確認 ありがとう 英語。 【ご対応・ご確認ありがとうございます】を英語で?|みんなのペラペラ英会話トレーニング道場♪

【英語メール書き方 Tips】質問、問い合わせ、確認の仕方【箇条書きを有効活用する】

確認 ありがとう 英語

相手のスケジュール・日程を確認する方法【ビジネス活用可】 ビジネスミーティングを取引先や社内の上司などに、丁寧に日程・スケジュールを確認するシーンが合った際にどのような英語を使えば良いかご存知でしょうか? まずは、より丁寧な表現で日程確認ができる英語・英会話フレーズをここでは紹介していきます。 When is your available date? (いつがご都合よろしいですか。 ) availableは、「空いている」や「〜する余裕がある」という意味を持ち、都合の良いスケジュール(予定を聞く)のに最適な表現です。 特に、質問者側で日程などの候補が決まっていない場合は、この表現を使いましょう。 Are you available sometime next week? (来週はお時間ありますでしょうか。 ) 来週空いている時間を聞く際に使われる定番フレーズで相手が候補などを出しやすいように、予定を聞いているフレーズです。 sometimeを使うことで、「どこかの時間で都合がつきますか?(空いている時間はありますか?)」と予定を聞いているニュアンスとなります。 以下の例文のように、any timeにするといつでも空いていますよね?と少し限定的な言い方になります。 Are you available on Monday of next week? 来週、月曜日のご都合はいいですか? When will be convenient for you? (いつが都合が良いですか? ) 相手の都合を聞く際に「When will be convenient for you? 」が英語表現として使うこともあります。 convenientが「都合がいい」という意味を持っているため相手の予定の都合を確認しているような表現となります。 日程が決まっている際は、Whenで日程の都合を聞き、日程の都合の確認が取れた場合は、時間の調整も必要になります。 WhenをWhatに変えるだけで、時間の調整もできるフレーズになるので覚えておくと便利です。 When will be convenient for you? いつが都合が良いですか? What time is convenient for you? 何時が都合がいいですか? Please let me know a convenient time for you. (あなたの都合の良い時間を教えてください。 ) ビジネスメールなどで、日程を調整することも出てくると思います。 そんなときに使えるのが、Please let me know a convenient time for you. もしくは、 Please let me know your availability. (都合はいかがですか。 )と同様の意味でスケジュールを確認することができます。 A:How about next Tuesday? 次週の火曜日はいかがですか? B:Next Tuesday is fine with me. 次週の火曜日は都合が良いです。 (大丈夫です。 ) 自分のスケジュール・都合の良い日程を英語で伝える表現 日程を確認する方法に合わせて、自分のスケジュールを相手に伝える英語表現も覚えておくと便利です。 簡単な例文をここでは紹介していきます。 I will adjust my schedule to accommodate yours. (私はあなたの予定に合わせて私の予定を調整します。 ) 特にスケジュールが入っていない上で相手の都合に合わせることができるのであれば、質問とセットで伝えておくことでスムーズにスケジュール調整をすることができます。 adjustが「調整する」、accomodateは「調整、調節する」という意味を持つのであなたのご都合にあわせて自分の予定を調整するということを伝えることができます。 (申し訳ありませんが、その日は、予定が埋まっています。 ) スケジュール・日程をキャンセルする英語表現 日程調整をする中で、都合が付かなくスケジュールをキャンセルする必要が出てくることもありますよね。 スケジュールをキャンセルしたり、再調整する際に使われる表現をここではまとめました。 スケジュールは一回決めても再調整が必要な場合もあるので思えておきましょう。 I will readjust the meeting schedule. (再度スケジュールを調整します。 ) スケジュール再度調整したい時に使われる表現です。 readjustが「再調整(調整し直す)」という意味になります。 再調整する必要があるのであれば、理由を伝えたり、謝罪をするようにしましょう。 I am sorry I will be unable to schedule a time to meet with you next Thursday. (申し訳ないのですが、次週の木曜の予定で調整がつかなくなりました。 ) I will readjust the meeting schedule. (再度スケジュールを調整させていただきます。 ) Can we push 30 minutes back and make it at 10?(30分遅らせて10時からにすることができますか。 ) 日程が詰まっていて時間を調整したいときに役立つ表現です。 push backは〜を後ろにずらすという意味を持ち、時間変更をお願いする英語表現です。 より丁寧に伝える時は、CanをCouldに変更をして相手に伝えましょう。 I will let you know once we fix the schedule. (スケジュールが調整でき次第、ご連絡します。 ) まとめ:日程調整で使える英語表現を覚えて仕事や会話をスムーズに進めよう! この記事では、日程・スケジュールを調整する英語フレーズを紹介してきました。 予定を聞いたり、誰かととスケジュールを調整する時に便利な表現なのでシチュエーションに合わせて、役立てていただければ幸いです。 また、日常的に使えるフレーズやビジネス英会話で使える知識を覚えるには継続的な学習がおすすめです。 僕は、英会話学習の際にスマホで使えるアプリを利用して英語を学んでいました。

次の

『再確認』って英語でなんていうの?

確認 ありがとう 英語

ご確認ありがとうございます、ご返信ありがとうございます、ご協力ありがとうございます、など様々な場面で使えます。 基本的に下記の2つの単語(表現)が主に使われます。 thank you for ~:主に人に対する感謝• ありがとうございます(感謝)の詳細については、『』の記事をご確認下さい。 例えば先ほどの例文で言えば下記がその英語となります。 ビジネスメールでも口頭でも使えます。 ご確認ありがとうございます:Thank you very much for your confirmation. ご返信ありがとうございます:Thank you for your reply. ご協力ありがとうございます:I really appreciate your help. 上記のように、「very mcuh」や「really」を付けて、「ご確認誠にありがとうございます」などと強調してもOKです。 また、お礼のメールを書くときはその件名や書き出し、結びなどもじゅうようになるので、その際は、『』の記事をご参考下さい。 また、ここで注意してほしいのが、特に「apprecaite」を使う場合ですが、あなたが感謝しているのか?または会社全体が感謝しているのか?で、主語を「I」や「We」に代えてもOKです。 2.「ご対応ありがとうございます」の英語 さて、それでは「ご対応ありがとうございます」はどのように表現すればいいのでしょうか? 対応の英語は次のような単語で表現できます。 response(リスポンス):反応、応答などの意味がります。 「~への対応」と細かく言う時は「response to ~」などと表現します。 日本語でもビジネスで「レス(レス不要です)」と使いますがこの「response」が基となっています。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 また、先ほどもあった「cooperation」(コーポレーション)や 「assistance」(アシスタンス)や 「support」(サポート)の単語に置き換えることもできます。 reply(リプライ):返事、返信、応答などの時に使います。 「ご返信ありがとうございます」の時にも使うのがこの「reply」です。 友達にも「対応ありがとうね」という場合とビジネスで丁寧に「ご対応頂きましてありがとうございます」などのパターンがありますね。 これを、とてもカジュアルな「Thanks for your ~」や通常の「Thank you for ~」、また丁寧な「appreciate ~」に当てはめてみましょう。 Thanks for your help! Thank you very much for your response. I really appreciate your great support. 「great」を「tremendous(トレメンダス)」の単語に代える表現も多くあります。 このように、時と場合に分けて表現できるようになると素晴らしいです。 3.それぞれの「~のご対応ありがとうございます」」の英語例文 冒頭でもお伝えしましたが、「ご対応ありがとうございます」に「迅速な」、「お忙しい中」などを加えるとさらに親切で丁寧な言い方になりますね。 ここではそれぞれの例文の言い方を覚えましょう! また例文では「thank you for ~」と「appreciate」を交互に使っていますが、入れ替えても問題ありません。 「迅速なご対応ありがとうございます」の英語 すぐに対応して頂けた、またはすぐの返信が来た場合などに使える表現ですね。 Thank you for your prompt reply. I apprecaite your quick response. 「quick(クイック)」は日本語でも使われれているので、「早い」というイメージがらいますが、 「prompt(プロンプト)」という単語はあまり馴染みが無いかもしれませんが、ネイティブはよくメールなどで使います。 「prompt」は、迅速な、機敏なという意味です。 この2つの単語を押さえると「迅速な対応ありがとうございます」の表現ができるようになります。 また、 「早速のご対応ありがとうございます」とほぼ同じ意味なのでそのまま使えます。 「親切なご対応ありがとうございます」の英語 「親切な」という単語は 「kind(カインド)」を使うのがベストです。 Thank you very much for your kind support. We really appreciate your kind response. また、 「丁寧なご対応ありがとうございます」と表現したい場合もこの表現が使えます。 「polite(ポライト)」という単語が「丁寧な」という表現がありますが、「kind」が一般的によく使われます。 「忙しい中ご対応ありがとうございます」の英語 「お忙しいところ」、「お忙しい中」という表現も付け加える時がありますね。 Thank you very much for your reply while you are busy. I appreciate your kind assistance out of your busy schedule. 「out of ~」で「~(ここでは、忙しいスケジュール)の中から」という表現を使っています。 まとめ:「ご対応ありがとうございます」の英語は感謝の気持ちを込めることが最優先 先ずは相手に対してどれくらい感謝をしているのかを示すには「very much」や「really」など様々な単語をプラスしてもOKです。 supportなのか?assistanceがいいのか?などの単語の選定は二の次で、相手に失礼なく、感謝の意を伝えることがとても大切です。 また、一つの表現に偏らないようにここでご紹介した表現を時と場合で使い分けれるようにしましょう!• 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

ご確認お願い致しますの非常に丁寧な英語表現は、覚えてしまおう!

確認 ありがとう 英語

"check"と"confirm"の違い ビジネスシーンでは確認を意味する言葉として"check"、"confirm"がよく使われています。 "Could you check the document? " "Could you confirm the document? " 上の2つの文章はどちらも「資料を確認していただけますか?」という意味です。 状況に合わせて使い分けるようにしましょう。 "check"と"confirm"の違いは、「重要度のレベル」と「どこまでお願いされているか」がポイントです。 一度、目を通して問題がないかを確認してほしいときは"Could you check the document? "、内容について詳細に確認して承認してほしい、最終確認をしてほしいという場合は"Could you confirm the document? "を使うイメージです。 "confirm"は"check"よりも、内容について注意深く確認するといった意味があるということをふまえて、それぞれの単語の意味や使い方についてみていきましょう。 "check"と"confirm"の使い方について 軽めのお願いの"check" "check"には「正しいかどうかを調べる」の意味の他に「照合する」「点検する」などの意味があり、 「見て確認する」と軽めの確認に使うことができます。 例えば"Can we meet this Wednesday? "「今週の水曜日にお会いできますか?」と聞かれたときに"Let me check my schedule. "「スケジュールを確認してみます」と答えたり、会社の同僚などに"Please check my calculations. "「私の計算を確認してくれる?」と確認依頼をするときに使うことができます。 日本語でも「チェックして」と頼むことがあるので、意味は分かりやすいと思います。 お墨付きをもらいたいときは"confirm" "confirm"は、"reservation"「予約」や"appointment"「アポイント」などが正しく、確実であるかどうかを確認するときや、 ビジネスでの合意内容や解釈などについて間違いないかどうか念を押して確認するときに用いられる表現です。 We need to confirm the agreement in writing. 合意内容について書面での確認が必要です。 Allow me to confirm my understanding as follows. 私の理解が合っているかどうかを下記の通り確認させてください。 また、確認の重要度が高い"confirm"と「~したい」の丁寧な表現の"I would like to ~"を組み合わせて下記のようにスケジュールや予定の確認に使うことができます。 I'd like to confirm my reservation for conference room A. 会議室Aの予約について確認したいのですが。 I'd like to confirm the departure date. 出発日を確認したいのですが。 上記のように "confirm"は「確かめる」「間違いのないことを裏付ける」という意味があり、間違いがないかを明らかにするニュアンスがあります。 "check"よりも重要度が高いイメージで「(最終)確認する」「(取引などを)確定する」といった意味で使われることもあります。 メールで「ご確認ください」という場合 "Could you ~"の表現で丁寧に 日本語で目上の人や取引先に送るメールは「ご確認のほどよろしくお願いします」といった一文を添えます。 他に「お目通しください」「ご一読ください」「ご査収ください」といった表現もあります。 ビジネスメールで丁寧な表現をしたいとき"Could you ~"を使います。 目上の人や社外の人には Could you confirm that you will be attending the meeting this Wednesday? 今週の水曜日の会議に出席いただくことで間違いございませんか? Could you check the following? 以下のことについてご確認いただけませんか? "please"を使うとより丁寧な表現になりますが、"please"の位置に気を付けましょう。 "Could you check this, please? "と最後に付けると「ご確認いただけますでしょうか?よろしくお願いします」といったニュアンスで伝えることができます。 "Could you please confirm this? "は「ご確認いただけないでしょうか?」といった意味で、"Could you please ~"は「~していただけませんか?」と催促を含むニュアンスがあります。 添付ファイルの確認をお願いするときの表現は メールでは添付している資料の確認をお願いすることが多いので、下記のような表現を覚えておくと便利です。 For more information, please check the attached file. より詳しい情報については添付ファイルをご確認ください。 また、ファイルが添付されていることを伝えたい場合は"check"の他 "see"や"find"を使うこともできます。 Please see [find] the attached file. 添付ファイルをご確認ください。 内容をよく読んで最終確認をお願いするときは Could you confirm the attached file? 添付ファイルの内容をご確認いただけますでしょうか? また、確認を促すメールには、「不明点などについてお問い合わせください」「ファイルを見ることができない場合はお知らせください」という文章を添えておくのもオススメです。 If you have any questions, please let us know. もしご不明な点がございましたらお知らせください。 If you have trouble opening the attached file, please let me know. 添付ファイルを開くのに問題がある場合はお知らせください。 適切な言葉選びでビジネスをスムーズに 「ご確認ください」は会議やメールでよく使うフレーズで、ビジネスシーンには欠かせない表現のひとつです。 英語で「確認する」を表す言葉はいくつかありますが、ビジネスシーンでは"check"と"confirm"を覚えておくと、確認内容の重要度に合わせて使い分けることができます。 「見て確認する」と軽めの確認は"check"、「(最終)確認する」「(取引などを)確定する」など、お墨付きをもらいたいときは"confirm"といったイメージです。 今回ご紹介した内容をぜひ参考にして、ビジネスメールで活用してください。 この記事をシェアする•

次の