はなかなかいないですよ。 (笑) そして、その考えをおじさんに伝えます。 それ聞いたおじさんはコペル君が自分は世界の一部でしかないという俯瞰的な視点で自分自身を考えることができたのはすごい。 と言いました。 そしてこの発想こそがあの地動説を唱えたコペルニクスのような視点の切り替えだということでコペル君というニックネームがここに爆誕するのです。 ここでコペルニクスについて知らない人のために軽く触れておきます。 昔宇宙は地球を中心に太陽や月が回っていたという天動説という考えが一般的でしたがコペルニクスは逆に実は地球を中心に回っているのではなくて地球が動いているんじゃないかっていう発想に至ったんです。 まさに視点を切り替えた発想ですよね。 これこそがまさに前述した、自分達が中心で世界が動いていると考えられていた具体的な例です。 この自分は世界の一部でしかないっていう考えを聞いて私自身ハッとさせられました。 コペル君だけじゃなくて私たちのビジネスにも さらには人と人との人間関係にも非常に大事な視点だと思いました。 今になって天動説がどうとか地動説がこうとかの主張は流石にすることはないですけど。 自分自身が世界の中心であったり自分の会社が中心になったり、日本っていう国が世界の中心であったり。 そういう自分中心な視点で物事を判断して日頃言っちゃったりしてはいけないと。 気をつけないといけないと私自身はコペル君に気付かされました。 二つ目の大事なポイント 自分で自分を決定しよう というものです。 つまり簡単に言うと他人の意見やガヤに惑わされることなく自分が直感的にや心でした方がいいと言う考えや立派だと思った行動は誰に何を言われようとした方がいいということです。 この考え方はにさせていただいたの捨てる技術と似ていると思います。 いわゆる真理とも言えるような考え方だと思います。 本書のコペルエピソードではこんなことが書いてありました。 コペル君が友達のガッチンに殴られたりするような機会があればガッチンを守るっていう約束をします。 しかし、実際にその場面になるとコペル君はガッチンのことを助けるどころか怖くて隠れて逃げてしまうという場面がありました。 それをきっかけにコペル君とガッチンやその友達と疎遠になってしまうんですよ。 でもコペル君は仲直りしたいけどどうやって仲直りすればいいか悩みます。 そしてそこにあの正体不明のニートのおじさんがきてコペル君にこうアドバイスをしてあげるんですよ。 「まず余計なことを考えるな」 こうコペル君に言ってあげるんですよ。 相変わらずかっこいいおじさん。 コペル君は第一に自分がどう思われてるかばっかり考えて落ち込んでいました。 謝ったところで許してくれるんだろうか、 もう前みたいに友達に戻れないんじゃないだろうか、 いじめられるんじゃないだろうかという風に自分ではどうしようもないことばかりを考えていました。 そこでおじさんが 「今自分はどうするべきか」 「今の自分に何ができるのか」 という風にまた聞きます。 そこでコペル君ははっと気付くんですよね。 「 今の自分はそんな他人が自分を見るかなんて気にする必要なんてない」と。 自分がいますべきことそれは 「 謝ることだけだ」 って気づきます。 これ本当におじさんがすごいです。 (笑) コペル君の頭の中をおじさんが答えを与える訳でもなく自分で考えることができるように道しるべを作ってあげるのが素敵ですよね。 そしてコペル君の頭の中をクリアにしてあげて何をするべきで何をしないべきか考えさせるという完璧すぎておじさん何者!? って感じです。 大抵の人は聞かれたり悩みを相談されたりするとすぐにこうした方がいいんじゃないか?とか答えを提示してあげがちだと思うのでこのおじさんの態度もリスペクトする部分が多いなと感じました。 まとめ 「君たちはどう生きるか」について解説してきました。 ポイントは 自分は世の中の一部だという視点を持つということ 自分で自分を決定しよう という以上の二つでした。 もう一点補足にはなるんですがこの本を読んでいて刺さるなっと思った点があります。 この君たちはどう生きるかっていう本自体にはこういう時はこうしたらいいという明確な答えが書いてないです。 むしろあたかもあの正体不明のイケてるおじさんとコペル君が自分の背中を押してくれたり、どうすればいいのかという考えるヒントを気づかせてくれる本です。 最近の本はこうなりたいならこれをしろとか、これはするなみたいな本が多い中こういう新しい切り口で答えを教えてくれる。 それがまた読者の心を惹きつけるのではないかと思いました。 言ってしまうとタイトルの通り今の世の中をあなたたちはどう生きますか? って問いかけてくるだけの本なんです。 意外と立ち止まってこういうことを考える機会ってないと思うんですが ふと考えたりすると気づきがあったりするものなので もしよろしければご一読してみてはいかがでしょうか。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 Instagramもしてますので良ければフォローしてくださると嬉しいです。 この本のリンクも下記に貼っていますのでよければチェックしてみてください。 If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our.

次の

君たちはどう生きるか(原作)のあらすじ・ネタバレ・要約まとめ

君たち は どう 生きる か 要約

全般的に(ネタバレなし) 本の内容は、漫画部分と文章部分に分かれていて、章が終わるごとに文章が挟まれています。 文章の原作を漫画化した本によくある手法ですね。 ストーリーは一応楽しめたので、最後まで読むのに退屈はしませんでした。 肝心の内容は、「自分がどう生きるかダイレクトにヒントになるようなこと」までは書かれていなかったように感じます。 というのも、レベル感が22才になる私が読んでいると「まぁ、そうだよね」というような内容だったためです。 読者の本来のターゲットは小学生~中学1,2年生ぐらいかなと思います。 ただ、実際に親御さんが小学生や中学生になるお子さんにこの本を買ってあげるとなると、それはそれで心に突き刺さらないかもしれないです。 小中学生の倫理的な関心って具体的なところにあると思うのですが、本で描写されている問題ケース(いじめ,貧困など)の例が結構古いんですよね。 同じ状況に遭遇している子には響くと思いますが、そうでない子が漠然とした「生き方」みたいなのを学ぶには、説教臭さを感じてしまうかもしれないです。 私が中学生だった頃は「人は何のために生きているんだろう」とか「人を殺しちゃいけない根拠って何だろう」みたいな中二病チックな疑問のほうに関心が強かったです。 内容要約(ネタバレ部分) 1章. 変な経験 - ものの見方について 銀座のデパートから人混みを見た主人公が、自分は世の中を構成する一要素でしかないことに気づくという内容です。 人間は自分中心で物事を考えてしまいがちなので、自分を客観的な視点で捉えることは天動説から地動説に移行するくらい難しいといったことが語られます。 2-3章. 勇ましき友 - 真実の経験について いじめられている同級生をなんとかしてあげたいというような内容です。 結果的に主人公は同級生を助けてあげられず、別の同級生が助ける流れになります。 人間は同調圧力で行動してしまいがちなので、その中でただ一人行動を起こすのが難しいといったことが語られます。 また、一方的にやれられる側の気持ちが理解できるのは偉い的なことが語られます。 ニュートンのリンゴと粉ミルク - 人間の結びつきについて ニュートンが万有引力を発見したのは、日常的な対象であるリンゴの木を宇宙空間まで拡張して考えたからだというエピソードが語られます。 同様の考え方を主人公が家にあった粉ミルクに当てはめ、粉ミルクが無数の人間の貢献によって自分のもとに届いていることに気づくという内容です。 貧しき友 - 人間であるからには 貧乏なため、自分で働いている同級生を見て主人公が感心する内容です。 貧乏な人を哀れだと思ってはならないとか、生産者は消費者に対して見下されがちだけど本質的な貢献度を考えたら生産者のほうが偉くない?みたいなことが語られます。 個人的に、貧乏な人への考えの主張の理論的な裏付けが弱く、感情論のように感じられたので、そこを補強してほしかったですね。 それと、描かれている貧困感がすこし前時代的です。 「中学校に行けない」とかそういうレベルです。 少し現代に沿って「塾に通える子供・通えない子供」ぐらいに置き換えて読まないと現代の学生は臨場感を持ちづらいと思いました。 ナポレオンと4人の少年 - 偉大な人間とはどんな人か 同級生が先輩に目をつけられてるので、ナポレオンみたいに強くなりたいと言い出す話です。 ナポレオンが20年という短い歳月でヨーロッパを制覇した華々しい経歴が語られ、気力がすごいみたいなことが書かれています。 でも、そんな偉人と言われるナポレオンも、他者に貢献するという意味では完全に素晴らしい人ではなく、裏では苦しんだ人が多くいたことが語られます。 ナポレオンも時代の大きな流れの一点でしかなく、人に貢献できる人こそが素晴らしいんだぞ、みたいなことが語られます。 ここの章は主張が2転くらいするので、話の筋がちょっと理解しにくかったですね。 主観も多かったのでやはり理詰めで説得してほしい感がありました。 7-11章. 雪の日の出来事 友達が先輩からいじめられているときに、主人公は何もできず見捨ててしまった的なエピソードです。 「人間は自らの愚かさを認知できるからこそ成長できる」みたいなことが語られ、失敗の体験は自分に深く残り次に役立てられることが語られます。 この章は、この本の中で個人的に一番納得できる部分でした。 私自身、仕事等で人と関わることに失敗して落ち込むことが多いんですが、何となくそれを肯定してくれたような気持ちになりましたね。 まとめ 以上です。 簡潔に並べると、この本は• 主観と客観• 自分が正しいと思うことをする• 世界と自分の生産関係• 偉大さとは何なのか• 失敗から成功を学べるということ といったトピックに対する初歩的な考えを与えてくれます。 箇条書きにしてみると、意外とと大層なことを書いていたように見えますね。 ネットの口コミ等の見ていると大層なインプレッションを受けている人も多いので、是非自分の目で読んで内容を判断してみてほしいです。

次の

「君たちはどう生きるか」感想と要約。人生について考える入門書

君たち は どう 生きる か 要約

あらすじ・要約 主人公は中一の少年・コペル君。 友だちとの約束を守れなかったり後悔にくれたり。 でも、彼は「生きること」に真剣に向き合います。 後ろ向きではなく前向きに生きる。 君たちは人としてどうあるべきなのか。 君たちにとって何が大切なのか。 君たちは、犯した間違いから何を学んで生きていくのか。 君たちは、この世界をどうとらえるのか。 著者の文章はわかりやすく、そばにいて語りかけてくれるような、心にしみわたる感じがします。 戦前に書かれたにも関わらず、今なお、色あせない良書であり、中高生にこそ読んでほしい一冊。 読書感想文 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』は思春期の人にこそ響く本だと聞いて読みましたが、その時期を逃した方が読んでも、じゅうぶんに有意義な本だと思います。 本書には、「雪の日の出来事」や「石段の思い出」など、いくつかの印象的なエピソードがありますが、コペル君やお母さんのように、私たちにとっても(どうしてあんなことをしてしまったんだろう)とか(なんであのとき、もっとうまくできなかったのだろう)とか、思い返すたび後悔をせずにはいられないことはいくらでもあります。 私たちは、過去にも未来にも生きられません。 「いま」を生きなければなりません。 時には、はじめてのことで、「どうふるまえばいいのか」がわからずに、不適切な行動をしてしまうこともあります。 コペル君が友人との約束を破ってしまったときのように。 人生における理想は「どうふるまえばいいかわからないときに最善の選択をすることができる」ですが、それを実践することはなかなか難しい。 だから、次善の策として、私たちは正しくない(と思われるような)行動をしてしまったときは、物事をしっかり「後悔」し、先人が苦い肝をなめつづけた故事のように、決して忘れることなく次回に活かす行動をとるべきだと私は思います。 私たちが生きる世界は物質的には一つですが、私たちがこの世界を「どうとらえるか」は生きる人間の数だけあります。 たったひとつの真実を見抜いたとしても、それに対する各人の捉え方によって、世界は変わります。 4つ入りのヤングドーナッツの袋に2つのヤングドーナッツが入っていたとして、それを「まだ2つもある」と考えるか「もう2つしかない」と考えるかは人によって違います。 見方、考え方、さらにはそれらを総合した「生き方」の違う人が寄り集まって「世界」というものはかたちづくられています。 そんな成り立ちの世界ですから、「中心」はどこにも存在しません。 地球は23. 4度傾いた地軸を中心に回っていますが、世界の中心は誰でもありません。 『君たちはどう生きるか』を読んで得る最も大切な気づきのうちのひとつが、「世界は自分を中心には回っていない」です。 子どもは独りでは、なかなかこのことに気づくことができません。 なぜなら、気づいたときに起こる「では、自分はなぜ生きているのか」という問いに向き合うための勇気をもつことができないからです。 本書は「世界は自分を中心には回っていない」事実を私たちの眼前にまっすぐに突きつけてきます。 厳しい本であるといえばそれまでですが、でも、『君たちはどう生きるか』は私たちがひるまないよう、側に寄り添ってくれる優しさを持ち合わせてくれています。 読めばわかります。 世界は自分を、君たちを、私たちを中心には回っていないけれど、それでも自分にできる「最もよいこと」を積み重ねていく。 それが生きるということである。 世界の中心になる野望がうごめいていた国でよくこんな文章が書けたな、と感心するばかりです。 (1233字,原稿用紙3枚と7行) 名言 <正しい理性の声に従って行動するだけの力が、もし僕たちにないのだったら、何で 悔恨の苦しみなんか味わうことがあろう> <世間には、悪い人ではないが、弱いばかりに、自分にも他人にも余計な不幸を招いている人が決して少なくない。 人類の進歩と結びつかない英雄的精神も空しいが、 英雄的な気魄を欠いた善良さも、同じように空しいことが多いのだ。 君も、いまに、きっと思いあたることがあるだろう> <過ちをつらく感じるということの中に、 人間の立派さもあるんだ> <お母さんは、あの石段のことでは、損をしていないと思うの。 後悔はしたけれど、 生きてゆく上で肝心なことを一つおぼえたんですもの> <僕たちは自分で自分を決定する力を持っている。 だから、誤りを犯すこともある。 しかし、 誤りから立ち直ることもできる> <世間には、他人の目に立派に見えるように、見えるようにとふるまっている人がずいぶんある。 そういう人は、自分が人の目にどううつるかということとをいちばん気にするようになって、本当の自分、 ありのままの自分がどんなものかということを、つい、おるすにしてしまうものだ> <苦しみを感じているのは君が正しい道に進もうとしているから。 自分を責めてしまうのは正しい生き方を強く求めているから。 人間ってもののあるべき姿を信じているから> <自分が本当に感じたことや真実心を動かされたことから出発してその意味を考えていくことが肝心だ。 常に自分の体験から出発して 正直に考えて行け> <何か心を打たれたことがあったら、それをよく思い返してみて、 その意味を考えるようにしたまえ> <人間としてこの世に生きていることがどれだけ意味のあることなのか、君が本当に人間らしく生きてみて、その間に しっくりと感じ取らなければならない> <正しい道義に従って行動する能力を備えたものでなければ、自分の過ちを思って、 つらい涙を流しはしない> <悲しいことや辛いこと、苦しいことに出会うおかげで本来の人間がどういうものであるかを 知る> 梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』.

次の